はじめに・ご挨拶

こんにちは。
我々は津軽地方の手工芸「こぎん刺し」の好きな人が集まり、作品作りや情報交換をする「こぎんカフェ」を不定期で開催しています。
前回2020年11月22日に開催して今回、第2回目の開催です。


4月10日-11日に開催の【第2回こぎんcasfe祭】
(こぎん刺しに特化した展示イベント)応援を頂きたくお願申し上げます。




開催日 2021年4月10日(土)、11日(日) 10時~18時
会場  ギャラリーろくさん 
    東京都板橋区大山東町54-2
参加作家・詳細会場のギャラリー


このプロジェクトで実現したいこと

普段は作家や趣味作りの方が集まり作品制作を行っていますが、複数のこぎん刺し作家さんやこぎんや津軽関連の広報活動をしている方にお集まりいただます。
是非この機会にこぎん刺しを好きな方も初めての方も、作家の作品との出会いに沢山の方にご来場いただきたいと思っています。


プロジェクトをやろうと思った理由

今年は青森県の春の桜、夏のねぶたねぷた(青森:ねぶた、弘前:ねぷた)、秋のりんご、年中楽しめる岩木山の眺めや地域のおいしいものに温泉を楽しめる旅行に制限がかかり、各お祭りも中止されました。

青森県や東京でも行われる予定だったこぎん刺しのイベントも残念ながら中止になりました。昨年に続き数100名の来場が予想されていたイベントが中止になり作家もファンも大きなショックを受けました。

こぎん刺しに特化したイベントが少ない中、コロナで敢え無く中止されることが多く作家は発表の場や交流の場を求めています。作品発表・作家同士の交流・新規ファンと交流が得られるように継続して開催していきたいと考えています。
津軽の手工芸を愛する作り手をファンの繋がりが生まれこぎん刺しの魅力を通して津軽の魅力も発信し今後も続けていけるイベントになるようプロジェクトを立ち上げました。

これまでの活動

普段、東京都内、主に板橋区の会場で作家や趣味の作り手が集まり作品作りを楽しんでいます。
作家さんや参加者さんになるべく負担がかからない様に会場は分かりやすい公共施設を利用し合計30回以上開催しています。


資金の使い道

支援金は開催するイベントを知って頂くために記念品や・こぎん刺し関連の品をお届けするほか、出展の運営や広報に使わせていただきます。
一人でも多く津軽の魅力・こぎん刺しの魅力に触れていただけるよう願っています。

リターンについて

こぎん刺しに触れたことのない方も出会いの機会になるように「こぎん刺し小物」や雑貨から、こぎん刺しファンにはオーダーメイドの権利もご用意しております。
気になるリーターンを見つけて応援頂けんしたら幸いです。
※リターンの品は市販品ではなく全てオリジナル品です。

【応援のきもち】 500円
 展示会DM
 +ご来場の際には記念品

【記念品set/こぎん雑貨】 1,000円
 こぎん刺しモドコ箔押し豆ぽち袋の香袋
 こぎん刺しモドコシール
 展示会DM

【こぎんノートと小作品用図案20種】 1,000円
 ※こぎん刺し経験者向けの品です。
 こぎん刺しの図案を書く際にちょうど良い升目の方眼紙と
 こぎん刺しの図案のセットです。
 展示会DM

【初心者セット】 1,000円
 津軽の伝統工芸「こぎん刺し」の初心者用のセット。
 こぎん刺しを始めるに当たり必要な道具と材料をセットにしました。

【オーダーメイドこぎん刺しジャケット】 55,000円
 ご購入様ご要望のこぎん刺しをジャケットに設えます。
 プロジェクトのメイン画像にあるこぎん刺しジャケットは既製品にこぎん刺しを付けたものです。
 どこにでもあるジャケットがオリジナルのこぎん刺しジャケットに生まれ変わります。
 こぎん刺しは基は着物でした。身につけてこぎん刺しを楽しんでいただきたいと思います!


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。
※本プロジェクトの画像は全てプロジェクトオーナーの著作物です。
※開催日程が1ヶ月未満のため、プロジェクト期間が短くなっております。

※リターン品の限定数の記入のないものは限定数を設定しておりません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください