前回プロジェクトでは目標達成に至らなかったものの、行き場の無い犬たちは多い現状…。やっぱり保護いぬ活動の開始を諦めたくない!

このプロジェクトの目的は、ティアハイム小学校に犬の受け入れができる設備を整えることです。昨年12月にも同様のプロジェクトを行いましたが、残念ながら未達の結果となりました。
前回で集まったご支援金に合わせて、実現の為の再チャレンジです。


はじめに・ご挨拶

こんにちは。保護ねこ施設のティアハイム小学校です。

2019年に開校した当校も、応援してくださる方々が徐々に増えてきて、少しずつではありますが譲渡の輪が生まれつつあります。
“費用はなるべく自力で稼ぐ。犬猫を愛する皆さまに、お買い物という保護活動への参加方法を提供する”というコンセプトも、ご賛同いただける方が増え、安定的運営への道ができはじめている…そんな風に感じています。

現在はまだ犬の保護活動を行えていない我が校ですが、現在の保護活動のコンセプトはそのままに、行き場を失ったワンちゃんたちの保護活動も始めたいと思っています。


ティアハイム小学校の特長

どんな保護活動をしているのか、当校の特長を紹介させていただきます。

保護活動といえば、行政の保健所や動物愛護センターからの引き出しが多い中、私たちは民間からの「やむをえない事情」による要請からの受け入れに特化しています。例えば、飼い主さんが突然の事故や病気で、ペットのお世話ができなくなった場合や、単身住まいやご高齢の飼い主さんが亡くなってしまい、遺されたペットの引き取り手がどうしてもみつからないなどです。 少子高齢化や、単身世帯の増加が招く、現代的な理由で行き場を失う猫たちを優先的に保護して、次のご家族様へと繋げる活動をしています。

[単身世帯、ご高齢世帯での飼育が増えてきています]

ティアハイム小学校はペット用品の企画販売・卸売などを行う「株式会社DCイノベーション」の関連事業として運営しています。ペット用品販売のノウハウ、ルートを持つという強みを生かして、通販サイト「ティアハイム小学校 購買部」をたちあげました。https://tierheim-ps.jp/

―“費用はなるべく自力で稼ぐ。犬猫を愛する皆に、お買い物という保護活動への参加方法を提供する”― 購買部での売り上げが運営資金となり、猫たちの健康な生活を支え、お世話をするスタッフには給与が支払われる そんな保護活動の循環を目指しています。今はまだすべてをまかないきれているとは言い難い状況ですが、少しずつご賛同者が増えてきており、理想に向かっています。

これまで保護活動といえば、ボランティアさんたちの負担があまりにも大きく、各々が無理をしながら気持ちで維持されている現状がありました。そんな実状に一石を投じたい。そんな想いがあります。

[購買部やCFでのご支援によって、たくさんの猫たちが譲渡に繋がっています]

ティアハイム小学校は、岡山県の中心にある自然豊かな高原、吉備中央町の廃校を再活用して運用している動物保護施設です。現在は教室4部屋を猫部屋として運用していますが、まだまだ空き教室は多く、有効活用できる可能性は多く残されています。

[この広大な敷地を有効活用できれば……]

少しずつ成長しているティアハイム小学校ですが、まだまだ保護施設として未熟です。猫たちの健康的な暮らしのため、「酷暑に備えて保護猫たちの部屋に暑さ対策をしたい」というプロジェクトも同時開催しています。

年々増える?行き場のない犬猫たち

動物愛護法の改正により、保健所や愛護センターで犬猫の引き取りを拒否できるようになりました。ですが、事情があって飼えなくなる犬猫の数は、劇的に減少するはずがありません。むしろ、日本人の高齢化や単身化によって、行き場のない犬猫は増えつつあるという予想もあります。

そんな行き場のない犬猫達は、民間の保護施設が引き取る(引き取らざるを得なくなる)ことがほとんどですので、現在はどこの保護施設も収容限界で、資金不足、人手不足に陥っている現状があります。


いま、ティア小に出来ること

私たちティアハイム小学校は、現在は猫のみを保護していますが、行き場の無い犬たちも保護していきたいという希望があります。

廃校を再活用しているティア小には、多くの未使用教室と広いグラウンドがあります。使う部屋が多くなれば、それだけ改築費や運用コストが増し、スタッフも増やす必要があるので、学校をフルに使うことはまだ遠い夢なのですが…今の私たちにできる事として、まずは犬用の教室を作り、実際に保護犬活動を始めたいと思っています。


犬の保護開始に必要な設備

元校長室、ここは開校時から犬部屋にする予定にしていました。しかし現在は内装解体が途中まで進んで保留となっている状態です。まずはフロアを全面張替えをし、防水加工の施行、そして犬5頭分の簡易個室を作りたいと思っています。

簡易の上、数も少ないですし、ドッグランも作りたいのですが、まずはスタートさせることを目指して最小・最低限を目標としました。


プロジェクトの必要売上げは、前回のクラウドファンディングで貯金している、ワンちゃん分のご支援金28万円を差し引くことができますので、 222万円が今回の目標額です。

[資金の使い道]

リターン代金+送料--119万8000円
CAMPFIRE手数料-- 22万2000円
設備費用-- 約80万円~
      フロア張替え
      防水処置
      簡易個室設置(5つ)
      換気設備
      工賃

すべてリターン品『ハウンド&ガトス』 でご支援いただいた場合の試算となっております。お礼状リターンによるご支援を多くいただいた場合にはもう少し余裕ができます。

『ハウンド&ガトス』をもしワンちゃんが気に入ってくれたら、ぜひ継続的なご購入もご検討ください。ティアハイム小学校の安定的な保護活動を支える屋台骨となります!

プロジェクト達成時の実施スケジュール

◆達成後スケジュール

2021年5月14日(金) :クラウドファンディング終了

2021年5月中: リターン発送

2021年6月:工事着工予定

2021年7月: 校長室の改装終了、犬の受け入れ開始

◆プロジェクト不達の場合

残念ながらプロジェクト目標額未達成の場合は、皆様からのご支援金は保護ねこ活動資金として活用させていただいたり、保護いぬ活動開始準備資金として貯金させていただきます。 その後継続的なフード販売やその他の施策により資金を集め、保護いぬ活動開始に向けて努力してまいります。

リターン品『ハウンド&ガトス』

リターンはドッグフード『ハウンド&ガトス』をご用意しています。

私たちは保護活動の寄付商品として、「気に入っていただければ何度も定期的に購入していただける」、たとえばフードや猫砂など、そんな商品の普及が何よりも大切と考えています。

継続的な購入=ご支援は安定的な運営を支える屋台骨となります。 この機会にお試しいただき、もし愛犬が気に入ってくれたら、是非、継続的なご購入をお願いいたします。

『ハウンド&ガトス』はウィスコンシン州を拠点とし、製品はすべてFDAとUSDAの規制に沿って品質・清潔さ・安全性を保つ、最先端の施設で生産されています。

また本国では動物保護施設にフードやおやつを寄付するなど、ペットのレスキューや里親活動団体を積極的に支援しているペットフード会社です。

ハウンド&ガトスは、TruthAboutPetFood.comサイトで、「最も信頼されているペットフード会社」賞を4年連続で受賞しました。


【ご注意点】賞味期限が2021年7月27日~9月18日 と、若干短めのため、本来価格の33~36%OFFで提供しております。フードロス削減のためにもご協力お願い申し上げます。

※フードロス:国産フードは329304トン。輸入フードは263494トン。合わせて約60万トン。これが令和元年に日本国内で流通したペットフードの総量です。(一般社団法人ペットフード協会「ペットフード流通量調査結果」より)このうち少なく見積もって1%が廃棄されるとしても、年間6000トンのペットフードが無駄になっていることになります。

古くなったペットフードは油分の酸化により食いつきが落ちますが、賞味期限内でしたら、まだまだ安全に美味しく食べられます。フードロス削減にご協力ください。


さらに今回は『じゃこ入りせんべい』がおまけに付きます!


最後に

日々私たちに笑顔を与え、元気付けてくれるワンちゃん猫ちゃんたち。私たちスタッフも同じ飼い主として、世界中のどんな犬や猫も幸せであってほしいと願っていますが、実際は手の届く範囲でしか活動することができません。

ですが、ティア小購買部のドネーション商品をご購入いただき、犬猫を愛する皆さんに手を繋いでいただくことで、手の届く範囲を拡げていくことができます。


スタッフ一同、これからも保護ねこ活動に力を注いでいくことはもちろん、さらに保護いぬ活動も進めてまいりたいと思っております。

皆さんのフード購入でのご参加、心よりお待ちしております。



<All-in方式です>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合もリターン品はお送りします。 ただし設備投資等は見送りとなります。保護いぬ活動開始準備資金として貯金させていただき、その後継続的なフード販売やその他の施策により資金を集め、保護いぬ活動開始に向けて努力してまいります。


おまけ 

終わりに恒例の生徒紹介……ですが、まだティアハイム小学校にはワンちゃんたちがいないので、可愛いねこ生徒たちをご紹介させてください!

ぶち君ふっくらほわほわ!撫で始めたら止まらない!クールなアシメスタイルがいつもビシッと決まってるぶち君です。この子は出席番号4番。ティアハイム小学校が始まってすぐの、初期の生徒さんです。その後たくさんの新入生たちが入ってきては、受け入れ、仲良くしていますので大らかな優しい子なんです。協調性があるので、先住猫さんが居るご家庭でも、うまくやっていける子だと思ってます! 


ココちゃん

アイラインばっちりやわらかクリーム色なキジトラちゃん。小さめの可愛らしい子です!ちょっと警戒しますが撫で始めたらごろごろになりますよ。Z型鍵しっぽがチャームポイント!最近姉妹のクーちゃんが幸せに卒業していきました。ココちゃんにも早く素敵な”ずっとのおうち”ができますように!


なっぱ君出席番号78番なっぱ君。ティアハイム小学校のエコバッグイラストでおなじみ、ロイ君の息子くんなのです。品格ある装いはどこのフォーマルなお席に乱入しても恥ずかしくありません。【!速報!】素敵なご夫婦が里親様として迎えてくださいました!よかったね!なっぱ君;;


ブドリ君まだまだ少年の面影ブドリ君。譲渡会では最初はすこし様子を見てますが、そのうち慣れてきてノリノリで遊んでくれますよ。兄弟のナドリ君と入学してきましたが、つい最近ナドリ君も卒業が決まり、楽しく暮らしているようです。ブドリ君、寂しくなるかな…?と思いきやさすがの若さ! 柔軟性&適応力でほかのお兄ちゃんたちとはしゃいでおります!


他にもたくさんの生徒たちがいます! \ 毎週日曜日は定期譲渡会



  • 2021/05/06 15:14

    こんにちは、ティアハイム小学校です!今回も卒業した猫達をご紹介いたします!まずは、とても甘えん坊で人馴ればっちりな、しげまる君。お迎えいただいた里親様にアオ君と名付けてもらって、よく食べ、よく遊び、よく甘えているようです。幸せそうな写真も頂いて、こちらまで幸せになりました。これからも幸せを振り...

  • 2021/04/20 15:09

    こんにちは、保護ねこ施設ティアハイム小学校です。最近は当校にご来校される方も増え、入学・卒業ともに増えてきて、保護・譲渡の輪がうまく回り始めている実感があります。そこで今回は、最近、当校を卒業した子たちをご紹介させてください。まず、ティアハイム小学校のグッズにもよく描かれている、当校を象徴する...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください