はじめに・ご挨拶 

みなさん、こんにちは。滋賀県草津市で農業をしており、今回この活動の代表を務めさせて頂きます。

横江青果の横江 巧真(よこえ たくま)と申します。

夏期に地元の特産品であるメロンを生産しております。

先祖代々の農家の息子でありながら幼い頃から

「農業はダサいからやりたくない!」

そんな風に思っていました。

大学卒業後はロサンゼルスに渡米し役5年間ファッションに関わる仕事に就く為に活動しておりました。

しかし色々な経験を経ていく内に農業への関心が沸いてきて調べれば調べるほどに農業ってとても大事で魅力的な仕事だと思えるようになりました。

そこで私はこれからは「イケてる農業」を発信しようと覚悟を決め2019年帰国し、就農しました。


•プロジェクトの背景と内容

日本の農業には沢山の問題があります。

離農や高齢化による担い手不足、食料自給率の低下、耕作放棄地の拡大、海外の安価な農産物の輸入による影響など多岐にわたります。

その中でも高齢化は深刻で農業従事者の7割が65歳以上といわれているのです。

高齢者と呼ばれる人たちが日本の農業を支えているわけです。農業人口の減少に歯止めをかけ、次世代の担い手を育成するにはどうすればよいかを考えなくてはなりません。 

このままでは5年後、10年後の日本の農業はさらに衰退していってしまいます。

それはなぜかと私は調べました。

農業界では「農業の3K」といわれる代表的なイメージが存在します。

キツイ」「カッコ悪い」「稼げない

といったイメージです。

これが若者が農業に入ってこない一つの大きな原因ではないかと考えました。私自身そう思って農家にはなりたくないと思っていた過去があるからです。

そこで私はこのイメージを払拭し、高齢化が進むこの農業界で奮闘している若手フルーツ農家でイケてる農業」をテーマに新たなチームを作り、フルーツブランドを立ち上げます。

四季果実園倶楽部

1616758867546.png.jpg

オリジナル商品開発(ジャム、グミ、ゼリーなど)、産地直通フルーツ販売、アパレル展開、コラボ企画など今までになかったアプローチで農業のイメージ改革に勤めます。


農業はキツイこともあるけどカッコよくて稼げるし沢山の魅力があり最高にイケてるということをこのブランドを通して発信していき、私達に憧れ農業をする若者が出てきたり、このブランドを通じて販路確保などのといった新規就農者への支援などを行っていきたいと考えております。 

現在全国から9農家、11種類のフルーツが集まっておりこのブランドに賛同して頂けるフルーツ農家さんは今後どんどん仲間として拡大していき日本中の若手フルーツ農家を巻き込み、世界に通用する日本一のフルーツブランドを確立します。


 【追記 : 5月24日】新メンバー加入により現在11農家14種類のフルーツが集まりました。

【追記 : 5月31日】新メンバー加入により12農家16種類のフルーツが集まりました。


•各農家紹介

【横江青果 横江 巧真】

1616758867747.png.jpg

幼い時から実家には夏になるとおばぁちゃんとおじぃちゃんが作ったメロンがあるのが当たり前でありました。

3年前におじぃちゃんが亡くなり、現在はおばぁちゃんがメロンを作り続けています。

そんなおばぁちゃんももうすぐ80歳。

まだまだ元気ですがこの先何年作り続けれるか分からないです。

そこでこのおばあちゃんのメロンの絶やしたくないと思い、孫である私がおばぁちゃんから作り方を習い、

このメロンに「せっちゃん」とおばぁちゃんのあだ名をつけ現在おばぁちゃんと共に夏期にメロンを生産しています。


【コウ果樹園 二宮 江】

1616758867923.png.jpg

コウ果樹園の二宮 江と申します。

私の園地は“柑橘王国”

愛媛県の八幡浜市にあります。

 昭和30年に創業し、約60年の伝統ある柑橘農家です。

 私で3代目になり、昔から受け継がれてきた農法に加え、年々変化する気候や技術の進化に伴い、新しいノウハウを取り入れ、よりおいしい柑橘ができるよう日々奮闘しております。

コウ果樹園の思いは、

 「食べてくださる皆さまが、笑顔になってもらえるよう」

 心を込めて育てております。


【相馬克彦りんご園  相馬 澄佳】

青森県弘前市にて親子3代でりんごを栽培しております相馬克彦りんご園の相馬 澄佳です。

ミスりんごだった経験を通じて、お客様がりんごを食べた瞬間の幸せそうな表情が忘れられず、『みんなが笑顔になるりんご』を作りたくて日々作業をしています。自然が相手の困難さもありますが、家族・スタッフ一丸となってりんご作りに励んでおります。どうぞよろしくお願いします。


【HAGA フルーツファーム 芳賀 祐介】山形県寒河江市でさくらんぼ農家をしてます。

芳賀 祐介です。就農2年目35歳です。

14年間会社員をしていました。そんな私が農家に転職した理由は、一言で言うと、祖父が高齢でさくらんぼを作れなくなったから。と言う単純な理由です。

ほんの2、3年前までは全く農業の知識どころか興味すら有りませんでした。ですが、小さい頃から当たり前のように食べてきたさくらんぼが食べれなくなってしまう…。それは嫌だ!だったら自分が継ぐ!!と言う勢いで農家に転職しました。

さくらんぼ日本一と言われる寒河江市ですが、高齢化が進み年々さくらんぼを作る人が減って来ています。

少しでもこれからの農業の力になりたい!

そして自分の様な農家になりたくて農業はじめました!って言われるような憧れる農家を目指してます。

宜しくお願いします!!


【Aikane farm  沖田 満佐人】

1616758868411.png.jpg

国産バナナとパッションフルーツを無農薬ハウス栽培で生産しています。沖田 満佐人と申します。

私は広島県尾道市の田舎で生まれ育ちました。大学時代は東京へ行き、卒業後Uターンし、一度は公務員になりましたが、地元で自分にしかできないことがしたいとずっと思っていました。

周りに目を向けると年々休耕地は増え、農家の高齢化も進んでいる。

それなら自分がやってやろう!と思い、全くの未経験から農家になることを決意しました。

どうせやるなら、一風変わったことがしたい。

色々と調べていく中で、バナナ、パッションフルーツ栽培に辿り着きました。

周りで誰もやっていなかったので、完全独学で始めることにしました。 

マニュアルもないので思わぬ虫や病気にやられることもありましたが、日々模索していく中で、よくやく納得がいくものができるようになりました。

そんなバナナとパッションフルーツを全国の方にお届けしたいと思っています!!


【洋なし屋 iGUSL 寺岡 祐】

山形県で洋梨を生産しております。洋なし屋 iGUSL 代表の寺岡 祐と申します。

「家の裏にあった樹、全部伐採したよ」そう親に告げられた時の衝撃が、農業の道に進むきっかけです。

元々、祖父母が果樹栽培を行っており、幼少期は畑が遊び場。樹の間を走り回ったり、農業機械に一緒に乗せてもらったり、そんな思い出の場所が地元を離れている間に無くなっていました。それから、地元の農地が耕作放棄地や宅地に変わっていることや、高齢化でそういった土地が今後どんどん増えていく可能性が高いという現状を知り、なんとかしたいと思うようになりました。

みなさんに美味しいものをお届けすることはもちろんですが、それと同様に、農業って面白そう!農業やってみたい!と思う方々が、少しでも増えてくれることを考えて活動していきます!


【萬奥栗農園  萬奥 理沙】

愛媛県内子町で、大正時代から続く栗農園を経営しております、萬奥 理紗です。(現在で5代目になります。)過去、農林水産大臣賞を9度受賞した和栗を栽培しています。

現在、日本中で栽培されている果実は、100種類を超えていると言われます。ただ、日本が原産地の果実は少なく、生産量が年間1トン以上の果実は、「栗」しかありません。

しかし、スーパーや出店で販売されている甘栗や焼き栗は、中国産が多くなっています。日本人が昔から馴染みのある和栗の美味しさを、全国に広めるために活動しています。


【RMK farm 城戸 隆輔】

イメージ.jpeg

愛媛県伊予市唐川地区でキウイとビワを栽培している城戸 隆輔と申します。

地元、唐川地区でも農家は高齢化が進み、放置された山が多く見られます。

日本全国に国産の果物を届けたく、自分も日々努めています。

若い人達に注目してもらいたく、パッケージに力を入れてみたり、良質な果物を厳選してみたり、工夫しています。

日本の農業には若い力と知恵が必要です。これからの子供達の食を守る為にもカッコいい農家さんの仲間をたくさん作ります。


【村山ファーム  村山 和磨】

奈良県天理市で50年続くいちご農家の三代目の村山 和磨と申します。

就農三年目、祖父と親父の元で、日々いちご作りの勉強の毎日です。

そんな私がいちご作りを始めたきっかけは、やはり家族の存在でした。

一度は、大学を卒業し、一般企業に就職しました。

しかし、そのことによってそれまで身近に感じていた農業が、とても素晴らしい職業であることに気づかされたのです。

それに気づくことができたのは、祖父や父親の農業に懸命に取り組む姿があったからです。

祖父や父親のような、そして、それを超えるような素晴らしい農業をすること、

そして、家族から背中で教わった農業の良さを幅広い方々に知って頂きたい、

そう思ってこの仕事に取り組んでいます。


【追記 : 5月24日】新メンバー加入!

【渡邊農園 渡邊 亮太】

「 フルーツ王国 」、岡山県岡山市で令和2年からぶどうを作ってます。

渡邊農園の代表渡邊亮太です。

「ぶどう」を

・食べるのが好き

・栽培も好き

・岡山1番のぶどう農家になりたい!

この思いで、農業大学校に2年行きました。

熱意だけで突っ走っていた僕に、成園30a(直ぐにブドウが収穫できる園)・作業場を貸していただけました。

卒業後、21歳でぶどう農園を新規で起業しました。

その後、ハウス跡地を購入し現在計65aの農家になってます。

今があるのは自分1人の力ではなく「縁」に恵まれたおかげだと思います。

【四季果実園倶楽部】に加入させて頂いた「縁」も大切にし、どんどん農園を大きくしていきたいです。

また食べたい・綺麗・美味しいと感じてもらえるぶどうを作れるよう努力します。

渡邊農園をよろしくお願いします!


【上平農園 上平 和真】

親4代から続く、奈良県五條市で柿栽培をメインに栽培してます。上平和真と申します。

最近では

「柿?ってフルーツなん?」

とも間違われる作物なのですが、

栄養価値が高く、素朴な甘味がどこか懐かしい秋の果実です!!

農家はしんどい、大変

というイメージがありますが、

この「四季果実園倶楽部」の取り組みで

農家をやりたい!!

フルーツを食べたい!

田舎に行ってみたい!!

と思えることを提供していきます。

「フルーツをもっと身近で笑顔に。」

私の目標です。

まだまだ、自分も就農2年目で右も左も分からないヒヨっ子ではございますが、

よろしくお願いします!

【追記 : 5月30日】新メンバー加入!

【Smile farm】

山形県で果物専門に栽培しているSmileFarmです。

当農園は、江戸時代から受け継がれてきた歴史と伝統がある農園です。

今回は、数ある果物の名からリターン品として【平均糖度20度以上の“極愛ピーチ”】と【桃より甘い高糖度でジューシーな“すもも”】をご提供させて頂きます。

山形県知事認定農園

エコフェーマー認定農園

として、環境に優しい栽培を主に、子供から大人まで食べられるように超低農薬栽培をしておりますので【皮ごと食べられる果物】を栽培しています。


•リターンのご紹介

リターン品は各農家のフルーツを使って行っていきます。

⚠︎生産状況によりお届け時期が前後する可能性があるのでご了承ください。


•資金の使い道・スケジュール

オリジナル商品開発費

ECサイト制作費           

パッケージ制作費

映像、画像撮影費

オリジナルチームユニフォーム、アパレル制作費


•最後に

このブランドを通じて世界中の人々に日本の農業は最高にイケてるということを示し、子ども達の夢に農業が食い込むような未来を作る為に活動して参ります。

絶対に出来ると信じています。

支援の程よろしくお願い致します。

           代表 横江 巧真

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2021/06/11 10:06

    支援、拡散等ご協力して下さった皆さん本当にありがとうございます!お陰様で目標金額300万円を突破することが出来ました!クラウドファンディングも残り4日となります!目標金額は突破致しましたが引き続きよろしくお願い致します!

  • 2021/06/08 20:25

    クラウドファンディング終了まで残り7日となりました。皆さんのご支援のお陰で支援金80%を突破することが出来ました。目標金額まで残り約20%。必ず成功させたいです。引き続きご協力の程よろしくお願い致します。

  • 2021/06/07 17:15

    【AIKANE FARM】から売り切れだった無農薬国産バナナを1kg増量の3kg(約16〜24本程度)を限定10セット追加致しました!是非チェックしてみてください!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください