ケーナ二重奏への想い

2人がケーナを始めたころから実現したかった「ケーナ二重奏」の活動をスタートする、その第一歩として、二重奏CDを作りたいと思っています。

ケーナという楽器は、人の心を動かす音色を持っています。
そしてさらに「二重奏」になると、その魅力が何十倍にも増します。
僕らはこの楽器を始めた約20年前から、ずっとそう感じていました。

僕らだけの力ではその活動を進めることが困難だったのですが、今回クラウドファンディングの存在を知り、多くの方のお力を借りて実現できるのではないかと思いました。

この魅力ある「ケーナ二重奏」を形あるものにし、全力でお聴かせできる機会を作っていきたいと思っています。



これまでの活動

Renは2008年にプロ活動を開始し、世界遺産日光東照宮音楽祭での演奏をはじめ、加藤登紀子、田中健との共演、海外ツアーなど幅広く活動中。足利市の観光大使「あしかが輝き大使」、栃木県観光大使「とちぎ未来大使」も務めています。


Daiこと渡辺大輔は日本フォルクローレ界の最高峰「MAYA」のメンバー。2013年に公務員からケーナのプロ奏者へと転向し、全国でのライブのほか、NHKドラマのサウンドトラック参加、ラジオパーソナリティを務めるなど多角的に活動中です。


このように、それぞれソロ活動が中心で、この2人によるケーナ二重奏は、あっても稀なことでした。



資金の使い道

レコーディングスタジオ使用料
CD共演者の費用
CDプレス代
デザイン
撮影
著作権料
ミックス、マスタリング
クラウドファンディング手数料
その他


リターンについて

完成したCDをお届けするのはもちろんですが、収録曲リクエスト募集や、収録曲会議生配信に参加、レコーディング生配信での疑似参加など、本プロジェクトでは「僕たちと一緒にCDを作り上げていこう!」をテーマに、色々なリターンをご用意いたしました。詳しくは「リターン詳細」をご覧ください。


実施スケジュール

曲決め会議(5月中旬)12曲(予定)
写真撮影(5月中旬)
レコーディング(5月末)
ミックスマスタリング(6月)
プレス(7月)
CD完成(8月ころ)
レコ発(9月)


最後に

ケーナの音色を求めてくれる方がいる限り、その魅力を存分に引き出した演奏をお届けしたいと思っています。
ケーナ1本では不可能な「二重奏」の特別な響き・感動を広める活動にご支援いただけたら嬉しいです。

ぜひご協力よろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください