はじめに・ご挨拶

初めまして。広島県で会社員をしている谷口といいます。
生まれも広島、育ちも広島と広島で育った私は、県内の大学を卒業後、
パソコンインストラクターや商社での経理事務として働いてきました。
社会人として働きながら、生まれ育った地元に貢献したいと考え、
地域清掃などボランティア活動を行っています。

学生時代にはボランティアとして社会福祉団体に所属して、
広島県の山間部で地元の方と地域活性化について相談、振興活動をしてきました。
しかし、社会人になり学生時代にやり残したことが
ずっと心の奥底に残っています。
生まれ育った広島へ微力ですが、私の活動が役立てばと思い
今回、プロジェクトを立ち上げました。

活動実績
・地域のお祭りの企画運営
・防犯啓蒙活動
・地域の清掃活動
・町内会運動会の企画・運営
・子供会運営

プロジェクトをやろうと思った理由

2007年に超高齢化社会に突入した日本は65歳以上の人口の割合が
全人口の21%を占めるといわれています。2025年には約30%、
2030年には約40%になるといわれ、不足しているのが介護タクシーです。
「最近は地域の過疎化とバス路線の廃止が目立ち、お年寄りが自由に外出できない」
「気軽に買い物や旅行をしたり、近場に外出することさえ大変な状態」
そういった現状を知り、お年寄りが気軽にお出かけできる手助けになればと思い、
プロジェクトを立ち上げました。

広島県の状況
平成26年に広島県が発表した広島県地域医療再生計画によると、
広島県は広大な過疎地域を擁し小規模集落数も703と、集落全体の20.8%を占め、
全国の2倍の高水準になっています。
また、医療機関のない地域は、県全体で56地区有し、北海道に次いで
全国で2番目に多い県となっています。

このプロジェクトで実現したいこと

生まれ育った広島県に貢献し、地域活性化に少しでも貢献するため
近所のスーパーや温泉施設、通院や旅行、スポーツ観戦
地域に根付いたプロ野球チーム(広島東洋カープ)への観戦など
気軽に利用できる介護タクシー事業を開始しようとしています。


このプロジェクトは、私の目標に賛同してくれた賛同者と

2人でプロジェクトを計画しています。
賛同者の方は、長年地域の清掃活動や子供会・運動会やお祭りなど
地域振興ボランティアを歴任された方です。
職場での偶然の出会いから、私の目標に賛同してくれて
協同で活動を企画してくれています。

介護タクシーを始めるためには、必要な資格や要件があります。
①第二種運転免許証・・・お客様を載せて運転するためには必要
②介護職員初任者研修・・要介護の乗降を補助するために必要

以上の資格取得に必要な金額について支援いただければ幸いです。

介護タクシー開業手順
開業のためには、次のステップが必要になります。
この度のプロジェクトでは、最初の資格取得資金についてご支援をお願いしています。

①許可要件の確認
 ・普通2種免許の取得
 ・介護初任者研修の取得
②運輸支局へ許可申請書を提出
③法令試験及び事情聴取の実施
④審査基準に基づく審査
⑤許可処分
⑥許可証の交付
⑦登録免許税の納付、提出
⑧運賃・約款の許可申請
⑨介護タクシーに使い車両の検査・登録
⑩管轄運輸局へ運輸開始届の提出

資金の使い道

支援いただいた資金は資格取得のために使用します。

・介護初任者研修費用
 121,000円×2人=242,000円

・二種免許費用
 230,450円×1人=230,450円

実施スケジュール

・2021年6月 ・・・・  プロジェクト開始
・2021年6月~7月・・ ホームページ開設
・2021年6月~9月 ・・介護初任者研修の受講開始
・2021年6月~8月 ・・二種免許の受講開始
・2021年7月   ・・・・プロジェクト終了
・2021年8月   ・・・・リターンの発送
・2021年8月~10月・・介護タクシー開業準備

最後に

過疎化が進み、衰退の進む広島県を盛り上げるため
お年寄りが気軽に外出したいと思えるようにお手伝いをしたいと考えています。
また、お年寄りと子供たちの交流プロジェクトなどの企画を展開し
橋渡しになるような事業の展開をしていきたいと思います。
古き良き時代のおじいちゃん、おばあちゃんから私たち、
私たちの子供たちへ、これからの未来の子供たちへ繋ぐ活動をしたい。
(おじいちゃん、おばあちゃんたちの知恵袋)
その第一歩として、このプロジェクトへの支援をよろしくお願いいたします。



<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください