Facebookグループ「彫刻と市民」、「オンラインサロン 彫刻と市民」を運営しております高嶋直人と申します。「市民主体の彫刻の保存活用」「彫刻を楽しむこと」をテーマにフリーランスで活動をしております。今回は、このプロジェクトにご興味をお持ち頂き感謝申し上げます。


□このプロジェクトで実現をしたいことは、
静岡県東部の公共彫刻(銅像やパブリックアートを含む公共空間の彫刻作品)についてまとめる。ということです。成果報告として、私が運営するFacebookグループ「彫刻と市民」では調査作品リストを、同じくFbグループ「オンラインサロン 彫刻と市民」では5000字程度の調査レポートを共有します。


□プロジェクトを始めようとした理由は、
① 静岡県は私の出身地でもありますが、公共彫刻の歴史の上で重要な作品が多い地域であり、改めて「まとめる」作業が必要だと感じたこと。
② 私が運営する「彫刻と市民」、「オンラインサロン 彫刻と市民」には彫刻を愛するメンバーが多いこともあり、メンバーに静岡県の彫刻の素晴らしさを知ってもらうこと。
が挙げられます。
※「彫刻と市民」「オンラインサロン 彫刻と市民」については以下をご参照ください。


□これまでの活動は、
・facebookグループ「彫刻と市民」として、全国の彫刻家、研究者、市民を交えた268名(3月28日現在)のコミュニティを作成しました。
・2月28日、「中部編」として、61,000円のクラウドファンディングを成功しました。
[参考]https://camp-fire.jp/projects/view/379801


□資金の使い道は、
移動費・レポート作成費とします。


□実施スケジュールは、
・5月中での5日間の調査
・5月中での「彫刻と市民」での成果投稿
・5月中での「オンラインサロン 彫刻と市民」での成果投稿
を予定致します。


最後に、貴重なお時間の中ここまでお読み頂きありがとうございました。
公共彫刻の調査、という活動を広め持続可能なものとしていくため、どうかご協力をお願い致します。
今後は、静岡県内全域を範囲として、続けて同様のクラウドファンディングを立ち上げたいと考えています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください