キャリア教育の機会が乏しい地方の中高生が、今以上に夢を追いかけ、挑戦するモチベーションを持ち、大学の学びの面白いと思ってもらえるきっかけになるきっかけを、私たち大学生自身が早稲田大学で運営する「たくましい知性を鍛える」の模擬授業を通して届けます!

プロジェクト本文

▼このプロジェクトで実現したいこと

 2017年10月2日(月)に北海道登別明日中等教育学校の生徒を対象に、早稲田大学の授業「たくましい知性」の模擬授業と大学生との交流会を開催し、夢や志を再認識し、それに向かって努力するきっかけ、高校卒業後に必要不可欠となる「主体的に学ぶ」ことの面白さを知る場を届けたいと考えています。

 

 

“早稲田大学授業「たくましい知性」とは?”

 早稲田大学の有志の学生によって運営される授業です。通称は「大隈塾」。ジャーナリストの田原総一朗氏が塾頭を務め、各界で活躍する著名なゲスト講師の講義を聴いたうえで、学生同士で議論し、実際に社会問題の解決のため自分たちでプロジェクトを立ち上げて運営する中で、「自分の頭で考え、行動する力」、「社会問題を自分事化する力」、「体験を言語化する力」を得るための授業です。

  過去に来て頂いた講師には、小泉純一郎氏(元内閣総理大臣)、柳井正氏(ファーストリテイリング)、堀江貴文氏(実業家)など多数いらっしゃいます。また授業を受講した学生によって7つのプロジェクトが現在運営されています。

 

①    学生の立場でも第一線で活躍されている方から直接お話しを伺えること、

②    ディスカッションを通して様々な意見に触れて視野が広がること、

③    授業を通して感じた課題を学生の立場で実際に解決に向けて動く体験ができること

 

 この3つが「大隈塾」の他の授業にはない魅力です!

大隈塾HP:http://stonesoup.tokyo/

大隈塾Facebook:https://www.facebook.com/ookuma.school/?fref=ts

 

この「大隈塾」を自分たちでアレンジして地方の中学校・高校に持ちこみ、生徒に体験してもらおうというのが私たちの考えたプロジェクトです!

 

最初のプロジェクト実施校として、北海道の公立中高一貫校を選び、講師として株式会社植松電機専務取締役 植松努氏をお呼びすることになりました。

 

今回の実施校は、プロジェクトメンバーのひとりである山口宇彦の母校である北海道明日中等教育学校です。高校1年生の時に講演をしてくださった植松さんの言葉に大変感銘を受けたことをきっかけに、今回母校の後輩たちに大隈塾を体験してもらいたいという思いと同時に、植松さんの素晴らしいお話を聞いてもらいたいという願いから、講師としてお呼びすることになりました。

北海道登別明日中等教育学校HP http://www.akebi.hokkaido-c.ed.jp/
植松務さん ブログ http://tsutomu-uematsu.hatenablog.com/

植松さんは、北海道で産業機器メーカーを創業し、宇宙開発事業にも取り組んでいる方です。“社会から「どうせ無理」をなくしたい”をテーマに行ったTEDスピーチでは再生回数が260万回を超えています

(TED スピーチ動画リンク)

「Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo」
https://youtu.be/gBumdOWWMhY

植松さんは現在、会社の事業と両立しながら、子どもたちが元々持っている夢や希望に気づき、前向きに努力するきっかけを作りたいとの思いから精力的に全国で講演活動も行っています。

 

地方の学校という場で初めて開催する「大隈塾」の講師としてこれほどピッタリな方はいないと私たちは考えています。

 

そして、北海道登別明日中等教育学校で開催する第一回を皮切りに、全国各地で「大隈塾」の授業を届けていきたいと私たちは考えています!様々な地方から来ている早稲田生たちが、「大隈塾」を自分の母校でアレンジしてそれぞれで開催してもらうことで、全国に夢や志を応援する機会を広げていきたいと思います。

 

これから「大隈塾」を全国に拡げ、日本のすべての中学生・高校生が夢を持ち、前向きに努力するきっかけを提供するためにも、第一回の成功が不可欠です。

 

皆様からのご支援が地方の教育現場を変えると私たちは信じています。ぜひお力添えのほどよろしくお願いします!

 

▼資金の使い道

支援していただいた資金の使い道は全額大隈塾U-18の運営費に使わせていただきます。講師としてお呼びする株式会社植松電機 専務取締役の植松努様への講演料(30万円)、実施校までの交通費(5万円)で、総額35万円となっております。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください