"今よりもっと、好きなものはある。"

想像してみてください。
もしも、毎日眺めているInstagramのストーリーに、クオリティの高い、たくさんの興味関心が湧くような動画記事が流れてきたら。
パートナーと行きたいレストラン、一人でゆっくり過ごしたい街、家族で楽しめるアクティビティ、最新のガジェットや流行りのコスメ、一流デザイナーの新作情報、勉強になる内容etc。そんな番組クオリティの記事が気軽に流れてきて、見たい時だけ1-2分見て、違うと思ったら簡単にスキップ。。。

この想像の話を現実にするのが、Maximizerです。

楽しみでワクワクすることは日々増えていますか?

「なんだって検索すれば出てくる。じぶんの好きなものはもう知ってる。雑誌やテレビに頼ってはいない。古いし・・・」
しかし、本当にそうでしょうか。

きっとまだ出会っていない自分の原動力はたくさんあるはずです。

・一度聞いただけでも一生忘れないような音楽との出会い
・あのレストランに行くために1週間がんばれると言えるようなお店
・次の連休までこのために生きると思えるようなアクティビティ


実はそういうものが、毎日を頑張れる理由になったりするのではないでしょうか。


今、そんな新しい出会いは友人のSNSぐらい。その危機感からInstagram雑誌Maximizerを創刊する決意を固めました。
尊敬している友人の様な距離感で、皆様に偶然の出会い”Serendipity"を提供できたらと思っています。


@Maximizer.tokyo】 
(Instagramで是非フォローして下さい。フォロー頂いた方全員に、編集部が皆様の人生が素敵な音楽との出会いで色付くようにと真心を込めて選んだMusic Playlistを毎週お送りします。)


Maximizerとは?

読者一人一人とのコミュニケーションに力を入れる、新時代のInstagram雑誌です。

Instagramのストーリーを用いて、全ての記事をプロ-クオリティの "動画" で公開していきます。


何気なくストーリーを見ていたら、編集部選りすぐりの新しい興味」と出会うことができ、日常が彩られ、人生の楽しみが増える。

そんな雑誌を今だからこそ創刊します。

・日本中にある素敵な場所、もの、食事、旅行先、ライフスタイル、趣味、生き甲斐になる情報
・週末や少し先の未来に向けてワクワクドキドキする情報


これらを、新時代に即した最も伝わる方法Instagramストーリー」を用いてプロ-クオリティの映像」で伝える雑誌を創刊します。


ボードメンバー代表

初めまして、Maximizer Tokyo代表の山口大輝です。

今までRedBull JapanのStudent Brand Manager、そしてP&Gのシニアブランドマネージャーに就いてマーケティングをしていました。
日用品を扱うP&Gのマーケターとして働く中で感じていたコロナ禍での様々な変化に対し、何か自分ができることはないか考えました。

そこで今年思い切って会社を辞めて人々の日常をより色鮮やかで心躍るものにするプロジェクトとして【Maximizerを立ち上げました。

便利になっていく時代、その一方で適応できずに失われつつある素敵な文化が数多くあると思います。
雑誌やテレビなどはまさにそうじゃないでしょうか。
Youtubeで見たいものだけ見る今はとても便利ですが、
偶然見ていたテレビや雑誌で自分が大好きになるものに出会える機会は少なくなったと思います。

これを読んでいる皆様にも覚えがあるはずです。
何気なく見ていた番組や記事がきっかけで

・年末の旅行先を決めて楽しそうにはしゃいでいるお母さんの姿
・カメラが欲しくなったお父さんの「でもお金がかかりそうだなぁ」と母に気遣い困ったフリをする下手な演技
・いいカフェを見つけて恋人宛てに「今度ここに行こう!!!」と送る急ぎのメール

そんな経験を新時代に即したやり方で私たちが必ず提供します。
"今よりもっと、好きなものはある。"


今後の動き

Maximizer は6月末に創刊します。

フリーランス、保険、広告、医療、ITベンチャー、外資系投資銀行、外資メーカー、エステティシャン、飲食など様々な業界からどんな情報にも常にオープンな尖ったチームを集めました。
(会議風景)

そして、チームで大切にする理念を決めました。

1)人を魅了するもの・事象の第一人者になる

2)人に日々の原動力を与える

集まった最高のチームで悩み抜いた記事を「動画」に落とし込んで、6月末から公開します。
先述のPVを合わせて見て頂ければ、私たちの叶えたい世界を一緒に感じてもらえると思います。
 

資金の使い道

一本一本のストーリーを物凄くこだわって作成しています。記事は全てハイライトに保存されるので過去の記事も見返す事ができます。
資金は全て取材撮影費用として使わせていただきます。6月から公開の記事は国内のバーを擬似体験できる企画"The Bar"や週末を充実させる"Weekend Activity"など掲載予定です。
(絵コンテ一部公開)


最後に

様々なものがデジタル化され、この先の展望は不透明かも知れません。

その中でも必ず私たちは楽しくてワクワクすること、ちょっとした趣味・目標になるものを提供し続けて理想の時代を創ります。
そのために、どうか皆様のお力をお貸しください。

もし応援していただけるのであれば、
【是非、公式Instagramアカウント@Maximizer.tokyoをフォローしてください。】
応援だけでなくご支援までいただけた方は、備考欄に「ご自身のアカウント」を教えていただければ幸いです。
Maximizer一同、応援してくださった皆様一人一人を覚え、大切にし続けます。

【会社概要】
Remain in, Inc.
東京都中央区銀座1-15-7-3F
03-6822-6906

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください