初めまして。Yuccoと申します。青年海外協力隊ボランティアとして、ホンジュラスのコーヒーの名産地Marcala(マルカラ)に2016年から2018年まで住んでいました。

その時、私の近所の人々が「どうしてコーヒーを作るのか」「どう暮らしているか」が気になって取材をし、帰国後にZINE(自費出版の小冊子)を作りました。

ZINEのタイトルは「ホンジュラスコーヒーマガジンMarcala」です。

今は東京で看護師や人道系の仕事をしながら、空いた時間はすべて当マガジンに充てています。

制作から出版まで、私が1人で行っています(でもいろんな人が手伝ってくださいます)。

昨年販売を開始したvol.1は多くの方にご支援いただき、今回vol.2を販売するに至ります。


よく聞かれるのですが、コーヒーの販売はしていません。

でも、私がおすすめしたい、素晴らしい取り組みをする日本のコーヒー屋さんが幾つもあり、今回の礼品としてご協力いただいています。


さて、マガジン出版に向けた今、世界中で新型コロナウイルスが猛威をふるっています。

医療や経済の安定しないホンジュラスの被害は深刻です。死者は2021年3月末で約4,600人ですが、実際は1万人以上であるという報告もあります。人口の1,000人に1人が亡くなっている計算です。政府は長期に度り厳しい外出制限をしていますが、その間に多くの人が失業し、子供達は教育の機会を失っています。


更に追い討ちをかけるように、2つのハリケーンが襲いました。2020年11月初旬のハリケーン “エータ”、そして11月中旬にハリケーン“イオータ”。北部を中心に、死傷者、家屋の損失など多くの被害がでています。


私がこれから出版する「ホンジュラスコーヒーマガジンVol.2」を通して、ホンジュラスの新型コロナウイルス、ハリケーン被災支援がしたいと思い、コーヒー労働者マガジン出版×支援プロジェクトをする決意をしました。

そして、その実現のためにクラウドファンディングに挑戦します。

ぜひみなさまのお力を貸してください。ご支援のほどよろしくお願いいたします。



もくじ

・「ホンジュラスコーヒーマガジンMarcala Vol.2」が伝えたいこと

・このプロジェクトを作った経緯

・プロジェクトの目的

・資金の使い道

・リターンについて

・最後に



「ホンジュラスコーヒーマガジンMarcala Vol.2」が伝えたいこと


当マガジンを一言で説明するならば、「ごく普通の日本人が、ごく普通のコーヒー労働者に焦点を当てた調査記録」です。

私(製作者)は、ボランティアとして、中米ホンジュラスのコーヒーの名産地Marcala(マルカラ)に2年住んでいました。そこで飲むコーヒーは、パワフルで上品で、本当に美味しくて驚きました。しかし、驚いたのは味だけではありません。海外トレードに成功した生産者が、その味や利益を追求するだけでなく、地域の貧しい人を救済しようと奔走しているのです。

なんでこんなにモチベーションが高いのだろう、国民性なのでしょうか。日本の高度経済成長期のような、皆で良い暮らしをするぞという気持ちなのでしょうか。このマガジンを作った目的の一つは、その理由を知って、そんな素晴らしい人たちを紹介したいと思いました。一方、「子供達が当たり前に働いているけれど、どんな気持ちで働いているのだろう?」「季節労働者は、病気になったら、どうやって治療するの?」など、光の当たらない箇所も、日本で美味しいコーヒーを飲む1人として考え、皆さんと共有できたらと思い制作しています。



ホンジュラスコーヒーマガジンVol.2イメージ


2巻目の内容は以下の通りです。

誌名:

ホンジュラスコーヒーマガジンMarcala Vol.2

目次:

○子供達とコーヒーの収穫

○インタビュー 孤児と貧しい村に尽くすコーヒー農園主

○ホンジュラスコーヒーの葛藤 子供の労働と慣習との狭間にゆれる

○レシピ ホンジュラス タコスのつくりかた

○収穫シーズンに病院に来ない季節労働者達

○ホンジュラスコーヒーの葛藤 良い農園が縮小?


IMG_2940.JPG.jpg保健所職員(右)と、調査に応じる季節労働者家族 *マガジンVol.2に掲載予定



icon_3.pngこのプロジェクトを作った経緯

今、ホンジュラスの貧困や治安の問題に、コロナウイルスが拍車をかけています。政府は2020年3月からずっと外出規制を続けていますが、死者は4,000人を超え、感染者は現在も増え続けています。その間に多くの人々が保障もなく仕事を失っています。また、子供達は2020年3月から対面授業が停止されたままです。

更に追い討ちをかけるように、25年に1度と言われる大きなハリケーンが2度も発生しました。2020年11月初旬のハリケーン “エータ”、そして11月中旬にハリケーン“イオータ”。北部を中心に、死傷者、家屋の損失など甚大な被害がでています。

川の氾濫により倒壊した家屋

停電の復旧作業に必要な電線を運ぶ地域ボランティア

しかし、ホンジュラスの方々は、どんな苦難な状況でも負けていません。なんとか解決の糸口を見つけようと模索しています。

私が支援をしたいと思う気持ちの原点は、現地の方々の人間関係の深さです。

コーヒー生産国によく言われるように、ホンジュラスコーヒーには、業界内に大きな格差があるのを見てきました。しかし、当マガジンで紹介しているように、ダイレクトトレードに成功した農園主が、地元の貧しい人々を手助けするなど、力強いネットワークがあります。その住民同士のネットワークが、この国の強みだと思います。

そんな人々の後押しがしたい、そう思って暖めたプロジェクトをこの現状に役立てたく、クラウドファンディングを行うことにしました。

51366358_2032121793530747_5657051848201207808_n.jpg適正賃金で雇用を促進しようと励む女性経営者(右) *マガジンVol.1に掲載


67373591_10219747526975613_996071519455019008_n.jpgコーヒーの仕事って?子供達を畑に招いて教える経営者  *マガジンVol.1に掲載



icon_3.pngプロジェクトの目的

1.マガジンを通して、ホンジュラスコーヒー労働者のことを広めたい

2.貧困や新型コロナウイルス、ハリケーン被害に逢うホンジュラスを支援したい




icon_3.png資金の使い道

今回のクラウドファンディングでは20万円を目標金額としています。雑誌の印刷、返礼品、イラスト·装丁·DTPなどにかかる実費を除いた約6割が、現地の共同作業者の活動費になります。

活動は「ハリケーン被災地支援」と「新型コロナウイルス問題への支援」の2つです。これらは、実際に私が現地で一緒に活動してきたり、ご指導をいただいている方々との共同活動です。私がこの雑誌販売で現地活動資金を調達。殆どの支援プロジェクトでは、会計上の規則から相見積もりを取ってより安い物資を購入しますが、この方式では、競争力の低い地方業者は購入先対象にならず、支援地域の経済にお金が落ちません。支援物資を出来るだけ地元で購入することで、地域の人同士の関係づくりと地元の経済へ貢献を目指します。以下が詳細です。

[ハリケーン被災地支援]

○支援地域:ホンジュラス北部のコルテス県ビジャヌエバ市。コロナ禍真っ只中の2020年11月、25年に一度襲来する巨大ハリケーンが2回連続でホンジュラス北部を直撃。その大洪水により多くの家が水没し、深刻な被害を受けました。

○内容:家庭や職場の浸水被害によって仕事の道具(ミシンや自動車整備等)を失い、生活の再建ができない人々の機材の購入費に充てられます。

○共同者:この活動は、現地で活動を行なっている古川宗明さんの『ビジャヌエバ市のハリケーン被災者支援プロジェクト』の一環として行われます。

○古川宗明さんからのメッセージ

ホンジュラスという国を聞いたことがありますか?どこにあるか分かりますか?ホンジュラスは五輪メダルがゼロの国。世界から殆ど注目されない国です。ネットで”ホンジュラス”で検索すると、「世界で一番危険な都市」、「リアル北斗の拳」など、マイナスイメージばかり。でも、ホンジュラスに生まれるのはその人のせいではありません。生まれた時から多くの問題の中での生活を強いられるホンジュラス人ですが、その厳しい境遇の中で一生懸命生きている素晴らしい人たちです。今回の2つの連続したハリケーンの上陸により、ビジャヌエバ市内では、特に貧困層がより大きな被害を受けました。その彼らの生活再建の為に、どうかご協力よろしくお願いします



[新型コロナウイルス問題への支援]

○支援地域:私がボランティア活動とコーヒーの取材をしていたコーヒー生産地Marcala(マルカラ)市の農村

○支援内容:ホンジュラスではコロナ禍で2020年3月から全ての公立学校での対面授業が停止されています。因って、政府はオンライン授業を推奨していますが、多くの教員も生徒もオンライン授業の設備(スマホや携帯電話のチャージ代等)を持たず、政府の支援も十分ではありません。平常時から、教科書やワークブックも日本のように毎年無料配布されるわけではなく、数年使い回します。人口の多い都市部は学校が2部制で、午前の部と午後の部の生徒が、同じ教室で教科書を共有します。対面授業ができない現在、教科書やワークブックをコピーすることで、家での自習ができるようにしていますが、コピー代は各家庭が負担しているのが実際です。毎日の食事すらままならない貧しい農村家庭では、政府から補助される学校給食が大切な食事となってたほどなので、コピー代を捻出することは非常に困難です。こういった学校や家庭の支援の為に、教科書やワークブックのコピー代や学校給食に代わる栄養補給の為の食費補助を行います。

○現地共同者:当マガジンVol.1・2でインタビューを掲載している、コーヒーを通した社会活動をしている3組4名。Vol.1のイバンさん夫婦(コーヒー生産)、ナンシーさん(コーヒー生産、カフェ経営)、Vol.2のサロモン牧師(コーヒー生産、孤児院長)です。3組にお願いしたのは、市内のできるだけ広範囲の地域で支援活動を行う為です。

○サロモン牧師からのメッセージ

【プロフィール】1974年生まれ。マルカラ市のグアスクプスカ村で孤児院とプロテスタント教会、コーヒー農園を運営。孤児や貧しい地域住民の支援を行う。

Envió un Saludo a todos nuestros Amigos del País de Japón.Soy Salomon Garcia y estoy agradecido con nuestra Amiga Yucco Iwamizz quien vivió en nuestro país y vio cómo vive nuestra gente en Honduras. Tuvo la idea de escribir Historias de nuestra gente y escribir un libro con el fin de apoyar a personas en pobreza extrema, Yo estoy también apoyando con proyectos a niños en Riesgo social y pobreza,  por eso solicitamos nos ayuden a Cambiar vidas. Dios les Bendiga.

日本の国のすべての友人に挨拶を送ります。私はサロモン・ガルシアです。私たちの国に住んでいて、ホンジュラスで私たちの人々がどのように暮らしているかを見てくれた友人のyuccoに感謝しています。 彼女は極度の貧困の人々を支援するために私たちの人々の物語を書き、本を書くという考えを持っていました。私も社会的リスクと貧困の子供たちをプロジェクトで支援しています。この生活を変えるための支援を求めます。 神のお恵みがありますように。




icon_3.pngリターンについて

リターン早見表





  【コースごとのリターン内容】

Aコース 2,200円

   ·御礼のメール

   ·ホンジュラスコーヒーマガジンMarcala Vol.2 1冊(税込1,100円で販売予定)



Bコース 4,200円

   ·御礼のメール

   ·ホンジュラスコーヒーマガジンMarcala Vol.1 1冊(税込550円で販売中)

   ·ホンジュラスコーヒーマガジンMarcala Vol.2 1冊(税込1,100円で販売予定)

   ·ドリップパックコーヒー10g 1袋

[Bコースのコーヒーの説明]

プンタルト

ホンジュラス在住歴のある店主、高橋祥子さんによる、ホンジュラス農園とのダイレクトトレードの先駆けのコーヒー屋さんのドリップパックです。当マガジンVol.1にインタビューを掲載した、イバンさん夫婦のコーヒーを取り扱っているお店です。



Cコース 5,000円

   ·御礼のメール

   ·ホンジュラスコーヒーマガジンMarcala Vol.2 1冊(税込1,100円で販売予定)

   ·コーヒー焙煎豆 100g 1袋

[Cコースのコーヒーの説明]

27 COFFEE ROASTERS 

湘南にある、ホンジュラスコーヒーのパイオニアと言われるお店の豆100gです。

このお店の代表の葛西 甲乙さんは国際品評会の審査員をしており、現地でも有名な方です。選び抜かれた小規模生産者の個性的で新鮮な味は、本当に驚きです。




Dコース 10,000円

   ·御礼のメール

   ·ホンジュラスコーヒーマガジンMarcala Vol.1 1冊(税込550円で販売中)

   ·ホンジュラスコーヒーマガジンMarcala Vol.2 1冊(税込1,100円で販売予定)

   ·コーヒー焙煎豆 200g 1袋

[Dコースのコーヒーの説明]

カトラッチャ珈琲焙煎所

愛媛県のコーヒー屋さんの豆200gです。店主の今井英里さんは、私のボランティアの先輩なのですが、現地で修行をされたその味は、本当にいい意味でそのままです。当マガジンVol.1にインタビューを掲載したナンシーさんの、ハニーコーヒーをお届けします。



メッセージ


ホンジュラスコーヒー輸入販売「プンタルト」代表 高橋祥子さん

「形は違っても思いは同じ」

なかなか滞在チャンスのないホンジュラスという国に、たまたま住んでいたことから、ホンジュラスという国を知名度の低い日本に紹介したいという思いは共通します。

最近少しずつ人気が出てきたホンジュラスコーヒーの生産者にスポットを当てたこのマガジンは、1杯のコーヒーの裏側にあるストーリーがよくわかる内容です。

コーヒーを飲みながら、彼ら生産者に思いを馳せてみてください。


ホンジュラスコーヒー輸入販売「プンタルト」代表


--------------------------------------------------------------------------------


○27 COFFEE ROASTERS 代表 葛西甲乙さん


昨年、私もクラウドファンディングで「ホンジュラスコーヒー生産者を支援するプロジェクト」を実行しました。その際、Yuccoさんにも応援メッセージを頂きました。コロナ禍による影響で欧米を中心としたコーヒーの買い付け量が減った分を少しでも補うためのプロジェクトは、目標を達成して、ひとまず良かったと思っていました。


しかし、そんな矢先、昨年11月に2週連続で巨大ハリケーンがホンジュラスを襲い、20数年来の大規模災害になってしまいました。商業の中心であるサンペドロスーラ都市部は完全に水没してしまいました。私のコーヒー出発点でもあるサンタバーバラ周辺も土砂崩れによって、村や農園が流されてしまい、コロナどころではない位の重大な危機に陥っています。


ホンジュラスは、ちょうど今が収穫の最盛期です。道路やライフラインが分断されてるため、収穫したチェリーを運搬することができず、人の手で運んでいます。作業が追いつかなく鮮度が命のチェリーは品質を落としてしまいます。これらは通常のマーケットで売り捌くしかありません。


こうした二重苦とも言える状況でもホンジュラスの人たちは、みんなで協力して明るく頑張っています。ビデオや写真で送られてくる、健気に頑張る姿を見ていると、私たちも頑張らなくてはいけない、できる人たちで知恵を出し合って経済を動かさないといけないという気持ちになります。


私は小さな町のコーヒー屋さんに過ぎませんが、いつも何ができるかを考えます。

一杯のコーヒーにはたくさんの意義が詰まっていると思います。どうか一杯でも地球の裏側で生産者たちが頑張って作るコーヒーを飲んでいただけたら嬉しいです。


Yuccoさんの活動も国レベルで見れば、本当に小さなことかもしれません。ですが、誰かが声をあげないと誰も気が付いてくれません。この活動によって1人でも多くのホンジュラスの人たちに元気と勇気を与えることができたら素晴らしいと思います。

Keep on Honduras!





icon_3.png最後に

最後まで読んでくださりありがとうございます。コロナや自然災害で苦しい思いをされているのはもちろんホンジュラスだけではないです。私達を含め、世界中のたくさんの人々がこの状況を過ごしています。しかし、どうか希望を持って、今いる場所から自分のできることをしたい、それがホンジュラスの力になり、日本で美味しいコーヒーを楽しむ私達の元気にもなれば、という気持ちです。ぜひ応援のほどよろしくお願いします!!


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください