はじめに・ご挨拶

はじめまして。

名古屋市で昨年猫カフェ「CatsHouseねこや」を立ち上げた飼育員の稲熊と申します。

自分の店を持ちたい!モフモフにまみれた仕事がしたい!という夢を実現させるため一昨年に会社を辞めて準備すること約1年、昨年の2月に会社を設立し本格的な行動を始めました。

人にも猫にも最高級の居心地の良さを、そして他の猫カフェにはないコンセプトをとこだわりを持って立ち上げた【アレルギーの出にくい】猫カフェ「CatsHouseねこや」。

既存の猫カフェは猫との触れ合いが主体になっているかと思いますが当店は「猫との生活」をメインコンセプトとしています。

猫好きでも猫アレルギーで猫と触れ合えない!猫を飼いたいけど猫アレルギーがあって無理!という方にも「猫と生活できる」かもしれない可能性を提供できないかと思いのもと「ねこや」は完成しました。

店内は猫さんたちが生活しやすいよう猫ファーストな仕様となっています。

このプロジェクトを行う理由

しかしながら「ねこや」は新型コロナウイルスの流行と昨年4月から5月までの緊急事態宣言により材料の調達ができない状態となり工期が遅延、5月に予定していたオープンは7月までずれ込み看板の設置も満足な広報活動も間に合わないままのひっそりとした開業となりました。

看板も店内の備品も揃った9月16日に正式にグランドオープンを迎えることが出来ましたが10月末頃から垂れ込める第3波の影、加えて当時一番人気であった初期メンバーのルナちゃんがFIPを発症し闘病の甲斐なく1歳20日間という若さで他界してしまいます。

そして今年1月からの緊急事態宣言に厳重警戒措置。

第4波の影も見えてきており更なる試練を迎えそうな状況です。

昨年できたばかりの猫カフェという名のいわゆるサービス業である当店には政府からの補助も給付もなく、ただただ人の流れの悪さと「自粛」が圧し掛かってきています。

ねこやを気に入っていただき常連となって下さっているお客様、コロナ禍の中でもご来店いただき応援くださるお客様もいらっしゃいますが、「猫が逸走しない為の密室」で「長期滞在」が前提となる猫カフェという施設。

いくら過剰気味な換気や空気清浄機などの感染症対策を行っているといっても立ち寄り難い施設と認識されているのか客足がテレビの報道に左右される日々です。

感染症対策のための設備導入による支出、そして11月以降はご来店者数の極端な減少と厳しい状況が続いており、このままではお店を維持していくことが困難となってきております。

提供できるサービス(主に猫さんがですが)は地域でもトップクラスであると自負しておりますが、その良さを皆様により多くのお客様に体験していただけるよう、そしてここで暮らす7匹の猫たちの居場所を守るために、とにかくお店を維持していくためにできることはすべて行っていく!という決意のもと行動しています。

店舗の認知度向上のための様々な広報活動、借入による資金調達、そして皆様にお力添えをいただければと思いこのクラウドファンディングを始めさせていただくことにしました。


CatsHouseねこやについて

アレルギーの出にくい猫カフェとして立ち上げたねこやですがまず初めにどうしても伝えておかなければならないことがあります。

それは「アレルギーの出ない猫はいない!」ということです。

猫アレルギーの出ないとされる種として有名なサイベリアンですら、アメリカの非営利団体のデータで検査した数百頭のうち50%くらいの確率でアレルゲンの少ない個体がおりそれも他のミックス猫さんと比べて1/10程度だった、といううわさ程度の根拠しかありません。

もちろん当店のサイベリアンは事前に複数の猫アレルギーの人に被毛を確認してもらいアレルギー症状が出ないことを確認した上でお迎えしていますがそれでも猫アレルギーが万人に出ないことを担保するものではありません。

当然そんな猫さんを触ったアレルゲンの付いた手で目をこすったりアレルゲンの付着したものを吸い込んでしまったらアレルギー症状は出てしまいます。

では何故ねこやでは猫アレルギーが出にくいのか?ということなのですが、それはアレルギー症状が出にくくなるポイントを押さえた環境を整えているからです。

具体的な内容についてはここでは割愛させていただきますがとにかくポイントとなるのは「アレルゲンの総量を減らし」「こまめに掃除して環境を清潔に保つ」ことです。

そういったアレルギーの出にくい条件を整えて一種のモデルルーム的な環境づくりをしてねこやは営業しています。

猫さんは24時間店内を自由に動き回っていますので猫をご家庭で飼われる状況に限りなく近い状態の猫さんたちと触れ合っていただくことができます。

アレルギーがあって今まで猫に触ることが出来なかった、というお客様にも猫さんと触れ合って頂くことができています。

それでも体感で1~2割の方には残念ながらアレルギー症状が出てしまいます。

人間スタッフも常駐していますので聞いていただければアレルギーが出にくい触れ合い方のコツをお伝えすることもできますし、お家で飼う際のいろいろな相談にもお答えすることが出来るようにしています。


所属猫ちゃん

いわゆる人気種のスコティッシュやマンチカン、アメショーといった猫さんはいません。

逆にねこやにはペットショップではあまり見かけない猫さんがいます。

メラニスティックベンガルのマシロ君

デボンレックスのクリス君

オリエンタルショートヘアのシンくん


所属しているのはみんな猫アレルギーが出にくいとされている猫さんたちです。

上の写真の子たちはちょっと手に入りにくい子たちですがそのあたりは猫カフェねこやへ足を運んでいただいた方への付加価値として揃えさせていただいています。

みんな人懐っこく誰でもどこにでも触れるように訓練され、そして何より自分たちの家でのびのびと自由気ままに生活しています。


ご来店者様の声

お寄せいただいた口コミを一部紹介させていただきます。


資金の使い道・リターン実施スケジュール

ねこやを存続させるための資金として使用させていただきます。

・店舗家賃の補填

・感染症対策の設備投資費用の補填

・猫さんたちの医療費(FIP治療の関連費用の補填も含む)

・今回のクラウドファンディングのリターン品準備金

リターンの実施スケジュールについてですがクラウドファンディング終了後、私が一人で準備をして行わせていただきます。

お寄せいただいた資金を無駄にしないためにも一部返礼品を除いて必要数が確定してからの生産となります。

返礼品の到着までは若干のお時間を頂くことをご了承ください。


リターンのご紹介

≪本プロジェクトはAll-in方式で実施します。≫

目標金額に満たない場合も、返礼品を製作し、リターンをお届けします。

◎ねこやオリジナルグッズ

①ねこや会員スタンプカード特典用に制作した(する予定の)ノベルティグッズを一部開放し返礼品とさせていただきます。

②スタッフ用のユニフォームを一部開放し返礼品とさせていただきます。

③クラウドファンディング限定のオリジナルグッズを数量限定で製作します。

各品とも送料込み(国外への発送不可)です。

今回開放するグッズはあくまで会員向けのノベルティグッズであり今後も含めて一般へ販売することはありません。


◎「CatsHouseねこや」の一日貸し切り権

入場から最長で6時間の間ねこやを貸し切りにできます。

条件の詳細はリターンの内容をご確認ください。


最後に

当店は保護猫カフェではありません。

猫さんの保護活動や地域・社会への貢献とは遠い位置にある自覚はあります。

しかしながら当店では猫のお世話やお手入れもすべて猫との生活の一環として客室でお見せしています。

ご来店いただくお客様には、猫さんと触れ合うことで、また猫さんがいる生活を体験していただくことで、猫がいる生活のすばらしさとそれに伴う苦労とを知って頂きたいと思っています。

その上で、猫さんとのもふもふ生活を送りたいと思っていただける方を一人でも増やして行けたらいいなと思っています。

そして、衝動的に飼い始めてしまって持て余されてしまう猫さんたちが少しでも減ってくれたらとも願っております。


末筆ではございますが、ここまで拙い文章をお読みいただきありがとうございました。

皆様のご支援を賜りコロナ禍を乗り切ったあかつきには、是非当店の猫さんたちに会いに来て頂けると幸いです。

スタッフ一同心よりお待ち致しております。

副社長のネロさん



猫アレルギーが出にくい猫カフェ<CatsHouseねこや>

営業時間
AM10:00~PM18:00(感染症対策のため時短営業しています)

定休日
毎週月曜日
第2・第4火曜日
※祝日の場合は営業いたします

≪しっかりとコロナ対策しています。入店時の手指消毒と手洗いにご協力ください!≫

第一種動物取扱業登録
種別:展示 登録番号第310918号 令和2年3月30日 有効期間令和7年3月29日 動物取扱責任者:稲熊隆雄

Homepage

https://nekoya.shop/

Instagram
https://www.instagram.com/nekoya2020/

Twitter
https://twitter.com/nekoya_722


<All-in方式>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/05/05 17:07

    支援者様が99名となりました!100名まであと1人。出来て間もない知名度もなく保護猫カフェでもない新規の猫カフェなので正直支援者様が集まっていただけるか不安でしたが多くのご支援を頂きありがとうございます!目標までまだまだですが頑張っていきたいと思います。今日は我らが愛すべき大食い番長アルマくん...

  • 2021/05/04 16:05

    昨日は11名様よりご支援いただきありがとうございました。1日の支援者数としては過去最多となりました。目標金額達成まではまだまだ遠いですが、目標に少しでも近づけるようプロジェクトのシェア等のご協力を頂けると幸いです。さて、今日は最近人気急上昇中のねこや副店長、シンくんの紹介です。この子の性格は一...

  • 2021/05/03 15:57

    クラウドファンディングの募集も残すこと1週間となりました。またゴールデンウィークの前半を終え、厳しい現状もはっきりしてきました。飲食店に関しては売り上げ減をよく報道されているのですが放置され気味のレジャー系のサービス業、ねこやは今更恥も外聞もないので現状を公表しちゃいます!第三波の前、グランド...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください