■このプロジェクトで実現したいこと

 Overdrive

NYにて海外発個展の開催を望んでいます。
Artの中心であるNYで、自身の芸術作品を発信し世界を相手に挑戦したいです。

■プロジェクトをやろうと思った理由

 聲(こえ)- The Voice

2020年、大きく世界が変わりました。

「私は本当は何がしたいのだろうか。」

そう考えることのできる貴重な時間が私に与えられました。

もっともっと創作に触れたい。
固定観念を超えて書を表現したい。
自身の可能性を制限せずに世界で試したい。
日本より海外へもっと日本文化や日本人が大切にしてきた美意識をArtに組み込み伝えていきたい。

書ききれない程、たくさんの想いが溢れました。

このまま日本国内を視野に活動をするのではなく、自分の可能性を拡大する為に日本以外の海外へ作品を発表していきたい。「いつか挑戦しよう」と思っていたその「いつか」は待つのではなく、自身で掴み取りにいきたいと強く強く想いました。

■椿 紫(Yukari Tsubaki)について


初めまして。椿 紫(Yukari Tsubaki)と申します。
兵庫県在住で、書家として活動しています。
椿紫のプロフィールはコチラ

永年日本で活動を続けてきましたが、
会社員退職を機に、本格的に世界で活躍できる芸術家を実現すべく行動していきます。

■創作への想い
様々な作品一覧はコチラ

余白美を活かしたい書
文字として書を創作する事は絵を描く事と同じだと考えています。
絵を描くように、文字を書として表現していく。本来の文字の成り立ちに戻るこの表現作業の中に、日本人が大切にしている侘び寂びや余白を美しく魅せる美意識があると思っています。その美意識をどう文字で表現するかを意識して創作しています。

 清風

 梅

一 (ichi)- First


繊細さを表現した絵画
「文字と絵は、描くという点で全く同じ」だと考えているため、
自身の学びや刺激の為に、文字だけではなく水墨画やDigital Art 等も創作しています。

 2021年Trend castella ? 
 喜多川歌麿「難波屋おたき」へのオマージュ

水墨画/Brushstrokes : 雨情 Rainy Heart

水墨画:虎

水墨画:大鷲

■これまでの活動

solo_exhibition_1.png.jpg過去:個展の様子

日本では、神戸や京都のArt Fairへの参加展示やホテルでの作品展示。
Polandにて現地の別作家とのコラボ企画による画集出版&作品提供。

過去:Art Kyoto 2012

Polandの方からのご依頼で作品を提供した作品画集

■資金の使い道
NYのGallery での2週間の展示
作品の1年間のプロモーション
料航空券ほか現地交通費(作品運搬含む)
創作の材料費
CAMPFIRE掲載手数料


■リターンについて
・御礼のお手紙+ポストカード3枚セット 
・御礼のお手紙+エコバッグ 
・御礼のお手紙+トートバッグ 
・御礼のお手紙+オリジナルマスク   
・御礼のお手紙+オリジナルメタルポスター
・お礼のお手紙+一部の原画作品
・お礼のお手紙+オーダーメイド(お好きな漢字1文字)の原画作品

オリジナルマスク

【補足:オリジナルマスクに関する詳細】
素材:ポリエステル89% ポリウレタン11%
サイズ感 :2種類
     (普通)14cm×17.5cm×横幅8.5cm
     (大きい)14.5cm×18cm×横幅9cm
色 / デザイン:白。写真の通り右側反面に書のデザインがプリントアウト。
生産国:日本

※現在上記サイズと素材で準備中ですが、発注在庫の状況により異なる可能性ご了承下さいませ。
※万が一在庫状況により商品が変更となった場合も、生産国は日本製でご準備致します。

お問い合わせ先  090-3966-9417
メールアドレス yukaritsubaki0131@gmail.com



■最後に

誠 Sincerity

私の出来る事は、
・愛と誠意を持って創作をする事
・誰に対しても誠実に向き合う事
・自分の価値観に縛られない事
・謙虚さを忘れない事
・歳を重ねる度に成長と呼べる生き方を目指している事

全て当たり前の事ですが、
これらは全て、私が今まで生きてきたなかで胸を張って約束できる事です。

ARTには奇抜さも必要だと思います。
ただ、私は「繊細な感情を伝えるためのART」「心に響く美しさを表現するためのART 」 を創作したいと常に意識しています。

馬鹿正直で不器用かもしれませんが、
こんな私の夢実現に向けて、応援頂けたらとても嬉しいです。


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください