こんにちは!
本プロジェクト代表の武居のりみちです。


たくさんのプロジェクトがある中で、私のプロジェクトをご覧いただきありがとうございます。


このプロジェクトは、クラウドファンディングを中心に『ゆかりの』という冊子を年4回出版していくことを目標としています。
今年の3月に人生で初めてクラウドファンディングに挑戦しました。

おかげ様で、初クラウドファンディングは予想を上回る温かいご支援を頂戴し、嬉しいことに支援額を達成、第一弾として『ゆかりの』創刊号を出版することができました。

初回のクラウドファンディングをベースに、2度目のクラウドファンディングを6月にスタート。
こちらも皆様からの温かいご支援をたくさんいただき、なんとまたしても支援額をサクセス(喜)!!
そして、7月に『ゆかりの』第2号を出版いたしました。


「ひとりでも多くの方にお届けしたい!」という私の想いだけでスタートしたこのプロジェクト。
ですが『ゆかりの』という冊子を作るには私一人の力では到底できません。
そこで、このプロジェクトに賛同し、一緒にチームとして企画制作してくれる人を求めていました。
そして、ご縁をいただき私の想いに応えてくれる現在のメンバーが揃い、「チームゆかりの」(別名:ゆかりの編集部)として創刊号から力を合わせて制作しています。


私たち「チームゆかりの」がこうして2回も出版できたのは、応援してくださった皆様のお陰にほかなりません。
改めて皆様に感謝の気持ちをお伝えさせてください。

本当に本当にありがとうございます!!!

これからも、「読んで楽しい」「知ってよかった!」「生活に活かしてみよう」と思っていただけるコンテンツをどしどしと企画してまいります!
末長くおつきあいいただけますと、とても嬉しいです。


『ゆかりの』は、私が30年以上に渡り3万人のご縁をいただいた方々にお伝えしてきた「心豊かに生きるヒントや開運法」を「楽しく、わかりやすく、生活に取り入れやすく」お伝えすることを目的に制作している冊子です。

このクラウドファンディングは、私の「今までなかなかお届けすることができなかった方々へもお届けしたい!」という強い想いから始まりました。
初回は人生初めてのクラウドファンディング。
もう、右も左もわからない状態で無我夢中で走り切ったようなもの。
2回目は、初回から学んだことや、ご支援いただいた方々からのご意見やご感想をもとに、改善をし続けながらのチャレンジでした。


今回の3回目を準備しはじめたころ、初めてあることに気づきました。


それは、同じタイトルの冊子でありながら毎号違う内容の冊子を、クラウドファンディングで出版し続けるプロジェクトが私たち以外にない(武居調べ)ということ。

改めて多くのクラウドファンディングを拝見してみると、私のプロジェクトのようなスタイルを実行されている方はいませんでした(武居調べ)。
つまり、誰も取り組んだことのない方式でチャレンジしているのがこの『ゆかりの』なのです。


ということで、私たちはこれから
⑴ 『ゆかりの』を年4回お届けしていく!
という当初からのミッションに加え
⑵ 誰もやったことのない「ゆかりの方式※」でクラウドファンディングに挑戦していく!
この2つの大きなチャレンジに挑戦していきます。


この挑戦を一緒に楽しみながら応援していただけましたら幸いです。
皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします!!

※ 「ゆかりの方式」:クラウドファンディングで、毎回違う内容のマガジンを出版する方式のこと。わたくし武居が勝手に命名しました(笑)。




さてさて、今回の第3号の特集についてのご案内です。


第3号は、第2号に続き
【家系図から見る自分のトリセツ〜中間子・末っ子・ひとりっ子編〜】

です。
第2号で、「私は長男長女じゃないのよ……」と思っていらっしゃったあなたに向けた特集です。
(でも、あなたの大切な方たちが長男長女さんである確率も高いので、第2号はそんな視点でお読みいただけると嬉しいです)

家系図から見ると、中間子さん、末っ子さん、ひとりっ子さんにも、ある法則があります。
この法則とは家系から受ける影響に左右されるのですが、中間子さんは4タイプ、末っ子さんは6タイプ、ひとりっ子さんは2タイプ、というように細かく分かれています。
同じ中間子さんや末っ子さんでも、ご本人の性別、兄弟姉妹の性別などによって受ける影響が変わってくるので、自然と法則も変わってくるのです。

こうした法則を、
・傾向として表れやすい性質
・知らないうちに影響をうけているもの
・ゆかりの式開運法
・リラックス法

というようなコンテンツとしてお届けいたします!


<<ここで創刊号と第2号のおさらいもしちゃいます♪>>

創刊号では、「家系から見た自分と家族」をテーマに、人生を豊かにする生き方のアウトラインをお伝えしました。いわゆる概論的なお話です。


第2号では、「家系図から見る自分のトリセツ~長男・長女編~」をお送りしました。
このトリセツは、家系図から見た自分とはどんな存在なのかを具体的に解き明かすためのコンテンツ第一弾として、ビジュアルも駆使して「楽しく」「わかりやすい」を目指して制作しました。

この流れからの第3号、ぜひぜひお楽しみに!!



【『ゆかりの』は巻頭特集にも力を入れてます!!】

せっかく手にしていただく『ゆかりの』ですから、旅行マガジンのように、日本や世界のトリビアを知ることができる雑誌のように、
「へぇ〜、こんな世界もあるんだ〜」
「あ、これ知ってる! こんな起源もあったんだね〜」
「こんなところにいつか行ってみたい」
などのように楽しんでいただけたら嬉しいよね、という想いで毎号毎号、巻頭特集を企画制作をしています。

私たちが見つけてきた世界の不思議、それぞれの文化の美しさや奥深さを一緒に擬似体験していただけたら幸いです。

<<今までの巻頭特集をご紹介いたします♪>>


創刊号では「華麗なる世界遺産のお墓」とし、世界中の素晴らしい文化を感じるお墓をピックアップしました。

第2号では、「死者の供養は心温まるイベント!?」というタイトルで、世界中のユニークな死者とのつきあい方や供養の仕方を特集しました。

そして今回の第3号では、「日本の秋祭り」と題して、初めて国内特集を組んでいます。
これは、現在のコロナウイルスまん延に伴って、故郷に帰れない方や日本中のお祭が中止になっている現状を鑑み、少しでも元気になってもらいたい思いで、各地の秋祭りを選んでみました。


嬉しいことに毎回の巻頭特集も、お読みいただいた方々からご好評をいただだいております。
こうしたお声が次の制作への意欲につながり、「次はなんにしようか?」と私たちも楽しみながらアイディアを出しあって企画しております。


さて、ここで改めて私のことをご紹介したいと思います。

私はこれまでの30余年、3万人以上の方と出会い、約1万3000件以上の家系図を拝見して家系の物語をひも解き、家系図がない場合は作成もさせて頂きました。そうした家系をひも解く活動の中で、「こういうときはこんな考え方、捉え方をするとうまくいく」「こういうケースはこんな対処方法をすると人生が好転する」という法則とも呼べるものを見いだしました。

そして、その方法を講演会やセミナーなどだけではなく、直接出会った方々にお話ししたり、書籍(※)にしたり、ラジオ番組を3年続けるなど、開運方法やよりよく生きるヒントをお伝えして、ご自分のことだけでなくご家族やお仕事、人間関係など、心豊かな人生の後押しをしてまいりました。

※ 1994年 『誰も教えないお墓の話』
  2006年 『誰も教えないお墓の話 改訂新版』
  2014年 『家系図でわかる 人生を明るく変える因縁学』


今、時代が変わりゆく中で、私たちの価値観も変わりつつあります。1年前の非常識が今の常識になっているなど、変わるスピードも速くなっています。
そうした変化に合わせていかないとならない焦りや、危機感を感じている方も多いのかもしれません。

でも、時代がどんなに変わっても唯一変わらないのはあなたのルーツです。

あなたが、あなたのルーツを知り、ひも解くことは、何万人という先祖の「命のバトン」を受け継いできた”あなた”を知ることにつながります。今は現存しない先祖と繋がっていることを知ることは、自分のルーツを受け入れることにもなります。

すると、自然と自分自身に対する価値観がいい方向に変わっていくのです。

私は幸運なことに、相談に来られた方たちが、自分のルーツを見直すことで自分を受け入れ、そして、人生が好転していく局面にたくさん立ち会ってきました。

変わりゆく世界の中で変わらない、自分のルーツからひも解く自分。そこに本当の自分が見えてきます。


こうしたことを多くの人にわかりやすく伝えたい!
自分にある役割と意味を知って欲しい!
そして、もっと自分らしく生きるきっかけをわかちあいたい!

このような想いが募り、小冊子『ゆかりの』を出版するプロジェクトを立ち上げました。

そして、前回たくさんのご支援と共に、「もっと知りたい!」という感想を皆さんから頂戴し、改めて第3号を発行しようとする勇気をいただきました!



『ゆかり』とは「縁(えん)」のこと。
人も物も環境も、すべては縁がなければ出会えません。その縁は、自分が生まれたところからスタートします。つまり自分の原点。


この「縁=自分の原点」に対する想いを込めて、小冊子の名前を『ゆかりの』としました。  



家系図作成の活動の中で感じたのは、これだけ豊かな時代になっているにもかかわらず、自分に自信が持てずに孤独感を抱き、自分らしく生きることができない方が多いということでした。
ところが、家系図を作り、家系をひも解きながら、「命のバトン」である家系(先祖)を自分へとつなげていくと、自分の存在に自信を持ち、安心される方がとても多いのです。

つまり、自分に自信をつける自分探しのアイテムが「家系図」であるということ!

この「家系図」という自分のルーツを使えば、誰とも比べる必要もなく、この世に一人しかいない大切な自分に気がつくのです。そして、自分だけが知っている自分ですから、誰にも言う必要はありませんが、ゆるぎない自信が得られるのです。
また「家系図」というアイテムをひも解くことは、自分自身の問題を解決する知識やツールを持つことになります。



「家系」という新たな視点から自分自身を見ることが、自分の生き方や人生を一番理解しやすい方法だと私は実感しています。この「家系」を「家族」から眺め、または「生き方」から眺めることによって、あなたがあなた自身を重要な存在だと気づき、自分を信じることにつながっていきます。

こうしたことを、わかりやすく、楽しく読んでいただけるようにしたものが『ゆかりの』です。


・自分の価値に気づけない方
・自分のルーツに興味がある方
・家族との関係に悩みがある方
・人間関係が上手になりたい方
・もっと自分の力を発揮したい方
・苦労の多い人生を軽やかな人生に転換したい方
・考え方や捉え方を知りたい方


こうした方たちに、命を輝かせて生きていただくきっかけや考え方を共有し、自分を信じた素晴らしい人生を歩んでいただきたい!
そして、この愛する日本を心豊かな人でいっぱいにしたい!

そんな想いから、その活動の第一歩として『ゆかりの』プロジェクトをスタートさせました。

そしてこの『ゆかりの』をスタートとして、あなたが自信をもって生きていくことが、あなた自身だけではなく、あなたの家庭やあなたを取り巻く環境にも変化を与えることに繋がります。
それはやがて社会貢献という素晴らしい徳を生み出すことになり、気がつけば豊かな人生になっていることを実感していただけたら、嬉しいと思っています。

こうした人生を歩む方が多くなれば、この先の未来は明るくなると信じています。



皆様からご支援いただきました資金は、以下の用途で使用させていただきます。

・小冊子『ゆかりの』の制作費 および 次号制作費(取材費も含む)
・リターン費用(『ゆかりの』の送料や家系図作成時の費用など)
・その他 (クラウドファンディング手数料・活動費など)


 

1,100円

今回のクラウドファンディングで出版された『ゆかりの』03号をお送りします。

今回の特集は「日本の秋祭り」コラムは「家系図からみる自分のトリセツ 中間子・末っ子・一人っ子」です。


税込価格となりますが、送料分がお得です!


2,300円

『ゆかりの』03号に、著書『家系図でわかる 人生を明るく変える因縁学』を付けたセットです。
『ゆかりの』の原点となる部分が書いてありますので、お勧めのセットとなります。


『因縁学』の消費税と送料がお得です!



3,300円

『ゆかりの』創刊号から今回の『ゆかりの』03号の3冊セットです。

創刊号や02号をお持ちでない方に、是非とも手にして欲しいセットとなります。創刊号からお読みいただくと、より面白く『ゆかりの』の世界を感じられると思います。


税込価格となりますが、送料分がお得です!


4,500円

『ゆかりの』創刊号~03号と『家系図でわかる 人生を明るく変える因縁学』のセットです。

『ゆかりの』では書かない部分も書いてある『因縁学』ですから、もっと「ゆかりの学」を知りたい方にお勧めなセットとなります。


『因縁学』の消費税と送料がお得です!


5,000円

ご家族やお友達と共有できる『ゆかりの』5冊セットです。

今回の特集は「日本の秋祭り」コラムは「家系図からみる自分のトリセツ 中間子・末っ子・一人っ子」となっていますので、ご家族やお友達と共有の話題として楽しんで頂きたいと思っています。


消費税と送料分がお得です!

10,000円

お友達やお知り合いとシェアでき、またお店などにも置いていただける10冊セットです。

今回の特集は「日本の秋祭り」コラムは「家系図からみる自分のトリセツ 中間子・末っ子・一人っ子」となっていますので、ご家族や親せきなどの方にお渡ししていただくと、きっと思い当たる節が多く、話に花が咲くことでしょう。


消費税と送料分がお得です!



12,000円

『ゆかりの』に個人相談(50分)をプラスした、実際にお話をするセットです。

『ゆかりの』を読んでから、自分のこと、家族のこと、家系のことなどお話しください。自分のことを知る良い機会になると思いますよ!

相談料は、クラウドファンディング特別価格として50分13,000円となっております。そこからさらに2,000円OFFとさせていただき、13,000円→11,000円!
さらに、『ゆかりの』の送料と消費税分もお得という特別プライスです!


相談会は、東京・札幌・長野・名古屋・大阪・京都の各会場にお越しいただきます。それ以外の方はリモートをお選びください。(月もお選びいただけます)

相談会日時は『ゆかりの』を発送後、お電話かメールにて調整させていただきます。リモートをご希望の方は日程調整時にお申し出ください。


※ クラウドファンディング期間中は、ご連絡が出来ないことをご了承ください。
クラウドファンディグ期間が終了したのちにご連絡をさせて頂きます。

また、面談時には同伴者をおつけします。


150,000円

『ゆかりの』とご自宅でしっかりと保管できる1家系の家系図を作成し、家系のひも解き対談をお付けしたスペシャルセットです。【家系図ケース・戸籍謄本(専用保存箱)保存箱・PDFデータが含まれます】

家系図作成にあたりましては、司法書士に謄本を取りよせて頂きますので、委任状を書いていただき、謄本が取れしだい作成に取り掛かります。完成までには3~6ヶ月ほどかかります。(転籍が多いほどお時間がかかります)

クラウドファンディング終了後、先ずは『ゆかりの』をお送りし、電話またはメールにてご連絡をさせていただき、委任状などを書いていただきます。
その後、家系図が出来上がりましたら、日時を打ち合わせたあと、わが家の歴史(ひも解き)をじっくりとさせていただきます。
相談会会場である東京・札幌・長野・名古屋・大阪・京都近郊の方はなるべく会場にお越しください。ご家族や親せきが集まりひも解きをお聞きになりたい方は、打ち合わせをしてご自宅などでお話しさせていただきます。

送料や出張費、並びに対談料(説明会)などを考えますと、10000~50000円ほどお得なセットです。(場所により、移動費や宿泊費が変わるため)

わが家の知らなかった歴史や人物に出会えるきっかけとなりますので、ぜひご興味のある方はお申し込みください。


※ クラウドファンディング期間中は、ご連絡が出来ないことをご了承ください。
クラウドファンディグ期間が終了したのちにご連絡をさせて頂きます。



『自分を認め、褒め、愛してほしい』

あなた自身のためだけでなく、あなたの大切な人のためにも、してほしいと願っております。

唯一無二の自分に気づくこと。
自分を信じることによる充実した人生を築き、心豊かな生き方を歩むこと。


ひとりでも多くの方の、幸せな人生の後押しをしていきたいと思います。
それが、これからの日本を素晴らしい国にすることにつながる!
そう信じています。

心を込めて書いた『ゆかりの』の出版にご協力いただき、ぜひ手に取っていただきたいと思っております。
ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


本プロジェクトはオールイン方式で行います。
10月末のお届けとなります。
『ゆかりの』03もリターンも楽しみにしていてください!




※講演会及びセミナー及びイベントなど全ての活動及びその後の使用において、小冊子「ゆかりの」の権利は起案者(武居範導)のものとします。

特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:武居のりみち
 ● 事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ● 事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2021/09/27 10:28

    『ゆかりの』03号のご支援ありがとうございます。日に日に秋を感じることが多くなってきました。朝晩は寒い事もありますよね。『ゆかりの』03号のクラウドファンディングも残り2週間を切りました。今回の『ゆかりの』03号は、前回の『ゆかりの』02号の続編にあたる「自分のトリセツ 中間子・末っ子・一人っ...

  • 2021/09/16 11:22

    9月半ばとなりました。おかげ様で、クラウドファンディング中間時点にもかかわらず、支援額の60%に達成いたしました。創刊号・02号を支援して下さった方が、今回の03号のリターン支援をしてくださったり、創刊号・02号と今回の03号をまとめてリターン支援してくださる方も多くなり、『ゆかりの』スタッフ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください