はじめに

🌸🌸🌸ココハルこども食堂プロジェクト🌸🌸🌸

をご覧くださり、本当にありがとうございます!


本プロジェクト発起人の、

山口百恵(やまぐち ももえ)

と申します。

看護師として約10年、病院だけではなく、地域の訪問看護師としてもお仕事をしていました。

また、7歳、5歳、3歳の3人の可愛いこども達の母親です。

そして、わたしが所属している団体が

NPOココハル

正式名称は

『特定非営利活動法人ココロにハルを』

と称します。


NPOココハルは

ストレス社会で懸命に生きている人たちに対して、

優しさを通して心の繋がりを深める”場創り(イベント企画/運営)”を行なっている

”プラットフォーム型NPO法人”

になります。


現在は、オンラインを中心に、地球環境問題、メンタルヘルス、SDGs、生涯学習、ストレスケアなど関わってくれた人の心の健康を目的としたイベントの企画・運営をしています。

下の写真は、環境活動家の村田美穂さんと共に、中学校と連携し教育支援をオンライン中継にて開催した時の様子です。

 ※釧路新聞社の許諾を得ています。

簡単にいうと、

地域で暮らすこどもや保護者に向けて、無料もしくは安価な値段で食事を提供する場」になります。


こども食堂の大きな目的は二つ。

「地域交流の拠点」「こどもの貧困対策」です。


そこで集まった人達は、親やお友達には言えない悩みを話せたりそこでしか会えない人達に会えたり。

そして、お年寄りから子供まで地域の人達が集まることで、多世代交流の場になったり。

ご飯を食べるだけの場所ではなく、一つのホッとできる心の拠り所、となるのです。


では、なぜ、私達がこども食堂を開こうと思ったか?

日本は、『貧困』という言葉とは欠け離れてると思えるほど、裕福で何でも揃ってるように見えます。

でも、7人に1人のこども達が学校給食以外で満足に食事がとれない家庭があるという現実。

[平成 28 年国民生活基礎調査(厚生労働省)参照]


学校の1クラス40名でイメージすると5〜6人がそういった状況なんですね。

きっとコロナの影響でこの割合は増えている可能性も高くなってくるとも思ってます。


そして、

北海道の札幌市の調査では、ひとり親や非課税世帯の家庭で、「家族が必要とする食料が買えなかった」という経験で、「あった」「ときどきあった」と答えた家庭が両者合わせて約30%と高い比率を占めています。

(札幌市子どもの貧困対策計画 2章 本市の子どもの貧困等の状況 参照)

「豊かな日本に貧困…?」


全然想像がつかない。

そんな感想を持ち、正直とても驚きました。


誰だって、お腹をすかせて、「今日はご飯があるのかな?」と考えてる事って、とっても苦しいことですよね。


そんな時に、安い値段、温かいご飯で、お腹が満たされたとしたら。

地域で人々が助け合えたとしたら。

家計が苦しい家庭にとって、どんなに嬉しいことでしょうか。

どんなに多くの笑顔と出逢えることでしょうか。


わたしたちはココハルこども食堂を通して、そんなこども達の笑顔の時間が増えたら、NPOココハルも、こどもたちも、その家族も、そして応援を検討してくれているあなたとも、みんなでホッコリと温かい気持ちになれる。


そんな風景を想像すると、自然と幸せな気持ちになりませんか?


そして、

ココハルこども食堂は、こどもの教育にも目を向けたいと思いました。


その理由として、

日本は義務教育という対等な教育環境が整っている為、貧困による教育格差が見えにくくなっていると言えます。

民間団体のにおける教育支援が活発になることで、教育格差の解決の手助けになるのではないかと思い、ココハルこども食堂では食の提供だけではなく、学校以外のもう一つの学舎になる事を目指すことに決めました。

そして、ココハルこども食堂での教育支援では、

”ダイバーシティ”

という考え方を大切にしたい、と考えました。

ダイバーシティ??

初めて耳にする方も少なくないと思います。


ダイバーシティ(diversity)は日本語で「多様性」と訳されることが多いです。

「身体的あるいは文化的な差異があっても、受け入れ個性を認め活かす考え方や姿勢」

ともあります。


「む、、、むずかしい、、、!!」


簡単にまとめると、、、

「隣の人の個性も、まるっと認め合い生きていきましょう」

わたしはそれが一番しっくりきます(笑)。


ココハルこども食堂は、

みんなが安心安全を感じ誰1人として取り残さないホッコリとした場を創ること、が大きな目的の一つです。

そこで今回、

長崎県在住の脇葵依(作業療法士)さんと共に、こども達に異文化交流の機会を提供し、自分との違いを知り、こども達に多様性を感じて貰う経験の場の一つとして”ダイバーシティ学習”を提供致します。


具体的に、外国で活躍する日本人と中継を結び、みんなが住むこの地球について考えてみたり、作業活動やものづくりなどを通じて、こども達と共に心の健康に繋がるような学びの場を創っていきます。

また、ココハルこども食堂に集まったこども達が、そこで宿題や自己学習ができる空間をつくり、様々な年齢のこども達が集まることにより、スタッフ/高学年が低学年を教える場が期待されます。

そこで学校や地域内での元気な挨拶やコミュニケーションへと発展していくよう良好な関係性の構築を図ります。

上記はダイバーシティ学習の開催時の実際の様子(イメージ写真)になります。

最後に、当法人の代表理事を紹介致します。

NPOココハルの代表理事は、

酒谷晃生(さかや こうき)と言います。

彼は北海道の地に生まれ、元サッカー選手としての父、心優しい母、そして勉学熱心な姉との4人家族。


幼少期より母親の影響を強く受け、

「なんで、学校でいじめや世界で戦争とかが起きるんだろう?」
「もっとみんなで仲良くすればみんなが幸せなのに。」

そんなことをボンヤリと考える優しいココロの持ち主でした。


将来の夢は父親を超えるサッカー選手。

子どもの頃は、近所の公園にて日が暮れるまでサッカーボールを蹴っていました。


そんな中、

小学4年生の時に事故で大怪我し、

”スポーツが出来ない身体” になってしまいました。


夢が絶たれ、

彼は人生に絶望し、自己否定を繰り返していました。


時が経ち、大人になり、

作業療法士、というリハビリの道に進み、

患者の多くの人生に携わってきました。

そして、人生においても、

数え切れない失敗や葛藤、そして挫折の先に。

少しずつ過去の自分の心を冷静に観ることが出来るようになりました。

ぼんやりと観えてきた幼少期の問いの答え。


【自分で自分を愛することが出来ないから】。


じゃあ、それはどうしたら解決できるんだろう。

そして、考え尽くした先に出たのは、

”一人ひとりが自分自身の尊い生命の価値に気づくこと”


しかし、それは、一人では間違いなく無理です。

その気づきを得る為には、””と””が必要なのです。


互いの存在を認め合える人と人との繋がりの中で、自分を受け入れることができたなら。

心からの繋がりを作れる”場”で、あるがままの自分で居られることができたなら。

等身大の自分で居られる空間を、優しさで繋がる場を。


そんな想いを実現する為に、

”特定非営利活動法人ココロにハルを”

を設立したのです。

ココハルこども食堂は、そんな想いを実現する為の勇気と優しさの一歩となります。

https://koko-haru.org


最後に一番みなさまにお伝えしたこと

ここまで読んでいただき、本当に本当にありがとうございます。

初めてのクラウドファンディングへの挑戦であり、正直、多くの不安がありました。

「設立間もないわたしたちのことを信頼し応援してくれる人達っているのかなぁ」って。


ただ、コロナを機にわたしたちが住む世界は一変しました。

全世界の人々を救うことが出来なかったとしても。

だけど、手の届く地域の人々を、一刻も早く手助けする為に。

今わたしたちが出来ることを真剣に考え模索してきました。


心身のストレスを抱えるこどもたちやその家族に、

どうしたら想いを届けることが出来るのだろうと、何度も何度も考えてきました。

みなさまの心に少しでもわたしたちの想いが届いてくれたならば嬉しく思います。


皆さまからの支援・応援が、こども達の心に笑顔の花を咲かせます。

皆さまのお力をお貸し頂けると心から嬉しく思います。

🌸ココハルこども食堂🌸を、何卒宜しくお願いします。


○スケジュールについて

 2021年4月下旬   クラウドファンディング開始

    5月22日  ”第1回ココハルこども食堂”開催(以降、第3土曜日PMこども食堂開催)

    6月下旬   クラウドファンディング終了

    7月上旬〜    随時 リターン発送


○資金の使い道・実施スケジュール

  ● 食材費:約24万円(1回約2万円×12回)

    ● 消耗品費:約5万円(ダイバーシティ学習時の備品代、こども食堂用弁当容器代等)

  ● 広告宣伝費:約6万円(地域住民へのチラシ/ポスター/こども食堂のぼり製作費等)

  ● 通信費:約1万円(リターンの際に費用) 

  ● クラファン手数料:3万6,000円(手数料9%)

※支援額が目標額よりも多く集まった場合

ココハルこども食堂は1年で終わりではなく、それ以降も継続的に開催していきます。

持続的に開催し続けることが出来るように、ココハルこども食堂開催に必要な運営費・活動経費等として有り難く使用させて頂ければと思います。


○リターンのご紹介

🌸個人様向け🌸

 ●SPECIAL THANKSコース  3,000円

 ●NPOココハルテーマソングコース  5,000円

 ●ビデオレターコース  5,000円

 ●佐伯農園さんのおやさいコース  7,000円

 ●オリジナル限定Tシャツコース  7,000円

 ●ココハルこども食堂VIP参加券コース  10,000円

 ●ココハル手作り刺繍エプロンコース  10,000円 

 ●こども食堂立ち上げ相談コース  30,000円

 ●当法人代表理事の酒谷晃生を丸1日権利コース  200,000円

🌸企業/法人/個人事業主様向け🌸

 ●”梅”コース 30,000円

 ●”竹”コース 60,000円

 ●"松"コース 90,000円

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください