はじめに・ご挨拶

BEXX YONAGO 代表 新畑和久です。この度3月末をもって、6年間営業してきました「イオン米子駅前店3Fガイナックスシアター閉館」に伴い、残念ながら「移転・・・」となりました。準備していた移転でもなく望んだ移転でもありません。

コロナ渦でLIVE・イベントキャンセルや出演キャンセル等、多々あり売上も激減。しかし、バンドの皆さんやお客様のせいでもない状況にじっと耐えてきました。そんな中ガイナックスシアター閉館の知らせ…

BEXX部分直接契約(月額14万)の話もしていましたが、土壇場になり全エリア契約(月額160万)のみと言われ撤退するしかなく困っていました。しかし「BEXXを続けて欲しい」「BEXXが好きだ」など沢山の励ましの言葉を頂き、私自身もBEXXで更に多くの地元・インディーズ・メジャーミュージシャンの音楽が発信できるよう新たな「音楽発信基地」をもう一度作りたいと決意しました。

BEXX YONAGOを運営している有限会社ベリエミュージックエンターテイメントは過去に以下のライブハウスを建築・改装、管理、運営しています。

1999年 米子市紺屋町 ライブハウス米子ベリエ OPEN

2006年 米子市道笑町 ライブハウス米子ベリエ 移転OPEN(現ラフズ)

2007年 松江市寺町  ライブハウス松江ユーラス OPEN(現B1)

2014年 米子市駅前イオン3F BEXX YONAGO OPEN

http://belier.jp/

このプロジェクトで実現したいこと

移転するにあたりインターネットカフェ跡をLIVEホールに大改造する為、天井解体、防音・楽屋・ステージ・2階席の設置、音響・照明・映像(映画上映用スクリーン、プロジェクター、配信用カメラ等)設備の増設等、‘‘新音楽発信基地‘‘に相応しいリニューアルと舞台設備をしたいと考えます!!また、新型コロナ感染症対策として吸排気換気システムを設置し安心して楽しんで頂きたい。そして、店内中央にある厨房を活かした食事やパーティー貸切、隣のクイーンボウルとのコラボ、3部屋残すカラオケルームでLIVEの予習復習!や出演者の声出し等々。このハコを存分に活用できるアイディアが山ほどあります!!


プロジェクトをやろうと思った理由

1999年 米子市紺屋町 ライブハウス米子ベリエ OPEN
2006年 米子市道笑町 ライブハウス米子ベリエ 移転OPEN(現ラフズ)
2007年 松江市寺町  ライブハウス松江ユーラス OPEN(現B1)
2014年 米子市駅前イオン3F BEXX YONAGO OPEN
と全て金融機関借入で次々とライブハウスを立ち上げてきた訳ですが、
A氏に全て賃貸したにも関わらず敷金0円、建設協力金も0円で当社が
改装し賃貸していたため内情は火の車でした。
当然、2014年 米子市駅前イオン3F BEXX YONAGO OPENの時には
「これが最後の融資」と念を押されOPEN。そして昨年からのコロナ蔓延
による売上激減、資金繰り苦慮・・・。
今回の移転資金は賃貸先への契約時敷金・礼金・手数料・賃料の数百万円を
支払い自己資金は底をつきそうです。
そこで改装資金を皆様からご支援頂き、皆様が気軽に集い・楽しめ
「地域の音楽発信基地」としてリニューアルオープンし、皆様の使いやすい
1階で、広い楽屋、搬入も容易な''ハコ''として。また、「配信」「映像MIX」
「カラオケ」や「食事」も楽しめる’’エンターテイメントホール’’として地域の皆様に
ご利用いただきたいです!!


これまでの活動

BEXX YONAGOは2014年11月OPEN以来、数々のメジャー/インディーズミュージシャンLIVE
を山陰で’’居ながらに’’インスピレーションの沸く本物のLIVEをお届け。(尾崎亜美・小原礼「TEXLYNX」スペシャルLIVE in YONAGO、The.raid、シーナ&ロケッツ、大澤誉志幸、山本恭二with川口千里(Dr)、櫻井哲夫、岡崎倫典、伊勢賢治・・・他 順不同)また、山陰でしか観れない地元ミュージシャンとのspecialコラボ企画など、’’ハコはカスガイ’’の思いの下 プロミュージシャンとの貴重なセッション体験を提案。また、地元・県外アイドルを応援しステージに立つ素晴らしさも味わっていただき
ファンの皆さんと一緒にLIVEを行っています!



BEXX YONAGOプロデュース「Leap’n skip」は公募した
現役女子高生ガールズバンド。バンド経験ゼロの女の子4人
が「Siesta」から猛烈・熱血指導!
社会人となり解散しましたが、オリジナルシングルを2枚発売し

BEXXや各イベントで活躍しました。




また、’’地元ミュージシャンの為のハコ’’として数々の自主企画イベントを提案。

「BEXX天国」、「歌力」、「Rock drive」、「Your song」、「BEXX Night」、

「BEXXcafe」、「BEXX周年LIVE」、「BEXX出張LIVE ’’SUNSET LIVE’’」etc・・・











ベリエミュージックエンターテイメントとしても、
「米子市音楽祭」への積極的な協力を行い、企画・運営補助など アマチュアミュージシャンサポートと活性化など地域音楽振興・発展を自社の社会貢献と考え日々努力しています。














資金の使い道

ご支援頂いた資金については以下の内訳の資金用途を考えています。

【目標支援金600万円資金用途】

防音改装費・・・約450万円(天井解体、185㎡の防音工事、ステージ・2階席増設、電気・空調・楽屋トイレ増設・吸排気設備工事)
看板・洗浄/塗装費・・・約40万円
音響・照明・映像追加機材費・・・約50万円
その他クラウドファンディング手数料

リターンについて

2022年12月31日まで使用できるBEXX YONAGOオリジナル1,000円
金券をプラス20%バック!。またお得なホールレンタルや LIVEプラン
もご用意しました。そして5,000円のご支援でホールリハは3時間(通常価格14,000円)行えます。

最後に

1999年に米子市紺屋町商店街にライブハウス「ベリエ」1号店を手作りで作りOPENし今年で22年。当時は本業も持ちながらの経営でしたので100%打ち込む事が難しい状況で、A氏との賃貸・協力という形でした。’’誰でも気軽に立ち寄れ、音楽を楽しむライブハウス’’を目指したかったのですが、少しずつ方向が
ズレてきて・・・。そして色々あり、やはり自分でやろう!と始めたのが2015年にイオン米子駅前店3Fに
OPENした「BEXX YONAGO」です。6年間営業し、やっとお客様もお店を知っていただきコロナ渦の不況も何とか乗り越えられそうかなと思った矢先の家賃11倍値上げ宣告!(14万で開発公社と直接契約の予定が160万で全エリア借上げのみとなったのです)

心が折れそうになり「またか・・・」と思いましたが、音楽を愛するミュージシャンの皆さん・・・音楽大好き!楽しいこと大好き!!の皆さんの励ましのお言葉を頂き、もう一度頑張ってみようと思いました。
ただ、22年間地域音楽振興のために頑張ってきた当社・BEXX YONAGOの体力も残念ながら限界です、
是非!皆様のご支援を頂き、再度皆様が気軽に集え気軽に音楽を楽しめる場所を作らせて頂けないでしょうか?


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください