はじめに・ご挨拶

はじめまして。都内で映画監督・YouTube映像クリエイターとして活動する天野友二朗と申します。

昨年から続くコロナ禍で、映画業界のみならず、格闘技観戦、お笑い芸人のライブなど様々なエンタメ業界が苦境に立たされました。しかし、活躍の場を模索する才能は、各業界にあふれています。
そこで今回、YouTubeというプラットフォームを活用し、従来の映画製作にはない柔軟な発想で、インフルエンサーとプロの俳優がコラボレーションする事で、業界の垣根を越えて協力し、映画というメディアを、より視聴者にとって身近な形で届ける事が、クリエイターとしての使命だと感じました。

そこで私から皆さんにお声掛けし、スタートしたのが映画『復讐代行人』の企画です。


映画『復讐代行人』あらすじ
町工場で働く中年男、山田はどこにでもいる冴えないくたびれた男だった。
コロナによる緊急事態宣言の影響で、仕事を突然クビになった彼は、浮浪者のように酒を飲んで自堕落な生活を送っていた。妻の咲とはつつましく暮らしていたが、生きる希望を失っていた。
そんな中、井上という謎の男が、山田に接近し、とある仕事の話を持ち掛ける。
それは、人を殺して報酬をもらうという復讐代行の仕事だった。
井上に特訓される中、徐々に生気を取り戻していく山田。彼は、妻に隠れて殺し屋の仕事にハマっていく。しかし、そんな山田の前に、大阪出身の暴力団組織、花形組が立ちはだかる。
組長の怒りを買ってしまった山田は、凄腕の殺し屋、田口吾郎(年齢不詳)を派遣され、命を狙われる。
果たして山田の運命とは!?

矢地祐介選手 出演シーン (正体不明の殺し屋役)


本作に至った経緯ーコロナ禍で本当に必要な事とは何かー
昨年から続くコロナ禍で、映画業界のみならず、格闘技観戦、お笑い芸人のライブなど、様々なエンタメ業界が苦境に立たされました。そこで様々な「現実=リアル」の人々の苦悩を目の当たりにし、映画という「フィクション」の在り方に私は疑問を感じました。
現実=リアルの力に勝るものはないのではないか?
例えるなら、100回恋愛映画を見るよりも、実際に恋した方が尊いのと同じです。

YouTubeチャンネル『モクシロク』誕生
そこで私は、YouTubeという誰もが手軽に視聴できるプラットフォームで、今の社会の「リアル」を切り取ったコンテンツを、見やすい形でお届けする社会派YouTubeチャンネルを立ち上げたい!
と夢見るようになりました。
そんな中、元YouTuberの間宮光駿と出会い、「彼だ!」と直感した私は、一緒にYouTubeチャンネルを運営する事になりました。そうして誕生したのが、『モクシロク』というチャンネルです。
▶天野友二朗と間宮光駿が運営する社会派YouTube『モクシロク』はこちら


『モクシロク』チャンネルとは
元受刑者の方に取材して壮絶な半生を振り返る動画や、世界が認めた刺青の彫師に取材した動画、R1グランプリ王者の中山功太さんにTVでは語らない苦悩と真実を取材した動画などを提供。
学校や会社では教えてくれない、「明日を生きるためのヒント」を提供する社会派ドキュメントチャンネルです。

映画『復讐代行人』製作へ
しばらくの間映画と距離を置いていた私ですが、YouTube活動を通して出来た様々な人脈を活かし、今一度、コロナで打撃を受けた映画に活気を取り戻す企画ならやる意味があると思い、今回映画『復讐代行人』を監督する事になりました。
完成した映画は、チャンネルの影響力を活用し『モクシロク』で公開します。
誠心誠意取り組ませて頂きますので、ご支援者の皆さま、何卒よろしくお願いいたします。

朴光哲選手 出演シーン(正体不明の殺し屋役)


実現したいこと

今の日本映画では実現しない挑戦的な映画企画を、YouTubeというプラットフォームで実現!
今回の企画は、「今の日本映画の在り方では実現しない面白い企画」を映画化し、YouTubeで公開してしまおう!という企画です。まずは30-40分程度で完結する短編として、今回のクラウドファンディングを活用して製作し、YouTubeに公開します。その反応が良ければ、そのまま後に続きを追加で撮影し、90分程の長編として劇場公開・DVDリリースをする予定です。

※本作は2021.4.11より撮影が始まっています。
※本作は、まず製作者の自己資金で立て替えて撮影を行うため、企画自体が流れるという可能性はなく、確実に作品は完成します。

撮影後の一コマ (主演俳優 山中アラタ、殺し屋役 格闘家 朴光哲&矢地祐介選手)


本プロジェクトのメリット

従来の映画製作の在り方だと、映画完成後、何百万・数千万という宣伝予算をかけて字幕を付けて海外映画祭に出品し、紙ベースの宣伝素材を刷り、巨額の予算をかける必要があります。しかし、その割に客足は伸びにくく、結果的に大作映画もほとんどの確率で赤字を連発し、ますます出資を渋る企業が増えています。理由はシンプルで、多くのお客様に見られない映画に出資するメリットがないからです。

結果、「儲からない→少ない予算で長編を撮らせる→クオリティが低くなる→映画業界の環境悪化→ますます観客が見なくなる→儲からない→さらに低予算に…」という負の循環に陥っています。

そのため実力のある俳優や芸人が活躍する枠は減る一方です。
それは監督も同じで、力のある若手監督が力を発揮する場所が減っています。
その結果、映画産業はビジネスとしてほぼ破綻し、力のあるクリエイターたちはYouTube等オンライン動画マーケティングの世界へ流出しました。そんな状況を見直すのが、今回のYouTube映画企画です。
YouTubeはその点大幅に宣伝費用をカットでき、素早く多くのお客様にお届けできます。

個性的な出演者紹介

主演 アクション俳優 山中アラタ

Profile
『ヒミズ』『愛のむきだし』『地獄でなぜ悪い』『アウトレイジビヨンド』など多数出演する園子温監督作品常連俳優。『幸福な囚人』に続き、天野友二朗監督とは二度目のタッグ。
殺陣など映画アクションにおけるプロフェッショナルでもある上、演技派としての信頼も厚い、業界内で貴重な存在。
▶山中アラタ主演 『幸福な囚人』予告編
▶山中アラタ Twitter

山中アラタさんコメント
「昨今のコロナ禍で、多くの業種と同じく、映画・映像業界も大きく変化する事を余儀なくさせられています。そんな中、これまでの映画制作の常識を離れ、芸人さんやプロの格闘家さん、大物YouTuberさんを大胆にキャスティングしつつ、作品の根幹はしっかりとプロの俳優が締める。
「こんな自由で新しくてクオリティの高い作品がYouTubeで観れるの!?」
そんな作品を一緒にやりませんか?という天野監督のお誘いに快諾させていただきました。
今回はクラウドファンディングという形で皆様からの支援をお願いしたいと考えております。
これは新しいチャレンジです。どうか、ご賛同くださいましたら嬉しいです。
僕も全力で頑張りますので宜しくお願いいたします! 」

格闘家・YouTuber 矢地祐介選手 (謎の暗殺者役)

Profile
男性総合格闘家。
東京都文京区出身。専修大学法学部卒業。
第5代修斗環太平洋フェザー級王者。
第3代PXCフェザー級王者。
ブラジリアン柔術紫帯を取得。
格闘家YouTuberとしても登録者22.8万人という確固たる人気と実力を誇る。
自身のYouTubeチャンネルでは、別の格闘家とも精力的にコラボレーションをし、活動を継続。
▶矢地祐介選手YouTubeチャンネルはこちら
▶矢地祐介 Twitter

矢地祐介選手コメント
「支援者の皆様よろしくお願いいたします。とても素晴らしい経験をさせてもらいました。これからも色んな事にチャレンジしていきたいです。続編に期待!」

格闘家・YouTuber 朴光哲選手 (謎の暗殺者役)

Profile
男性総合格闘家。日本静岡県出身。
元ONE FC世界ライト級王者。
元修斗環太平洋ライト級王者。
切れ味あるテイクダウンと、ボクシング仕込みの打撃が武器。
約二十年間の現役中は、Kー1・修斗・HERO‘S・DREAM・ONE FC・RIZIN等、常にプロ格闘技第一線の舞台で戦ってきたベテラン選手。
近年はYouTube活動を開始し、ファンたちを喜ばせる。現在は、引退後のセカンドキャリアとしてパーソナルトレーニングをするため、会社設立の資金集めをクラウドファンディングで実施中。
▶朴光哲選手 CFサイトはこちら
▶朴光哲 Twitter

朴光哲選手コメント
「支援者の皆様ありがとうございます!この作品に携わって僕自身続きが見たくなりました!引き続きよろしくお願いします!」 


R1グランプリ2009王者 中山功太 (ヤクザの組長役)

Profile
R1グランプリ2009年王者。
歌ネタ王決定戦2015王者。
怪談OKOWAチャンピオンシップ現王者。
数々の大会で王者として輝き、お笑いだけに留まらず、怪談や歌ネタなど多岐に渡るジャンルで才能を発揮。また、YouTubeチャンネルでは精力的にお笑いや歌ネタなどを披露する誰もが認める才能の持ち主。
今作『復讐代行人』では、ガラが悪く、ユーモアと恐怖感を両立した大阪のヤクザの組長役に初挑戦。
▶中山功太出演 TVでは語らぬ苦悩の半生を取材 (企画・構成 天野友二朗)
▶中山功太 YouTubeチャンネル
▶中山功太 Twitter

中山功太さんコメント
「この度、ご縁があり天野監督の短編映画に出させて頂く事になりました。演技は全くの素人ですが、長い芸人生活で培った力と味を精一杯出せたらと意気込んでいます。皆様、よろしくお願い致します!」


YouTubeで公開するメリット

通常の映画製作では、秘密厳守のため、撮影中の様子をYouTubeで公開することはタブーです。
今回は、通常の映画とは異なり、メインキャストそれぞれがYouTubeチャンネル活動をしている人たちを起用し、各自かなりのチャンネル登録者を持っているので、それを最大限に活かします。
撮影中の様子などを、各出演者のYouTubeチャンネル・SNSで自由に宣伝してもらう事で、公開前の段階から宣伝効果が期待できます。

また、冒頭30分を短編としてYouTube上に公開する事で、後に長編化する場合にも有利になります。
YouTubeならではのフットワークの軽さを活かし、無駄なストレスやしがらみに耐えることなく、「お客さんやファンがドキドキして楽しんでくれるもの」「素早く・広く届ける」という映画製作本来の使命に専念できます。

撮影済シーン (主演 山中アラタ)

YouTube映画史上最高クオリティを目指す

これまで、色んなYouTuberたちが、様々な短編作品をYouTube上で公開してきました。
しかし彼らは、YouTuberとしての知名度はあるけれど、映画俳優や映画業界とつながりがないため、内輪ノリで演技は素人レベル…、クオリティは…という作品が多いのが実情でした。

しかし今回は、実際に全国劇場公開・DVDリリースをしている映画監督である天野友二朗が、お祭り騒ぎ映画にならないよう、内容面でしっかりと演出します。また、中学生にして月収800万を叩き出した元トップYouTuber(現MVディレクター)である間宮光駿が協力体制の元、映画クオリティと、YouTubeマーケティングを両立します。

資金の使い道

・スタジオレンタル費用:30万円
・ポスプロ費用(MA他):20万円
・楽曲製作費用:20万円
・衣装、小道具製作費用:10~13万円
⇒計83万円 (+17万円CAMPFIRE手数料=計100万円)
※支援金が余った場合、全て映画の製作費や出演者の出演料等として充てさせていただきます。

実施スケジュール

2021.4.11 撮影初日 (殺し屋役 朴光哲・矢地祐介 VS 主演 山中アラタ クライマックスシーン)
2021.4月下旬 クラウドファンディングページ開設
2021.5月 残りのシーン撮影
2021.6月クラウドファンディング終了・作品公開


監督・脚本 天野友二朗

Profile
映画監督・YouTube映像クリエイター。
1990年東京都生まれ。大学院在学中、分子生物学など医学系基礎研究を学ぶ。
在学中から映像制作に目覚め、自主製作映画2本を全国劇場公開、TSUTAYA・GEO他DVDリリースを果たした後、後3作目『幸福な囚人』(19)では、朝日放送グループ企業からの出資で商業デビューを果たす。現在は、より広い広い視点で映像制作を極めるべく、元YouTuberの間宮光駿と共に、社会派ドキュメントチャンネル『モクシロク』を運営。
▶天野友二朗 Twitter
▶YouTubeチャンネル『モクシロク』


助監督 間宮光駿

コメント
自分は一度YouTubeで活動していました。その当時は所謂「YouTuber」的なコンテンツばかりが数字を獲得していましたが、現在は多様なコンテンツが受け入れられ、YouTubeはインターネット上の1プラットフォームから、「メディア」と呼んでも良い存在となりつつあると思います。
その新たなメディアで、様々なコンテンツが存在する中で、映像作家としての我々は何ができるのか。
この作品がその中での一つの解であり、まだ世にない新しい存在であれるよう、精一杯制作したいと思っております。まだまだ発展途上の我々ではありますが、皆様のご期待に沿えるよう努力いたしますのでご支援のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

Profile
間宮 光駿 (まみや こうしゅん) 19歳 MV監督
中学生の時よりYouTube活動を行う。
YouTuberグループ「チョコレートスモーカーズ」にて登録者数80万人。
個人チャンネル「まみこ部」にて登録者16万人を達成。
YouTube活動を引退後、映像監督へ転向。
にしな、MAGIC OF LiFE、ロザリーナ などのアーティストのミュージックビデオを監督。
今年より、天野友二朗と共にYouTubeチャンネル「モクシロク」を運営開始。
▶間宮光駿 Twitter


最後に 出演者一同からの熱いメッセージ


佐々木心音 (主人公の妻 山田咲役)

Profile
高校在学中から舞台俳優として仕事を初め、映画『フィギュアなあなた』のヒロインでデビュー。
主な出演作は、映画『最低。』『娼年』『スキマスキ』『愛の病』、ドラマ『闇金ウシジマくんseason3』など。

コメント
新しい試み、そして熱い一歩!
そこに関われることを嬉しく思います。これをきっかけに少しでも「映画」をもっと身近に感じてもらえたら、世界が広がっていくんじゃないか?そんな思いも込めて、精一杯努めさせていただきます。
▶佐々木心音 Twitter

元受刑者の執筆家・YouTuber 250番 (闇の取引人 西川役)

Profile
親から受けた虐待経験から人の道を踏み外し、少年院・刑務所など塀の中を5度経験したリアルアウトロー。17歳で伝統ある名門暴走族・横浜連合R(チーム名)の伝統を壊し、自分のチームを結成する。
喧嘩に負けないためにボクシングを習っていた生粋の武闘派。
人生をやり直すために塀の中で猛勉強し、大学卒業後に起業。
現在は執筆活動やYouTuberとして精力的に活躍中。

コメント
「今回、組員の役をやらせていただく事になりました。過去、実際に組事務所に出入りしておりましたので(苦笑)演技を超え、当時に立ち返る気持ちで参加したいと思います。」
▶250番さんの壮絶な半生を取材した『モクシロク』チャンネル動画はこちら
▶250番 YouTubeチャンネル
▶250番 Twitter


児玉拓郎 (復讐代行業者リーダー 井上正信役 )

Profile
2007年『俺は、君のためにこそ死ににいく』で映画でのキャリアをスタート。
以降、様々な映画やドラマ、CMに出演。
主な出演作は『進撃の巨人』『破門』『愛しのアイリーン』『幸福な囚人』など。

コメント
"映画"という、ある文化の価値が問われる昨今の映像業界においても、"映画"を創るということの必要性を考えずにいられません。この作品を通して"映画"のもたらす影響力を、ひとりの演者として示したいと思います。

菅井玲 (ひったくり被害者 田中玲子役)

Profile
2003年、賃貸情報『フォレント』TVCMでデビュー。以後、アデランスやガスワン、千葉銀行(キャッシュワン)のイメージガールなど、その健康的な笑顔で数多くのCMに出演。
女優としては、2006年、映画『ひいろ』でスクリーンデビュー。
主演作の『公衆電話』は国内外50以上の映画祭を席巻し、グランプリ5つを含む18冠を獲得。
続編『カセットテープ』は、「八王子Short Film 映画祭」にてグランプリ&観客賞のW受賞。その後「横浜映像天国」でもグランプリ&主演女優賞のW受賞を果たす。

コメント
天野組の参加は『幸福な囚人』に続いて2作目となります。
デビュー作から、独自の世界観を描く天野監督作品のファンなので、再び声をかけていただけて素直に嬉しいです。今回の最新作『復讐代行人』は、今まで以上に力強い作品になりそうです。お楽しみに!
▶菅井玲 Twitter

小原徳子 (復讐代行 依頼者 松永良子役)

Profile
1988年3月22日生まれ、長野県出身。
2003年からグラビア、バラエティなど幅広く活動し、『DIVIDE ディバイド』で映画デビュー。
以降、『片腕マシンガール』『ユリ子のアロマ』『ちょっとかわいいアイアンメイデン』『Zゼット 果てなき希望』『DEVOTE』『屋根裏の散歩者』『ジムノペディに乱れる』『時時巡りエブリデイ』『名前』『素敵なダイナマイトスキャンダル』『幸福な囚人』(天野友二朗監督)『窮鼠はチーズの夢を見る』など、出演作が次々と公開。

コメント
今回、また天野さんの面白い挑戦にお声がけいただき、嬉しい限りです。
YouTubeの可能性がどんどん広がっている今、ここから別の場所へも羽ばたいていけるような作品にしたいと思っています。個性豊かなキャストにも注目です。どんな世界が出来上がるのか…応援よろしくお願い致します!
▶小原徳子 Twitter

BBゴロー (町工場の上司 戸田昭雄役)
Profile
ピン芸人、ものまね芸人、漫談師。稲川淳二のモノマネなどを演じる。
映画『無垢の祈り』では、幼い娘を虐待する父親役で、強烈な芝居を披露し、その容赦ない演技力が高く評価された。本作では、『幸福な囚人』に続き、俳優として天野作品に出演するのは二回目。

コメント
常日頃、コロナさえなければと思いますが、逆に気付かせてもらえた事もあります。
どんな事でも以前よりも精一杯頑張ります。
▶BBゴロー Twitter

竹田哲郎 (町工場の先輩 日村和人役)


Profile
大学卒業後、サラリーマン経験を経て、芝居の世界へ。学生やサラリーマンなどの真面目な役柄から、チンピラやヤンキーなどの特化した役柄まで幅広く演じることができる。
主な出演作は、
・映画『幸福な囚人』
・テレビ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第4話
・Netflix『Jimmy ~アホみたいなホンマの話~』第1.2話

コメント
他にはない新たな挑戦企画に、出演させて頂きます!
必ず面白いモノになります、皆さま応援宜しくお願いします!!
▶竹田哲朗 Twitter

他出演者続々決定中!

芸人 武井志門 (暴力団 花形組 野中雄太役)
▶武井志門 Twitter
俳優 牛丸亮 (復讐代行業者 川村健斗役)

▶牛丸亮 Twitter

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2021/04/28 18:12

    【映画『復讐代行人』本編映像 一部解禁】皆様お世話になっております。映画『復讐代行人』監督の天野友二朗です。本作ですが、すでに撮影は始まっており、4/11にクライマックスとなるシーンの撮影を終えました。4/11は、主演俳優 山中アラタさん VS 総合格闘家の矢地祐介さん・朴光哲さん演じる殺し屋...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください