▼まずは、こちらの動画をご覧ください▼

● はじめに・ご挨拶

こちらのページにお越しいただきありがとうございます。


このプロジェクトのプロデューサーを務める、記憶力インストラクター/脳力開発研究家の吉野邦昭(よしの・くにあき)と申します。


この度、書籍『1日1分1枚見るだけで記憶力がよくなるすごい写真(仮)』(2021年8月発売予定)という本を出版することになりました。


書籍『1日1分1枚見るだけで記憶力がよくなるすごい写真(仮)』 (※イメージ)

数カ月先の発売ということもあり、まだデザインされていないイメージの書影ですが、出版に向けて順調に進んでおります。


私がなぜこのプロジェクトをやろうと思ったか。それをお伝えするため、まずは私という人間についてお話しさせて下さい。


京都生まれ。大学院で機械系工学を修了した私は、グローバル・メーカーに就職しました。いわゆる「エンジニア」をしていました。今のように「記憶のプロフェショナル」として活動するとは当時はまったく思っていませんでした。


会社でTOEIC受験が必修となり、英単語を暗記しないといけないこともありました。暗記は決して得意ではありませんでしたが、日常生活において「記憶」というものを意識することはありませんでした。

 

子供の頃から暗記が苦手・・・漢字、歴史の年表、英単語・・・全く覚えられないというか、覚える気にもならないということで理工系に進んだともいえます。

しかし、40歳を超えたあたりから、急に『記憶』に不安を持つようになりました。


会話の中に、「あれ」や「これ」が増えてきたり、モノを取りに行こうと2、3歩歩くと「何を取りに行くんだったっけ?」と思い出せないということが、少しずつ増え始めたのです。


じわりじわりと脳が蝕まれているような、そんな恐怖心にかられたのを覚えてます。


そんなときです。記憶力が抜群によいある方が、”記憶のタネ明かし”を教えてくださいました。その方は東京大学出身なのですが、この記憶術は超一流大学出身者などエリートの一部の人達に伝わる記憶法だというのです。


実際にやってみると自分のアタマでもスラスラ出来るのです!

最終的に「2日間で、脈略の無い言葉(単語)約200個を順番に言える」ようになり、探し求めた宝物に出会えた気分でした。


「物忘れ」への恐怖心がなくなったこのときの感動をひとりでも多くの方にお伝したいと思い、「記憶」を研究し始め、これまでの延べ5万人以上の方の「記憶」の問題を解決してきました。

● もっと多くの人ができて、効果もある記憶力回復法はないか?

実際にこの記憶術は効果を発揮しました。


以前、私が開催している記憶力の講座にあるアラフォー女性とアラフィフ男性がいらっしゃいました。

後にわかったのですが、お二人は実は、それまでに「軽い認知症」と診断されていました。


受講条件に「心身ともに健康な方」と指定しているので、診断結果はナイショにして受講。

終了後に、「実は軽い認知症と診断されてました」と告白なさったのです。


確かに、おふたりとも、演習の最初のうちは、なかなか覚えられなかったのですが、記憶法を教えているうちに、途中からドンドン覚えられるようになり、最終的に『2日間で、脈略の無い言葉(単語)約200個を順番に言える』ようになられました。


私はこの記憶術を多くの方に広める活動をしてきました。


しかしです。記憶術の講座は約20時間なのですが、予想以上に多くの方から「20時間もかけないと『物忘れ』はなくせないのですか?」という声が殺到したのです。


先ほどの「軽い認知症」の方々の例でもお伝えしたように、私が指導していた記憶術は間違いなく記憶力を改善します。

しかし、いくら効果があっても、実践する方の中に「長い・面倒」という気持ちが芽生えているのであれば、そのような方々は救うことができません。


私の夢は「日本から『物忘れ』をなくすこと」。

そのためには、「より簡単・早く、かつ効果のある方法」を模索する必要がありました。


● 「16分割写真」を広めて、「物忘れ」に悩む人を救いたい!

そこからの私は死に物狂いで調査を始めました。

「記憶」に関する文献として、多数の海外論文と医学書を読み漁ったのです。


そんな日々が長く続いたある日、ある論文に行きつきました。

その論文は世界大学ランキング9年連続世界1位の「マサチューセッツ工科大学(MIT)」の論文でした(※QS世界大学ランキ より。ちなみに同ランキングで、スタンフォード大学は2位、ハーバード大学は3位です)。


「これだ!」と思いました。この論文に行きついたとき、「物忘れ」の根本的原因が書いてありました。しかも、それは誰でもできる簡単なことなのです。

 

このMITの論文を元に私が開発した「16分割写真」。


「16分割写真」とはどんなものなのか。その内容から、「なぜ『16分割写真』によって記憶力がUPするのか」まで、わかりやすいように動画にしました。ご覧ください。


▼「16分割写真とは?」。こちらの動画をご覧ください▼


どうでしょうか。

「1日1回1分」でできて、しかも科学的に証明されている。

だからこそ効果がありながらも、先ほどの「長い、面倒」という皆さんのネックまで解決できるのです。


実際に私の受講生など1,082人の人にやってみてもらったところ、何と「96.4%」の人が効果を感じた、画期的な記憶力UP法なのです。


● このプロジェクトで目指すもの

この「16分割写真」を広め、

本当に正しい記憶力UP法に取り組んでいただくことで、

多くの人の「物忘れ」への恐怖心を払しょくできる。


そうすることで、人生に余裕ができます。

前向きになれます。

道が開けたような気分になることができます。


そうして、一人でも多くの人がより豊かな人生を歩んでほしい。


これがこのプロジェクトの最終的に目指すべきところです。


その為に、本書を世に広め、「16分割写真」の認知度を上げるべく今回のプロジェクトを立ち上げました。


今回の支援金の使用用途としましては、


書籍の広告宣伝費


および、


CAMPFIREの手数料 


に全額を使用させていただきます。


ぜひご支援・ご協力いただけますと幸いです。


【吉野 邦昭(よしの くにあき) プロフィール】

記憶力インストラクター/脳力開発研究家

京都市生まれ。大学院で機械系工学を修了し、松下電器産業(現在のパナソニック)に入社。超一流大学出身者などエリートの一部の人達に伝わる記憶法を、小学1年生から91歳のお年寄りまで5万人に伝授。

「軽い認知症」と診断されていた50代女性がTOEIC800点レベルの英単語を次々に覚えられるようになる、人の顔を覚えられなかった70代男性がお客様の顔を覚えられるようになり、来店時に名前を呼ぶようになったらリピート客が増えたなど、記憶力の習得はもちろん、思考習慣や人生感まで影響を及ぼす「記憶の救世主」と慕われている。

老若男女「一人の落ちこぼれもつくらない」「記憶する楽しさと簡単さを、一人でも多くの人へ」というモットーを胸に、京都出身らしい優しさと関西人のオモシロさを併せ持つ講義は、元技術者らしく論理的で「まるで方程式を解くように明解」と好評。NHK『Rの法則』、フジテレビの『めざましテレビ』や文化放送、bayfmなどメディア出演多数。



【書籍紹介】吉野邦昭『1日1分1枚見るだけで記憶力がよくなるすごい写真』(2021年8月刊行予定)


世界大学ランキング9年連続1位・MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究論文を基に開発!

「96.4%」の人が効果を実感した、記憶力回復メソッド初公開!

 

●全国から喜びの声が続々! 

「ウソみたい…、勝手に物忘れがなくなってた…!」(40代・男性)

「楽しいから続けられて、記憶力upしました!」(60代・女性)

「頭のモヤモヤがなくなった!」(50代・女性)

「いつの間にか人の名前がどんどん出てくる!」(70代・男性)

「たった2週間で本当に効いた!」(30代・女性)

「あんなに直らなかった鍵やスマホの置き忘れがなくなった…!」(60代・男性)

 

*************************

人の名前が出てこない、買い物忘れが増えた、

会話の中に「あれ」や「それ」が増えてきた、

何をしようとしたか忘れてしまう、

家の鍵どこに置いたんだっけ…。

 

「年を取って、忘れっぽくなってきた…」

「自分も認知症になってしまうのでは……」

 

そう不安に思い、あなたも脳トレや食事改善・運動などしてきたかもしれません。

なのになぜ、成功しなかったのでしょうか?

 

結局、うまくいかなかったのは、


①面倒or難しくて続かない

②本当に効果があるのかが疑問


この2つが原因ではないでしょうか。


本書の「16分割写真」は、この2つの問題を解決した

まったく新しい記憶力回復メソッド。

 

やり方は超・簡単。

1日1枚写真を見るだけ。

所要時間は、1日たった1分です。

 

この本さえあれば、家事の合間や仕事の休憩時間、電車の中など、

ちょっとした隙間時間に、どこでも・簡単・楽しくできます。

 

しかし、いくら続けられたとしても、効果がなければ意味がありませんね。


「16分割写真」は、世界大学ランキング9年連続1位のMIT(マサチューセッツ工科大学)の研究論文を基に著者が開発した、世界で唯一無二の記憶力回復メソッド。

 

しかも、実践した人の「96.4%」の人が効果を実感したと回答したメソッドなのです!

 

さぁ、あなたも認知症に怯える毎日から抜け出し、

豊かな人生への一歩を踏み出しましょう!


【目次】

体験者の声

・全国から体験者の喜びの声が続々!

・まずは「16分割写真」の例題をやってみよう!

・世界大学ランキング9年連続1位・MITの論文に基づく記憶力回復法

記憶力がよくなるすごい写真

・1st week[第1週]

・2nd week[第2週]

・3rd week[第3週]

・4th week[第4週]

さらに記憶力がよくなる秘訣

・①人差し指だけで、物忘れが83%減少!「指差しトレーニング」

・②紙とペンだけでお手軽に!「漢字トレーニング」

・③実は効果絶大!「ブドウ糖」

・④1日たった1分!「イメージ化トレーニング」


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください