【沢山のご支援をありがとうございます】
NEXTGOAL②180万円に向けて挑戦中です!
はじめに・ご挨拶

皆さま、こんにちは!

ページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

京都市中京区にあるイタリア料理レストラン LUDENS のオーナーシェフ/地域食材ディレクター 田淵章仁(Akihito Tabuchi)と申します。

 20歳で料理の世界へ入り、30歳で自身の店【Clementia(イタリア料理)】をオープンしたくさんの方にお会いできました。

その後、「健康をもっとポジティブに!楽しく!提案し続けるお店でありたい。」と思い立ち、2017年【LUDENS(イタリア料理×薬膳)】として新たにスタートして、現在に至ります。

今回は、本格的に活動し始めた地域食材ディレクターとしての新ブランド「+S&H(プラス エス エイチ)第一弾として、これまでの経験と出会いの中から生まれた、「コーディアル=天然濃縮ハーブシロップ」と一緒に、ハーブ&スパイスのチカラで心身から回復できる“癒しと活力”をお届けしたいと思います。

▼このような一面も!
国際薬膳食育師、書家、健康オタク、2014年、2015年ミシュランビブグルマン掲載 。

ー食と農を身近に感じてきた暮らしと、衣食住の原点。









滋賀県の山々に囲まれた兼業農家の家庭で育ち、幼少期から食と農を身近に感じながら生活してきました。料理も火を大切に扱い、風呂は薪の香りが舞うような造り。それは本能に近い、心地よい暮らしでした。

この暮らしに触れる中で、インテリアデザインで【住】む空間演出を専門的に学んだり、身体構造に基づいて【衣】服を仕立てるデザイナーさんとの出会いで着心地の良さに目覚めたり…そして辿りついたのが心身の健康をつくる【食】の道でした。

思えば、心地よい暮らしや生き方とは何かということに、ずっと強い関心があったのだと思います。修行時代は、農家さんを訪ねては回り、料理へと表現していく毎日でそれはもう忙しく大変でした。

でも、現地でしか拾えない声がある!この信念がいつも根底にあります。念願叶って、京都の御所南に【Clementia(クレメンティア=寛容)】をオープンして、またさらに素晴らしい生産者の方々との繋がりが原動力になり、食材と皆様との時間を共有したいという気持ちが強くなっていきました。

ーたった一瞬で、見える景色が一変した日。

やりたいことが見えてきた2016年のある日、大きな事故に遭い、生死を彷徨うことになります。
これほど、自身の暮らしや生き方と深く向き合うことになるとは思いませんでした。人生は、一瞬で見える景色が変わってしまうことさえある。本当に自分が目指したいことは何だろうか。

手探りのような毎日のなか、光が見えた様に心に生まれたのは、「もっと探究心を大切にしながら、生産者さんから引き継いだ食と新たな表現でお客様に心地良いときを贈りたい」この想いでした。

2017年には店名を【LUDENS(ルーデンス=遊び)】と改名し、再スタートと同時に、滋賀県守山市のわばら農園「ローズファームケイジ」さんと、新たな商品開発にも取り組みはじめました。

和ばらと薬膳シロップ

農園に咲く、美しい“和ばら”






ばら作家 国枝 啓司さん(左)国枝 健一さん(右奥)








ー新ブランド+S&H「スパイス&ハーブで香り豊かな暮らしを。」

2021年より地域食材ディレクターとしての活動を本格的にスタートしました。

その表現の一つとして誕生したのが、新ブランド【+S&H(プラス エス エイチ)】です。
暮らしの中に、スパイスとハーブの心地よい香りと味わいで、気軽に元気と癒しを取り入れてもらいたいという気持ちを込めています。

第一弾となる今回は、滋賀の希少な「政所茶」「わばら」、京都の「水尾柚子」

音吹畑の「紫蘇」、徳島の「阿波晩茶」など各地の生産者さんを巡って、出会いの中から生まれた新商品である「コーディアル」を、当クラウドファンディングでいち早く皆さまにご紹介いたします。


1000年の歴史ある「コーディアル(天然濃厚ハーブシロップ)」
 日本古来の植物のチカラで、スパイス&ハーブの“癒しと活力を”

 イギリスで古くから民間療法として活用されてきた、ハーブから作るシロップ「コーディアル」。

健康に良い効能があるとされるハーブエキスが凝縮されており、ドリンクでストレートに風味を楽しんで頂いたり、料理の甘みとしてプラスで取り入れるなど、簡単にアレンジできるのが特徴です。
 
 またイタリアでは、コーディアルにはその効用の豊さから「太陽の雫が含まれている」とされ、太陽の雫=ロソーリオと愛称で呼ばれ世界で親しまれてきました。

 僕達は、お客様のコンディションや季節のリズムを感じながら、料理の中でたくさんのハーブやスパイスを使い分けていて、それぞれの優れた効用を感じていますが、ご自宅で気軽に質の良いものを摂っていただくことは、少し難しいなとずっと考え続けていました。 

もっと、身近に取り入れてもらいやすい形で出来ること…

そこで、地域食材を知り、料理人であり薬膳師である僕自身の手で、脈々と伝統製法を守り受け継いでこられた日本茶や、次世代に残したい"わばら"など、各地の素材に光を当てて、スパイスとハーブを生かしたオリジナルのコーディアルを作ることにしました。

 もともとはリキュールにハーブやフルーツを漬けてエキスを抽出する作り方だったようですが、現在ではハーブを煮出して作る方法がほとんど。僕達はさらに質を高めるために、真空低温抽出することで、香りや味わいをさらに凝縮しています。

 今回は、10種のハーブとスパイスを使ったオリジナルブレンドのコーラ【紫蘇コーラ&辛味】、わばらを中心に色と香りで深いリラックスを体感できる【わばら&甘味】、身体の調子を整えてくれる【政所茶&苦味】、寝る前など心身を穏やかにリセットしてくれる【阿波晩茶&酸味】気分転換や疲労回復におすすめの【水尾の柚子&塩味】の5種類を作りました。  

食中、運動・サウナの後、アウトドアにも持ち運べて、気軽に色や香り、シーンや効用ごとにお楽しみいただけます。もっと、自由に楽しく、ハーブ&スパイスのチカラを暮らしの中に取り入れていただけたら嬉しいです。







美味しさへの4つのこだわり

こだわり① 

独自の真空低温抽出法で、ハーブ&スパイスの効用を丸ごと抽出した高濃度シロップ

こだわり② 

日本固有種の茶葉や果実、“わばら”など信頼できる生産者の方々からの厳選素材を使用

こだわり③ 

薬膳師の資格を生かした、香り・色彩・味わい豊かなブレンデット技術を結集

こだわり④   

薬膳×イタリア料理シェフならではのレシピ紹介、オンライン料理教室での丁寧なフォロー

ーこの秋、全面改装!新しい食の未来へ向かって。

LUDENSはこの秋、古民家リノベーションした一軒屋のレストランを全面改装いたします。
1階では、LUDENSとして、より対話を意識したカウンターとテーブルを備え、プリミティブな火に着目し、薪窯を店の中央に据えます。火を囲んで、多くの方が食を通じて、繋がり、深め合う場になれたらこんなに幸せなことはないです。

さらに、プロデュースした地域食材の物販コーナーも備えて、商店としての役割も担うような、地域に拓けた店作りを目指しています。

また、入口の扉は共有しつつ、2階には、スペイン料理で腕を磨いてきたシェフを迎えて、イタリア料理とスペイン料理の垣根を越えた、新しい食の表現と可能性も探求して参ります。

今回のクラウドファンディングでは、リニューアルオープン記念イベントへのご招待券もご用意しています。コロナ禍が続く日々ですが、食の新しい形をみんなで築いていきたいです。

お店を通じて、飲食店×地域食材PR×町の商店づくりに挑む、僕たちの挑戦にぜひご参加ください!

1F リニューアル案

2F リニューアル案


プロダクトの誕生秘話

僕達LUDENSチームは、必ず生産地に伺い、生産者の方々からお話しを聞いてから、料理に取り組むことを大切にしています。ランチやディナーを提供する傍ら開催している料理教室でも、生徒の皆様によく、このお話をするのですが、ある日、一人の生徒さんが伝えてくれた一言…

「私達も生産者さんに農園を案内して頂きたいです。農園の空気を味わいたい!
 本当に良いものに出会いたい!」

今の時代にこそ、心身に心地良く、生産者さんとお客様をダイレクトに繋ぐプロダクトを作ろう!僕達はすぐに決心しました。そうして出来上がったのが、自然の力と生産者さんの思いをギュッと詰め込み、豊かな香りと味わいのこちらのコーディアルです。

生産者の方々の活動や現地の様子も一緒にコーディアルと共にお届けしたいと思います。


ご協力いただいた皆さまから応援のお声をいただきました!

【京都 大原:「音吹畑」代表   高田 潤一郎さんより】
野菜やハーブが身近にある暮らしは豊かですが、多忙な現代社会にその一手間をかけることがなくてはならないものだとは思いません。

それぞれの暮らしに、選択肢が増えることは素晴らしいこと。(だって、たまにはサボりたいじゃないですか)  

スパイスやハーブがもつ豊かさの間口を広げてくれるであろう今回のルーデンスの取り組み、野菜やハーブを育てる農家として応援しています!

【京都 水尾:「水尾地域活性化ボランティア/大谷大学地域連携アドバイザー」元井 雄大さんより】
 昔から冬の京料理には、京都水尾産の柚子が使われてきました。しかし、少子高齢化に伴い水尾産の柚子もより希少なものになってきました。老舗料理屋ですら別の産地の柚子で代替しています。 しかし、産地が変われば、素材の味も変わります。 水尾地域では、日本の柚子栽培発祥の地として水尾柚子を後世に伝える取組みをしています。

水尾の柚子は、皆さんが知っている柚子とは違うかもしれません。 えぐみがない柚子本来の味を、田淵さんの新たな光で輝かせてくれること楽しみにしてます。

【姿勢改善専門スタジオBe-Style コンディショニングトレーナー  布川  真一さんより】

クラウドファンディングの挑戦おめでとうございます! 

「美味しくて身体に優しい」 田淵シェフの料理は常にこの2つが共存しています。 季節やお客様の体調にあわせて 手間を惜しまず、妥協を許さずに向き合う その真剣な表情に、いつもプロフェッショナルを感じています。 また料理人として、食材にこだわるだけでなく 産地へ赴き、その歴史を学び 生産者の方と語らい、ともに汗をかきながら 生まれる料理の数々は いつも感動して言葉を失うほどです。

私はトレーナーとして、運動からのアプローチで、お客様のサポートをさせていただいていますが、田淵シェフとはいつも 「食事×運動」の両輪があってこそ、本当のコンディショニングだと意気投合しています。「思い立ったら即行動!」 の田淵シェフに刺激をいただきながら、これからのチャレンジも全力で応援しております!!


出演実績(イベントのゲスト出演、テレビ取材、雑誌掲載等)

・2012年2月4日【食彩の王国】……“しじみ”料理 TV放映
・2013年12月号 【あまから手帖】……11人のシェフが描く22の皿“ジビエモード”料理協力
・2014年、2015年【ミシュランガイド(関西)】……「ビブグルマン」獲得
・2016年5月15日【ラクエ四条烏丸】……5周年記念「水で繋ぐマリアージュ」ゲスト出演
・2017年11月-2019年11月……Rose Farm KEIJI様 レシピ監修 ※以降も商品開発等で協業中
・2019年5月号【料理王国】……「15穀米のリゾット・春野菜の温製薬膳スープ」掲載
・2020年6月14日【NEXT WEEKEND】……Rose Farm KEIJI様との和ばらジャム仕込みイベント監修 週末野心学 6月14日開講 週末野心学 7月5日開講


資金の用途

今後も展開していくスパイス&ハーブの新商品開発、蒸留器の購入等に利用させていただき、暦ごとに変わる体調のリズムに合わせた、心地よいハーブ&スパイスの活用方法を継続してご紹介してまいります。


リターンのご紹介

<リターンについて>

■コーディアル1本  5,000円(税込)+アレンジレシピ付き ※各5種類 100本ずつ   

■コーディアル5種5本セット  20,000円(税込)+アレンジレシピ付き ※限定30セット 

+S&Hスタートアップ!特別セットBOX 20,000円(税込)※限定50セット 
 ・シェフがセレクトするおすすめのコーディアル2種(各1本ずつ)
 ・特製焼そばソース1本
 ・アレンジレシピ付き 
 ・動画の特典付き                 

■LUDENS & estilo h先行予約ペアチケット 25,000円(税込)※限定80セット

この秋、1棟全面リニューアルに伴って、1Fでは進化したLUDENSと、2Fではestilo h(エスティーロ アチェ)として新たに畑下シェフを招いて、スペイン料理に日本の感性を織り交ぜた独自のスタイルの食をお届けしてまいります。

今回は、リニューアルオープン記念として、両方の味わいをお楽しみいただける、先行予約ペアチケットをご用意いたしました。
 対象日:10月20日(水)〜10月31日(金)
 ※各日、昼と夜からお選び頂けます。
 →昼プラン:1組2名様×40組様 (12:00スタート)
 →夜プラン:1組2名様×40組様 (18:00スタート)

 ワンドリンク付き、8品、お土産付き


製品情報・仕様

・ボトルサイズ
 高さ163.5mm、直径67mm 重さ 250g(ボトル本体)
 内容量 300ml/ガラス製瓶 

 <ご注意点>
 ※キャンプをしたまま、よく振ってからご使用ください。
 ※瓶の底にスパイスやハーブ等が沈殿している場合がありますが、品質には問題ございません。


LUDENSチームのご紹介

   ソムリエ:内田 俊大  オーナーシェフ:田淵 章仁
















LUDENS は京都の御所南エリアに位置し、薬屋通りに近い事もあり、自身も健康的なオタクでも有り、薬膳とイタリア料理をコンセプトにしました。

当店では皆様にご納得いただける料理をご提供するために、食材のひとつひとつにこだわりを持って仕入れております。食材は、生産地まで伺い現地の空気を吸い、生産者の方々にお話を伺ってから使わせて頂いております。 

「身土不二」「一物全体」の精神を大切に野菜の皮、魚のアラ、肉の筋や骨まで余すところなく料理し、一皿を仕上げる様に心がけております。

【店舗詳細】
京都府京都市中京区間之町通二条上ル夷町560-8
地下鉄烏丸線丸太町駅から徒歩7分
【ランチ】12:00~15:00
【ディナー】18:00~22:30
TEL:075-231-5606
定休日:月曜日・不定休(席数:8~12名様)
※現在は、店舗改装中につき休業中です。
※新店舗の営業時間等は、下記のSNSより公開して参ります。

▼最新情報はこちらより
Instagram:https://www.instagram.com/ludenskyoto/

Q&A

Q.賞味期限はどのくらい持ちますか。
A.1年間となります。

Q.1本で何杯分くらい楽しめますか。
A.グラスに注いで3倍に希釈いただいた場合は約10杯程度になります。


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>
・特定商取引法に関する記載
・販売事業者名: LUDENS
・事業者の住所/所在地:〒604-0813京都府京都市中京区間之町通り二条上る夷町560-8
・事業者の電話番号:075-231-5606
・送料:送料込み
・対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
・ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
・その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2021/09/07 08:00

    発酵の“時”で味わいを深める、やさしい香りと酸み。晩春の雨粒が波紋になって広がる水田を眺めながら、向かったのは、徳島県上勝町の山深い集落の地。標高600m近くにある、一帯の茶畑で作られているのは、上勝の農家さんが何世代にもわたって守り続けてきた「阿波晩茶」。歴史は実に800年近くあり、乳酸発酵...

  • 2021/09/02 17:46

    改めて皆様レストランLUDENSのオーナーシェフ田淵章仁です。この度はLUDENSの新たなプロジェクトに参加して頂きありがとうございました。今回のプロジェクトには沢山の方々が関わって下さってます。取材の様子も徐々にアップしますので楽しみにしておいてください。そして、改めましてお陰様で第一目標達...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください