はじめに

私たちは、青山学院大学・早稲田大学・多摩美術大学など全六大学の学生による合同チームで、この映画を制作するために集まりました。
たくさんのコミュニティの中に所属するメンバーひとりひとりが「この映画は面白い」と感じ、製作に携わっています。また、コロナのせいで塞ぎ込んでしまっている人にエールを送り、「このプロジェクトが元気になる第一歩につながって欲しい」と思っています。そして、私たちはこのエールを自分たちだけでなく、皆さんの力も借りながら、より大きなものにしたいと考えています。
本プロジェクトは支援してくださる方全員と一緒に取り組ませていただく映画×社会貢献プロジェクトです!


なぜクラウドファンディングを行うか

「たくさんの人にこのプロジェクトを知って欲しい。」

この言葉を根源に活動しています。「映画を製作しても私たちの身の回りの人にしか見せることができない。コロナ渦で塞ぎ込みがちになっている人がいても、その人たちまでエールが届かない。何をするにも”伝える”ことをせずには始まらない。」と思い、この度クラウドファンディングに挑戦したいと思いました。




きっかけ

最近曽祖父が亡くなり、祖父も重い病気を患いました。そんな身近な人たちが”死”という避けられないものに近づいていくなかで、「人は死んでしまったらどうなるのだろう」という単純な疑問から書き上げたのがこの脚本です。それはこのコロナ禍で家に閉じ込められ、思い描いていた時間を過ごせずにそのまま大学生活が終わってしまうのではないかと焦る気持ちへの反動でもあります。私はこの作品を好きな事ができずにいる人たち全てに送りたいと思います。

あらすじ

主人公のショウ(生)はいつも通りの朝を迎え、SNSで意中の女の子マナミ(愛美)の写真を眺めながら自分を慰め、その後買い物に出かける。しかし、その道中でショウは交通事故に遭ってしまう。すると目の前が眩しくなり気が付くと自分と同じ年くらいの女性カリンがそこにはいた。カリンはマナミと瓜二つであるが、彼女は一体?そして果たしてショウはほんとうに死んでしまったのだろうか...。



今を生きようプロジェクトについて

このプロジェクトではコロナのせいで塞ぎ込みがちになってしまった人に向けて、一緒に「生きることを実感」するためのプロジェクトです。コロナ禍によって留学や旅行など様々な計画を白紙にせざるを得なかった方はとても多いと思います。私たちの友人の中にもそういった人たちがたくさんいました。そこでこの映画を見てもらい、またこのプロジェクトを共に進めることで元気を取り戻してほしい!と思っています。

Twitterのアカウントはコチラから

例1)最近見た感動した映画のお話。

例2)半年追いかけていた女性にアタックし、付き合えたお話。


これまでの活動

監督 原周輝

コメント)みなさんこんにちは。監督の原周輝と申します。私は大学で映画を専攻していて、海外の映画祭で評価されるような映画を目指して日々精進しております。前作の『赤い帽子』という作品は見事クラウドファンディング目標金額を達成して素晴らしいものを作り上げることができました。そこで得た経験や出会いをさらに広げていきたいなと思い、プロデューサーの加藤と共に企画したのが今回の作品です。前作は全編スマホ撮りという異端な作品を非常に厳しいコロナ禍の中なんとか作り上げました。表現としてはかなり良いものが出来たのですが、どうしても技術面や金銭面の関係で妥協点が出てしまいすこし心残りができてしまいました。そこでやはり自分の納得いく作品をつくりたいとの事で脚本を書き上げました。

映画

2019年制作 everyday  


2020年制作 赤い帽子 



主演 水野リューミン

コメント)最初、この映画の脚本を拝見した時、独自性な世界観でとても興味を持ちました。 ミーティングなどで、監督の人柄や考え方、監督が日頃、観ている映画なども知り、とても映画 が好きで、映画の為に沢山の事を学ばれている事が印象的で、僕自身もとても刺激になり、良い 作品になっていくのではないか、と思いました。 この作品は誰しもが感じた事であろう「死」がテーマですが、観終わった後に今の自分の生き方 などを考えさせれる映画になってるのではないか、と思います。完成が楽しみです。


映画
「你愛我嗎」脚本 監督 主演
東京国際映画祭プレミアム2020上映「カムアンドゴー」中国人華僑役 リムカーワイ監督 

テレビ
TOKYO MX 戦国炒飯TV ひょうげ御殿 2世武将 徳川秀忠役

CM
proactiv+



プロデューサー 加藤丈慈

コメント)私は原監督の前作にも携わらせていただいて、彼の監督としての可能性をとても感じました。彼が書く”話”や彼が作る”絵”が面白く「もっと見たい」「もっと見てもらいたい」という想いがプロデューサーとして一緒に作品を作る原動力になっています。また、今作の「コロナのせいで感じるどうしようもない不安や焦り」というコンセプトに共感するものもありました。私と仲のいい友人が去年の夏からイギリスに留学行く予定でした。彼は留学のために1日5時間は勉強し、他人である私から見てとても努力していると思いました。ですがコロナのせいで突然、留学が中止になりました。どれほど辛かったか想像もつきません。私はそれを見て彼を「元気づけたい」と思い、多種多様な励ましを行いました。その一つとして前作の作品を見せました。同じ大学生である私が映画を作ったことに驚き、彼は今、サークル活動に精一杯取り組んでいます。このように自分ががんばっていること、言い換えると「生きることへの実感」を他人に見せることで、他人に活力を与えることができるのではないかと思います。そのため、今を生きようプロジェクトを通じて「生きることへの実感」を他人に見せることで、たくさんの人を励ませられたら嬉しいです。



資金の使い道

※リターン手数料にはクラウドファンディングにかかる手数料が含まれています。


リターンについて

※動画公開URL、メイキング動画はメールにてURLを提供します。

※絵コンテや脚本データに関しましては、PDFファイルでメールにて提供いたします。

※また、パンフレットにつきましては片面6〜8ページ程度で考えております。作品の背景や解説、監督の次回作などについての内容を予定しています。

※エンドロールに名前を記載する際、支援時に必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。記入がない場合はCAMPFIREにて使用されているハンドルネームを使用させて頂きますのでご了承ください。また、特定の人物を比喩するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事が御座います、ご注意ください。


上記全てのリターンに「今を生きようプロジェクト」への参加権がつきます。

 メールに添付するgoogle formへの入力から参加いただけます。




最後に

2021年4月末現在、作品は編集段階を終え、みなさまに届ける準備はできております。このプロジェクトを通して、たくさんエールをいただき、よりたくさんの人々に届けていきたいです。映画の完成度も高く、プロジェクトに参加してくださる皆様を楽しませることを忘れず、たくさんの笑顔を作っていきます!!応援よろしくお願いします。


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



  • 2021/06/18 23:24

    クラウドファンディング終了まで残り30分です。本日たくさんの方が、ご支援してくださいました。誠にありがとうございます。30分後にこのプロジェクトは終了いたしますが、最後の最後まで映画『生と死と夢と』を応援よろしくお願い致します。

  • 2021/06/17 20:15

    クラウドファンディング終了まで残り1日ということで、今日は水野さんや小川さんについて紹介したいと思います。 主人公ショウ役を務める水野さんは、とてもまじめな優しい方です。彼は現場を盛り上げるために何度も冗談を言って、撮影スタッフや他のキャストを笑わせてくださいました。彼自身監督をされることもあ...

  • 2021/06/16 21:46

    映画『生と死と夢と』プロデューサーの加藤です。(写真の右です。左は原監督です。)今回は個人的にクラウドファンディングを行いたかった理由について記載させていただきます。自分の認識としてクラウドファンディングで沢山の人に参加していただけることは映画制作において「成功」であるという前提があります。そ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください