はじめに・ご挨拶

個人で保護猫15匹と外猫数匹のお世話をしながら譲渡型保護猫カフェ『またたび亭』の運営をしております日地谷(ヒチヤ)と申します(個人レベルですが保護活動もしております。)保護猫達の中には慢性腎不全や心原型肺水腫、猫エイズ持ちの子達がいまして、毎月一定の医療費がかかります。新しく保護した子にはワクチン摂取や去勢・避妊手術及びウイルス検査や血液検査などの費用もかかり、また持病持ちの子の中には定期的に入院を余儀なくされる子(心原性肺水腫)もいまして、それも合わせると毎月高額な医療費がかかります。しかし昨今のコロナ禍の影響で収入が激減し、それに反して保護猫達の医療費が嵩み、とても厳しい状況にあります。(同じ施設内に猫専門ホテルも設けましたが、こちらもコロナ禍の影響で厳しい状況です)保護猫カフェも毎月の諸経費がかかりまして、それも合わせると医療費をすべて算出するのが難しい状況です。それでもこの子達のために今後も適切な医療を受けさせてあげたいと考えております。そして少しでも多くの命を救えるよう保護活動も続けていけたらと思っています。どうか皆様のご支援ご協力をお願いできますでしょうか。よろしくお願い致します。

IG 保護猫アカウント garetdesign   保護猫カフェアカウント matatabitei_sendai


このプロジェクトで実現したいこと

実現したいことは3つあります。1つ目は保護猫達に今後も適切な医療を受けさせること。2つ目はこの譲渡型保護猫カフェを存続させること。そして3つ目は今後も保護活動を続けること。譲渡型保護猫カフェは私自身が保護活動を続けてきた中でずっと思い描いていた夢でした。保護からずっとのお家探しまでで1番苦労するのはお世話する場所と里親探しでした。子猫はわりと早く見つかりますが成猫や老猫はなかなか決まりません。まして持病持ちはなおさら難しいです。しかし成猫や老猫だって人慣れもしますし懐きます。老猫には老猫なりの可愛さがあり、それはそれでとても愛しいものです。『すべての猫達に幸せを掴むチャンスを与えたい』『たくさんの里親様と保護猫達との出会いの場にしたい』と思い、この譲渡型保護猫カフェを作りました。当店は完全予約制、そして完全貸切となり、決して個人の営利目的ではありません。あくまで保護猫達のためにあります。この場所がある限り今後も保護活動を続け、1匹でも多く幸せになれるように頑張りたいと思っています。


今までの主な保護活動について

2013年 子猫2匹を保護(私の家猫へ)

2014年 成猫1匹保護(私の家猫へ)子猫6匹保護(私の家猫へ1匹、3匹は譲渡、2匹は死別)

2015年 子猫7匹保護(私の家猫へ1匹、他6匹は譲渡)

2016年 成猫3匹保護(私の家猫へ1匹、他2匹は譲渡)子猫4匹保護(譲渡)

2017年 成猫1匹保護(私の家猫へ)子猫12匹保護(譲渡)

2018年 成猫2匹保護(私の家猫へ)子猫3匹保護(譲渡)

2019年 成猫2匹保護(私の家猫へ1匹、もう1匹は譲渡)

2020年 子猫4匹保護(私の家猫へ)

2020年 猫専門ホテル&譲渡型保護猫カフェ『またたび亭』オープン

上記以外にも怪我をした外猫のお世話や通院、最期のお見送り、捕獲のお手伝いなどもしております。


資金の使い道及び実施スケジュール

以下内訳になります。

・保護猫達の定額医療費:月額 約40,000円(慢性腎不全=ソルラクト液500ml6袋、ラプロス60錠、レンジアレン20袋+検査費用)(心原性肺水腫=強心剤、利尿剤、ステロイド+検査費用)(猫ヘルペス=抗生剤+検査費用)
・フード代:月額 約25,000円
・店舗諸経費:月額 約65,000円

上記の月額合計 130,000円×3ヶ月=390,000円(3ヶ月分)

入院費用(心原性肺水腫)及び保護活動費(捕獲後の初回検査費用等)として150,000円

上記以外にリターンに関する費用、今回のプロジェクトの手数料(10%)も含めて合計で600,000円。

※現在、保護猫カフェにいる譲渡対象の子達の新しいお家が決まり次第、順次すでにご相談頂いている外猫達を保護して里親さんを探す予定です。
(※その後も枠が空き次第、保護→里親探しを続けていきます。)


リターンのご紹介

☆1000円 看板猫の寅次郎の写真付きお礼メールを差し上げます。


☆5000円 A4サイズのオリジナルトートバッグ+寅次郎の写真付きお礼メール。


☆10000円 寅次郎Tシャツ+寅次郎の写真付きお礼メール。


☆15000円 寅次郎Tシャツ+オリジナルトートバッグ+寅次郎の写真付きお礼メール。

※上記リターンは発送準備ができ次第行います。


最後に

約9年前、初めて保護した子を通じて外猫達の厳しい現実を知りました。それから個人レベルですが少しでも多く外猫達を助けたいと保護活動を地道に続けてきました。私自身も保護猫を抱えているため当初から『自分のできる範囲で』と心に決め、縁あって出会った負傷猫や育児放棄された子猫、捨てられた子達のお世話をしてきました。事故にあってうまく歩けなくなった子を通院して歩けるまで回復させ新しいお家に繋いだこともあります。また助けられなかった命もたくさんありました。繋ぐことができなかった子達を思い返すと今でも胸が痛みます。生まれ変わったらまた僕のとこに来てほしい、そう願わずにいられません。今後も保護活動を続けていくためにもこの譲渡型保護猫カフェを残し少しでも多くの命を繋げたいと思っております。皆様のご支援ご協力をお願い致します。



チーム/団体/自己紹介

事業所の名称 保護猫カフェ またたび亭
事業所の住所 仙台市宮城野区平成2-14-10-2F
第一種取扱業の種別 展示

保管動物取扱責任者 日地谷 祐次
登録番号 仙台市(R2健保動) 指令 第20108014号 登録番号 第20108014号
登録年月日 令和 2年6月15日
有効期限の末日 令和 7年6月14日


事業所の名称 猫専門ホテル またたび亭
事業所の住所 仙台市宮城野区平成2-14-10-2F
第一種取扱業の種別 保管

保管動物取扱責任者 日地谷 祐次
登録番号 仙台市(H31健保動) 指令 第19102043号
登録年月日 令和 2年2月28日
有効期限の末日 令和 7年2月27日

  • 2021/03/25 15:06

    2017年の1月に保護した『キイチ』です。雨が降る真冬の寒空の下、縁側で濡れたまま座り込んでたのを見かねて保護しました。この子は保護当時からBUNが140超えの『慢性腎不全』でした。1度は余命宣告されたんですが、毎日の補液と投薬でなんとか安定しまして現在に至ります。それでも正常値は超えてまして...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください