はじめに・ご挨拶

こんにちは。私は、沖縄県にある一般社団法人 光の子グループを運営させていただいて

おります与那覇 昂(よなは ごう)と申します。

当グループは、32年前に沖縄県の嘉手納町で認可外保育施設の体育専門園 光の子幼児学園を開園し約900人の卒園児を輩出して参りました。

子ども達一人一人の“自立”を目指し、心身共に強く逞しい子、人の前でも自分の考えをはっきり言える子、思いやりのある子を育てることを目標としています。

保育の三本柱として【体育遊び】・【音感教育】・【石井方式】を取り入れ、様々な角度から子ども達の可能性を引き出しています。

 また、保護者との関りも大切にし、子ども達・親・職員、みんなで『共育』する光の子というのが当園の特徴となっております。

5年前に法人化し、一般社団法人 光の子グループを立ち上げ、嘉手納町に隣接する読谷村に《企業主導型保育事業 光の子幼児学園読谷園》を開園、3年前には嘉手納町に《小規模保育施設 光の子幼児学園第二嘉手納園》を開園しました。

【嘉手納園】


【読谷園】


【第二嘉手納園】

このプロジェクトを立ち上げた背景

認可化移行支援事業に伴い、今回、認可外保育施設の光の子幼児学園 嘉手納園を認可化することが決定したのですが、小さな一法人の中で認可外保育施設とまだまだ開園したての施設ばかりでの経営では予算確保が非常に難しく、保育園建設のために土地購入と建設費の自己資金分でも負担がかなり大きいこと、そしてこの事業の打ち切りの前にどうにか実現させ、少しでも早く子ども達へと還元していきたいという想いがあり、今回のプロジェクトに至りました。

どうか温かいご支援のほどよろしくお願いいたします。


このプロジェクトで実現したいこと

認可外保育施設として32年間やってきました嘉手納園ですが、施設の老朽化と狭い園舎ということもあり、なかなか思うように保育が出来なかった部分もたくさんあります。

新しい園舎を作ることにより、それらを解消し、これまでより少しでも子ども達によりよい環境を与え、効率の良い保育を進めていきたいという想いがあります。子ども達が今以上に『楽しい!園にいきたい!』と思えるような環境を作り、またスタッフが働きやすい環境づくりに努めてまいりたいと思います。将来を担う子ども達が、心身共に強く逞しく育ち、

“自立”への第一歩を自ら踏み出し歩んでいけるようサポートしていきたいです。





私たちの地域のご紹介

福祉の町と言われた、ここ嘉手納町は、福祉事業に特化しており、医療費が中学3年生まで無償です。


資金の使い道

・社会福祉法人設立に伴う寄附額:22,796千円

・申請委託費用:約400千円

・土地に関する探査及び調査費用:約1,000千円

・CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料:9,180千円

・設備費:5,000千円

・リターン制作費:2,000千円

・リターン送料:400千円

・人件費:1,124千円

・広告費:100千円

計42,000千円


スケジュールについて

令和3年12月上旬 物件契約完了

令和4年1月23日 クラウドファンディング終了

令和4年1月下旬 リターン発送

令和4年4月上旬 社会福祉法人設立

令和4年6月中旬 工事着工

令和5年2月下旬 工事終了

令和5年3月 開園パーティー

令和5年4月 開園



最後に

未来の嘉手納町、沖縄県、そして日本を背負っていく子どもたちにより確かな環境を与えるため、ぜひにご協力を宜しくお願いいたします。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください