はじめに

このプロジェクトに関心を持っていただきありがとうございます。私、森と申します。無償でのコロナ禍でのオンライン塾の継続のためにご支援をお願いしたくプロジェクト再掲載させていただきました。私は教育学専攻で大学を卒業し、ネパールで16年間生活してきました。その中で出会った自然と人々に感動し、現地の人々の教えを大切に生活しております。私の本業については、こちらの番組をご覧ください。番組 

解決したい社会課題

2+2は?   これを子供に聞いたところ 22という返事が返ってきました。

2020年の春からのコロナ感染拡大そしてロックダウン(封鎖)により学校は休校。ネパール政府はオンライン授業を推進しましたが、普及しているのは都会のみであり、農村部では子供たちは学校に行かず、一日中遊んでいる(もしくは家事を手伝う)という状況となっております。学校の先生方も給料が支払われないなどの問題のためもあり、家庭訪問により子供たちの状況を聞く、または学習支援をするということが行われておりません。そしてネパールのコロナ第二波の襲来。インドからの変異株がほとんどと言われるネパール。皆さんがテレビで見ておられたインドの悲惨な状況がネパールでも生じました。

       コロナの死者のための火葬場

極めて厳しいコロナ禍でその日暮らしをしている貧しい家庭の子供たちの現状に衝撃を受け、特にコロナの影響を受けているネパールの西部バンケ郡のコハルプルの子供たちを対象に無償でのオンライン塾を開き、読み書き計算など基本的な教育を施すプロジェクトを進めてまいりました。支援対象の生徒は、学校が閉校中のために学習が全くできていない子供たちです。そのなかでも特に親たちが教育を受けていないために子供を家庭で教えることができない子供たちです。先回のキャンプファイヤーでのご支援約6万円をいただき、現在までに約15名が学習しています。開いているオンライン塾の様子をご覧ください。


     遊ぶことも大切しかし学習も大切(子供のプライバシーのためモザイクを掛けております。)


このプロジェクトで実現したいこと


夏休みが2年続き、宿題も無かったら・・・・どうなると思いますか?想像してみてください。

学んでいる子供自身もコロナ感染、両親が感染という子供たちも含まれています!


貧しい地域の子供たちは学校に行かず1年以上が経過しております。学校に行かず長くなりますと、以前に学習したことを忘れてしまい、前の学級で習ったことも含めて教えるという大変な過程となります。現在は第2波の中にありますが、これから第3波が来るという予測があり、まだまだ学校の休校は続くと予想されます。それで、少しでも多くの学校に行けていない子供たちにオンラインで毎日学習する習慣を継続し、将来また学校に行けるようになったときに問題なく授業に付いていけるようにするというのがこのプロジェクトの目標でございます。

オンラインでのやり取り、パソコンの操作を覚えることで将来彼らが手に職を付けるきっかけとなってくれればと願っております。微力ながら、少数であってもできることをやってまいりました。子供たちの学習能力の向上そして生活習慣の向上につながっています。保護者からも感謝の言葉をいただいております。将来子供たちが大きくなったときに、コロナ禍のことを思い出して、時間を無駄にせず勉強したことを思い出してほしい。その時の努力が今につながっていることを将来感じてほしい。という思いでございます。

資金の使い道

オンラインですので学校の経営や制服に費用は掛かりません。さらにネパール政府が発行しているデジタル教科書を使用しますので教科書代は無料です。文房具は支給します。

3か月のオンライン授業を想定(幼稚園、小、中学生対象)

通信費:貧しい家庭にネット回線および月々の支払また携帯で授業を受ける子供たちのためのネットデータ代金                                 5万円 

設備費:貧しい家庭の子供のためのノートパソコン5万円×2台      10万円

人件費:3名の先生の人件費(ネパール人教師) 2万円×3名×3か月   18万円

文房具:ノート 鉛筆など                        3万円

リターン費用、発送費用                        10万円

手数料:キャンプファイヤーへの手数料約4.5万円 (9%+税)

合計 約50万円

実施計画詳細

すでにオンラインでの塾を開講しております。私、森が、いただいたご支援を活用し、先生へのお給料、ネット料金などの人件費、運営費などに活用させていただいております。私自身の報酬はございません。

9月上旬  約15名の子供たちの塾を継続(コロナが落ち着き学校が再開されるまで継続)

11月下旬  達成度に応じ生徒の数を増やします。

12月上旬 リターン発送

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

リターン

お礼の印としまして、ハッピーブランチデザインオフィス様(ホームページ)のご協力のもと、機械ではなく手刷りのプロジェクトオリジナルレターセットをお届けいたします。(一般に販売されているものではなく、このプロジェクトのためだけにデザインしていただいた完全オリジナルです。)ご支援額3万円以上の方には、支援者様限定の支援活動の報告書(PDF)をメールでお送りします。

ハッピーブランチデザインオフィスについて

アメリカ合衆国オクラホマシティー生まれで、2001年よりイラストレーターとして活動されており、ザチョイスデジタルなどに入選。雑誌や広告のイラストレーション、ロゴ、テキスタイルなどを制作。有名コーヒー店のなどの関連商品のデザインなども手掛けておられます。

(子供のプライバシーのためモザイクを掛けております。)

最後に

担任の先生が一人一人を気にかけてくれる日本とは全く違う環境にあるネパールの子供たち。このコロナ禍で最も打撃を受けるのが子供たちと言われております。皆様のご支援により,彼らの将来が大きく変わります。どうぞよろしくお願いいたします。

■特定商取引法に関する記載

●販売事業者名:森 勇人

●事業者の住所:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡下さい。

●事業者の電話番号:05053749847

●送料:送料込み(日本国内のみ)

●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

●ソフトウエアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし

●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

 



  • 2021/09/21 22:41

    ナマステ(こんにちは)おじさん、おばさんお元気ですか。私も元気です。あなたにお礼をお伝えします。塾のために援助くださいました。私はこのオンラインスクールでたくさんのことを勉強できました。今の大変な時に、私たちの学校は閉校されています。でもあなたのご寄付のおかげで私たちはまた勉強することができま...

  • 2021/09/18 00:32

    皆様ご支援をありがとうございます。生徒の一人であるネパールの女の子がぜひ皆さんに感謝を伝えてほしいということでお手紙をくれました。以下に訳します。こんにちは 皆さん ありがとうございます。私たちに勉強する機会を設けてくれました。私たちはたくさんのことを勉強することができました。ありがとうござい...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください