はじめまして。この度は、私たちのプロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

私たちは堀川まつりを主催する「堀川まつり実行委員会」です。



開催日:令和3年6月6日
開催場所:熱田区宮の渡し公園付近
協力:あつた宮宿会、NPO法人堀川まちネット、宮の渡し・大瀬子地区まちづくり協議会、加藤煙火株式会社、ALL真田魂(さなだましい)


 プロジェクトについてご説明する前に、堀川まつりについて少し説明させていただきます。

 堀川まつりは、名古屋市の南部にある熱田区(有名な「熱田神宮」がある地域です)で、1990 年に第 1回を開催して以来、約 30 年続くまつりです。

 今から約1,200年前、時代は平安中期の頃、全国的な疫病の流行が何年も続き、民は「籏鉾」を立て、その鉾に悪霊を移し宿らせ諸国の穢れを払うようになりました。この祭事が「祇園祭」の起源とされています。

 その頃の熱田でも同じく疫病に苦しめられていました。

 「祇園祭」は熱田にも伝わり、自然と「籏鉾」を立てて疫病退散の祭事が始まり、西暦1,000年頃には南新宮社も創建され、熱田の町民にとって密着感のある神社となりました。この「籏鉾」の祭事は旧暦6月5日に執り行われ、「熱田祇園祭」「熱田天王祭」と呼ばれ、後に「熱田大山祭」、今では新暦の6月5日に開催されている「熱田まつり(尚武祭)」と受け継がれていきました。

 祭りの形は時代とともに変化を繰り返し、室町後期には高さ20メートルを超える大山車と山車が造られ、曳き回わすようになりました。しかし、明治時代になると電線が縦横に架かるようになると大山を曳きまわすことができなくなりました。明治時代後期、日清日露戦争による戦死者の鎮魂のためまきわら船を浮かべ「尚武祭」と呼ばれるようになりました。昭和に入りそのまきわら船も陸に上がり、献灯まきわらになりました。

 このまつりの歴史を知った地元の有志が声を上げ、 1990 年にまきわら船を、 2010 年に山車の曳き廻しを復活させ、現在まで続いており、毎年多くの方に足を運んで頂いています。

一昨年は、新元号「令和」となり「あつた宮宿会」による出店や堀川まつり30周年と新元号を祝う花火を打ち上げました。



[あつた宮宿会による出店]
 あつた宮宿会とは、熱田を愛する有志たちの団体です。熱田神宮の参拝客へのおもてなしや清掃活動など、熱田を賑やかにするための活動をしています。今回も、街づくりの一端として堀川まつりに協力してくださいます。感謝!




 まつりは、名古屋市内を流れる堀川沿いにある「宮の渡し公園」付近で行っています。名古屋市熱田区は東海道五十三次 の宿場町「宮宿」があったところで、「桑名宿(三重県桑名市)」の海 路をつなぐ船の渡船場でした。宮宿~桑名宿の移動距離が 7 里(約 27kmだったことから「七里の渡し」と呼ばれ、宮宿側は「宮の渡し」と呼ばれていたことが公園名の由来です。

 毎月、公園や堀川の清掃活動を行っていて(もちろん、実行委員会のメンバーも参加しています!)、地域の人たちに愛されている場所です。




まつりが 令和元年 に 30 周年の節目を迎え、さらなる盛り上がりを心に期していた中、新型コロナウィルスが世界中で大流行しました。感染拡大防止のため、人々の生活が制限され、イベント の多くが中止または規模が縮小されました。堀川まつりも例外ではなく、昨年は、大山の曳き廻しやまきわら船は中止し、大山を設置して新型コロナウイルス 退散を願うお祓いのみを行いました。



 新型コロナウイルスは完全に落ち着いたわけではないものの、昨年と比べれば落ち着いてきたことから、今年は、感染防止に留意し 例年通り開催することとしました。

 6 日は まきわら船と大山の曳き廻しを披露し、まつりのフィナーレでは、短い時間ではありますが疫病退散を願う花火を打ち上げます。

 新型コロナ終息を多くの方々と祈り、願いたい。また、昨年から最前線にて戦い続けてくださる医療・福祉関係の従事者の皆さまへの感謝と応援を込めて、今回のプロジェクトを企画しました。集まった資金は、花火代や花火の打ち上げにかかる費用を中心に、まつりの運営に活用いたします。皆様のご協力、心より願っております。

 もう少しお話をさせてください。本プロジェクトのタイトルに「真田」の文字が気になっている 方がいらっしゃると思いますので、そのことについて説明します。

「真田って、あの真田?」

 そうです。あの真田です。

 信濃国(現在の長野県)の豪族で、戦国時代に活躍した武将の真田昌幸・信之・幸村(信繁)がいて、 2016 年には大河ドラマにもなったあの真田です。大坂夏 の陣での大活躍から「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と言われたあの真田です。

 今年の堀川まつりは、真田から助太刀がやってくるんです!

 なぜ真田?と思われるかもしれませんね。実行委員会のメンバーに真田出身者がいてその人を介して交流が始まりました。かつて戦国の世では、真田とここ尾張は敵対しておりました。しかし、現代では同じ日本人、ともに手を取りコロナと戦おうと助太刀してくださることになりました。

 先日、実行委員会メンバー数人で真田を訪問し、ご挨拶してきました。

[左:真田家にゆかりのある山家(やまが)神社の押森宮司さん]
[右:堀川まつり実行委員会 神谷委員長]



支援者の皆様にはお礼のお手紙または活動報告メールを送らせていただきます。

〇20 万円 5 組( 2 名一組)

・まきわら船招待券
 まきわら船に乗船し、 大治太鼓の演奏を楽しみながら花火を見られます 。
・あつた蓬莱軒(ひつまぶしの名店です!)お食事券
・当日、協賛のお名前のアナウンスと、後日公開するまつりの記録映像にお名前のテロップが入ります。
 ※まつり会場への交通費や滞在費は自己負担となります。

〇10万円 1名

・花火開始のカウントダウンと、花火開始の発射スイッチを押して頂きます。
・当日、協賛のお名前のアナウンスと、後日公開するまつりの記録映像にお名前のテロップが入ります。
 ※まつり会場への交通費や滞在費は自己負担となります。

〇5 万円  10 名
・真田十勇士玉
 真田十勇士は、真田幸村に仕えたとされている10人の家臣です。忍者の「猿飛佐助」は聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。その十勇士たちの名前が書かれた花火玉です。真田の地と連携が取れたからこそ 、山家神社の宮司様の直筆です 。
※火薬は入っていません
※一つにつき真田十勇士のうち一人の名前が書かれています
※玉を選ぶことはできません

・当日、協賛のお名前のアナウンスと、後日公開するまつりの記録映像にお名前のテロップが入ります。

〇3 万円 10 名

・支援者様のメッセージとお名前を夜空に。
(2号玉に、加藤煙火さんにメッセージ、名前を書いていただき当日打ち上げさせていただきます)
・当日、協賛のお名前のアナウンスと、後日公開するまつりの記録映像にお名前のテロップが入ります。


〇1万円 無制限

・疫病退散のお札
・当日お名前のアナウンスと、後日公開するまつりの記録映像にお名前のテロップが入ります。

〇5千円 無制限

・名古屋あつたカルタ
 古代からの歴史を誇る地元カルタ。遊びながら歴史を学べます。
・後日公開するまつりの記録映像にお名前のテロップが入ります。

〇3千円 無制限

・後日公開するまつりの記録映像にお名前のテロップが入ります。

〇千円 無制限

・皆様のお気持ちとしてご支援よろしくお願いします。


 ここまで読んでいただきありがとうございます。

 昨年から続くコロナ禍の中で多くのイベントが「自粛」を余儀なくされ、今もなお気持ちが落ち込んでいる方もいらっしゃるかと思います。私たちはこうした中でも「今できることは何だろう?」「今だからこそできること、すべきことは何だろう?」と考えながら活動を続けてきました。

 ご批判の声もあるかもしれませんが、私たちはこんな状況だからこそ長く受け継がれてきた疫病退散を願うお祭りを続けていきたいと考えております。そして今この時代にできる「花火」という形を取り入れ、皆さまと共に祈り、願い、そして労いたいと考えております。

 ぜひこの企画にご賛同いただき、お力をお貸しいただきたいと思います。

 本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

※天候や新型コロナの感染状況などによりお祭りの開催を延期する場合があります。

  • 2021/04/12 09:46

    こんにちは!堀川まつり実行委員会です。我々のプロジェクトをご覧いただき、また、ご支援いただきありがとうございます。4月11日 日曜日、祭の会場である「宮の渡し公園」で、今回の花火にご協力いただく花火会社の方と現地打合せを行いました。花火の色や、会場の配置などについて話し合い、少しずつ当日の形が...

  • 2021/04/12 09:38

    こんにちは!堀川まつり実行委員会です。我々のプロジェクトをご覧になっていただいた皆様、ご支援いただいた皆様、ありがとうございます。まつり本番に向けた我々の活動について、ここで報告していきますね。本プロジェクトは、堀川まつりで疫病退散花火を上げるために立ち上げたものですが、まつりでは地域の人によ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください