はじめに

みなさん、はじめまして。「伊藤若冲『花丸図』復元プロジェクト」の代表・高坂圭です。
福岡で「ライティングプロ」という編集ユニットを主宰し、映画やテレビ・広告などのライティングを主な仕事にしています。

今回のプロジェクトは、デジタル復元師・小林泰三氏が挑む、伊藤若冲『花丸図』の完全復元です。

小林氏はこれまで数多くの美術作品を復元してきました。彼のプロフィールとあわせて、まずはその作品の一部をどうぞご覧ください。


【小林泰三氏 プロフィール】
 大学卒業時に学芸員の資格を取得。大手印刷会社で美術のハイビジョン番組を手がけ、美術の知識と美術業界のノウハウを駆使して、美術品のデジタル復元を手掛ける。その先駆けとして高く評価され、ハイビジョンアワード、マルチメディアグランプリ、ユネスコシネマフェスティバルなどで数々の受賞。2004年に小林美術科学を設立し、美術史業界のネットワークと最新のレタッチ技術を融合し、本格的にデジタル復元の活動を開始する。

【テレビ出演】
「国宝探訪」「日曜美術館」(NHK)/「教科書にのせたい!」( TBS )ほか

【著書】
「日本の国宝、最初はこんな色だった」「誤解だらけの日本美術」(以上、光文社新書)
「国宝 よみがえる色彩」(双葉社スーパームック)
「後白河上皇『絵巻物』の力で武士に勝った帝」(PHP新書)

朝日新聞土曜版「be」の「フロントランナー」でも紹介されました(2014年5月)

※詳細は小林美術科学ホームページ(http://kobabi.com/)にてご確認いただけます


【デジタル復元作品例】「檜図 狩野永徳」

①「檜図屏風」は、もともと襖(ふすま)絵でした。その証拠に、よく見ると襖の「引き手」の跡がみえます。つまり、ジグザクの姿をした檜の巨木は、本来ののびのびとした雄大な姿を現代に伝えてない状態だったのです。


②ジグザグがなくなった襖の檜図。デジタル復元で、簡単にもとの姿に近づきました。これだけでも横に伸びる枝の勢いが、かなりよみがえりました。屏風で「窮屈な巨木」の鑑賞を強いられていたことが、お分かりいただけると思います。


③さらにデジタル復元で、当時の色に戻しました。岩絵の具はいわば色のついた宝石です。くすんだ色ではなく、目に飛び込んでくるような、非常にビビットな色です。この鮮烈な色彩で、巨木のエネルギーが満ち満ちてきました。しかし、まだ不十分です。肝心の真ん中、大きな枝がうまくつながっていないからです。


④そこで、その間に柱を入れてみましょう。どうでしょう。段になっていたところがうまくつながりました。そして、大きな枝が横へ、ぐぐーっと手を伸ばし、今完全に、大きな体を目いっぱい広げることができました。これが、狩野永徳が描いた「檜図」です。


このプロジェクトで実現したいこと

作品を見ておわかりになったと思いますが、小林氏は歴史をさかのぼり、その当時の色づかいや図案などを徹底したリサーチにより突き詰め、確かなデジタル技術で美術作品を復していくアーティストです。

彼の復元作品は「この作品は当時、こんな色をしていたのか」という驚きとともに、日本美術の素晴らしさ、ひいては日本がいかにすごい国だったのかを教えてくれます。

今回小林氏が復元に挑む伊藤若冲の『花丸図』は、香川県・金刀比羅宮(ことひらぐう)の襖絵として描かれたものです。現在の襖絵は金箔で彩られていますが、小林氏は 「金箔は後年しつらえたもの。当時は金箔ではなかった」「若冲は金をほどんど使わなかった。このままではこの名作が誤解されてしまう」と言います。

では、実際はどのようなものだったのか。〝奇想の画家〟と呼ばれた若冲が描いた当時の『花丸図』を復元させ、日本美術史に大きな刻印を記し、復元作品を通して「日本人が持つ美意識の高さ」を改めて伝えていきたい、というのが私たちの思いです。
現在の「花丸図」。背景には金箔が施されている


プロジェクトを企画した背景

私がデジタル復元師・小林泰三氏を〝見つけた〟のは、彼の処女作『日本の国宝、最初はこんな色だった』を本屋で手に取ったときです。

私はかねてより日本人、とりわけ庶民は「もっと自由で、おおらかで、華やかなものが好きだったのではないか」と思っていました。〝わびさび〟に代表されるような、渋い美意識ではないはずだと。

その思いを小林氏は、金ぴかの仏像、派手な色合いに満ちた東大寺大仏殿などの復元作品で証明してくれました。しかもその著書の中で「私がこだわっているのは、何が描かれていたかではなく、何が見えてくるかである」と述べています。

小林氏は復元作品を通して、当時の日本人が何かを考えていたのか、どんな美意識を持っていたのか、わかりやすく伝えてくれるのです。

「天才だ!」私は本を読み終えて、心が震えました。すぐ小林氏に連絡を取り、氏の講演会を地元福岡で企画したのが13年前です。以来、毎年のように講演会を開いてきました。参加した人たちは日本美術の奥深さを知ると同時に、当時の日本人たちの思想やそれにひもづく美意識に触れ「目から鱗(うろこ)が落ちた」と口を揃えて評価してくれました。

そして今年。「若冲の『花丸図』を復元したい」と小林氏の思いを聞き、これはすごい作品になる、と確信しました。あの人気画家・伊藤若冲の『花丸図』の評価が、一変するかもしれない。現存する『花丸図』 とは一線を画すであろう歴史的なこの復元作品を全国の若冲ファン、さらに美術を愛する皆さんと共に見届けたい。

そう思い、今回のプロジェクトを企画しました。


資金の使い道

デジタル復元作業は、歴史をさかのぼる綿密なリサーチからスタートします。その当時使われていた顔料・筆・色使いなどの情報収集はもとより、歴史学者に取材を行い、時代背景やまとっていた時代の空気感なども深掘りします。そのため、ひとつの作品を仕上げるのに最短でも6カ月以上はかかります。

小林氏が「若冲」の復元作業に特化して行えるよう、制作にかかる実費や取材費を含む一連の制作費として、資金を活用させていただきます。


リターンについて

小林氏がデジタル復元した『花丸図』の一部や、復元作品鑑賞会への招待などをリターンとして用意させていただきます(画像は完成イメージであり、実際の作品とは多少異なります)。

【5,000円】 
 ・襖絵に描かれているお好きな花1点(はがきサイズ・額装)

【10,000円】 
 ・襖絵に描かれているお好きな花1点 (ウォールステッカー〔約30㎝✕約40㎝〕)
 ・復元作品鑑賞会(*1)へのご招待


【30,000円】
・襖絵に描かれているお好きな花のうち「A4サイズ・額装」「ウォールステッカー」各1点、もしくはウォールステッカーにて3点
・復元作品鑑賞会へのご招待


【100,000円】
・襖絵に描かれているお好きな花 1点 (はがきサイズ・額装/サイン付き/高精細立体印刷*2)
・復元作品鑑賞会へのご招待


【290,000円】
・襖絵に描かれているお好きな花 1点 (A3サイズ・額装/サイン付き高精細立体印刷)、もしくは「はがきサイズ・額装」(サイン付き高精細立体印刷)にて2点
・オンラインによるマンツーマン形式での復元作品解説(*3)付き


----------------------
※プロジェクト成立後に復元作業に入るため、納品まで7カ月以上かかる予定です。あらかじめ、ご了承ください

※花の選定は、全ての復元が完了した後に行っていただきます(プロジェクト進行報告の中で、復元完了した花から随時ご紹介していきます)

*1…デジタル復元した『花丸図』を鑑賞しながら、小林氏が復元作品の解説を行います(東京・関西・福岡で開催予定、日時は改めてご案内します。ネット配信も行いますので、そちらでもご覧いただけます)

*2…通常よりも解像度が高く、顔料の粒子テイストまでもリアルに再現する印刷技術です(下図参照)


*3…小林氏による復元作品紹介・解説を、Skype、zoomなどを活用して1対1で受けられます。直接質問が行えるなど、鑑賞会よりも詳細な解説を聞くことができます

------------------------------

*追記(皆様のご要望などを加味し、以下のリターンを追加しました)

【3,000円】
・襖絵に描かれている花の絵柄のうち3種類を印刷したコースター


【5,000円】
・襖絵に描かれている花の絵柄を印刷したTシャツ(白のみ/ユニセックスモデル )とコースターのセット
 


【6,000円】
・襖絵に描かれている花の絵柄を印刷したトートバッグ(コットン生地。カラー印刷)とコースターのセット


【10,000円】
・トートバッグ、Tシャツ、コースターの3点セット
・復元作品鑑賞会へのご招待


※コースター、Tシャツ、トートバッグは、いずれも絵柄は選べませんので、あらかじめご了承ください。ただし、候補の中から人気投票を行うなどして、なるべく皆様のご意見を反映する予定です
 

【100,000円】
・デジタル復元した『花丸図』の約4分の1の大きさのミニ襖(高さ40㎝×横20×4枚)、木製の敷居フレーム付き
・復元作品鑑賞会へのご招待


--------------------------

最後に

誰もまだ見たことのない、日本美術史初の快挙。257年の時を超えてよみがえる伊藤若冲の『花丸図』。その復元の歴史的瞬間を、ぜひ皆さんと一緒に見届けたいと思っています。

一緒にわくわくしながら、知的興奮を楽しみましょう。


Q&A

Q.デジタル復元とは、どのようなものですか?

A. デジタル画像を、デジタル処理によって復元することです
画像の取り込み、ゴミ取り、色調整を全てコンピューター上で行います。作業はとても地道で、ていねいに根気よく行われます。スタンプツールで、絵のゴミやシワとひとつひとつ取り除いたり、また、模様を細かくペンツールでトレースしたり……。結局は、人の手でコツコツと進めているのです。詳細はこちらでご覧ください。

----------------------

■本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

■ 特定商取引法に関する記載
◯ 販売事業者名:writingpro
◯ 事業者の所在地:〒805-0019 福岡県北九州市八幡東区中央1-3-7 池田ビル401
◯ 事業者の連絡先:メール: info@writing-pro.net
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。
◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり
◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり
◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり
◯ 代金の支払時期:
各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、PayPal、FamiPay、PayPayは、各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。
◯ 支払方法:
クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal/FamiPay/PayPay。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。
◯ 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。
◯ キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。
※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

  • 2021/04/20 09:54

    みなさん、こんにちは。「ライティングプロ」です。いよいよ本プロジェクトの募集期間も残り1カ月となりました!しかし慌てず、焦らず、デジタル復元、伊藤若冲に関する情報発信を引き続き行っていきます。また、新たな企画も準備中ですので、お楽しみに!さて、前回の「淀殿の着物」シリーズ。今回は生地づくりにつ...

  • 2021/04/17 18:00

    みなさん、こんにちは。「ライティングプロ」です。早いもので…あっという間に2週間が終わろうとしています。現在の達成率は約40%。ご支援に感謝です!さて、今日からは小林泰三氏が取り組む「デジタル復元」について、その復元の過程を数回にわけて紹介したいと思います。素材は「淀殿の着物」!!「花弁図」の...

  • 2021/04/15 14:41

    -皆さんこんにちは。「ライティングプロ」です。今日は皆さんに、お知らせがあります!4月5日のプロジェクト公開以来、いろんなご要望、ご意見をいただいてきました。そうした声を加味し、新たなリターンの追加を計画していたのですが、本日いよいよ情報解禁となりましたので、ご案内いたします!!支援も3,00...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください