はじめに・ご挨拶

噺家「林家しん平」が監督・脚本を務め、古典芸能応援団(㈱AI)及び、梶原いろは亭が全面協力で映画『二つ目物語』を制作します。東京下町を舞台に、落語界の側面を描きます。

このプロジェクトで実現したいこと

今までにいそうでいなかった、誰もが思わず応援したくなるような愛すべきキャラクターたちを登場させ、二つ目の日常をテンポよく描きながら、映像を通して落語の魅力を余すことなく伝えます。寄席に因み、上席・中席・下席のオムニバスを制作します。


プロジェクトをやろうと思った理由

映画『落語物語』が公開されたのは2011年3月12日、東日本大震災の翌日のことでした。あれから10年余りを経て、昨年から現在(2021年)に至るまで、新型コロナウイルス蔓延によって世の中に陰りが見られます。そんな時代を生きる人々に少しでも明るく楽しく笑って欲しい、という思いで落語の映画『二つ目物語』を制作し、娯楽を取り戻していただきたいと考えました。


これまでの活動

この作品でメガホンをとる「林家しん平」は『落語物語』などを演出し、人情映画にも定評があります。地域の寄席として北区の街に演芸の風を吹き込んできた「梶原いろは亭」は、現在、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休席していますが、その間も古典芸能応援団(AI)協力により無観客でオンデマンド配信を継続しています。その三者がタッグを組んで、落語の世界を盛り立てて参ります。


資金の使い道

集めた支援金を映画制作費、及び、クラウドファンディング手数料として充当させていただきます。



リターンについて

お礼のメール、エンドロールにお名前の表示、「二つ目物語」オリジナル千社札、梶原いろは亭の絵葉書セット、都電の絵葉書セット、五明樓玉の輔師匠によるデザイン「二つ目物語」オリジナル手拭い、シーンごとの出演者のサイン色紙、監督直筆絵コンテのコピー、メイキングDVD、梶原いろは亭の入場券などを金額に応じてセットアップします。


支援時に必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。記入がない場合は CAMPFIRE にて使用されているハンドルネームを使用させて頂きますのでご了承ください。また、特定の人物を比喩するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事がございます。ご注意ください。


実施スケジュール

2021年5月上旬 … クランクイン

2021年6月末日 … クランクアップ

2021年 秋 … 公開予定


最後に

この映画では、噺家を演じる役者のみならず、脇役に至るまで大半を本物の落語家によりキャスティングしています。リアリティのあるストーリーや高座での一席も楽しむことができます。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて都内をはじめ各所の寄席も定席を休止せざるを得ない状況となっています。活動の場を制限されている噺家の新たな活躍の場を確保する為にも、ご協力をお願い申し上げます。


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/06/12 11:05

    【スタッフからの一言】 新宿末廣亭でポスター用のスチール撮影があり、撮影の後は花園神社でヒット祈願をいたしました。まだちょっと先ですが、ポスタービジュアル解禁までどうぞ楽しみにお待ちくださいませ。 募集終了まであと18日となりました。ご支援いただきました皆様へ深く感謝を申し上げます。この作品を...

  • 2021/06/10 22:00

    「二つ目物語」サード助監督&ガンマイク担当の三遊亭歌彦です。撮影のお手伝いは私自身とても楽しく過ごしております。本映画はキャストが全員噺家ということで、師匠方や兄さん姉さん方の普段の高座では見られない演技がお楽しみ頂けると思います。また本番の真剣な演技とは反対に休憩中は和気あいあいとしておりま...

  • 2021/06/08 22:21

    「二つ目物語」のセカンド助監督&ガンマイク担当の馬久です。大学で映画の勉強をしておりました。卒業して10年、ようやく学んだことが役に立っています。一人で出来る落語も凄いけれど、改めて大勢の力が集まる映画の凄さを身に沁みて感じています。スタッフ一丸となって、きっと良いものが出来るとひしひしと感じ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください