はじめに・ご挨拶

はじめまして!遠軽青年会議所です!
プロジェクトページをご覧いただきありがとうございます。
北海道の北東部、オホーツク管内のほぼ中央、内陸側に位置する遠軽町は、人口約2万人の町です。私たちの青年会議所は20歳~40歳のメンバーで構成され、地元地域を盛り上げ、地域の課題にも向き合い「修練・奉仕・友情」の信条のもと、よりよい社会づくりをめざしています。今回、子どもたちに笑顔を届ける熱気球搭乗を企画し、初めてクラウドファンディングに挑戦します。

このプロジェクトで実現したいこと

第一に地元の子どもたちに「笑顔」を創ることが必要だと考えます。遠軽町の青空に熱気球が飛行することで自然に上を向き笑顔を創造できるのではないかと考えました。
上空から自分が生まれた町を見下ろしてもらい、もっと遠軽を好きになってもらいたいとも思っています。大人にも、少しだけ日常を忘れて大空を見上げてほしいです。
そして、もうひとつのプロジェクトテーマとして、オレンジリボン運動の児童虐待について広く知ってほしいという想いがあります。児童虐待は決して他人事ではありません。まして遠軽町という小さな町だけの問題でもないのです。皆さんの意識を少しでも変えるキッカケとなり、地域全体で子どもたちの命を守るプロジェクトを目指します。

オレンジリボン運動をご存知ですか?

オレンジリボン運動は、「子ども虐待のない社会の実現」を目指す市民運動です。 オレンジリボンは、そのシンボルマークであり、オレンジ色は子どもたちの明るい未来を表しています。
より多くの方々に「虐待のない社会づくり」に関心をもってもらい、虐待防止の様々な対応や支援の充実を図らなければなりません。国や自治体だけではなく、地元の私たち遠軽青年会議所のような団体も「子ども虐待防止オレンジリボン活動」に積極的に取り組む必要があると強く感じていました。
※熱気球はイメージです

熱気球プロジェクトが果たす役割

しかし、オレンジリボン運動を実施する中で昨今の新型コロナウイルスの影響により、大きく生活様式を変えることを余儀なくされました。これまで遠軽青年会議所が中心となって開催していたイベントも数多く中止になりました。
大袈裟かもしれませんが、町の活気がなくなり、大人も子どもも笑顔が失われているように感じます。子どもの虐待増加には在宅時間の増加や活動自粛が大きな背景にあるとも考えます。子ども虐待を減少し、笑顔を多く創るには地域共助が必要だと考えこのプロジェクトを起案するに至りました。

私たちの地域の紹介

遠軽町の面積は1,332平方キロメートルで、約88パーセントを森林が占めています。代表的な樹種は「トドマツ」で、建築用材や工芸品などに利用されています。
まちの中心部にはアイヌゆかりの名勝「ピㇼカノカ」として指定を受けている高さ78メートルの奇岩「瞰望岩(がんぼういわ)」が、町のシンボルとしてそびえています。
古くから交通の要衝として発展してきた地域であり、JRや高速道路網においては、オホーツク地域の玄関口ともなっています。令和元年12月には、北海道内初のスキー場と併設した道の駅が誕生しました。
まちのシンボル「瞰望岩(がんぼういわ)」

スキー場と併設した道の駅「遠軽森のオホーツク」

春/アスパラ
「アスパラの収穫は2度くる」をスローガンとするブランド「遠軽ニョッキーズ」!

夏/丸瀬布森林公園いこいの森北海道遺産に認定されている「森林鉄道蒸気機関車 雨宮21号」
訪れた子どもたちを載せて元気に走ります。キャンプ場や昆虫生態館、日帰り温泉も併設しており家族連れで人気のスポットですよ!

夏/花火大会遠軽青年会議所が主催し毎年約4000発のが打ち上げられますが、新型コロナウイルスの影響によりイベントが中止になる中、唯一手法を変更し開催されたイベントとなりました。

秋/太陽の丘えんがる公園虹のひろば
日本最大級を誇るコスモス園「虹ひろば」10ヘクタールの花畑をコスモス1千万本が埋め尽くし9月14日は「コスモスの日」!合言葉は「まごころ」「調和」「愛情」があり” LOVE” の頭文字「L」を型どったモニュメント「愛の鐘」が設けられ、”大切なあの人”へ愛の言葉を伝えてみては、いかがでしょうか。

冬/雪提灯遠軽青年会議所主催の雪提灯です。スノーキャンドルを地域の方々と製作して会場に設置して夕方にキャンドルを灯すことにより来場者の方々を魅了する地域の恒例行事になっています。

このように【遠軽町】には小さなお子様から大人の方まで一年間を通して四季折々のイベントが盛り沢山です!ぜひ遠軽町に遊びに来てください!!

これまでの活動

遠軽青年会議所は1956年に設立。以来、青少年育成事業、社会開発事業、防災事業、花火大会、雪提灯、ロックバレーマラソン等、地域の社会貢献活動を行ってきました。

資金の使い道について

熱気球1基打ち上げ費用     418,000円
オレンジリボン運動推進費 125,000円
           合計543,000円
その他諸経費、遠軽青年会議所からも費用を捻出し不足分を募集いたします。
※リターン品費用及びCAMPFIRE手数料を含みます。

熱気球搭乗は2021年10月10日、目標金額に達しない場合でも実施します。遠軽町内の小中学生の子どもたちを対象に約150名に搭乗してもらう予定です。当日、雨天や風速3m以上の場合は、日程を変更します。
またコロナ等で中止を余儀なくされた場合は、児童虐待防止活動費に充てさせていただきます。
熱気球打上げ会場(えんがる多目的広場)

リターンのご紹介

遠軽町をより多くの方に知っていただきたく、たくさんの名産品・特産品がある中から厳選しました。
北海道オホーツク地域は日本最大の玉ねぎ産地です。今回は、合同会社小崎農場の玉ねぎをリターンにしています。東京ドーム4.5個分の土地に特産品のたまねぎを生産している地元の農業法人で、北海道へ入植してから100年超、営農しており、近年では大型機械やGPS、ドローンなどの最先端技術を積極的に導入し、地域の先駆けとなる経営を目指しています。

白滝は美味しいじゃがいもの産地で、「白滝じゃが」を生産する農家はわずか8軒ほどしかなく、一般市場にはなかなか流通しない貴重なじゃがいもです。知名度こそ低いじゃがいもですが、「白滝じゃが」に限る!と言う根強いファンも多くいます。ぜひ、食べ比べてみてはいかがですか?

遠軽町産の野菜エキスを保湿成分に配合したコスメセット。「遠軽にょっきーず」のアスパラガスから抽出したアスパラガスエキスを配合したマルチクリームも入っています。
その他、オホーツク産エゾシカ肉や遠軽森のオホーツク限定カレーセット、蜂蜜などをご用意しています。

最後に
子どもたちに笑顔を届けるプロジェクトに
どうぞご協力とご支援をお願いします!

オレンジリボン運動も全国各地で沢山の方々が活動されていますが、認知度が低い現状があります。この現状を打開させるには多くの方々に拡散していただく必要があると思います。
年間約50件を超え1週間に1人にという現状に加え、虐待を減らすどころか増加している現状をなんとか食い止めるべきだと思います。
大人になれる子どもの命を私たち大人が守り未来へつなぐべきではないでしょうか?
この背景にある不安を笑顔に変えて、空を見る時間を創りたい。
このプロジェクトを成功させるには私たちだけの力では叶いません。
皆さんのご協力とご支援が必要です。どうぞよろしくお願いします。

<特定商取引法に関する記載>
請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/08/01 21:54

    こんばんは!クラウドファンディングに挑戦をし10日目となっております。現在、19名の方に300,000円のご支援をいただいております。ご支援いただきありがとうございます!さて、本日のリターン品紹介するにはオホーツクジビエ【オホーツク産エゾシカ缶詰6缶セット】オホーツクの豊かな森で育った、まった...

  • 2021/07/28 12:08

    こんばんは!遠軽町の特産品・特産物である、数あるリターン品の中から本日は「タカハシイン 1000円割引券」を紹介したいと思います。遠軽駅、繁華街に近く、旅先での疲れを癒す、快適な宿。遠軽町滞在時にはビジネスホテル タカハシインをおすすめします。食べるにも遊ぶにも便利なロケーション。ビジネスホテ...

  • 2021/07/24 22:51

    こんばんは!23日より【クラウドファンディング】が開始となり2日目となっております。8名の方からの支援をいただき、本当にありがとうございます!始まったばかりですが、皆様には、ご支援と拡散をお願いいたします。本日はリターン品と業者の紹介をさせてたいただきます。会社名  えづらファーム住 所  北...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください