はじめに・ご挨拶

 SPEND有限会社   平山博三~

熊本県上天草市にてJETメインのマリーナ『SPEND有限会社 』の運営を行っております代表の平山博三と申します。当マリーナは天草五橋の2号橋の際、日本三大松島のひとつ『天草の松島』の真ん中へ位置しJETにとって『天草の松島』への玄関口です。この美しい松島を爽快に走ろうと県内はもちろん県外からも多くの方がツーリングに訪れています。ここ『SPEND』では、ご利用いただくお客様の安全航行のため「周辺の海域の特徴、海でお仕事される漁師さんやへの配慮、釣りや海水浴などレジャーのお客様で利用される方々へのマナー」などの様々な情報を発信し、この素晴らしいロケーションでいつまでもJETが気持ちよく走れる環境を守っていきたくマリーナの運営を行っています。


 発起人 中村彰宏~

私は、初めてJETを購入した1999年からJETを車で牽引して持ち込むビジター客として20年以上お世話になっております。ジェットを始めたころ、私は当マリーナの平山社長から『海のマナー』、『危険なこと』、『トラブル時の緊急対応や応急処置』、『「あの辺は2海里超えるから注意せなんよ!」とかこの海域の詳細情報』など講義では教わらない様々な運行情報をレクチャーしていただき、今まで安全に安心して運行することができています。

先の平山社長の『SPEND から発信されてる情報』は、同じ海を利用する者同士みんなが気持ちよく共存していきたいとの『平山社長の思い』だと理解しています。私もその『思い』に共感し、これから新しくJETに乗るの人達にも伝え、安全に末永くJETに乗っていただきたく思っています。

🌞《夏場の帰りの混雑を減らしたい》 現在の当マリーナにおける最大の課題です。


このプロジェクトで実現したいこと⚓

【洗艇の混雑を解決したい】

①マリーナの未舗装部分をコンクリート舗装して洗艇の回転を良くします。

②旧事務所を解体し、車の転回場所を作ります。


🌴《①マリーナの未舗装部分をコンクリート舗装 》🌴 

●現在のマリーナは砂利敷で舗装がされてなく、JETを積載し重量級となったトレーラーは、ジャッキの小さなタイヤが舗装されてない濡れた土にはまり込み、簡単には動かせない状態になります。

               〘タイヤが土にはまり込んだ状態〙

●そこで、マリーナの未舗装部分をコンクリートで舗装すると『誰』でも、『一人で』でも、簡単に動かせるようになります。

                  〘コンクリート舗装 〙


その目的は・・・夏場の混雑期の入退場時渋滞の緩和につなげることです。


 

●帰港後の洗艇時においてはスペースが限られており、洗艇待ち渋滞が発生
〈解決策〉
①最初の目標、洗艇と保管エリアのコンクリート舗装化を行いトレーラーを動かしやすくします。また、新たに拭き上げ場を設置し洗艇作業を分け、洗艇渋滞を緩和します。

〘現在の洗艇場の状況、水洗いから拭上げまで行っている。〙

〈効果〉

・未舗装状態でトレーラーの移動に支障がある部分をコンクリート舗装することで障害が解消でき、移動が簡単になります。

・簡単に動かせるようになると《洗艇エリア⇒拭上エリア⇒接続・格納エリア》へと移動が可能となる。

・そこで拭上げエリアを新設します。拭上げ作業を別の場所へ移動し、水洗ホースの場所を空けることで洗艇の回転が良くなります。 

・作業エリアを分けることにより洗艇を効率化し帰り準備の時間短縮を実現します。

本プロジェクトでコンクリート舗装することにより、水洗い後、拭き上げは『拭上場』へ移動する流れを作り、作業場を分けることにより回転が良くなり時間短縮を実現します。


🌴 《②旧事務所を解体し場内を広げ車の転回場所を確保》🌴 

 ・最初の目標150万円達成後、次の目標は更に200万円程度の『寄付』のご協力をいただけた場合は旧事務所を解体し車の転回スペースを確保します。

〈効果〉

 ・広がったスペースに車の方向変換場所(ロータリーにできればいいと思ってます)を確保し車の入退場時の渋滞を緩和を実現します。

 〘夏場の混雑期の渋滞状況〙               
本プロジェクトの実行計画

①のプロジェクト(赤の部分):利用者みなさんが望まれているマリーナ全体のコンクリート舗装化。

②のプロジェクト(緑の部分):旧事務所を解体しスペースを広げることによる車の導線確保。


入退場の渋滞を抑え、ご利用いただく皆さんへ更に満足していただく使いやすいマリーナとなります。

 

プロジェクトをやろうと思った理由

★帰りの混雑の原因はシャワーと洗艇の集中です。

現在、マリーナは夕方の混雑を少しでも解消するため、混み合って待ち時間が長くなっている シャワールームを増設をしています。

JETマリーナともいえる『スペンド』では、収入が夏場のみで一度に全部の設備は厳しいと考えます、そこで自分たち利用者でも何かできないか?と思い、今回、利用者の皆さんから『寄付』のご協力を頂き実現したく、このプロジェクトを立ち上げました。

夏場のマリーナは特に夕方が混雑し、みなさんの帰りが遅くなります。

混雑を少しでも減らし皆さんの帰路の負担を減らすことができればとの思いです。

スペンドの全面コンクリート舗装化は利用される大半の方が望まれていることだと思います。

今後、更に使い勝手が良いマリーナにするために、今回のプロジェクトにご共感をいただける方は、少しでもお手伝い頂ければ幸いです。 

                                 発起人 中村彰宏 

                                  


資金の使い道

   ①目標達成

    洗艇場と保管艇エリアのコンクリート舗装と新たに設置する拭き上げエリアのライン引き。

    リターンの一部に使わせていただきます。

   ②目標達成後、更に200万円達成時

    旧事務所の解体と車の方向変換のスペース整備に使わせていただきます。

    また、保管艇スペースと洗艇場拡大も考えてます。


リターンについて

3通りのジャンルの組合せで、当マリーナ利用の目的に応じ、準備させていただきました。

①JET利用の方

②飲食利用の方

③ご協力のみの方


《リターンの一部をご紹介いたします》
①ご協力の方

  感謝のこもったお礼のメールと、進捗状況報告をさせて頂きます

      当マリーナ地域の特産物


〘1〙【JET利用の方】
  ◆一時陸揚げのクレーンサービスをワンシーズン(4月~翌3月)提供 

クレーンでのJETの上下架、スタート時の海へのエントリーと帰港時の陸上げの往復料金は当然のものですが、走行中のゴミを吸い込んだり、エンジントラブルなどで一時的に陸上げした際に発生するについて、もったいない!思われたことはありませんか?この一時陸揚げのクレーンのサービスをワンシーズン(4月~翌3月)提供します。


インテークにゴミが詰まったり、エンジンのトラブルであったり一時陸上げを行う場合のクレーンサービスをワンシーズンサービス(4月~翌3月まで)                      〘吸い込んだ異物の撤去〙

      〘ロープ巻込み〙

       〘大雨後のがれき〙

〘2〙【持込(ビジター)JET利用の方】

2.一泊保管料サービスを、ワンシーズン提供。

マリーナご利用日の前後、どちらか1泊・連日利用の場合は連泊の臨時保管サービスをワンシーズン(4月~翌3月)提供。

(2日連続して乗られる場合や、利用日の前泊や後泊などの1泊保管料サービス提供)

  

◆一泊保管料サービスをワンシーズン提供。

JETを持込利用の方!連日乗られる時、また遠くから来られて前泊・後泊されるとき1日保管料をもったいない!と思われませんか?このマリーナ利用日の前後、どちらか1泊・連日利用の場合は連泊の臨時保管サービスをワンシーズン(4月~翌3月)提供します。

連日利用、利用日の前後泊(宿泊して利用されるときなど)など、一時保管を、利用時の1泊・連続利用時の保管サービスをワンシーズン(4月~翌3月)提供


〘3〙【ご飲食ご希望の方】

 ◆牡蠣小屋・バーベキューハウスのチャージ料サービス

牡蠣小屋・バーベキューハウスのチャージに使える、チャージ券を提供します。

ご協力のみの方
   ◆大矢野特産、車エビをお送りいたします。(500g)

お好みにより活きたままでの発送と、水揚げ後すぐ活〆し瞬間冷凍した解凍後、刺身で食べられる冷凍エビをいずれか選んでいただけます。 


実施スケジュール

●プロジェクト実施の計画を時系列で書きましょう。

・4月中旬~マリーナ来場の方に本プロジェクトのお知らせを行います。

・7月22日(海の日頃)公開 クラウドファンディングスタート 

・9月15日 クラウドファンディング終了

・10月頃、完全にシーズンオフ。保管艇・機材等の配置整理、移動

・11月頃(工事開始)~翌年1月工事。

・2月、保管艇の移動

・2022年春、新生SPEND 営業開始


最後に

当地『天草の松島』では小さな島々がたくさん点在し、環境資源、漁業資源など地形からくる様々な自然の財産が豊富でその恩恵を受けています。しかし、それを利用する目的に応じそれぞれの主張が摩擦を起こしていることや危険な場面に遭遇することは残念なことであるが避けられないことでもあります。そのようなトラブルを撲滅するため、当マリーナでは創業時より漁協や地元の住民の方々からトラブル情報やご意見・要望などの声を集め、『トラブルを起こさない・巻き込まれない』『危険なことに遭遇しない』ために、ご利用いただくお客様への情報提供を行い快適なJETライフとなるようお手伝いを行っております。当マリーナがより快適になることで多くの方にご利用いただき、たくさんの方に情報を発信し安全に楽しんでいただきたいと思っています。

最後まで御覧いただきありがとうございました。


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください