このたび、拙作の短編集を刊行することになりました。

小さな本ですが、デビュー作から現時点での最新作までを収録し、

私のマンガ家活動の区切りになる一冊です。

読者の皆さんのご支援をいただいて形にできれば、

たいへん嬉しく、心強く思います。

どうかよろしくお願いします。


上山徹郎



はじめに・ご挨拶

私が初めてクラウドファンディングに取り組んだ時は、編集者として惚れ込んだ作品を復刻し、漫画ファンに知ってもらうことが目的でした。幸いにして、多くの支援者の皆様のご助力が得られ、復刻プロジェクトは成功しました。ありがとうございました。

クラウドファンディングの実施中や、その後の原画展では、ファンの皆様と交流する機会に恵まれました。今まで、人気アンケートの結果や本の売れ方でしか知りえなかった、ファンの皆さんの熱量に、直に触れることができたことは、得難い経験となりました。

寡作な作家にとって、気にかかるのは「ファンの存在」です。新作発表までに空白期間があると、作品を待ち続けてもらえるかどうか、どんな作家でも不安になるものです。編集者も同様です。自信と不安が背中合わせのまま、発売日を迎えることがしばしばあります。ですから、皆様から寄せられるメッセージが嬉しくて、プリントアウトした紙の山を抱えて、上山先生の許にお届けしたりしました。私の喜びを共有したい一心でした。

このイラストは、私が好きな猫の絵描きさん、こじましんさんにお願いして描いていただきました。ひとり出版社MANGATRIXを起業した時の自画像カットです。古本屋の親父さんスタイルですが、気持ち的には、似たようなものです。惚れ込んだ作家の作品を店先に並べて、気に入ってくれたお客様にお届けしたいと考えています。


このプロジェクトで実現したいこと

上山先生やファンの皆様と話し合いを重ねる中で、考えさせられた点がふたつあります。

一つは、過去の作品の復刻ではなく、作家の現在進行形となる創作活動の支援ができないか、と言うことです。昔は、その役割を担っていたのが「雑誌」でした。多様な作品を生み出す源泉であり、無名の作家を世の中に送り出すための舞台装置でした。残念ながら、雑誌離れが始まって四半世紀の時が経ち、徐々に、雑誌の力は削がれ、十分に役割を果たせなくなってきたと感じています。

もう一つは、雑誌連載から遠ざかってしまうと、作家の「今」を読者に知らせることが難しくなってしまうという点です。上山先生の場合も、熱心なファンの方にも、情報が十分に届けられていないという現実がありました。作家を直に応援する「ファンクラブ」のような枠組みが、作家にとってもファンにとっても求められているという思いが強まりました。

新作を支援する取り組みに成功すれば、昔からのファンに喜ばれるばかりでなく、新たなファン獲得のチャンスも生まれます。その気持ちも込めて、今回から、「復刻」から「復興」へ、舵を切らせていただきました。

今回の作品集のために、上山先生から53Pの書き下ろし新作原稿をいただけたことで、背中を押された思いです。さらに新作160Pの完成ネーム(作画前段階の絵コンテ)もお預かりしています。上山先生からは、「毎回、これが最後の作品になるかもしれない」という覚悟で描いていると伺いました。今回のプロジェクトは、完全新作となる次回作プロジェクトの試金石になると思います。応援、よろしくお願いします


プロジェクトをやろうと思った理由

素晴らしい才能があり、描きたい作品のイメージも明確にある、編集者として惹きつけられる魅力も感じる。そんな作家が目の前にいるならば、作品を形にするお手伝いをぜひしたい、というのが私の気持ちです。復刻と違い、新作を読者に送り届ける場合は、原稿料という高いハードルをクリアしなければなりません。無理すれば、赤字覚悟で一冊は作れるかもしれませんが、それでは長続きしません。今回は、単発の出版化だけでなく、新作創出に向けた継続的な支援の確立を目標としています。「ひとり会社」の身軽さでなんとかしよう、という試みです。

長年、紙の出版一筋だった人間なので、まだ諦めきれず、今回のリターン商品として千冊だけ紙本にします。。数百冊を印刷しようとすると、製造原価が高くなりすぎるため、千冊作るつもりです。初回生産千冊の本が、追加で千冊作れるとは思いませんので、事実上、初回限定生産になると思います。クラウドファンディングでご支援いただけた方にお届けした後は、残りを書店で売り切っておしまいとなります。

千冊だけでは完売しても、残念ながら赤字です。千冊の本で終わらせてしまうのは、あまりに惜しいという気持ちが強いので、電子書籍にチャレンジして、黒字化を実現しようと考えています。紙本ならば、在庫として残された本は、いずれ断裁の運命をたどることになりますが、電子書籍ならば、黒字化する日は必ずやってきます。このビジネスモデルを最適化することで、いろいろな作家の新作を支援する道筋ができる、と確信しています。

これまでの活動

『ヤングジャンプ』創刊から42年、ずっと漫画編集者でした。

先年公開された、ハリウッド映画『バトルエンジェル アリータ』の原作『銃夢』(ビジネスジャンプ)の初代担当編集者の縁で、『銃夢 完全版』(集英社刊・全6巻 絶版)を企画したことで、本作りの面白さに目覚めました。1998年初版1万部でスタートし、手元に残された本の奥付を見ると、1巻は5刷となっています。1冊税抜2,500円、全6冊、雑誌サイズの大判コミックスで、最終巻には特典映像として制作したDVDを付けました。新人作家で、メディアミックスされるわけでもありません。無謀という周囲の反対を押し切って実現させましたが、幸い成功裡に終わり、その後の企画に道を開いてくれた思い出深い作品です。

豪華本には、廉価で大量生産されるコミックスとは別次元のモノ作りの面白さがあります。作品ごとに作り方は、全く異なります。既製服とオートクチュールの違いに似ています。作品の持つ魅力はもちろんですが、デザイナーのセンス、印刷所の技術力、編集者を含めたチームの総力を注ぐ仕事です。

CAMPFIREでは【上山徹郎復刻計画】で2回プロジェクトを実現し、いずれも成功することができました。今回は、新作も収録した作品集で、新たな取り組みとなります。


資金の使い道

印税、デザイン料、編集費、組版(写植)・製版等の初期制作費、支援者にお届けする紙本の製造費(印刷・製本・用紙代)、そのほかのリターンの制作費、送料、運営会社の手数料です。


リターンについて

オリジナル作品集「UnTrained」(B5判 総ベージ178P  紙本・PDF共に内容は同じものとなります)
収録作品
「ファーサイダーズ アサガオの章」(4色3P+1色37P 単行本初収録)
「ファーサイダーズ キキョウの章」(1色53P 書き下ろし新作)
「機動戦士ガンボーグVZ」(1色34P)
「旋風剣鋼丸」(1色39P)



1,980円コース
「オリジナル切手コレクション」※1
「オリジナル切手コレクション」は日本郵便制作のオリジナル切手84円5枚組みのシートです。


3,300円コース
「UnTrained」PDF責了校正紙※2+「オリジナル切手コレクション」※1
「UnTrained」の責了(校了を終了した状態)した校了紙全ページのPDFフォルダー(ダウンロード)「オリジナル切手コレクション」は日本郵便制作のオリジナル切手84円5枚組みのシート(郵送)のセットです。



6,600円コース
「UnTrained」紙本1冊※3+「UnTrained」PDF責了校正紙※2+「オリジナル切手コレクション」※1
紙本はソフトカバー(雑誌サイズのB5判・ペーパーバック・個別包装)です。
★ストレッチゴール 支援総額が300万に到達した場合は、紙本は、支援額は変更なく、ハードカバー(上製本)にバージョンアップいたします。


11,000円コース(先着100名様限定)
直筆絵入り&サイン色紙手渡し会ご招待※4+「UnTrained」紙本1冊※3+「UnTrained」PDF責了校正紙※2+「オリジナル切手コレクション」※1
直筆サイン&支援者様ご希望のキャラクターの絵入り色紙をご用意します。イラストはモノクロとなります。支援者様のお名前も書き入れいたします。
リクエストできるキャラクターは1名のみです。備考欄にご希望のキャラクター名と支援者様のご希望の名前をご記入ください。未記入の場合は、上山先生お任せとなります。ポーズ・表情等は指定できませんので、上山先生にお任せください。ご希望のお名前が未記入の場合は、上山先生のサインのみ、書き入れさせていただきます。
参加のための旅費(交通費・宿泊費等)は、支援者様のご負担となります。
手渡し会の予定日時 8月22日(日) 14時〜17時予定 会場は東京都内となります。参加申込されたご支援者様には詳細を後日ご案内いたします。
★ストレッチゴール 支援総額が300万に到達した場合は、紙本は、支援額は変更なく、ハードカバー(上製本)にバージョンアップいたします。


16,500円コース
「電人ファウスト」または「LAMPO」のご希望のモノクロ複製原画(B4原稿単ページ1点) 直筆サイン入り・額装なし※5

 

27,500円コース
「電人ファウスト」または「LAMPO」のご希望のモノクロ複製原画(B4原稿単ページ1点) 直筆サイン入り・マット装&額装済み※5 


33,000円コース
「電人ファウスト」または「LAMPO」のご希望のモノクロ複製原画(B4原稿単ページ2点または見開き原稿1点) 直筆サイン入り・額装なし※5 


55,000円コース
「電人ファウスト」または「LAMPO」のご希望のモノクロ複製原画(B4原稿単ページ2点または見開き原稿1点) 直筆サイン入り・マット装&額装済み※5 

※1 オリジナル切手は、イラスト部分のみを切り離しては切手としてお使いいただけませんので、ご注意ください。
※2 電子書籍として一般発売されるものは、トリミングされ、本と同じ体裁となりますが、今回、ご提供するのは、編集者の作業用に制作されたものの完成形で、市販されません
ご支援者様にお知らせするURLにアクセスしていただき、指定されたパスワードを入力し、各人でダウンロードをお願いします。PC、スマホでもご利用可能です。ダウンロード可能期間は2ヶ月間。5回までは繰り返しダウンロード可能です。
著作権保護のため、ダウンロードされたファイルには「電子透かし」、PDFセキュリティが施されています。印刷、コピーができませんので、ご理解お願いします。
将来、「UnTrained」が電子書籍化される場合は、今回のフォーマットとは異なります。今回限りのご提供となります。
PDFファイルには、ご希望のお名前(お申し込み時に備考欄に忘れずにお書きください。「不要」の場合は、その旨ご指定ください。未記入の場合は、CAMPFIREのご登録名義とさせていただきます)を掲載いたします。
※3 紙本の巻末には、ご希望のお名前(お申し込み時に備考欄に忘れずにお書きください。「不要」の場合は、その旨ご指定ください。未記入の場合は、CAMPFIREのご登録名義とさせていただきます)を掲載いたします。
※4 コロナ禍の影響や作者発病等のため、手渡し会が実施できない場合は、郵送に変更になる可能性もあります。
6月上旬より色紙制作が始まります。色紙作成後の変更には応じられませんので、ご注意ください。
参加人数により、三密を避けるため、分散や時間予約等の対策が必要になるため、参加申込されたご支援者様には詳細を後日ご案内いたします。
当日、ご都合が悪く不参加されたご支援者様には、登録ご住所に後日郵送いたします。
※5 ご希望の原画は、備考欄に弊社刊行の紙本のバージョン(例:「LAMPO 黒」「LAMPO1巻」)、ページ数をご記入ください。他社版ですと、ページ数が異なりますので、必ず弊社版でご指定ください。お申し込みのご支援者様には、印刷所への発注前に確認のご連絡を取らせていただきます。
複製原画は、今回刊行の「UnTrained」収録作品のモノクロ複製原画に変更も可能とします。ご希望の場合は、PDF責了校了紙のダウンロード後に、CAMPFIRE経由で弊社宛にメッセージでお知らせください。変更期限は8月31日です。

実施スケジュール

5月30日 クラウドファンディング終了

校了(6月)

印刷・製本・PDF制作(7月)

PDF責了校正紙ダウンロードのご案内(7月下旬〜8月上旬)

色紙制作(6月〜8月中旬)

直筆絵入り&サイン色紙手渡し会(予定日時 8月22日(日) 14時〜17時予定)

複製原画受注最終確認(〜8月31日)

オリジナル切手コレクション・紙本発送(9月) 

複製原画製造(9月)

書店発売(10月) 紙本に残数がある場合のみ。一部書店から注文があった場合のみの出荷です。紙本の追加生産の予定はありません。オリジナル切手コレクションやPDF責了校正紙の市販は予定しておりません。

複製原画直筆サイン書き入れ(10月)

複製原画発送(11月)
額装する場合は、額装業者の作業状況により、遅れる場合があります。

最後に

作家を取り巻く環境は、急激に変化しています。
リアル書店の数が減り、アマゾンやWEB書店を利用するのが当たり前になりました。雑誌でなくスマホで漫画が読まれる時代です。作品の読まれ方が変わったのです。本好きにとっては寂しい気もしますが、大ヒット作品が生まれる一方で、欲しい本が本屋に見当たらないという声も聞こえてきます。昔の漫画専門店のような品揃えができている書店は姿を消してしまいました。
作家と編集者も顔を合わすことなく、電話やメールで打合せして、原稿のやり取りもインターネットを介するのが普通となりました。制作の現場でも、流通の最前線でも、変化が起きているのです。
長年にわたり変わらずにやってこられたのが、一気に夢から醒めたような感じです。今は過渡期だと思います。時計の針が巻き戻ることはありません。むしろ、変革をチャンスと捉えたいと思います。
作家も編集者も一人のプレイヤーとして自立し、ファンと直に結びつくことが可能な時代になりました。「千人の村(ファンクラブ)」を作れれば、作家は生き残れるし、多様な作品を生み出すエネルギーが衰えはしないと思います。

応援、よろしくお願いいたします。



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/04/01 15:50

    ご支援者様からご指摘がありましたので、ご支援検討中の皆様にお知らせいたします。複製原画には、上山徹郎先生の直筆サインが入ります。印刷されたものではありませんので、ご安心ください。先生のサインの他に、ご支援者様ご希望のお名前も書き入れることは可能です。1点1点、絵の構図、余白スペースが異なるため...

  • 2021/03/31 17:31

    ご支援いただき、ありがとうございます。上山徹郎先生から、メッセージと自画像(?)が届きましたので、プロジェクトページにアップさせていただきましたので、ぜひご覧ください。人前に出ることは滅多にない先生ですので、写真ではなく自画像をお願いしましたが、決まったものがないそうで、急遽ご用意していただき...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください