大学院まで進学し、製鉄所のプラント設計者として3年勤務。27歳。 でも、自分の絵をみんなに認めてもらいたいという夢を叶えるため、仕事を辞めました。 アートといえばフランス!ということでパリに半年住むことにしました。 絵描きが集まるモンマルトルの丘で自分の絵をパリの人に見てもらいたい!

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

 

            (写真一番右が本人)

 

はじめまして。直樹と申します。

広島県福山市生まれの平凡な27歳です。

高校までは地元広島、大学は岡山、就職以降は東京に住んでいます。

大学と大学院では機械工学を学び、プラント設計技術者として製鉄所に勤務していました。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

パリの家具付きアパートの家賃半年分をクラウドファンディングで集めたいです。

その他生活資金は微々たる貯金の切り崩しと、

芸術家が集まるモンマルトルの丘で自分の絵を売ることによって賄います。

そして、自分の絵を芸術の都パリの皆さんに見てもらい、認めてほしいのです。

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

   

僕は今まで、人に流され続けた人生を送っていました。

それは最近になって分かったことですが。

 

高校受験は仲の良い友達が多く行くということが理由で高校を選びました。

高校に入って、文系・理系を選ぶときも、

英語が好きだったのに、仲の良い友達が多く選んでいた理系を選びました。

 

小さいころから絵を描くことが好きでした。

自分のブランドを立ち上げたいという夢も持っていました。

なので大学ではデザインを学びたいと思っていたので、

大学受験を前に担任の先生に相談しました。

 

しかし先生は

「君の学力なら、この大学に入ったほうがいい。就職を考えて学部は工学部にしなさい。」

ここでも流されて、結局は先生に言われた大学の工学部に入りました。

大学院も、学部生の大多数が進学する流れに乗って、同大学の大学院に進学しました。

大学の緩い生活に慣れてなぁなぁになった僕の夢は、就職とともにどんどん薄れていきました。

 

就職は先生の言った通り困りませんでした。

そしてそれなりにネームバリューがある会社に就職することができました。

給料に困ることもありませんでした。

 

だけどそこにはただひたすら続く淡々とした生活があるだけでした。

平日は職場と寮の往復、週末は飲み会、仕事の愚痴。それの繰り返し。

そんな生活にどっぷり漬かった僕はなるべく波風を立てずに平凡に生きる

ことに徹するようになっていて、夢のことなんかとっくに忘れていたのです。

 

そういう中で3年間働き続けたとき、あるきっかけで自分自身と向き合い始めました。

僕はどういう人生を送りたいのか。今送りたい人生を送れているのか。

 

その結果、僕は自分の人生ではなく、他人の人生を送っていたことに気づきました。

友達や周りの人たちに迷惑をかけないように、

顔色をうかがって誰かのいい子でいれるように振舞っていました。

おまけに最後には夢を忘れ、ただただ生きるための生活を送るだけになっていました。

もちろんこれまでの決断は、最終的には自分が下したので後悔はありませんが、

これからは自分が本当にやりたいことをやろうと決めました。

 

そこで自分は何をしているときが一番楽しいんだろうと考えたとき

子供の時から好きだった絵を描きたい!と思ったのです。

 

じゃあどこで描きたいんだろうと考えたとき

アートといったらフランス、パリ!ということで

仕事を辞め、ワーキングホリデービザを取得してフランスに行くことにしました。

 

フランスに行くのは10月。

 

調べると、パリ市内のモンマルトルの丘というところで絵描きが集まり

自分の絵を売ったりしているとのことでした。

 

僕もそこで自分の絵を見てほしい!

そして自分の絵で生活費を稼ぎたい!

だから生活最低ベースの家賃はクラウドファンディングで集めよう!

 

ということで、今回プロジェクトを作ることにしました。

 

使い道は面白くないけど、皆様には価値のあるリターンでファンディングしてよかったなと思ってもらえるように全力でフランスからお届けいたします!

 

子供の時は夢を持ちなさいと言われる。

けど大人になるにつれて夢は諦めなさいと言われたり。

自ら夢を諦めたり。

 

そんな流れにはもう乗りたくない。

もし僕と同じようなことを思っている人たちへ、

僕が少しでも参考になれたらとても光栄です。

 

どうか僕に力を貸してください!

 

▼これまでの活動

ELLEGARDENの細美さん(写真中央)にTシャツを手渡しした時の写真。僕は写真一番左。

 

     

Tシャツをプレゼントしたときに原画にサインをもらいました。

 

      Tシャツイメージ図

 

 

高校から好きだったバンド ELLEGARDEN(現在活動休止中)。

つらい時には曲を聴いていつも助けてもらっていました。

大学に入ってどうしても恩返しがしたくて、

 

ELLEGARDENのボーカル細美武士さん(現the HIATUS、MONOEYES)

に自分でデザインしたTシャツをプレゼントしようと決めました。

 

Tシャツは作る数が増えれば増えるほど、1枚当たりの単価が安くなります。

そこで、細美さんにプレゼントする分だけではなく、

他にも欲しい人がいたら原価で贈ろうと思いました。

SNSで募ったところ予想以上に募集があり、

最終的には全部で50枚ほど作ることになったのです。

この時の感動が今の自分を動かした原因の一つになったのかもしれません。

 

細美さんには、無事直接お会いして渡すことができました。

1枚目の写真の中央の赤いカーディガンを着ている人が細美さん。

手には僕のTシャツを持っています。

 

その他にも、イベントのロゴ、友人へステッカーや名刺、結婚式の

ウェルカムボードをプレゼントしたりしました。

      他のデザイン

 

  

      ロゴデザイン

 

   

      友人へのプレゼント

 

▼資金の使い道

フランスでの半年間の家賃(家具付きアパート)

1000ユーロ × 6ヶ月 = 6000ユーロ

日本円にして 780,000円

 

▼リターンについて

リターンには、メッセージやフランスのお土産、

僕の絵などいろいろ考えてみました!

よろしくお願いします!

 

▼最後に

一歩踏み出したくても踏み出せない、そんな人に少しでも背中を押したい!

とまではいかないけど、参考になれるようなことをしたいと思っています。

どうか力を貸してください!!

 

 

  • 活動報告

    活動前!

    2017/08/25

    こんにちは!なおきです! 見ていただきありがとうございます!   活動前報告です! 今はフランスでどんなものを描こうかというところで、試…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください