みなさん、人生の中で「死」を自分ごととして意識したことはありますか?
「明日はもう生きていないかもしれない……」と、本気で感じたことはあるでしょうか?

はじめまして、絆家丈司(きいえじょうじ)と申します。
私は、これまでの人生で3度、文字通り「死にかけた」ことがあります。

最初は6歳・小学校1年生の時、2回目はそれから20年後の26歳、そして3回目は今から6年前の46歳の時です。その度に、奇跡的に死を免れ、大きな後遺症などもなく「復活」してきました。現在52歳ですが、毎日元気に家業である不動産業を営み、家族と幸せに暮らしています。

そんな自分のことを、少し前までは、「運が良い人間」としか思っていませんでしたが、様々な出会いを通して、「何か大きな力に生かされてきた」と感じるようになりました。また、新しく会う人会う人に、「話すと自然と元気が出る」「元気をもらえた」などと言われ、自分自身が「パワーを届ける存在」だと実感するようになったのです。

これまで何度も死を目の前にし、救われてきたからこそ気づいたこと、届けたい「パワーがあります。その「第一歩」として、このクラウドファンディングで電子書籍の出版に挑戦したいと考えています。

最初の奇跡的な出来事は、交通事故でした。小学校1年生だった私は、車道の向こう側にいた母親のもとに駆け寄ろうとして、左右を確認せずに飛び出してしまったのです。時速50〜60kmで走ってきた車とぶつかり、私は10m以上飛ばされて道路に叩きつけられました。

内蔵が破裂し、2日間意識不明の状態でした。家族はこのまま目を覚まさないのではないか、と本気で考えたようです。しかし、意識が戻った後は順調に回復し、2ヶ月入院したものの、後遺症もなく普通の生活が送れるようになりました。
この時の傷は、今でも大きく腹部に大きく残っています。

2回目の奇跡体験も自動車事故でしたが、この時は自ら運転していた車での自損事故でした。
さらに3回目は、病気が発覚。あと少し発見が遅れていたら、今私はこの世に生きていないというような、ギリギリの状態だったのです。

この辺りの出来事は、電子書籍で詳しく紹介したいと考えていますので、細かい内容についてはお話ししませんが、3回すべてが「生きていることが奇跡」としか言いようがない、大事故や重い病気でした。そして、その度にどういうわけかすっかり回復し、以前と変わらない日常生活を取り戻してきました。

一度ならともかく、3度もこうした「奇跡的な体験」をする人は、本当にめずらしいといいます。

ただ、少し前までの私は、これらの体験について、あまりきちんと向き合ったことはなく、身近な人、地元の友人などには全く話してきませんでした。むしろ、「隠してきた」という方が近いかもしれません。

そんな状態への違和感が少しずつ大きくなってきた頃、新しい出会いに恵まれる機会が増えました。その方々に「実はこんな経験をしていて……」とお伝えすると、「それは本当に特殊な体験だ! 」「その力をもっと生かすべきだ」と言われるようになりました。

そして、ある有名ヒーリングサロン経営者の方には、「(奇跡的な生還は)あなたが生命エネルギーにあふれているからだよ! 」とまでおっしゃっていただき、真剣に自分自身の経験や人生について振り返り始めたのです。

確かに、私は昔から人を笑顔にするのが好きで、「ムードメーカー」と言われることも多く、人と人をつなぐことに喜びを感じてきました。実際に私と会って話した人からは、「何だかとても元気になった」「自然と笑顔になった」と頻繁に言っていただいたことも事実です。「絆」という言葉が大好きで、私の人生の「テーマ」としているワードでもあります。

墨にこだわる書道家に書いてもらった「絆」

改めて考えてみると、これまでの生還経験は偶然ではなく、何か「大きな力」に護られ、生かされてきたのかもしれない……、そんな風に感じるようになりました。

何より、「3度よみがえった経験」を人に話すようになってから、私自身がとてもすっきりした気持ちになりました。本来の自分に戻っていくような感覚になり、これまでは「本当の自分にふたをして生きてきた」ことに気がつきました。
これからの人生は、「本物の自分」として生きていこう! そう決心しました。

これからの「本物の自分の人生」では、私に集まる「生命エネルギー」を、人のために使っていきたいのです。
私からエネルギーを届けることで、悩んでいる人や未来を悲観している人を元気にしたい! そのために、「電子書籍」を出版し、まずは私のことを多くの人に知ってもらうことにしました。

電子書籍の出版は、私のセカンドステージの「始まり」です。電子書籍を読んで、まずは私自身やこれまでの経験、そこから気づいた「生きることの本質」について知っていただきたいのですが、そこで終わりではありません。

私たち人間は、生きていること自体が奇跡です。そして、出会いもまた奇跡。日本だけでも一億人以上が暮らしているなかで、あなたと奇跡の生還を果たした私が「出会う」ことは、超奇跡といっても過言ではありません。

そんな「奇跡の出会い」を通して、多くの人を元気にできるよう、今後はオンラインもしくはリアルでお話しさしていただく「セッションも行っていきたいと考えています。コーチング手法を交えてお話することで、人生をより前向きに生きるお手伝いをすべく、現在鋭意準備中です。

私と出会うことで、悩みやつらさから開放されて、「生きること」を楽しんで欲しい。そして、ポジティブに生きる人を増やしたい。そのために、自分にできることを一つずつ行っていきたいです。

いただいた支援金は、全額電子書籍の出版と広報などの費用に充てさせていただきます。

また、スケジュールは、以下を予定しています。
・6月末:クラウドファンディング
・7月〜:電子書籍の制作
・8月〜:順次リターンのお届け

以下のようなリターンをご用意しています。

・出版する電子書籍 1冊
・お礼のメール
・個人/企業スポンサー
・zoomで奇跡体験者のお話を聞ける
・奇跡体験をした男があなたに会いにいきます
・不動産購入アドバイス

詳しくは、リターン一覧をご覧ください。
※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

何度も「死にかけた」経験をした私だからこそ、「今という時間を生きる」ことの大切さが身にしみてわかります。やりたくないことを嫌々やりながら生きて、ストレスをためる…… そんな無駄な時間を過ごさないで欲しいのです。

「生命エネルギー」を多くの人に届けることで、一人でも多くの人が悩みや不安から自由になり、今を楽しんで生きていけるようになって欲しい。これが私の願いです。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください