ネクストゴール『100人のお母さんを笑顔に!』
お陰様で達成する事が出来ました!
達成率430%超!皆さまの温かいご支援心より感謝申し上げます。

ラストスパート「もっと沢山のお母さんを笑顔に!」
リターンを追加してさらなるビックスマイルを届けます♪


5/9(日)は母の日
“コロナ禍で会えないお母さんへお花を贈って社会貢献しませんか”

このプロジェクトは全国のお母さんを笑顔にしていきます!
大好きなお母さんへお花を贈ることが誰かの笑顔のタネになる。
そんな優しい「母の日限定企画」です!!



■リターン

リターンでお届けする母の日のギフトは経験豊富で新しいものに敏感なフラワー講師が作る最旬のフラワーアレンジメント
*全国無料でお届け致します。(国内限定)

ありがとうを伝えたいお母さんへ。お世話になったあの方へ。この機会に”ずっと咲き続けるお花のギフト”とともに「笑顔」を贈りませんか。

早期お申し込み頂きますとトレンドのお花をアレンジしてお届け出来ます!余裕を持ってお申し込み下さい♪
☆母の日にお届け出来るのは4/28(水)申し込み分まで。




《ご挨拶》

はじめまして。
私たちは 三重県桑名市にあるフラワースクール「リッチェスタジオ」で
最新のフラワーデザインとフラワーフォト撮影の技術を学んだ「リッチェアーティフィシャルフラワー協会」の講師です。

応援しあえる協会の仲間との関わりを通じて
各家庭から思いやりと笑顔の循環する社会の実現を目指して協会活動をしています。

お花には人を癒してくれる力がある 
人を笑顔にする力があると実感しています


《プロジェクトを立ち上げた背景》

コロナ禍の今、多くの方々が不安やストレスを抱えて過ごしています。コロナ禍で離れて住むお母さんに感謝の気持ちを伝えたい!いつか会える日まで、心身ともに健康でいて欲しい!そんな願いから・・・

今、私たちにできることは何か?
と考える日々の中で、私たちが今まで花を通じて受講生さんたちと楽しく作品作りをして過ごしてきた笑いの絶えない時間や、培ってきたフラワーアレンジの技術がクラウドファンディングを通じて、より多くの方を笑顔にすることができるのではないかと気づきました。コロナ禍に離れて住むお母さんの笑顔と同様に介護施設の高齢者さんや長期入院されている方々にもお花を楽しんでもらう簡単なフラワーレッスンキットを届けて綺麗なお花に触れることで笑顔になってもらおう!と考えました。

皆さんが母の日のフラワーギフトを贈りお母さんを笑顔にすることで、さらに多くの皆さんに笑顔を届けていくことができるプロジェクトです。


今回お届けするお花はアーティフィシャルフラワーと言います。

見た目は生花のような高品質な造花で耐久性やデザイン性にも優れているため
ずっとお母さんの側で美しく咲き続けます。

アーティフィシャルフラワーとは?
生花の美しさをリアルに再現したとても品質の高い造花です。造花?と聞くと「作り物でしょ。」という声が聞こえてきそうですが。私たちが選ぶアーティフィシャルフラワーは、生花らしい色合いや品質にも拘っているためお値段も少しお高くなりますが、通常のものとは比べ物にならないような美しさで多くの方に喜ばれています。


実際に母の日のフラワーギフトを「ずっと生花だと思いこんでいた」と言われる方も多いのでどれほどの品質か想像していただけるかと思います。


*アーティフィシャルフラワー(リッチェスタジオ:予約のいらない花教室/動画レッスンより)


枯れることがなく手入れが不要なため高級ホテルやハイブランドショップ、ウェディングブーケとしても多く使われています。

特に、病院や福祉施設などでは生花のように花粉でアレルギーを引き起こす心配がないですし、赤ちゃんや高齢者のいるご家庭でも安心して1年中綺麗なお花を楽しめると喜ばれています。


*アーティフィシャルフラワー(リッチェスタジオ:予約のいらない花教室/動画レッスンより)




《お花を飾るとこんな効果が!》

「花はこころを癒してくれる」などとよくいわれますが、お花をもらったりする時には①ドーパミン②オキシトシン③セロトニンという「幸せホルモン」と呼ばれる3つの物質が分泌されます。

これらの分泌によりストレスが和らぎ幸福感を得られモチベーションがアップするなどの効果があります。


実際に、花のある部屋と花のない部屋にいる人の心理を比較した研究データがあります。

◎花のある部屋にいると活気が出る

◎花のある部屋では疲労や緊張、不安などのネガティブな気持ちが抑えられる

◎花のある部屋では交感神経活動が25%低下(=ストレス状態の緩和を意味する)

◎花のある部屋では副交感神経活動が29%上昇(=リラックス状態の高まりを意味する)

このような研究結果がでているようです。

幸せホルモンは食事や運動、スキンシップなどでも増えるので、お花を飾るのと組み合わせることで、よりハッピーな気持ちになれそうですね。

参考文献:「花きに対する正しい知識の検証・普及事業」国立大学法人千葉大学環境健康フィールド科学センター「花の癒し効果って本当にあるの?」リーフレット、千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)


■社会貢献活動
お花は人を笑顔にします。お花の力は絶大!

私たちは、これまで社会貢献活動として、介護施設の高齢者の方々に
“お花の簡単レッスンキット”をプレゼントし、沢山の方を笑顔にしてきました。

フラワーアレンジを作る事で得られる癒しの時間をこれからも必要とされる福祉施設や長期入院されている病院の患者さんに継続的にお届けしたい!と熱い思いを抱いています。

協会ボランティアプロジェクト『Gift of smile〜笑顔の贈り物』を通して社会貢献活動の取り組みを行なっています。コロナ禍でストレスを抱える介護施設の高齢者やスタッフの方々に

「お花で笑顔になりました!」と全国から喜びの声を多数頂いております。




《ボランティアプロジェクト『Gift of smile~笑顔の贈り物』について》
ボランティア活動の紹介をさせて下さい。

お花を前にすると誰もが笑顔になりますね。色彩豊かなお花を使って、フラワーアレンジをすると脳が活性化し、五感も刺激されます。それによって会話が弾み笑顔が生まれ“良好なコミュニケーションが開花する”と言われています。レクリエーションでフラワーアレンジを取り入れたら、「無表情だった利用者さんに笑顔が増えた」「昔話をするようになり記憶力がUPした!」「性格が穏やかになった」などうれしい効果が報告されています。

完成したお花を贈るだけのプロジェクトではなく「花に触れ、作品を完成させるプロセス」を楽しみ、自分で作った枯れない花を、毎日眺めて楽しむことを提供するプロジェクトです。

皆さんが母の日に贈るフラワーギフトがお母さんを笑顔にしたあと,福祉施設や長期入院患者さんまでも笑顔にしていきます。この社会貢献活動が10年先も継続出来る様、皆さまのご支援をどうぞよろしくお願い致します。


すでに施設で高齢者の方々に体験して頂き、嬉しい報告が続々と届いています。その笑顔に協会講師の私たちも励まされています。いまは講師たちが持ち寄った花材や、協会の取り組みに賛同してくださった花の資材屋さんの花材応援で活動をしています。

まだ始まったばかりの小さな取り組みですが、この活動を今後10年後、20年後も持続できる活動として、大きく育てていきたいと思っています。



『Gift of smile~笑顔の贈り物』
《プロジェクトに参加した施設からのメッセージを一部ご紹介します》
◇利用者さんの様子

•麻痺がある方も補助をすれば簡単に楽しむ事が出来ました。

•皆さん目がイキイキ輝いて完全に乙女になっていました。

•利用者さんは目がご不自由ですが、お花に触れながらスタッフの情報提供で、お花をイメージして楽しまれていました。

・見えないけどお花に触れることができて気持ちが明るくなりました。とても楽しかったです。 昔はお花を生けることが好きでした、久しぶりにお花に触れることができて嬉しかった。お花大好きなのよね!!またアレンジしたいです(^-^)

・大変活き活きとされ、隣の方と楽しくお話されながら受講されていました。終了後も「部屋に飾ることが出来る」と大変喜ばれ、「またしたい」と次回を楽しみにされる声もありました。

・施設の皆さんにもかわいいお花を見てもらいたいと、施設に飾って下さった方もいれば、うちの玄関に飾りたい❗と、ニコニコで持ち帰る方、、、。 お花パワーで多くのかたが癒されました。


◇利用者さんだけでなくスタッフの方にも好評です。


•普段見られない表情に職員としても嬉しくなりました。

•出来上がった作品を施設の皆さんに見てもらいたいと、居室やフロアに飾ってくれたのも嬉しかったです。意外な一面も見られた気がします。

•レクリエーションの幅が広がり今後の支援に大変役立ちました。また参加したいとの要望の声とともに、支援の声が広がっています。

・工程もシンプルでだれでもわかりやすく、職員にも負担にならず、少しの時間でいつもとはちがったサービスを提供できるのはいい点だと思いました。

・短い時間で出来る事で集中力も途切れず真剣に作業していた。考えながら、相談しながら楽しまれており、開催してよかったと思いました。終わった途端、皆いそいそと居室に持って帰りました。


◇私たちへの応援メッセージも紹介させてください!

・利用者の方々が大変喜ばれ、笑顔で楽しかったと言われ、本当にお花の力で笑顔を頂いたなと思いました。とても良いプロジェクトなので、もっともっと広まればと思います♪

・今回、参加させて頂いたことで利用者様も大変喜んでおられ、その笑顔を見れたことで私たちも大変うれしく、この企画に感謝しています。お花は人の心を豊かにしたり、癒しを与えてくれると実感したので、これからも是非このプロジェクトが長く続いていくことを祈っております。この度は本当にありがとうございました。

・貴重な体験をありがとうございました。こうした活動は引き続き継続していただけるよう応援します!

・素敵な企画ありがとうございました。 色々な可能性があったと実感することができました。



こうした喜びのメッセージや笑顔の写真はこの活動の意義を再確認し、
講師の原動力となって、さらなる活動の輪を広げたいと心に火をつけました。

参加施設様(略敬称)

•社会福祉法人敬天会 牧島荘(長崎県)
•社会福祉法人 東雲会(埼玉県)
•特別養護老人ホーム 片貝さくら(新潟県)
•特別盲老人ホーム 胎内やすらぎの家(新潟県)
•介護老人保健施設 桃李園(新潟県)
•医療法人かおり会 デイケアさくら(滋賀県) 他多数


《資金の使い道》
リターン材料費・梱包費:12万3千円
配送料:5万円
手数料:2万7千円
施設花材キット代:10万円

《スケジュール》
5月2日 クラウドファンディング終了
5月6日 母の日ギフトリターン4月28日までのお申込み分発送
5月10日以降 母の日ギフトリターン第2便順次発送
6月1日 その他のリターン順次発送
福祉・医療施設に募集・PR開始
お申込みいただいた施設に順次花材キット発送



リッチェスタジオ主宰
リッチェアーティフィシャルフラワー協会 理事長
株式会社リッチェ 代表取締役 伊藤桂子


《最後に》
◇協会の理念や思い
リッチェアーティフィシャルフラワー協会 理事長の伊藤桂子です。
世の中に貢献できるフラワー協会でありたい。
私たちは、フラワーデザインや花の技術を伝えて、ただ収益を得るというビジネスモデルの花教室ではなく、大好きな「花」で得意な分野を生かし、福祉、医療で人の心と命を守る社会貢献活動を10年後も継続的におこなっていきたいと思っています。

フラワー講師として、女性として、花をアレンジする時間や花を飾る習慣をそれぞれの講師が各家庭から全国へ広げ、笑顔のある優しい未来へと繋げていきたいと日々、活動しています。

社会貢献活動の紹介はこちら
https://richestudio.com/corporate-social-responsibility/

実績
フラワー雑誌へのオリジナル作品提供200作品以上。
全国の有名百貨店:名古屋三越栄、新宿伊勢丹本店、銀座三越、高島屋日本橋、JR名古屋高島屋他で展示・販売・デモンストレーション実施。
特に名古屋栄三越栄店での母の日のポップアップショップでは、協会講師と共に10年以上に渡りフラワーギフトの展示販売や花教室、ショーウインドウのフラワー装飾など実施。数千人を超えるお客様の支持を受けて母の日のフラワーイベントを毎年開催。

フラワー講座(生花・プリザーブドフラワー・アーティフィシャルフラワー)フラワーフォトカメラ講座、スマホ撮影講座、動画講座、ホームページ作成講座など花の講座だけでなく、花から始まるクリエイターを育てている協会です。リッチェアーティフィシャルフラワー協会の講師は、SNS時代に合わせフラワー資格とは別に、撮影スキルを持つ講師にのみ講師資格を発行しています。

リッチェアーティフィシャルフラワー協会講師の紹介はこちら
https://richestudio.com/group/


  • 2021/05/14 13:00

    今年の母の日はクラファンチャレンジを通じてかけがえのない経験をさせていただきました。お花を贈って心が通い合う日お母さんだけではなく大切な人に想いを届ける日に向けて私は11人の大切な方へのフラワーギフトを担当させてもらいました。同じデザインはなく、全て違うお花を組み合わせてエレガントな雰囲気のバ...

  • 2021/05/11 13:00

    こんにちは先週の日曜日は母の日でしたね。感謝を届けたいお母さんや大切な方へお花は無事届きましたでしょうか。(届いていなかったら大変です!ご連絡下さい!)今年の母の日は私たち協会講師にとっても特別な日でした。「お花は無事お手元に届くかな」「気に入って頂けるかな」今回は初めてのクラウドファンディン...

  • 2021/05/05 08:00

    支援者の皆さまへたくさんの方に応援して頂き支えられながら『社会貢献出来るフラワーギフト』母の日限定プロジェクト無事終了致しましたことをここにご報告致します。初めてのクラウドファンディング、「どれだけの人がこのイベントを見てご支援下さるのか」いや「支援して下さる人はいるのか⁈」など始まる前は...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください