原生林の保護とともに、坐禅や瞑想ができるセンターを創り、先住民の文化も学べる場所を創っていきたい!南米エクアドルに原生林の保護、瞑想センターとしての核、先住民の文化が学べるセンター、パーマカルチャーの実践、世界各国の若者たちの学びの場の提供、南米に新たなコミュニティ創り!

プロジェクト本文


南米エクアドルに原生林を持つひとと出会い、持っているだけで
毎年経費がかかるため、売ることを考えているそう。
もし売却されれば、原生林は伐採されヤシの木のプランテーションに
なってしまう心配がある。土地、家屋を自由に使ってほしいというオファーを
受け下見の旅に出たいと思っています。

まずは一歩、

航空券代をお願いしたいのです。

 

ゆくゆくはコミュニティ創りをしていきたいと思っています。

目的

1 原生林の保護
2 瞑想センターとしての核
3 先住民の文化が学べるセンター
4 パーマカルチャーの実践

5 各宗教との祈り合わせの場創り

6 ホリスティックな治療の場

7 自給自足

8 リトリート施設としての機能

9 次世代の若者たちが自由に滞在して自己を見つめる場の提供

 

10 文化交流のセンター

11 草の根での地球市民の交流

 

 

最後に。

 

学生時代にエクアドルで

スペイン語を学びました。

あれからわたしの人生観は

変わりました。

そんな自分の出来事でしたが、このプロジェクトを通じて若い人に経験してもらいというのが動機です。

 

 

最後まで読んで頂き感謝申し上げます。

 

 

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください