こんにちは。KANOWA代表の山添利也と申します。

私どものプロジェクトにご興味をお持ちいただきありがとうございます。


KANOWAとは、和歌山の生産者、和歌山の障がい福祉事業所、和歌山のパティシエ、和歌山のデザイナー、和歌山のお菓子プロデューサーらがチームを組み、それぞれの得意を活かしながらスイーツを作るという主旨で2014年に立ち上げた「共創スイーツブランド」です。
和歌山の生産者さんから仕入れる厳選素材を活かした和歌山らしいバウムクーヘンなどの焼き菓子を企画開発し、県下のお土産店や百貨店などに卸しておりました。

 

ところが昨年、新型コロナウイルスの影響により和歌山の観光も止まり、注文がストップ。そこでネットショップを立ち上げることとなりました。
その際、どうせなら土産品では難しい生菓子に挑戦しようとなり、試行錯誤の末生まれたのが「紀州プレミアム生レモンケーキ」です。お陰様でこの生レモンケーキはテレビ、雑誌ほか多くのメディアでご紹介いただき、人気商品となりました。



皆さんは福祉事業所で働くメンバーさんのお給料の平均が、とても低いことをご存知でしょうか? 和歌山県下の障がい者就労継続支援事業所の月額の平均給与は約17,000円(令和元年度)です。
福祉事業所だけで仕事を作り出し、メンバーさんのお給料の原資となる売上・利益を作り出すことはとても難しいと僕は思っています。


例えばお菓子を作る事業所の場合、多くの職員さんはパティシエの修行をして福祉事業所に入ってくるわけではありません。それでもメンバーさんのお給料を確保するために何か作らければならず、さらにどうやってお客様に買っていただくかも考えて動かないといけません。

メンバーさんをサポートするのが主な仕事である職員さんが、商品企画開発から販路開拓販売まですべてをこなし、製造現場で働くメンバーさんのお給料をしっかり確保することは容易ではありません。実際に現場を見ればよくわかるのですが、職員さんは決して手を抜いているわけではありません。皆さん本当にたくさんの仕事があって、とても忙しいというのが現状です。



そんな状況を見て思ったのが「全てを事業所だけでやらなくてよいのではないか」ということ。そこで僕は、あらゆる分野のプロをチームメンバーとして招き、それぞれの得意を持ち寄りチームを組むことにより、事業所メンバーさんのお給料アップの実現をみんなで一緒に目指すことにしました。

もちろん福祉事業所にも得意があります。
まずはメンバーさんそれぞれが持っている得意。シールをまっすぐに貼ることが得意な人、卵を割ることが得意な人、レモンを搾ることが得意な人など。
そして職員さんは、メンバーさんのサポートし、得意を引き出すという得意を持っています。


さらに言うと、福祉事業所には僕たちプロが見て驚くほどのすばらしい機械設備がたくさんあります。バウムクーヘンオーブン、フリーズドライの機械、1台1,000万円もする機械なんかもお持ちです。これらの設備も当然フル活用します。

そんな風に、チームメンバーみんなの得意を持ち寄って、KANOWAは美味しく楽しいお菓子を作っています。

紀州プレミアム生レモンケーキの話題に伴い、僕たちの取り組みも少しずつ認知度は上がりましたが、まだまだ福祉の可能性を伝えきれていないように感じています。そういったことも含め、オンライン上でお客様と接する機会が増えるほど、実店舗を持って直接お会いしてお話がしたいという想いが日に日に強くなってきました。



KANOWAのスイーツは、地元和歌山の素材を活かしたバウムクーヘンやフィナンシェ、マドレーヌ、クッキーなどの焼き菓子が中心です。これに加えて店舗ではKANOWAのお菓子製造や農産品一次加工を担当している福祉事業所独自の商品も販売していきたいと考えています。



福祉事業所の商品は、なかなか日頃出会う場が少ないかもしれませんが、ポップコーン、バウムクーヘン、パン、サブレ、切干大根、タケノコのおつまみなど、個性的で良質な商品がたくさんあります。


オープンする店舗ではそういった商品とともに和歌山の農家さんや和歌山の食品メーカーさんとのつながりを生かし、通常は加工にまわしている「傷があるだけでおいしい」こだわりの果実や、和歌山県下の質の高い食品も提供できるのではないかと思っています。


他にも、各事業所さんで持っているポップコーンや焼き芋の機械で店の中に屋台を出してもらったり、パンの移動販売車に来てもらうなどができればと思っております。

思い描くのは、コミュニティの中の楽しい場所になりたいということ。
福祉に貢献!なんて堅苦しく考えるのではなく、あそこに行けば楽しいよ! おいしいものがあるよ!という風に、ゆるゆるといろんな世代で楽しめる場所が作れたら何よりです。


現在、和歌山市西庄で友人が営む店舗の1階がKANOWAの配送基地になっています。もとよりそこに商品はあるという利点を活かし、実店舗はここからスタートすることにしました。



僕は、20年前に和歌山市内にオープンした「スイーツとパスタのお店 シエスタ」の創業者です。 チーズケーキが楽天市場の総合ランキングで1位となり、メディアでも多数取り上げていただきました。


僕が得意とするのは、スイーツや食品の商品企画プロデュース・コンサルティング・営業活動です。自分の得意を活かした仕事に特化した活動をしたいと思い、7年前に株式会社コンフォートを設立しました。





KANOWAの軸には「福祉の世界を支援する」という想いがあります。
そうなったきっかけは息子の自閉症でした。

12年前、当時3歳だった息子が自閉症と診断されました。同じ境遇のお父さんたちといつも話題になったのは、支援学校高等部を卒業した先に待っている、子どもたちの将来のことでした。子どもが幼稚園児の歳の時に、高卒後のことを話すわけです。「息子を受け入れてくれる所はあるのだろうか」「自分が先立ったあと息子はどうなるのか」という不安は、当然僕にもありました。



そんな中で、社会福祉法人一峰会のアドバイザーをさせていただく機会を得ました。お付き合いの中で見えてきたのは、福祉の世界の限りなき可能性でした。

息子が支援学校を卒業した後にお世話になるであろう福祉の世界が、楽しく幸せな場所であることを願いながら、仕事に取り組んでおります。

 

(小学校卒業時にSNSで綴った息子へのメッセージです)




さまざまな想いがあるからこそ、コロナ禍の中で傾いたKANOWAを存続させることは、僕にとっての命題でした。お陰様で生レモンケーキがヒットし、ネットショップを立ち上げたことで、お客様の声が直接聞けるようになり、新たな可能性を感じました。

お客様に直接お会いしてお話しし、もっといろんな商品を見ていただきたい。そのために実店舗がほしい。そう考えた時に、ずっと倉庫として使っている場所があり、商品もあり、仕事を手伝ってくれている友人などの人材もいて、自分の近くにできる状況や人が揃っていることに気づいたんです。



シエスタから始まったこれまでの20年、和歌山の食関係の方たちとの出会いがたくさんありました。福祉事業所にはまだあまり知られていない素晴らしい商品がどっさりありますし、福祉関係以外にもまだあまり知られていない魅力的な和歌山の食品がたくさんあります。そんな商品をもっと知ってもらうためにも、「KANOWA」の実店舗はお菓子に捉われない和歌山の食の発信源にしたいと思っています。



さらに、店内には「和歌山スイーツ食品研究所」を設ける予定です。僕はKANOWAの代表として活動しながら、スイーツや食品のお店や企業のコンサルティングやプロデュースの仕事をしております。和歌山の食の分野においての相談などが気軽にできる窓口となれたら嬉しいです。

クラウドファンディング目標金額50万円の使い途

クラウドファンディング手数料(金額の10%)差し引いた金額から

お菓子の仕入額や送料を差し引いた金額を、店舗改装工事費用の一部として使わせていただきます。



KANOWAはさまざまな分野の人たちが得意を持ち寄るチームです。パティシエや生産者、福祉事業所のメンバーもいれば、デザイナーやライター、カメラマンといったクリエイター陣も参加しています。

それぞれの得意を持ち寄り、チームで取り組む「共創」というKANOWAの想いに基づき、今回の実店舗は、いろんな方々と共にお店作りができればと考えております。そこでさらにいいものを作り、福祉の活躍の場、表現の場を広げながら、和歌山の食を盛り上げたい。



KANOWAのコンセプトは「果実王国 和歌山を活かし、お菓子で繋がる輪をつくる。」ですが、同時に「可能性の輪」でもあります。民間と福祉、福祉と福祉、民間と民間のマッチング&チューニングによってみんなが繋がっていく。そんな可能性が見いだせれば。
そのためにも、現在のチームメンバー、さらには今回のプロジェクトを機にチームメンバーに加わってくださる方たちと共に、末永く愛していただけるようなお店にしたいと思っています。

ぜひ応援の程、宜しくお願い致します!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください