はじめに・ご挨拶

糸あやつり人形一糸座は、江戸時代から続く日本の糸あやつり人形(人形浄瑠璃)を継承している人形劇団です。
2003年、一糸座代表の結城一糸が、独自の活動を行うため結城座から独立し設立しました。

【結城一糸】プロフィール:
1948年 結城座十代目、結城孫三郎(故・結城雪斎)の三男として生まれ五歳で初舞台。
1972年 三代目結城一糸を襲名。
2003年 結城座から独立。
2005年 「江戸糸あやつり人形座」旗揚げ。
2015年 「糸あやつり人形一糸座」と名を改めて現在に至る。

日本の伝統芸能である糸あやつり人形を継承し、古典作品の上演にとどまらず、多くの演劇人と共に新しい作品を産み出している。
また、国内だけなく海外での活動も多く、日本の糸あやつり人形の発展と普及に力を入れている。

【一糸座とは】
一糸座は独立以来、多くの国内の演劇人達と新しい舞台を創作しています。また海外とのコラボレーションではチェコの人形遣いを日本に招き、2016年『ゴーレム』という作品を神奈川芸術劇場にて初演。好評のため翌年は杉並区の座・高円寺2にて再演を行いました。

2016年『ゴーレム』より

2015年には、古典を継承する劇団が前衛的な作品を創出している事に対して大きな興味を持たれ、イタリアのボローニャ大学から招聘されました。大学では「伝統と前衛」をテーマに古典作品と新作「アルトー24時」の一部をボローニャ大学の学生と共に上演。

2015年「イタリア・ボローニャ大学の学生との上演の様子」

2022年3月にはノルウェーの劇団と共同公演が決まっており、海外との交流にも力を入れています。

2019年「ノルウェー・オスロのグルソムヘテン劇団にて」

このプロジェクトで実現したいこと

日本の糸あやつり人形を未来へ繋げていくために、このコロナ禍をどう乗り切るか。
2020年に表現の場を失った今だからこそ、できる事があるのではないかと考えました。
今回のプロジェクトでは、1階に色々な人が集まれる憩いの場「カフェ」。地下では地域の方、糸あやつり人形に興味のある方に人形ワークショップや人形教室などを行う開かれた場を提供します。また常に新しい作品を産み出す場として、基本稽古・古典・新作公演の稽古、人形製作、映像制作など様々な活動が行える場にしていきたいと考えています。

目的

1)未来へ繋げていくために、常に稽古ができる場所を持ちたい
2)古典作品を大きな劇場ではなく、自分達のスタジオで上演し、この場から文化を発信していきたい。
3)地元小平市で、市民・近隣の人達が気軽に伝統芸能を楽しめる場を作りたい。
4)地下のスタジオでは、地元の子供たちや学生など、人形に興味のある人たちに向けてワークショップ 
  を行い、プロを目指す人形遣いを発掘していきたい。

プロジェクトをやろうと思った理由

独立以来、常に稽古のできる自分達の場、アトリエを持ちたいと思い続けてきました。
人形浄瑠璃は日本独特の文化であり、古典を継承している一糸座は日本の文化を未来へ残していくために、より多くの若い人形遣い達を育てていきたいと考えています。

そのためには、いつも人形が傍にあり、稽古したい時に稽古ができる。そして人形を製作しながら稽古ができる。
そんな場を持ちたいと、独立以来、常に思い続けてきました。

昨年は、思いもよらないコロナ禍で表現の場が失われてしまいましたが、そんな時に自分達でできる事、考えられる事を追求し続けた結果、私達にとって思いもよらぬ「場」が見つかりました。
そこは稽古場だけでなく、カフェを併設する事のできる私達の願いを叶えられる夢のような場所でした。
ただ、このコロナ禍でこんな大胆な事を始めて良いものか、劇団員で何度も話し合いを続けましたが、
世の中が大変な時だからこそ、未来に向かうために思い切ってカフェを併設したアトリエを持つ事に挑戦するべきだと決断しました。
そして、できる限りの自己資金を用意しましたが、やはり思った以上に予算はかかります。
1階のカフェ部分は、元お寿司屋さんの居抜き物件です。

この雰囲気を残しつつ、自分達でできる事はできるだけやろうと考えましたが、必要のない什器など廃棄する物が沢山あり、その処理だけでも多くの予算がかかります。

自分たちの夢を叶えるためではありますが、日本の大切な文化を未来へ残したいという思いで始めたこの事業に、皆さんのお力を貸して頂けたらと思い、クラウドファンディングにも挑戦することに致しました。

これまでの活動

2003年に独立した時は2人だけのスタートでした。大きな希望や夢は尽きることなくありましたが、2人だけの活動は思いのほか大変で、人形製作から舞台制作まで何から何まで2人で考え実行しなくてはなりませんでした。あれから18年、若い人形遣い達も少しづつ増えていき、メンバーは8名までになりましたが、この伝統芸能を絶やすことなく若い世代に託していくには、まだまだ数が足りません。

ですが、2人だけで考えたり作業したりしていた時と比べ、今は全員で考えより良い方向に向かうことができます。やはり1人より2人、2人より3人と、大勢の力はそれだけの大きな力を生むのだと実感しています。

人数が増えるにつれ、今まで拠点としていた稽古場がとても狭く思えるようになってきました。人形遣いや美術製作、舞台の制作者などを育てていくには、もっと大きな場所が必要だと考え始めた頃、稽古場も必要だけど、みんなが生活していける何か他の事も必要だね、と劇団員達と話し合うようになりました。

大きな場所を持つには使用しなくなった倉庫がいいのではないかと考え、倉庫を探しましたが広い倉庫は足の便の悪い場所であったりして、みんなが毎日通える場所はなかなか見つかりませんでした。

そんな悪戦苦闘していた頃、コロナの流行により舞台という表現の場が無くなってしまい、世の中がすっかり変わってしまいました。
本当なら2020年は「少女仮面」の上演と、ヨーロッパ5ヶ国7都市でのツアーが決まっていて、充実した忙しい1年を送るはずでした。ですが、何もできなくなってしまった私達は、何故か今だからこそ何かできるはずだ!と、前向きに進むことを決意し、稽古場を探す事に集中する事になりました。

いくつか候補がありましたが、私達の活動を活かせる場所という条件の物にはなかなか行きあたらず諦めかけていた時、偶然にも現在の私達の拠点である、一橋学園駅で今の物件に出会うことができたのです。

【小平市・一橋学園の魅力】
一糸座が15年以上、拠点にしている小平市の一橋学園は、東京都でありながら自然豊かで暮らしやすい街です。
新たな拠点は、JR中央線の国分寺駅から西武多摩湖線で一駅。一橋学園駅を出てすぐの商店街に位置しています。この昭和の雰囲気を残したレトロな商店街を1分歩いたところにカフェ「オオワニ通リ」をオープンします。
一橋学園駅周辺には、玉川上水が流れ、緑あふれる上水の傍には著名な彫刻家・平櫛田中氏が晩年過ごした住まいが美術館として残っています。近くには武蔵野美術大学など多くの大学が点在するため、学生や留学生の姿も多く見られます。
年配の方からファミリー層まで、様々な年代の人が暮らす、魅力ある街です。

オオワニ通リの所在地

当初は、カフェと稽古場は別の場所に持つしかないと考えていたのですが、その場所は1Fでカフェを運営する事ができ、地下は稽古に十分な広さを持った場所だったのです。とても夢のような場所でした。

独立以来、私達が諦めることなく望んできた夢がここなら叶うのではないかと希望に胸膨らみ、何がなんでもこの場所を自分たちの場にしようと決めました。

構想から約2年近くが経ち、自分たちの持つ自己資金を元に、水回りやプロの手を借りなければならない事以外は全て自分達でやろうと思い、居抜き物件の不用品の片付け、廃棄、掃除など、時間を見つけながら苦闘したお陰で、開店まであと一歩のところまで来ることができました!

そしてあと一歩のところで、資金不足という現実にぶちあたります。ですがここで諦めては未来へ繋げていく事ができないのです。コロナ禍でこんな事を考え、資金不足となり資金援助のお願いをするのは、とても心苦しく、今でもお願いする事を悩んでいますが、夢を叶えるためと、未来へ日本の文化を繋げていくためにはどうしても、諦めてはいけない!と思い、このプロジェクトを立ち上げる事になりました。

悪戦苦闘を重ねながら、カフェ併設の稽古場が間もなくスタートします!!
皆さんのお力を是非お貸しください!!!

【一糸座のこれまで・そしてこれからの活動】
私達の本業である舞台の活動も、ここに少しですがお知らせ致します。
2003年 結城座から独立 公演事業開始 古典作品の上演と共に新作公演を行う
2014年 「アルトー24時++再び」原作:鈴木創士 脚本・演出:芥正彦
2015年 イタリア・ボローニャ大学から招聘され、「伝統と前衛」をテーマに「アルトー一部上演・古典作品上演」 / イタリア・パレルモ演劇祭参加「伝統と前衛」上演
2016年 「ゴーレム」日チェコ共同公演 脚本・演出:天野天街 部分演出:ゾヤ・ミコトバー
2017年 「ゴーレム」好評のため再演
2019年 2020年「カスパー」欧州公演リサーチのため、「ノルウェー・ドイツ・フランス・」訪問
2020年 「少女仮面」コロナで延期・「カスパー」ヨーロッパ5ヶ国7都市公演 コロナで延期
2021年 7月「少女仮面」上演予定 作:唐十郎 演出:天野天街 於:ザ・スズナリ
2022年 3月「猟師グラフス」上演予定 作:フランツ・カフカ 構成/演出:ラーシュ・オイノ 於:座・高円寺1/シアターχ/シアターE9 KYOTO/ノルウェー・オスロ グルソムヘテン劇場


【資金の使い道】

〇稽古場床貼り工事         20万
〇看板製作             15万
〇劇団員で行う内装材料費      30万
〇コロナ感染防止用品        27万 
〇運転資金(1ヶ月)        30万 
〇クラウドファンディング費用    28万

リターンについて

ご支援頂いた全ての方に、お礼のメールをお送りし、お名前をカフェのホームページに掲載させて頂きます。コースによって、カフェ オオワニ通リでご利用頂けるお食事券や、オリジナルグッズなどお送り致します。
また、私達の本業である糸あやつり人形をご覧頂くコースや、体験コースも限定数ですがご用意致しました。
リターンを少なくし、ご支援額の多くをプロジェクトに充てる「応援コース」も作らせて頂きました。皆様のお気持ちに応えられる良い場を作りたいと思います。ご支援よろしくお願い致します。

実施スケジュール

2020年 12月   カフェ併設稽古場に適した物件に巡り合う。
2021年  2月  店舗賃貸契約
       3月   居抜き物件内の古い什器、シンク、大型冷蔵庫、食器類の片付け
           廃棄、使えそうな沢山の食器は店舗前で地域の方に無料配布、思わぬ宣伝効果があった
           店舗内片付けと同時進行で、地下1Fの稽古場となる店舗を解体、片付け
     4月   店舗内装工事開始
     5月  一糸座新稽古場へ引っ越し・店舗オープンに向けて最終準備
     5月末~6月始め頃  カフェ オオワニ通リ オープン予定        

最後に

伝統を継承しながら、常に現代に向けた芝居創りを行っている糸あやつり人形劇団「一糸座」の活動は、
国内外の演劇人・人形遣いなど、様々なジャンルの人達にも興味を持ってもらえるようになりました。
独立から18年、様々な困難に屈することなく続けてきた活動がやっと芽を出し始めたように思います。
困難に出会う度、多くの人達に助けてもらいながら、ここまでやってこれた事に感謝し、
これからもコロナに負けることなく、多くの人達に舞台を届けるため、未来へ向けて活動していきます。
この場所に出会い、すでに沢山の方に助けられ、夢の実現まであと一歩のところまで来ました。
一人でも多くの人たちに日本の糸あやつり人形を知ってもらうため、そしてこの先も永くこの伝統芸能が続いていくよう、皆さまからのご支援をお願い致します。





<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください