みなさんは、カンパイの1杯目は何を注文しますか?

はじめまして、Beuys(ボイス)の上田です。

私たちは今、日本酒業界が抱える「消費量激減」の課題を解決するべく、「日本酒カンパイドリンク化計画」の旗を掲げて、商品開発に向け動き出しています。今回は、プロジェクト第一弾となる「商品開発」資金を集めるクラウドファンディングです。

プロジェクトをはじめたきっかけ

日本酒が好きだというのも理由ですが、一番の理由は、弟が酒蔵で修行を始めたことがきっかけになっています。私の弟はお笑い芸人から蔵人にジョブチェンジという異色のキャリアの持ち主で、お笑い芸人なのにシャイで人前が苦手という変わり者でしたが、蔵人として働くうちに、成長のギアが入ったというか、自分の知らない大人になった弟がそこにいました。

自分にできることはないだろうか

そんな弟を見て、私も何か日本酒業界にできることはないかと、Beuysのメンバーにその話を持ち返り、できることのリサーチをはじめました。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000069063.html

調べてみると、日本酒業界は多くの課題を抱えていました

自社の中にも、業界にも、社会にも、そして消費者も。

数字を見ると、ダメージの大きさを感じていただけると思います。

例えば、日本酒の飲酒量はピーク時の1/3になっています。

日本酒がブームになっているというイメージを抱く方が多いですが、実際は日本酒の消費量は減り続けています

1ヶ月に3蔵が廃業し、蔵元数の減少も見逃せない状況になっています

1970年に全国で3533箇所あった酒蔵の数も、2011年には、半分の1709箇所まで減少しています。実際には、免許だけ保持し、日本酒を製造していない蔵も多くあり、実際に日本酒を製造し、販売している蔵元の数はさらに減るものと考えられます。

私たちは、日本酒業界が抱える「消費量激減」の課題を解決するため、そもそもの飲酒シーンから変えていきたいと考えています。

私たちがチャレンジしたいのは、カンパイの序列チェンジ

居酒屋でお酒を頼むときの心情を、イメージしてみていただきたいのですが、

1杯目は、とりあえず「ビール」

2杯目は、おかわり「ビール」か、「ハイボール」というのが多いのではないでしょうか。

ファーストドリンクについては、メニューを見ずに頼み。メニューを見て注文するのは大体3杯目以降というように。私たちは、このカンパイ時に頼まれる位置に引き上げることが、日本酒業界を救う鍵だと思っています。

目指すは、ハイボールのようなV字の復活劇

ウイスキーはアルコール度数が高く、食事中に飲むには難しいお酒でしたが、ソーダで割るという新しい飲み方によって、唐揚げやたこ焼きと一緒に飲まれるようになり、今では居酒屋の定番メニューになりました。

日本酒はウイスキーまでは強くないものの、下のイラストのように15~16%と高めとなるため、食中に頼むには料理との相性を考える必要があります。

1杯目で飲みたいお酒や、後半のシメで頼みたい料理があるように、日本酒も飲み方のバリエーションをつくることによって、限定されることなく、より広いシーンで飲んでいただけると考えています。

カンパイの序列を変えるだけではまだ弱い

これまで、飲酒シーンの1杯目、2杯目にいかに入るかという話をしてきましたが、日本酒の消費量を増やすためには他にも仕掛けが必要です。

それは、コンビニやスーパーなど生活動線上で購入しやすい場所を増やすことです。

現状、デリケートな日本酒は管理や保存の難しさから、酒屋さんにいかないと購入出来ないものが多いため、飲みたいと思っても、手軽に購入出来ないという問題があります。

日本酒カンパイドリンク化計画の概要

◆第一弾(今回):スパークリング清酒 「RULES(ルールズ)」の商品開発

◆第二弾(予定):完成した「RULES(ルールズ)」の量産体制の構築

◆第三弾(予定):「RULES(ルールズ)」の取扱店舗探し

◆第四弾(予定):「RULES(ルールズ)」の一般流通/販売経路構築

◆日本酒カンパイドリンク化計画で実現したいこと

ハイボールの先にウイスキーがあるように、何事にも階段が必要です。さわやかな口あたりのRULESを開発し、食べ合わせを万能にすることで、カンパイの序列を変え、飲酒シーンを変え、日本酒業界全体を盛り上げていきたいと考えています。

◆資金の使い道・スケジュール

今回集めた資金は、商品開発に必要な原料・製造費用、リターン品の制作を含めたプロジェクトの運転資金として使わせて頂きます。

4月  クラウドファンディングスタート

5月  クラウドファンディング終了

6月  商品開発・ファーストサンプル着手

7月  リターン品制作・発送

◆リターンのご紹介

公式サイト、ステッカー、Tシャツのデザインは仮となります。デザインが決まり次第、追って活動報告させていただきます。

※配送は国内のみとなりますので海外からご支援をいただく際はご注意ください。

また、本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施しますので、ぜひみなさまのお力を貸していただけると嬉しいです。

・サンクスメール:500円

・サンクスメール+ステッカー×1:2,000円

・サンクスメール+ステッカー×2:3,500円

・サンクスメール+公式サイトにお名前を掲載:5,000円

・サンクスメール+応援者名前入りSNS投稿画像(シリアルナンバー):5,000円

・サンクスメール+ステッカー×2+公式サイトにお名前掲載:7,500円

・サンクスメール+ステッカー×2+応援者名前入りSNS投稿画像:7,500円

・サンクスメール+オリジナルTシャツ×2(RULESとBeuys):9,000円

・サンクスメール+カンパイドリンク計画応援ジョッキ×2:10,000円

・サンクスメール+ステッカー×2+「公式サイトor SNS画像」+Tシャツ×2:16,000円

・サンクスメール+ステッカー×2+「公式サイトor SNS画像」+ジョッキ×2:17,000円

・サンクスメール+全ノベルティ×1:31,500円(ジョッキは×2)

・【応援VIPサポーター 】(VIPシリアルナンバー/サンクスメール+全ノベルティ ):50,000円

・【早期特典】 【応援VIPサポーター 】:50,000円(限定5組/20%OFF→40,000円)

・【活動支援】:100,000円(Beuys)


プロジェクトの実現を目指すBeuysメンバーの紹介

◆上田良治(31歳)

幼少の頃は消防士に憧れて身体を鍛え、次にメカニックに憧れて整備士資格が取れる高校を卒業し、着物職人の親と、美術高校に通う姉の影響から、自分も芸大に進学(大阪芸術大学 芸術計画学科 中退)。絵を書き、写真を撮り、映像を撮り、時には歌って踊って、表現の根本を学ぶ。在学中には、企業のプロモーションや、MVのプロモーション制作を行い、バックパッカーとして北米・中南米を放浪。その経験から日本の雇用問題に課題意識を持ちHRマーケットにジョイン。3年前に独立し、企業のデザイン経営をサポートしつつ、自らもあったらいいなのコンセプトメイクに取り組む。二児(0歳・2歳)の父。

◆奥田隼也(31歳)

東京のアトリエ系設計事務所でインターンを行った後、建築からグラフィックに活躍のシーンを移す。大学卒業後にメルボルンのデザイン会社に入り経験を積み、その他グラフィックに関する制作を現地で行う。その後、日本のデザイン会社で6年間クライアントワークに従事し、グラフィックを中心に、エディトリアル、Web、空間デザインと幅広いプロジェクトをこなす。2021年にはLEIKI inc.を設立し活躍の幅をさらに広げる。

◆Beuysは「社会彫刻」の概念を掲げたドイツの芸術家"Joseph Beuys"に因んだ名前。芸術的視点を軸に、アートとビジネス、そして社会を結ぶ活動を創る集団です。

◆Beuysの具体的な活動内容

日々目にするニュースや、暮らしの中で気づいたアイデアやひらめき。
ふと心に浮かんだことを、カタチにしていくのが活動内容です。
頭と心と体をつかったフィールドワークを通して、デザイン視点・発想でおもしろい社会に向けた後押しをしていきます。
・ひらめきや思いつきの創作活動
・あったらいいなのコンセプトメイク
・好きをつくるファンづくりの提案
・デザイン経営のサポート
自分たちで”つくる”こともあれば、
コラボレーションできるパートナーを探し”ひらめきを提案”しに行くこともあります。

◆最後に

ここまで読んでくださったみなさま、本当にありがとうございます。

"どんな人か知りたい"、"もう少し話を詳しく聞きたい"などありましたら、メールでもSNSでもお気軽にメッセージを頂ければ幸いです。

今回のプロジェクトはBeyusにとっても新しいチャレンジです。このプロジェクトを通して、日本のアイデンティティとしての日本酒が愛され、造り手の蔵人、そして原料をつくる農家さん等にリターンを返せるよう、応援いただけるみなさんと共に、日本酒業界のネクストに向けて取り組んでいきたいと思っています。どうぞ応援よろしくお願いいたします。


◆連絡先

・HP:https://www.beuys.jp

・問い合わせ:info@beuys.jp

・Twitter:https://twitter.com/Beuys_jp

  • 2021/04/25 16:13

    お世話になっております!日本酒カンパイドリンク化計画を推進する上田です!!プロジェクト公開から5日間で9名の方にご支援をいただき、達成率11%まで来ることができました!!本当にありがとうございます!!必ず達成できるよう残り26日間頑張っていきますので、引き続きご支援(拡散など)よろしくお願いし...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください