A modern fairy tale about Japanese LIVE IDOL.
「楽曲派アイドル最後の砦 ギュウ農フェスがアイドル映画を作るぞー!」
【UP DATE!】6/10(Thu)

本日はメインキャストグループ「イブニングローリー」のダンスレッスンでした。
皆さん、先生が驚くほどに飲み込みが早かったそうです。
引き続きの応援よろしくお願いいたします!

【UP DATE!】6/7(MON)

本日はCAMPFIREさんのミーティングルームをお借りしてLIVE配信イベントを行いました。
先週より公募していたグループ名は「イブニングローリー」に決定と井口監督から発表がありました。
また、ライバルグループである「ブラッドチェリー」のキャスト発表もあり、大いに盛り上がりました。
こちらで録画もみれます!

https://twitcasting.tv/campfire_gc/movie/686510149


はじめに

ギュウゾウ(電撃ネットワーク)が井口昇監督福田裕彦氏とのトリオで【アイドル映画】を制作!


ライブアイドル界にポストコロナ時代の新たな夢を!製作費大募集!

※キャストなどの情報はページ下部に掲載しております。


新型コロナ禍の影響により、ライブ活動の停滞や活動の道筋が途絶えがちとなり、未来を見据えにくくなっている最中、多くのメンバー卒業やグループ解散などに見舞われている2020年〜2021年のライブアイドル界。

昨年から続いていた感染防止対策に基づく収容人数制限や、来場者の安全を確保したライブ・イベント運営により、今年に入ってようやく有観客での「新型コロナ禍以前のライブ」の形に、牛歩の様に一歩ずつですが近づきつつあります。

しかしながら、新型コロナ禍が無ければもっと豊かな活動を展開したり、ライブアイドルとしての明るい未来を実現できていたかもしれない、という行き場のない気持ちは日々募るばかりです。

このままではライブアイドル界の未来が危ない!

ライブアイドル界が奮い立つ様なワクチンを提供したい!

そんなギュウゾウ氏の熱い思いから今回の映画製作プロジェクトは立ち上がりました。

ギュウゾウ氏が主宰するエンタメイベント「ギュウ農フェス」の母体となる「株式会社te-ge」が中心となり、このクラウドファンディングを運営します。

栃木県応援エンタメイベント」であるギュウ農フェス、そして何よりもギュウゾウ氏の出身地であり縁の深い栃木県にてオールロケを敢行!(予定)

監督には、数多くのアイドル出演映画を手掛け、日本で最も「アイドル映画」についての深い理解と野心を持ち、かの巨匠・大林宣彦監督をして「アイドル映画の極み!」と言わしめたインディーズ作品『キネマ純情』の井口昇監督が名乗りを上げてくださいました!

また、アイドルを中心としながらも、浜崎貴司氏や河口恭吾氏、大森靖子さんやその他多くの人気アーティストの方々にもご出演いただいた実績のあるギュウ農フェスは「音楽」にもこだわります。

40年以上にわたる音楽業界でのキャリアとスキルを誇り、伝説のアイドル 宍戸留美さんの大傑作「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド・シ・シ・ド・ル・ミ」を手掛けられた他、鈴木雅之、爆風スランプ、井上陽水、浜田省吾、そして近年ではフィロソフィーのダンスなど、多岐にわたる著名アーティストのサポートでも名を馳せ、井口昇監督作での様々な音楽統括として名コンビな大活躍を見せる福田裕彦氏が本作の音楽監督を担当!

三者三様な形でアイドルに少なからず携わって来た3名が、この鬱屈とした新型コロナ禍を吹き飛ばし乗り越えるべく、「ライブアイドル界のおじさん新御三家」としてスクラムを組み製作する、アイドルファンなら見逃せない、アイドル本人たちの視点から描く「あの頃。」となるであろう期待の逸品に、是非ともご支援お願いいたします!

以下、製作メンバーからのご挨拶です!

<ギュウゾウ氏からのご挨拶>

昨年から続く新型コロナ禍で、ミュージシャン、アイドル、パフォーマーたちはライブやイベントの開催が制限されてしまいました。そして、その荒波に揉まれる中で、グループ活動休止やメンバーの卒業報告をたくさん目にしました。

僕が主宰する音楽イベント『ギュウ農フェス』も大いに揺さぶられました。アイドル界隈を襲うこの状況が平時に戻る迄にはまだまだ時間がかかる、考えています。その中で、演者たちが持つエンターテインメントへのモチベーションを喪失させたくない、新しい可能性との出会いやチャレンジの場を作りたい。 この思いから映画制作に手を挙げさせて貰いました。

『IDOL NEVER DIES(仮題)』の出演者は、現在も活躍中の現役アイドル、俳優の皆様から公募オーデションで選ばれた精鋭たちです。

映画『片腕マシンガール』『惡の華』などを手がけた井口昇監督、福田裕彦音楽監督と共に、音楽イベント『ギュウ農フェス』が描く青春ファンタジーの世界を、そして全編を彩どるライブアイドルキラーチューンたちを、クラウドファンディングを通して多くの人と共有出来ましたら幸いです。

ステージから銀幕へと舞台を移した推したちの躍動を皆様と共に見届けられる事を楽しみにしています。


ギュウ農フェス主宰  

ギュウゾウ(電撃ネットワーク/とちぎ未来大使)


<福田裕彦氏からのご挨拶>

皆さんこんにちは。

株式会社大頭(だいず)主宰の福田裕彦(ふくだやすひこ)です。

弊社は2006年の創立以来、音楽制作、映画、TVの映像制作を中心に活動してまいりましたが、この度、かねてより親交のあった電撃ネットワーク・ギュウゾウさんから「コロナ禍にあえいでいる数多くのアイドルたちに希望を与える映画が作りたい!」と言う熱いメッセージを受け、共に映画製作プロジェクトを立ち上げました。

アイドル界でその名を知らぬ者はいない大規模フェス「ギュウ農フェス」を育て上げてきた剛腕プロデューサー・ギュウゾウさんが、その活動の一つの集大成として、全世界で100万枚規模のDVDセールスを誇る『片腕マシンガール』、300万部突破の人気漫画を完全映画化した『惡の華』などを手掛けた日本映画界を代表する鬼才・井口昇監督とタッグを組み、誰も観た事のない究極の「アイドル映画」を制作する。それがこのプロジェクトです。

井口昇監督は、海外でも圧倒的支持を得ている『ロボゲイシャ』『電人ザボーガー』『ゾンビアス』『デッド寿司』などなどのユニークな作品群から、ともすれば「賑やかでぶっ飛んだ映画を撮るファンタジー系アクション映画監督」と言う評価を下されがちなのですが、実は、インディーズ時代の傑作『クルシメさん』、メジャーデビュー作『恋する幼虫』から、『卍』『富江』そして近年の『惡の華』まで、「女性の心理と生理感覚」を描く事にかけては圧倒的な才能を発揮する稀有な映画作家です。少女たちの群像を描いた2016年の弊社プロデュース作品『キネマ純情』は、巨匠・大林宣彦監督をして「これは極みの映画!」とまで言わしました。その井口監督が自ら全キャストをオーディションで選び、このプロジェクトの為にオリジナルシナリオを執筆、全身全霊を賭けて演出を行います。映画ファン、アイドルファンが共に集い熱狂できる、そんな新しいエンターテインメント作品が誕生する事は必至、と確信しています。是非このプロジェクトにお力添えください!


音楽監督 株式会社大頭主宰

福田裕彦


<井口昇監督からのご挨拶>

コロナの時代にアイドル映画を創るという事 

アイドルは時代を写す鏡のようにずっと感じてきました。

映画ファンだった少年の頃から、革命を起こす映画には各時代の象徴的アイドルの存在が必ずあり、ずっと影響を受けてきました。

僕がプロの映画監督になってからも、沢山のアイドルの方とお仕事をしたり、自分自身がアイドルユニットのプロデュースをしたり、それががきっかけでギュウゾウさんと知り合ったり、アイドルの方とは不思議な縁を感じてきました。

今回、ギュウゾウさんから「一緒に映画を作ってみませんか」とお話を頂いた時、とても嬉しかったですし、コロナ禍を経たアイドルの皆さんが懸命に生きていく姿を映画にしてみたいと素直に思いました。

ライブや特典会など通常の活動がしずらくなった今こそ、彼女達が輝く場としてスクリーンが加わるのはどうだろうと考え、賛同してくださるキャストの皆さんを募集いたしました。

今回のキャストの皆さんは、全てご自身で希望し、応募してくださった方です。現役アイドルの方、プロの俳優の方、いわゆる「素人」の方・・・様々な層の方が驚くほど沢山集まってくださいました。

特にメインのアイドルグループ役の方々は、数日間に渡るオーディションを経て、白熱した選考の末に決定させて頂きました。監督として、出演者の皆さんがこの作品に熱い想いを託してくださっている事を強く実感出来ており、それが何よりも嬉しいです。個性とオーラの異なるキャストが一同に会し、栃木でのロケーションによってどんなエネルギーと魅力が放たれるのか・・・今からとても楽しみですし、胸が熱くなる想いです。

それまで信じていた日常が変わり、「明日どうなるか分からない」この時代に、希望と勇気を与えるのはやはりアイドルという存在である事を、僕はこの映画で証明したいと思っております。

彼女達のアイドルとしての想いを、スクリーンとこの時代に遺していくべく頑張ります。是非、このプロジェクトへのご支援をお願いします!


映画監督・脚本家                                               井口 昇 


<作品概要>

タイトル:『IDOLE NEVER DIES〜ざわめく彼女のMUSIC〜(仮)』 劇場用映画

製作総指揮:ギュウゾウ(電撃ネットワーク)

監督・脚本:井口昇

音楽監督:福田裕彦

<出演>

☆アイドルグループ「メインキャストグループ」(名称公募中)メンバー☆

桃果/楓フウカ(クマリデパート)/中川美優(まねきケチャ)

 ブラジル (MIGMA SHELTER) /工藤菫(アップアップガールズ(仮)) 

他キャスト、決定次第順次発表!

お楽しみに!!

<ストーリー>

「地球最後の日」と予言された日。

栃木県のとある町へMV撮影の為に集まったアイドルユニットの少女たちは、

次々と降りかかる「危機」に窮地に追い込まれる 。

「地球最後のMV」を完成させるために奮闘する彼女たちの愛と希望を描く青春ファンタジー。

<キャスト> 
メグ役:桃果■

今回初めて井口昇監督とお仕事させて頂くのですが、台本を読ませて頂いて、監督の世界観に一瞬にして心を持っていかれました。

こんな素晴らしい作品に携われる事ができとても幸せに思います。

自分にとってもこういったファンタジーの作品は初めてで、新たな挑戦が沢山あり、今からワクワクが止まりません。今までにない面白い作品になるよう、皆さんと全力で挑みたいと思います!

■リョウコ役:楓フウカ(クマリデパート)

乾 涼子役を演じさせて頂くことになりました。 

クマリデパートの楓フウカです!

栃木県出身のアイドルとして、ギュウ農フェスの映画に出ることが出来てとっても嬉しいです。

演技をするのは、初チャレンジでドキドキですが、精一杯頑張りますの
で、みなさん楽しみにしていて下さい!

撮影では栃木のおいしい空気を沢山吸いたいです。 

アイ役:中川美優(まねきケチャ)■

まさか自分が選ばれると思ってなくてまだびっくりしています。

ここまで本格的に演技するのははじめてですが、新しい分野に挑戦できる
ことにとてもわくわくしています。

普段の自分とは正反対の役柄(?)なので楽しみにしていてください。

ハル役:ブラジル(MIGMA SHELTER)

普段別の人格になる為の手段はライブですが、

今回は演技というフィールドで別の人格を体験出来るので今から楽しみです。

よろしくお願いします。

■ヨシエ役:工藤菫(アップアップガールズ(仮))■

ヨシエ役で出演します。アップアップガールズ(仮)の工藤菫です!

長編の映画に、出演するのは初めてなので今はまだドキドキしているのですが、沢山の方にこの作品を届けられるよう、そして心を動かせるように頑張って行きたいと思っています!!

どうか!私たちに力を貸してください!よろしくお願いします!


<プロジェクト実行者のこれまでの実績>

井口昇監督は、これまでに、

中川翔子主演『ヌイグルマーZ』、でんぱ組Inc主演「でんぱコネクション」

武田玲奈・山崎紘奈主演「監獄学園」、中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子』

などのメジャーアイドル作品を多く手掛け、巨匠・大林宣彦監督をして「アイドル映画の極み!」と言わしめたインディーズ作品『キネマ純情』を自らオーディションで選出したキャストで作り上げました。

日本で最も「アイドル映画」についての深い理解と野心を持つ映画監督です。今回はその井口昇監督が脚本も担当、キャスト全員をオーディションで選出して、インディーズアイドルたちのキラーチューン満載の、まさに「ニューノーマルの時代のアイドル映画」を制作します!

井口昇 現場撮影風景

音楽・楽曲統括担当の福田裕彦氏は、『ロボゲイシャ』から『惡の華』に至るまで、井口昇監督作品の殆どの音楽を制作してきた盟友であり、人気著名アーティストからアイドル、アニメ・ゲーム作品など多ジャンルな世界で活躍して来た日本音楽界を代表する重鎮の一人。90年、小泉今日子の「見逃してくれよ!」でオリコン1位を獲得以降、数多くのJPOP、「スーパーボンバーマン2」「天外魔境Ⅱ」などのゲーム音楽の作編曲家として活動する一方、キーボードプレイヤーとして、鈴木雅之、爆風スランプ、井上陽水、浜田省吾などのツアーに参加、近年では、フィロソフィーのダンス、maica_nなど新進気鋭のアーティストのサポートも務めています。

40年以上の音楽業界でのキャリアとスキルをフル活用した、この作品にとってのBest of Bestな音楽世界を構築していただきます。

ギュウゾウ(電撃ネットワーク・とちぎみらい大使・塩谷町観光大使)は、言わずと知れた世界的なパフォーマーであり、近年、アイドルファンの間では、アイドルを中心とした出演者による「栃木県応援エンタメイベント」 ギュウ農フェスを主宰者として2015年から率い、またそこから遡ること数年前、ある日突如「アイドル戦国時代」の裏功労者であるBiS(第一期)によってアイドルにハマってしまったおじさんアイドルオタクとしてその名を知られています。


以上の3人がガッツリタッグを組み、ライブアイドル界のキラーチューン満載な「ポストコロナ時代を象徴するアイドル映画」を大々的に制作します!


■製作

株式会社te-ge 

株式会社大頭 ワンダーヘッド

■後援

・栃木県塩谷町

・塩谷町商工会

・矢板市商工会

・共同組合宇都宮餃子会

・下野新聞社

・RADIO BERRY エフエム栃木

<資金の用途>

皆さまにご支援いただきました資金は、主に以下の費用として大切に使用いたします。

1、撮影現場費・・・撮影・照明・録音・美術費・機材費・衣装メイク費・車輌費他

2、ポストプロダクション費 (編集・CG・音楽・整音などの仕上げ費) 

<リターンについて>

ご協力いただく金額に応じて、様々なリターンを用意させていただきます。

◆リターンは追加の予定もございます◆
ギュウ農シネマ及びギュウ農フェスの公式twitterアカウントで随時
情報を発信させていただきます。


いつ収束するとも知れないコロナ禍の下、

映画のキャラクターを演じるアイドルたちにも、

それをご覧になる観客のみなさんにも、

映画ならではの興奮とカタルシス、癒しをお届けする超絶アイドル映画の制作に、

是非、ご協力ください!


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。ギュウ農フェス
  • 2021/06/11 00:15

    本日はイブニングローリーの皆さんのダンスレッスンでした!

  • 2021/06/11 00:10

    CAMPFIREさんのミーティングルームをお借りしてLIVE配信をさせていただきました。グループ名も「イブニングローリー」と井口監督より発表、その後ライバルグループ「ブラッドチェリー」のメンバーも発表されました。両グループともファンの皆さんの期待が感じられるコメントがたくさんあり、いよいよスタ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください