日本獣医皮膚科学会認定医:江角 真梨子

日本大学獣医学科卒業後、神奈川県の動物病院で勤務。
勤務医の傍、東京農工大学動物医療センター皮膚科研修医として、皮膚科を学ぶ。
その後、日本獣医皮膚科学会認定医を取得し、各地の動物病院の皮膚科診療に従事。現在、年間約1000頭以上の皮膚病の動物を診察。また、人の美容、スキンケアにも精通しており、日本コスメティック協会の認定指導員も務める。
獣医師、動物看護師、グルーマー向けに学術講演やセミナーは年間60件ほど実施している。



現在、犬においては皮膚トラブルの緩和を目的に、シャンプーや保湿剤などのスキンケアの有用性が示されておりますが、犬のスキンケアに関する情報や基礎研究はまだまだ乏しく、圧倒的に研究数が少ないです。

犬をどのようにシャンプーしたら良いのか、どのような製品を使用したら良いのか、評価の基準などが明らかになってません。

人は、毎日、顔や体を洗ったり、保湿をしたりというスキンケアの文化が日常的にあり、皮膚を清潔に保つことで感染症の予防につながることや皮膚病の緩和につながることが分かっています。一方で、犬においてはスキンケアをするという文化はまだまだ一般化されていない上に、スキンケアの手法や皮膚に関する基礎研究が解明されていないのが現状です。

犬のスキンケア製品は近年、多くの種類が販売されておりますが、研究やエビデンス(科学的根拠)をもとに開発された製品は限られています。さらに犬のスキンケア製品というのは雑貨扱いのため、全成分の表記の義務がないことも問題の一端となっていますそれゆえに、製品をめぐるトラブルや明らかになってない情報をめぐる論争を経験することもあります。

人の事例から、犬においても皮膚の基礎研究を進めることで、スキンケアの手法が確立され、皮膚トラブルを少なくする一助になることやより良い製品の開発というエコシステムが構築されるのではないかと考えます

【犬の皮膚病の現状】

犬の病気の保険請求割合では約25%が皮膚病(アニコム家庭どうぶつ白書調べ)と言われています。
犬の皮膚病は人でも見られるようなアトピー性皮膚炎、脂漏症というような病気が多く、痒い、赤いといった皮膚症状に加え、長きにわたり治療が必要になるケースが多いです。わんちゃんの日常生活が辛いものになるばかりではなく、飼い主さんの精神的な負担も大きいといった問題があります。



【犬の代表的な皮膚病】

犬アトピー性皮膚炎

犬アトピー性皮膚炎は、環境アレルゲン(ハウスダストマイト、花粉など)に対して過剰な免疫反応を起こす皮膚病です。その要因には、遺伝、皮膚バリア機能の低下、住環境など、さまざまな要因が複雑に絡み合って引き起こされると言われています。主な症状は痒みで、皮膚が赤い、毛が抜けるなどの症状が認められています。

脂漏症


脂漏症とは皮脂の分泌量が増加することにより、皮膚トラブルが起こります。さらに増加する皮脂の影響で、マラセチアと呼ばれるカビの菌が増え、皮膚のベタつきや臭い、痒み、脱毛を起こすことが知られています。

これらの皮膚病は、皮膚の潤いを維持する皮膚バリア機能に関与することが明らかになっておりますが、その詳細なメカニズムはまだ一部しか解明されておりません。

特に犬の場合は、様々な犬種があり、個体間のバリエーションに応じたデータが必要と言われており大規模な研究(様々な犬種/年齢/性別/住環境別の皮膚の状態の情報取集・解析)が待たれております。 



1.大学・研究機関の絶対数が少ない

一般的に、基礎研究を実施する際は、大学や研究機関などで行うことが多いです。
しかしながら、獣医系大学が全国で18大学しかないことや犬の皮膚に関する研究を行っている研究施設は多くないといったことが犬の皮膚の基礎研究が進みにくい要因になっています。


2.利益に直結しない 
基礎研究とは、基本原理を解明しようとしている研究のことで、様々な条件で事象を解析することによって、世の中で活用される応用研究への発展につなげていきます。

しかしながら、基礎研究は直接的な利益を生み出すことができないことや地道な研究を長年積み重ねていく必要があるため、資金の確保が難しいという現状があります。


3.個人活動では助成金がおりにくい

今回、個人の活動として皮膚バリア機能に関する調査を網羅的に実施することを検討しましたが、個人で大規模な研究を行う場合は研究資金調達の問題、人手不足、機器の不足、など様々な問題があります。

さらに、個人では、研究費の助成金枠が少なく、申請がおりにくいといった障壁もあります。




今回、実施予定の基礎研究は、より多くの個体で皮膚の水分量の測定を行いたいと思います。特に犬においては、様々な犬種があるため、犬種別での評価、さらには、年齢、性別、住環境などでの皮膚の状態の変化や皮膚トラブルとの因果関係がないかの関連を調べたいと思います。





この基礎研究を通して、犬の皮膚トラブルを減らすこと、犬のスキンケア文化の発展の一助になればと考えています。

さらにこのクラウドファンディングでの活動が、多くの方に犬の皮膚病やスキンケアに関する理解を深めるきっかけになればという想いがあります。



基礎研究の先に期待できることとして

スキンケアによる皮膚トラブルの緩和のメカニズムが明らかになれば、

皮膚トラブルで苦しむ犬に対してどのようなケアが必要かの手がかりになることやスキンケアの手法を確立することができます。

さらに、スキンケア製品の使用による改善が定量的に評価することができれば、よりよいスキンケア製品の発展につながることができます。

さらには、誤った情報や粗悪な製品をめぐる社会問題の解決につながると確信してます。

まずは多くの犬の皮膚のバリア機能の評価を行い、集積・解析されたデータは2年以内の学会発表を目標と考えてます。



今回、キャンプファイヤーを通じて、様々な犬種/年齢の皮膚バリア機能を測定する研究に必要な機材、活動費のご協力を募らせていただき、将来、皮膚病に苦しむわんちゃん、飼い主さんが少なくなる未来をつくるための研究をさせていただきたく思います。


①様々な犬種/年齢の皮膚バリア機能を測定

基礎研究として、様々な犬種/年齢/性別/住環境のグループのわんちゃんの皮膚バリア機能を測定します。
測定には皮膚の水分量を測定する測定装置が必要となります。こちらの機材の購入もクラウドファンディングの目的の一つとなります。


②イベント・出展ブースでの測定

様々なわんちゃんのイベントにて計測ブースを出店し、協力者を募ります。
過去に行なった犬の皮膚の計測ブースでは、1イベントで80頭超の計測実績があり、イベント出店することで多くの協力者を得られると考えております。


③学会発表

本プロジェクトにて得られた研究結果は、学会発表を通して公開します。

成果をオープンにすることで、スキンケア製品の品質の基準を作り、今後より良い製品の発展に期待したいと思っております。



本プロジェクトで得られた資金は、研究機材の購入費、イベント出店費(協力者の募集)、学会発表準備等に利用します。


<研究機材>

・検査機器(皮膚の水分量を測定する測定装置)購入費:約100万円

・研究薬剤・備品費:約20万円

<活動費>

・イベント出店にかかる準備費用:約1万円〜約15万円 / 1イベント

・スタッフ人件費・移動費:約30,000円 / 1イベント

・出店時のポスター制作、電源等の機材購入費:約20万円

・啓蒙活動に必要なクリエイティブ費・SNS運用費:約30万円

・CAMPFIREのプラットフォーム手数料:支援金額の10%

<学会発表>

・学会発表の準備費


ご支援のほど、どうぞよろしくお願いします!


獣医皮膚科学会認定医:江角 真梨子

<経歴>
2009年〜2014年:東京農工大学の皮膚科研修医として研修をうける
2016年:日本獣医皮膚科学会 口頭発表「酵母様真菌の二次的な増殖を伴った犬アトピー性皮膚炎に対するクレンジングオイル、アミノ酸系界面活性剤配合シャンプー、保湿剤を用いたスキンケアの検討」
2017年:日本獣医皮膚科学会 口頭発表「白内障を呈した犬アトピー性皮膚炎の7例」
2018年:日本獣医皮膚科学会 口頭発表「犬の皮膚石灰沈着症16例における臨床及び病理組織学的情報の回顧的研究 」
2019年:日本獣医皮膚科学会 口頭発表「酵母様真菌の増殖を認める犬アトピー性皮膚炎における洗浄に関する検討」
2019年:アジア獣医皮膚科学会 口頭発表 優秀賞受賞「A case of canine hair cycle arrest successfully treated with topical 0.03% bimatoprost solution」


<プロジェクト 実施スケジュール>

4月17日(土)  CAMPFIREプロジェクト開始

5月31日(月) CAMPFIREプロジェクト終了

<リターンの配送/実施開始の予定スケジュール>

サンクスメール&「長友心平さん」の特製スマホ 待ち受け画像:6月1日(火)〜順次配信

手作り うちの子泡だてネット:6月1日(火)〜順次発送開始

「長友心平さん」のイラスト トートバッグS:6月1日(火)〜順次発送開始

「長友心平さん」のイラスト トートバッグM:6月1日(火)〜順次発送開始

「長友心平さん」のイラスト Tシャツ:6月1日(火)〜順次発送開始

フレンチブルドッグ・パグさんのための皮膚セミナー:6月30日(水)LIVE配信(予定が合わない方はオンデマンド配信でご覧いただけます)

チワワさんのための皮膚セミナー:7月28日(水)LIVE配信(予定が合わない方はオンデマンド配信でご覧いただけます)

動物病院のシャンプー / 洗い方セミナー:8月4日(水)LIVE配信(予定が合わない方はオンデマンド配信でご覧いただけます)

保湿セミナー:8月18日(水)LIVE配信(予定が合わない方はオンデマンド配信でご覧いただけます)

犬アトピー性皮膚炎セミナー:9月1日(水)LIVE配信(予定が合わない方はオンデマンド配信でご覧いただけます)

皮症セミナー:9月15日(水)LIVE配信(予定が合わない方はオンデマンド配信でご覧いただけます)

ロ向け(獣医師、動物看護師、トリマー)1対1個人勉強会:ご都合の良い日程・場所で開催します。ご購入いただきましたら、日程調整をさせてください。

動物病院・トリミングサロン出張 1dayセミナー:ご都合の良い日程・場所で開催します。ご購入いただきましたら、日程調整をさせてください。

企業様向け 社内勉強会:ご都合の良い日程・場所で開催します。ご購入いただきましたら、日程調整をさせてください。

動物病院・トリミングサロン出張 3回セミナー:ご都合の良い日程・場所で開催します。ご購入いただきましたら、日程調整をさせてください。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください