同じクラブを応援するサポーター同士がアプリでつながり、活発にコミュニケーションを楽しむ。サポーター同士のつながりがさらなるサポーターを集め、その熱量でクラブと、Jリーグを動かす、サポーター主導の新たな仕組みと文化を作りたい!そのサービス存続と発展のご支援をお願い致します。

プロジェクト本文

■このプロジェクトについて
日本のサッカー文化を振り返ると、日本代表の試合は常にチケットは完売。テレビ中継の視聴率も高く、普段サッカーに興味のない方でも日本代表を応援するまでに日本のサッカーは成長しました。
ところがJリーグ全体を見渡すと、J1クラブの試合は1万から2万人の観客が集まるものの、大半が中高年層であり、新規の若者たちが極端に少なく、将来を不安視する声もあがっています。
これらの状況を打破する為に、DAZNとの大型提携などJリーグも前進しておりますが実際にサポーターの皆さまは、現状のリーグの取り組み、応援するクラブのサポーターへの向き合い方に満足しているのでしょうか?

私たちは以前から、リーグやクラブから与えられた仕組みの中で、サポーターが応援するだけでは、日本に本当のスポーツ文化は根付かないと感じております。
本当のスポーツ文化とは、応援するサポーター(消費者)が主役であり、応援する人たちにもっと寄り添い、コミュニケーションが生まれる事が重要だと考えています。
実際にサポーターの皆さまは、自分たちの声や想いがリーグやクラブに伝わっていると実感していますか?SNSでつぶやくだけで満足なのでしょうか?

そこでJOOOYでは、応援するサポーターの皆さまの声をもっともっと集めて、その声や情報をクラブに提供し、サポーターとクラブが向き合う新しいコミュニケーションの場所を作ろうと考えています。
それこそが、日本独自のサッカー文化の出発点だと私たちは信じています。

■ご挨拶
たくさんのプロジェクトから、当プロジェクトにご興味を持って頂きありがとうございます。Jリーグサポーター専用アプリJOOOY-ジョイ-を運営する天上(テンジョウ)と申します。
Jリーグが日本に誕生して25年。当時小学5年生のサッカー少年だった私の夢は、もちろん「Jリーガー」になること。高校までサッカーを続け、その後はサッカー好きからJリーグクラブのサポーターに大変身。
そしてクラブを熱狂的に応援すること約10年。サポーター同士のさらなる結束と自由なコミュニティを欲して、すべてのサポーターの皆さまに向けてこのサービスを立ち上げました。

■これまでの経緯
当サービスは2015年の冬にリリースされ、一部のサポーターの間で話題になり現在は3万ダウンロードのスマホアプリサービスです。
しかしアプリを無料で提供し、広告も入れていないことから、現在サービスの運営における日々のサーバー費用の捻出が難しく、このままでは9月末をもってサービスを停止せざるを得ない状況になってしまいました。
このアプリはサポーターの皆さまの為にも、これからのサッカー文化の為にも存続させたい気持ちが強く、またサポーターの皆さんのお力も借りてサービスを成長させたいと思っております。
そこで今回、クラウドファンディングにてサポーターの皆さまからサービスへのご支援を頂こうと決意致しました。
目標金額は、半年のサーバー費と諸経費の100万円となります。
この目標金額が達成されれば、サービスの拡大はもちろん、このサービスを支えてくださるサポーターの皆さまの熱量や想いを背負い、今後Jリーグ公式のサービスにして頂けるように働きかけます。

どうぞ、ご支援の程をよろしくお願い申し上げます。

■資金の使い道
当サービスは今後Jリーグ本体、さらにはDAZNなどのサッカーを取り巻く様々なサービスを巻き込み、サポーターのライフスタイルに欠かせないアプリへの進化を目指しています。
そんな日本のサッカー文化という未来へ向けて、このサービスを運営する運営資金として活用させて頂きます。
サポーターの皆さまにとって「良いサービス」あるいは「可能性のあるサービス」だと感じて頂ければ、ぜひご協力お願い致します。

■Jリーグサポーター専用アプリJOOOY-ジョイ-とは

iOSとAndroidで無料ダウンロードしてご利用頂けるサービスです。

JOOOY公式サイト

iOS、Androidで【JOOOY】をダウンロードしてお試しください!

iOS版

Android版

こんなことを感じた事はありますか?
・たくさんのサポーター仲間がほしい
・コアな仲間とマニアックなトークがしたい
・サッカーとプライベートを切り離した仲間がほしい
・できれば他クラブのサポーターとは関わりたくない

当サービスでは、同じクラブを応援するサポーター同士の専用コミュニティをご用意しています。
ここで繋がる仲間は、同じクラブを愛するサポーター限定。
リアルやSNS等で友達に全く理解も共感もされなかった、マニアックなサッカートークもOK。
熱量の高いリアルなサポーターが多いからこそ、SNSなどで炎上の恐れがある様な、過激な発言だって飛び出すことも。

そして同じクラブを応援するサポーター仲間だからこそ、年齢や性別、職業をも越えた新しいつながりも生まれます。

試合実況でどこでも仲間と応援をする
試合時は、サポーター仲間たちと試合実況で一緒にワイワイ応援することが可能。
この機能により、スタジアムからはもちろん、家やスポーツバーで観戦していてもサポーター同士が一体感を持って応援することができます。写真や動画を添付することで、臨場感を感じることも可能です。

■最後に
サッカー少年だった私は、残念ながらJリーガーになることはできませんでした。ですが選手になることとは違った形でサッカー界に貢献したい思いでいっぱいです。ひとりのサッカーファンとして、そしてサポーターとして、これからの日本のサッカー文化のためにも、ぜひご支援を頂ければと思います。よろしくお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください