ALMAについて

ページをご覧いただきありがとうございます。
横浜市立大学ダンス部ALMAです!

私たちは総勢100人以上から成る市立大最大規模のダンス部であり、今年で創立25年目になります。

主に「hip-hop」「lock」「house」「jazz」「waack」「break」「pop」のジャンルからなり、
イベントごとに様々なダンスを自分たちで作り披露しています。

ALMA年間活動

4月 新入生歓迎ステージ  
5月 G-joint新歓ステージ(他大学との交流)
7月 自主公演
8月 夏合宿、部内イベント(ショーケース、バトルなど)
11月 学園祭ステージ
12月 部内イベント(ショーケース、バトルなど)
1月 冬合宿
2月 JDC大会
3月 追いコン

1年を通して以上のように活動しております。
(新型コロナウイルスの状況を鑑みながら、その都度活動の開催有無を検討しております。)
昨年はこれら活動の全てが中止となってしまい、12月に無観客引退公演を行いました。

2020年12月無観客引退公演
(ナンバー時のみ他の感染対策措置を取った上でマスクを外しています。)


これら活動の中でも最も力を入れている活動が7月の公演です。
ALMA伝統である夏公演は、500人以上収容可能な大きなホールを借りて行う単独自主公演であり、音響や照明などの演出はプロのスタッフさんの力を借りつつ、毎年学生主体で1から創り上げています。
また、公演は学園祭と違い、毎年一つのストーリーに沿って、10以上のダンスナンバーがそれぞれの場面を情熱的に、また感動的に表現します。
(今年度は、感染症対策の観点と施設のルールに従い、客数制限を行う予定です。)

一昨年に行われた「chapter」公演では、成人という一つの節目を迎える学生を主人公として、家族の絆や親への感謝をテーマにしたストーリーをダンスで表現しました。
多くの練習を重ねたダンスと共に、丁寧に、また感情的にストーリーを表現した「chapter」公演では、お客様から沢山の感動のお声を頂いております。

2019年7月 第9回公演「Chapter」


この夏公演に向け、半年以上も前から部員全員でダンスと演出構成に向き合い、計画を練っています。

ダンス部一丸となり本気で向き合っている分、公演のクオリティには自信があります!

昨年は新型コロナウイルスにより、節目でもある第10回公演が中止となってしまい大変悔しい思いをしました。
今年こそ、安全面にも最大限配慮しながら活動し、昨年の思いも背負い公演を成功させたいと考えております。


2021年公演内容について「Diary公演」

前述しました通り、昨年は活動における厳しい制限が余儀なくされ、大切な仲間と踊れる機会が少なくなってしまいました。
当たり前にあった日常がなくなってしまったなかで、部員一人ひとりが痛感したのが、「みんなと踊れることの楽しさ」「今まで当たり前に活動できていたことのありがたさ」です。
また、本公演実現に向けて動いていくなかで、感染症というどうしようもない障害に対し無力さを感じながらも、諦めずに動き続ける大切さも実感しました。

こうした経験をしたからこそ、私たちに伝えられること、表現できることは何かと考えた結果、私たちが仲間とともに公演までに歩んできた道のりを等身大に表そうと決めました。

この思いから浮かび上がったタイトルが、Diaryです。
ALMAの日常、今までの軌跡という意味を込めて本タイトルに決定しました。

幹部代23th
撮影時:2020年12月(撮影時のみマスクを外しています。)


ストーリーも実体験に基づいており、主人公や周囲の仲間が試行錯誤しながら公演に向け奮闘し、その先に視えたものは何か・・という構成になっています。

昨年から今まで、様々な場面で困難にぶつかってきたかと思います。
たくさんの方々が実際に経験したような内容だからこそ、部員はもちろん、お客様にも感情移入していただける作品になるよう努めております。

そして、困難を乗り越えながら公演を創り上げたという成功体験が、ALMAの今後の活動における糧になれば良いなと考えています。


なぜクラウドファンディングを立ち上げたのか

本公演開催には、施設費や照明等の演出費、感染対策費など、多額の資金が必要となります。
夏公演開催には、例年およそ200万円を超える費用がかかっています。

今までは多くの資金を企業様からいただける協賛金で賄っておりました。
(主にキャンパスのある金沢八景近郊の企業様、合宿所として使用させていただいているホテル様など)

しかし、今年は新型コロナウイルスの影響により、飲食企業様をはじめとする多くの企業様から、例年通り協賛金をいただくのが難しい状況にあります。

ダンスはもちろんのこと、細かい演出にまでこだわり最高のパフォーマンスをお届けするために、皆様の温かいご支援を必要としています。
どうかダンス部ALMAにお力をお貸しして頂けないでしょうか。

今回いただいたご支援により、感染対策も徹底し安心安全な環境と、素晴らしいステージをお届けできるよう尽力いたします。


資金の使い道について

今回ご支援頂いた資金については、私たちの表現したいことを実現するため、そしてご来場いただいたお客様の皆様に少しでも多く満足感を得ていただく為の舞台演出費用に充当する予定です。

また、このようなご時世のなか出演を決断した出演者や関係者の方々、お客様に安全な環境をご提供するための感染対策費にも回させていただきます。

そのほかに、クラウドファンディング手数料、リターンの作成費にも使用させていただきます。

本公演に期待してくださっている方々がいるなかで、必ず公演を実現できるよう試行錯誤を図り経費削減に取り組んでおりますが、それだけでは難しい状況にあります。
より完成度の高い公演成功に向けて、どうかご支援いただけましたら幸いです。

また、ご支援いただきました皆様には、以下のリターンと最高のステージで恩返しいたしますことをお約束します。

万が一、やむを得ない事情で開催が困難になってしまった場合には、来年度の公演費に回させていただきます。ご了承ください。


リターンについて

⚠️備考欄には、エンドロール、パンフレットへの希望お名前表記をご記入ください!⚠️
記入がない場合は、キャンプファイヤーにて使用されているハンドルネームを使用させていただきますのでご了承ください。また、特定の人物を揶揄するようなお名前や、公序良俗に反するお名前は掲載をお断りさせていただくことがございます。ご注意ください。

・お礼のメッセージ
お気持ちコースにてご支援いただいた方には、CAMPFIRE内のメッセージ機能を通じてお礼のメッセージをお送りいたします。

・サンクスレター
ご支援に対する感謝のお手紙をご自宅に送付いたします。

・エンドロールへの記載
公演終盤に流れるエンドロールにて、お名前の記載をさせていただきます。
備考欄に希望のお名前表記をご記入ください。
記入がない場合は、キャンプファイヤーにて使用されているハンドルネームを使用させていただきますのでご了承ください。また、特定の人物を揶揄するようなお名前や、公序良俗に反するお名前は掲載をお断りさせていただくことがございます。ご注意ください。

・パンフレット記載
公演パンフレットにて、お名前の記載をさせていただきます。
備考欄に希望のお名前表記をご記入ください。
記入がない場合は、キャンプファイヤーにて使用されているハンドルネームを使用させていただきますのでご了承ください。また、特定の人物を揶揄するようなお名前や、公序良俗に反するお名前は掲載をお断りさせていただくことがございます。ご注意ください。

・ステッカー
今回のクラウドファンディングと公演開催記念のために製作します。
デザインは2種類あります。(ALMAとDiary) 1種のみの場合は、ランダムでお付けします。

・Tシャツ
公演中に部員が着用するものと同じになります。現役部員がデザインしたものです。(1種類)
デザインは決定次第活動報告ページにてご報告させていただきます。(5月頃予定)ご了承ください。
サイズは以下をご参照ください。
※オプション選択にて希望のサイズをお選びください。

・招待席
10000円のご支援で1席、20000円のご支援で2席までご用意いたします。
座席位置につきましては、当日お選びいただく形になります。
指定席ではありませんので、ご了承ください。
6月中に、チケットをご自宅に郵送いたします。
※オプション選択にて、昼公演/夜公演、枚数(20000円の方のみ)をお選びください。
※感染症対策の観点と施設のルールに従い、客数を制限する予定です。1席ずつ間隔を空けてのご案内予定ですので、ご了承ください。

2021年7月3日(土)  ALMA 第10回公演 Diary
逗子文化プラザにて

●昼の部 開場11:45 開演12:30
●夜の部 開場16:15 開演17:00

※万が一開催中止となった場合の招待席に代わるリターンのご用意はございません。ご了承ください。

・指定招待席
30000円ご支援いただいた方には、客席中央部の指定席をこちらでご用意させていただきます。
6月中に、チケットをご自宅に郵送いたします。
※オプション選択にて、昼公演/夜公演、枚数をお選びください。
※感染症対策の観点から、2枚お選びいただいた場合は間隔を空けてのご案内となりますのでご了承ください。

指定席は以下の範囲内を予定しております。




2021年7月3日(土)  ALMA 第10回公演 Diary
逗子文化プラザにて

●昼の部 開場11:45 開演12:30
●夜の部 開場16:15 開演17:00

※万が一開催中止となった場合の招待席に代わるリターンのご用意はございません。ご了承ください。


・CM放映
公演時の開演前、休憩時間にCMを放映いたします。
希望映像、詳細等を備考欄にご記入いただきますようお願いいたします。
(企業様のみ、パンフレット、エンドロールへの記載に関しても広告詳細をご記入ください。)


実施スケジュール

2021年7月3日(土)  ALMA 第10回公演 Diary
逗子文化プラザにて

●昼の部 開場11:45 開演12:30
●夜の部 開場16:15 開演17:00

【公演実施に向けた感染対策】

・入場時の検温の実施

・消毒用アルコールの設置

・観客の皆様にマスクの着用をお願い

・客数制限(半分予定)

・こまめな換気の実施

以上を想定しております。

ご支援いただいた資金を大切に使いながら、状況に適した対策を取り、公演を実施する所存です。


最後に

プロジェクトを最後まで見ていただきありがとうございます。
23代部長 福田輝です。

昨年は満足に活動ができず、代々続けてきた公演も中止せざるを得ませんでした。
そんな困難な状況でしたが、そのなかで直面した悩みや、感じられた喜びといったように様々な気づきがあったようにも思います。
そんな感情をダンスを通して表現する、そんな公演を私たちは作り上げようと日々奔走しています。

この公演には私たち現役生だけでなく、沢山のOBOGや、支えてくださる方々の思いが詰まっています。だからこそ絶対に実現させ、大好きなALMAという居場所を守りたいのです。

ご理解・ご協力いただける方は是非ともご支援の程よろしくお願いします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

横浜市立大学ダンス部ALMA一同

<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください