Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

SmileGardenプロジェクト 農業で復興を目指して!

現在の支援総額
800,000円
パトロン数
89人
募集終了まで残り
終了

現在114%/ 目標金額700,000円

このプロジェクトは、2012-09-26に募集を開始し、89人の支援により800,000円の資金を集め、2012-11-09に募集を終了しました

私は遠藤直人と申します。
私の住む名取市は震災により甚大な被害を受けました。我が家は、1階部分が津波で浸水しましたが、家族は無事でした。しかし、市民の多くの人は家族、親戚、友人を失い、そして家は跡形もなく流されました。そんな中、何もなくなってしまった地元名取市閖上小塚原地区のためになにかできないかと考えていました。それは地元の同級生・先輩・後輩も同じ思いで、仕事の合間を縫って話し合った結果、このプロジェクトをきっかけに地元の復興を推進していきたいと考えてました。
農業には全くの素人集団ですが、ご近所に住んでいて現在は仮設住宅に住んでいる、ベテラン農家の方々にご教授頂いています。

SmileGarden 農業で復興を目指して!_画像01

●SmileGardenプロジェクトについて

名取市閖上小塚原地区は田園が広がり、ハウスではキュウリの栽培が盛んでした。しかし、津波で田んぼ・畑・ハウス・農機具・家を失った今、高齢の農家の方々は農業の再開は難しい状況です。そこで、この危機を乗り越え、復興へ繋げていくため、30歳を中心とした若者20人でSmileGardenなるグループを結成して、被災農地で野菜づくりを始めています。
何もない状態で、新たに土づくりから始めた活動は予想以上に出費がかさみました。長靴や軍手はもちろん、肥料・クワ・スコップ・種・苗・・・等。これからさらに地域を巻き込み、本格的に農業に取り組んでいくために、この経費の一部を皆さんに支援して頂ければと思います。
大区画ほ場整備事業(大規模な区画整理)がこれから進み、徐々に営農再開が出来る農地が出てきます。
それまでに農業の技術を学び、農業認定者の資格取得を目指します。

SmileGarden 農業で復興を目指して!_画像02

●津波の被害状況

2011年3月11日 名取市閖上地区は津波により911名の方が犠牲になりました。現在も43名の方が行方不明です。田畑が全滅し、農地には今でもガレキが散乱しています。住民の多くは仮設住宅での暮らしを余儀なくされています。
営農者は現在、復興組合として草刈、ガレキ拾い、活動し収入を得ています。小塚原地区は現地再建区画整理事業を計画している地区には入っておらず、住居においては基本的には自己再建となっています。

これは震災時のSmileGardenの様子です。
私と叔母が2階でその光景を目の当たりにしました。

●3月から畑を借りて野菜づくりスタート

メンバーの一人の土地を借りて野菜づくりを始めて、現在までにレタス・キャベツ・ジャガイモ・インゲン・チンゲン菜を収穫しました。塩害の被害があり、野菜づくりは難しいと言われていただけに、収穫した際は地元住民の方々と共に喜びを分かち合いました。そして市に持ち込んだ放射能検査で、セシウムは検出されませんでした。

SmileGarden 農業で復興を目指して!_画像03

●トラクター・軽トラック・草刈機等の農機具のご支援を!

荒れ果てた田畑を耕すトラクター。農機具や肥料、野菜を運ぶ軽トラック。農業をする中で、農機具はどうしても必要となってきます。現在は近くの農家の方にお借りしたり、レンタルで活動しています。これからの活動をより精力的にする中で、必要となるこれらの農機具を中古でも揃えたいと考えていますので、費用の一部を皆さんの支援よろしくお願い致します。

目標金額内訳
・中古トラクター 20万円
・中古軽トラック 30万円
・農機具、土地借地料、諸経費 20万円

●地域農業活動として、組合・法人化へ

現在営農を再開してるところは非常に少ないです。
震災を機に農家を辞めようと考えている、高齢者が多いのが現状です。作付けされない田畑が出てくる可能性があると考え、そういった遊休地を私たちでお借りして活動を拡大していく考えです。そのために組合、又は法人化をして、地域農業団体として活動していくことを考えています。
地元に雇用を産み、担い手の育成を促す作戦です。

SmileGarden 農業で復興を目指して!_画像04

●地元メディアも注目

これまでに、地元新聞各社、仙台放送、ミヤギテレビ、東北放送等に取材を受け、私たちの活動を取り上げて頂きました。その放送を見ると、後ろにはガレキの山、被災地にポツンと現れる畑は異様な光景ですが、ここからはじめていくことに意味があるのだと考えます。

SmileGarden 農業で復興を目指して!_画像05

●地域産業の復興は町の復興へと繋がる

名取市で第一次産業に従事する方は、震災前まで約2,000人でした。年々減少傾向でしたが、震災を機に大きく減少すると思われます。そこで、震災を機に大規模な区画整理がされる広大な農地を活用し農業を活性化することは、震災からの復興を考えている名取市にとっては重要な施策の一つです。
農業の現場では後継者不足も深刻な問題になっています。しかし、震災後から地元への熱い思いを持った若者も少なくありません。その思いを形にすべく、農業への就農・地場産品の開発等で地元の復興・再生に貢献出来ると考えます。

SmileGarden 農業で復興を目指して!_画像06

■リターンについて

私たちのリターンは、オリジナルのステッカーやT-シャツ、そしてお礼のメッセージに採れたて野菜。どれも手作りのものばかりです。私たちの気持ちが伝われば嬉しいです。多くの方々に支援して頂くことは、震災を風化させないことにも繋がると思っています。

SmileGarden収穫祭
日程:2013年7月を予定していますが、野菜の状況により日取りが変わる可能性があります。後日改めてご連絡させて頂きます。
場所:宮城県名取市小塚原南地区内SmileGarden
詳細:野菜の収穫をした後、その場で料理!そして、私達SmileGardenのメンバーが責任を持って被災地ご案内します。

まだまだ未熟者の集まりですが、みなさんどうかご支援よろしくお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください