こんにちは。
フォレストヴォイス代表の桃澤です。

昨年末、「木材の町」東京・深川で国産家具専門店・フォレストヴォイスをオープンしました。「地産地匠」を掲げ、国産地域材と最高の家具職人たちと共に家具を製作・販売しております。昨年は全国5カ所の森と家具職人たちが共同で作るスツール「森(きりん)/giraffe」をリリースし、CAMPFIREの皆様には多くのご支援賜り、ありがとうございました。

今回は、「森(きりん)/giraffe」をデザインした新潟県糸魚川市(いといがわし)の工房「匠」とともに、地元糸魚川市のブナ材の家具や木製品を有効活用しようというプロジェクトを立ち上げました。

糸魚川市の「匠」さんと知り合ったのは一昨年のことです。30年間務めたインテリア会社を退社して、開業準備のため日本各地の工房を巡っていた時に偶然知り合ったのが匠さんでした。

親方の渡辺さんは糸魚川市出身。関東で大工の修行をしたのち地元に戻り、若くして独力で工務店を立ち上げましたが、今ではその丁寧な仕事ぶりで市内では有名な工務店さんです。そして、家を建てたお客様のために家具づくりも始め、女性家具職人の長内さんを迎え入れました。長内さんは、大学を卒業後に、いったんは一般企業に就職したのですが、家具が好きでたまらずに、家具職人に転身したのだそうです。

彼らの、木材の選別、道具の手入れから始まり、細かなところまで一切妥協しないモノづくりに対する姿勢にはとても感銘を受けました。そして、彼らのつくる家具は、圧倒的な技術力に裏付けされています。

もともと日本には、椅子や机などの家具の文化はありませんでした。それが、明治以降の西洋化によって、日本の一般家庭にも家具が普及しましたが、それはここ百年ほどのことです。それにもかかわらず、現在日本の家具製作技術は世界的にみても優れています。それは、日本人の器用さ、丹精込めてモノを作り上げる几帳面さ、細かなところまで妥協しない完璧主義などによるものだと思いますが、それとともに日本のモノづくりの伝統技術によるところも大きいのだと思います。

木で家をつくる際に大事なことは、木を切って削る技術、木と木をつなげて組み立てる技術です。木組み・継ぎ手・組み手・指物などと言われている技術です。匠の家具づくりにはその技術が存分に生かされています。彼ら二人の匠の技術で作り上げた、地元糸魚川のブナ材の製品に、是非ともご支援の程よろしくお願い申し上げます。


親方の渡辺さんから皆様へ

家具づくりは、自分たちがつくる住宅にあうものをお客様に提供したいという思いで始めました。お客様のためには、妥協せずに一つのものに向き合って、できる限り丁寧に自分たちの力を十分に発揮できるようにしたいと思っています。

地元産の木を使おうという最近の動きの中で、自分たちも地元の木を有効活用したい。そうすれば森の活性化にもなるのだという思いから、「糸魚川市の木」でもあるブナ材を使うことにしました。

ブナは広葉樹の中でも密度が高く、強度的にも強い樹木です。使い込めばどんどん味が出てツヤも増してなんとも言えない色に変化していきます。

流行りすたりのない色味で、触り心地もすごくすべすべしているので、お客様にも満足していただけると思っています。

私たちのつくる家具は決して安くはありませんが、大事に長く使いたいといったお客様には、やはり職人が時間と手間をかけた家具をお勧めします。家具に対しての覚悟と責任を、お客様に感じていただき、年代を超えて引き継いでくだされば作り手としてもとてもうれしいです。


糸魚川市のブナについて

糸魚川市は、新潟県の一番西側に位置する人口4万人ほどの町で、日本海にも面し、山間部には国立公園を有する自然豊かな地域です。市内の8つの漁港に水揚げされる新鮮な海の幸を使った寿司や刺身は絶品です。内陸の駒ケ岳をはじめとする北アルプスからは、豊富な森の養分が日本海に注ぎ込んで豊かな漁場をつくっており、森と海はつながっているのだと実感させられます。

そして、その大自然の中には多くのブナが植生しています。里山から山間部まで広い範囲に自生するブナの周りには、山菜やキノコなどの食料が豊富にあり、この森の女王を中心として、さまざまな動植物の共生の場となっています。

ブナは雪国を代表する樹木です。糸魚川市で管理しているブナ林は氷河時代の生き残りで、薪炭採取で一度伐採した林が自然に再生したものです。しかし、シイタケ栽培のための原木や建材として伐採されてきたブナ材は、細く短いものは伐採されたまま置き捨てられてきました。木材を取り扱う人たちの間では、ブナ材は伐採後に変色が早い、暴れやすく保存性が低いなどの理由で、使い道がない安価な木材というイメージがあったのも、その理由の一つです。

しかし、近年は人工乾燥や加工技術が進んだこともあり、粘り強く曲げにも強い性を生かして、さまざまな木製品に使われ始めています。

糸魚川のブナの森

日本のブナには白ブナと赤ブナがあります。樹種は同じですが、淡白色の材と淡赤褐色にはっきり分かれています。表日本のブナはアカブナがほとんどで、製材直後の材面が白くても赤くなります。アカブナは、白い木でも灰色がかり美麗さがなく狂いも大きいので家具材には敬遠されています。一方、白ブナは、曲げ加工が容易で狂いも少なく、表面も綺麗なベージュ色をしており、家具などに向いている木材です。ヨーロッパでは、ビーチというブナの仲間が、Yチェアなどの有名な家具の材料として、昔から使われています、

糸魚川市で採取されるブナはとても良質な白ブナで、その手触りはとても滑らかでつるつるしています。雪国を象徴する糸魚川の無垢のブナ材をふんだんに使い、匠の技で一つづつ丁寧に作られた家具や木製品は、末永くお使いいただけるかと思います。

ブナを有効に利活用し、ブナ材に付加価値をつけることにより、豊かな日本の森と海を持続させていくことができます。

何卒ご支援のほどよろしくお願いいたします。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆リターンのご紹介◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆【ブナの森のまあるいシリーズ】
注)伐採した場所や時期により各製品の色目は異なります。

昨年ご支援頂いたブナの森のスツール「森(きりん)/giraffe」の座面をモチーフにウォールクロックとカッティングボードをシリーズ化しました。

いずれも直径25.5cmで、デザイン的な統一感があります。
3つ揃えたら、家の中どこにいても、雪国の森の中にいるような気分になれます。

どれも糸魚川市のブナ材を使用していますが、それぞれが個性ある表情に仕上がっているので、3種類の木目の違いもお楽しみいただけます。

①森(きりん)/giraffe(支援者様への御礼のお手紙付) 

昨年もご支援いただいたこの製品は、この工房「匠」でデザインされました。

キリンを思わせるような左右非対称の独特な脚の曲線は、触るたびにワクワクするような感覚さえ覚えます。

三本脚は凹凸のある床面でも、もたつきが少なく、四本脚に比べて収納スペースを取りません。玄関スツールや来客用の補助椅子、サイドテーブル替わりにと様々なシーンで活躍します。

【製品概要】
製品名 : 「森(きりん)/giraffe」
樹種  : 糸魚川産ブナ材
サイズ※: 座面の直径約25.5㎝、高さ約43㎝
重量※ : 約2.0㎏
※表記サイズ・重量は目安となり、個体により多少の誤差が出る場合がございます。
※受注生産のため、納期はご注文後3~4ヵ月程度が目安となります。
※製品仕様は発売中の商品と変わりありません。

<クラウドファンディング先行販売商品>
②ブナの森のウォールクロック

居間や寝室などどこにでも合うちょうどよい大きさです。

ブナ材の滑らかな木目と、朴の木の褐色の文字盤が織りなすシンプルなデザインは、お部屋のインテリアテイストを選びません。ブナの森が刻む時を感じてください。

【製品概要】
製品名 : 「ブナの森のウォールクロック」
樹種  : 糸魚川産ブナ材
サイズ※: 直径約25.5㎝、厚み約2.3cm
重量※ : 約700g
駆動方式: クオーツ(電池:単三マンガン×1個)
※表記サイズ・重量は目安となり、個体により多少の誤差が出る場合がございます。
※受注生産のため、納期はご注文後3~4ヵ月程度が目安となります。
※本プロジェクト先行販売商品となります。製品仕様は今後発売される商品と変わりません。

<クラウドファンディング先行販売商品>
③ブナの森のカッティングボード

TAKUMIの焼印のあり、なしを選択可です

粘り強く割れにくいブナ材は、カッティングボードにも適した木材です。
ブナ特有のきめ細かい木目は、見た目の美しさだけでなく包丁やナイフの刃に対しても当たりがよいので、包丁を傷めにくいというメリットがあります。

丸形のデザインは、カッティングボードだけでなく、プレートやトレーなどとしても使うことができ、毎日の食卓やパーティーなど様々な場面で活躍します。

【製品概要】
製品名 : 「ブナの森のカッティングボード」
樹種  : 糸魚川産ブナ材
サイズ※: 縦約28cm×横約25.5cm、穴の直径約3cm
重量※ : 500g
※表記サイズ・重量は目安となり、個体により多少の誤差が出る場合がございます。
※受注生産のため、納期はご注文後3~4ヵ月程度が目安となります。
※本プロジェクト先行販売商品となります。製品仕様は今後発売される商品と変わりません。


<クラウドファンディング先行販売>
④ブナの森のヘラチェア 

ギリシャ神話、最高神ゼウスの妻であり神々の中の最高位の女神、ヘラ。
女性職人が手掛けていることと、肘掛け部分がしゃもじのような形なのでこの名前を付けました。

家具の世界では曲げ木で有名なブナですが、ブナを手作業で削り出して作られた貴重なイスです。背もたれ部分などの曲線を鉋(かんな)や刀などを用いて削り出して、ひとつひとつ丁寧に手作業で作っています。
美しい曲線は最高に手触りがよく、ずっと触れていたい滑らかさです。手技という手法は誰もがまねできるものではなく、また、機械で表すこともできません。
 手技ならではの温かみや滑らかさ、心地よさをぜひ触れて感じ取っていただきたいです。私たちの作る家具は既製品とは全く別物です。ホンモノの家具であり、一生ものの家具です。子から孫、さらにその先の代まで思い出とともに寄り添っていくものをという想いで、一つ一つ心を込めて作っています。

【製品概要】
製品名 : 「ブナの森のヘラチェア」
樹種  : 糸魚川産ブナ材
サイズ※: 座面幅 60cm×奥行50cm、高さ 73.5㎝、座面までの高さ 43㎝
重量※ : 6.6㎏
※表記サイズは目安となり、個体により多少の誤差が出る場合がございます。
※受注生産のため、納期はご注文後3~4ヵ月程度が目安となります。
※製品仕様は発売中の商品と変わりありません。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆実施スケジュール◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

4月20日(火)    CAMPFIERでプロジェクト公開開始
6月20日(日)  プロジェクト終了
リターン発送開始
・「ブナの森のヘラチェア」 9月中旬
・「森(きりん)/giraffe」 8月中旬
・「ブナの森のウォールクロック」 8月中旬
・「ブナの森のカッティングボード」 8月中旬
・「ブナの森のまあるい3点セット」 8月中旬

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 注意事項◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・注文を受けてから製作を開始するため、ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により お届け時期が遅れる場合があります。
・天然木を一点一点手作りで制作しているため、木目、色味、寸法など製品によってばらつきがありますので予めご了承下さい。一点ものとして末永くご使用いただければと存じます。
・使用感等に関する返品・返金はお受けいたしかねます。
・リターンの金額はすべて送料込みとなります。

特定商取引法に関する記載

◯ 販売事業者名:フォレストヴォイス

◯ 事業者の所在地:〒135-0033 東京都江東区深川2-2-15 1F

◯ 事業者の連絡先:Tel: 03-5207-2736 メール: momozawa@forestvoice.jp
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

◯ リターン価格:各リターン記載の通り
※ 商品内容に関してはリターン欄記載の通り
※ リターン価格とは別にCAMPFIREのシステム利用料として1支援毎に200円(税別)が支援者様の負担となります。

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり

◯ 支払い方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/AmericanExpress)/コンビニ払い(セブンイレブンを除く)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い

◯ 支払い時期 :当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

◯ 引渡し時期: 各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

◯ キャンセル・返品: 当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください