初めまして!ページをご覧いただきありがとうございます!

石川県南端の加賀市にある山中温泉という観光地に住んでおります篠崎と申します!

神奈川県出身の移住5年目で、現在は地元工芸品(山中漆器)の職人を巡るツアーの企画とセレクトショップを運営しています。

今回は、自分の店の隣にある「純喫茶」を新しいコミュニティの場としてもう一度復活させたいと思い、その協力者と参加者を集めるためにクラウドファンディングに挑戦します!

私が暮らす山中温泉は、かつては年間80万人ほどの宿泊客が訪れていましたが、今では半分以下になってしまい、さらに昨今の新型コロナウイルスの影響に伴い、地元の旅館や商店街は厳しい状況に迫られています。

廃業する旅館であったり、閉店せざるを得なくなった飲食店を、実際に目の当たりにしてきました。今回舞台となる純喫茶も、地元で約40年近く経営されていましたが、お客の減少とオーナーの高齢により、惜しまれつつ閉店しました。

昔ながらの看板は可愛いのでこのまま残したい🌲🌲🌲

商売を長くされていた大先輩に色々教わりながら一緒に地元観光地を盛り上げていこうとしていた矢先でしたので、とてもショックでした。何か別にお手伝いできないかと悶々としていましたが、オーナーとの最後の挨拶で「あんたが借りてくれれば一番ええわ」と言われてハッと思い、自身が場所を引き継ぐ決意に変わりました。

と言っても、自分の店のことでなかなか手一杯。でも隣の純喫茶もなんとかして再開したい。どうすれば欲張りな願望(無謀?)を叶えられるか考えた時、ひょっとすると自分と同じように(本業はあるけど)もう一つの場所が欲しい人が実は潜在的にいるんじゃないか?と考えました。

そして、自分があったら嬉しい場所を、肩に力を入れすぎずに趣味や好きから始められる場所、この純喫茶で始めてみようと思います。

懐かしのゲーム機付きテーブルあります
(直せは起動するかも…!?)

自分はデザイナーでも、建築士でも、大工でもありません。ましてやカフェの経営の経験もありません(スタッフとして働くことはしばしばありましたが)。

自分ができる事は、プロが運営する流行りのカフェのようにインスタ映えするメニューを開発したり、おしゃれな雰囲気を演出して多くの人に足を運んでもらうことよりも、「こういうの実は好きなんだよね」「こういうのやってみたいな」的なネタや一芸を持っている人を集めて、その人が思う存分やりたいことをやれる「1歩目」になる場所を作ることです。

カウンターの上は昔ながらのシャンデリア
雰囲気をそのままに

例えば、週一・月一で店に立つ人が変わるお店。その日は、その店長が出したいものを出す。飲食でも物販でも展示でも書籍でも音楽でも映像でも、なんでも。ジャンルはバラバラだけど、それが面白い。統一感は無いように見えて実はある。そこに立つ人はみんながちょっと挑戦してみたい、一歩踏み出したい主人公であるということ。

今振り返ると、そう言えば今でいう東京の「ソーシャルバーporto(http://porto.tokyo/)」みたいな「誰もが店長になれる場づくり」に似たコトを、数年前福井でサラリーマンをしていた時に「おふくわけ(※)」という名前のスナックイベントでちょくちょく企画していました。

過去に福井で開催していたゲストの「好き」や「くせ」
が集まるバーイベント「おふくわけ」

「おふくわけ(https://ofukuwake.themedia.jp/)」・・・福井で受講した広義のデザインを生かした実践の場「XSCHOOL」で、チームで立ち上げたプロジェクト。空きスナックを借り、ゲストをマスターに見立ててお呼びし、ゲストの「好き」や「クセ」について熱くおしゃべりできる、そして誰かに伝えたくなる最大10名限定のバー。

改めまして「こういうのやってみたいんだよね〜」「こういうの好きなんだよね〜」「これならできるかもな〜」の思いをカタチにする1歩目の場所を、純喫茶という場所を再活用して結構マジメに作ろうと思っています。なぜマジメかって、周りにはプロの飲食店がいっぱいあるから。遊び気分じゃ絶対できないから。

本業でも副業でも、なんでも。もしそれが儲かるかわからないなら一緒に考えましょう(そこは元銀行員の私に遠慮なく相談してください!)私が今回取り組むこの新しい場づくりも、スタートはシンプルに自分の「こういうのやってみたかった」の一つです。

ホントはすぐにでもオープンしたいところですが、古い建物ということだけあって、良く言えばレトロ、悪く言えばボロい。これから増えていくであろう仲間にも気持ちよく使ってもらえるように、最低限の工事と清掃をしたい。

その資金を集めたい。ついでに関わっていただける仲間も増やしたい。そんな思いで今回クラウドファンディングに挑みます!

何もなかったのでとりあえず卓球台置いてみました
ふらっと立ち寄れるアイテムになればいいなぁ

場づくりをする、関わる仲間を増やす、そしてそれを継続する。そのうえで自分が大切にしたいことがいくつかあります。


①その場所のDNA

少し前ここで喫茶店のマスターをしていた森井さんというおじいちゃんに色々をお話しを聞きました。昔は旅館の接待さんでいつも賑わっていたこと、サラリーマンの方がよくサボりに来ていたこと、最後の最後まで常連客がいらっしゃったこと、などなど。

マスターは代わりますが、建物は変わりません。ピカピカにリノベーションをするのではなく、純喫茶のレトロな雰囲気を残しつつ、見てくれだけのノスタルジーではなく今のニーズを乗せられるような、かつてのDNAをリスペクトをできる「町に開けた場所」にしたいと考えています。

元オーナーの森井さん
最後まで常連客を大事にしていらっしゃっいました

②色々同時進行

本来、自分でお店を始める場合は、大体1年前くらいから構想することが多いと思います。物件選び、賃貸契約、コンセプト設定、メニュー開発、借入申込、工事開始、備品整備、人材確保など、店をオープンさせるまでのやることは本当にいっぱいあります。

それと比べると今回の喫茶森は「やりながら作る」イメージかもしれません。喫茶店の経験がない私がそれでも喫茶店を開く理由は、とにかくこの衰退ムードに(小石ですが)一石投じて、町の方々と同じ目線に立って商売で町を盛り上げたいからです。なので最低限の工事、最低限の設備、最低限の人材で、なるべく早く店をオープンします

夜の顔はこんな感じ
店内のカウンターを使ってなんちゃってスナックもできちゃうよ

③やりたい事から

「お店のターゲットは誰だろう」色々考えましたが、結局よくわからなかったです(汗)。もしかしたらもっと考えたら答えが出るかもしれませんが、とにかく一刻も早くオープンさせたいというのと、きっとターゲットもどんどん変わってくるだろうと考えています。

「誰でも来て」では(経験上)本当に来て欲しい人に届きにくかったりしますが、その日店に立つ人によってターゲットも変わってもいいのかなと。そもそも自分の本当のターゲットを見つけたい人が店に立つ可能性だってある。まずはやりたい事ベースで始められる場所にしたいと思います。

日替わり店長の一人
年300日以上スパイスカレーを作り続ける人

今回目標額は30万円となっておりますが、実は最終的な目標額は100万円です。30万円というのは、店をオープンさせるための最低限の初期投資の額です。まずはここを目標に、あとは集まった金額分だけリノベーションにお金をかけて集まれる環境を整備したいと考えています。


《目標金額30万円の内訳》

①キッチン工事・・・15万円

→長年使っていたこともあって、水回りも床もボロボロでした。衛生面や、他の方もキッチンに立つことを考慮し、今回優先的に工事をします。

②天井・壁清掃工事・・・15万円

→ノスタルジーな風合いを演出してくれてはいますが、同時にタバコと油汚れがひどく、匂い残っています。素人では手が付けられないほどなので、プロの業者に外注し、来てくれたお客様に不快感を与えないよう壁を徹底的に清掃します。

呼ぶ人も来る人も気持ちよく使っていただくために、環境整備には全力で!💪


(もしストレッチゴールを目指すことになったら・・・)

③エアコン設置・・・15万円

→壊れていたので買い換えます。特にこれから夏場は暑くなると思うのでマストです。このご時世、安心してご来店いただけるよう室内環境にはこだわります。


④備品・・・25万円

調理台、鍋、ガスコンロ、皿、コップなど。使えそうな物は前オーナーから譲り受けましたが、それでも追加で必要なものがまだまだあります。


⑤製氷機&ビールタップ・・・30万円

夜営業する際はアルコールを出したいと思っています。山中温泉にはクラフトビールが飲める店が少ないので、できれば自分も大好きなクラフトビールに挑戦できればと考えています。


①オリジナルステッカー

→デザインはお楽しみに!

②店内にご支援いただいた方のお名前を掲載

→ご支援いただいた方のお名前入りボードを作成予定です(お名前の掲載は任意)

③オープニングイベントへのご招待【有効期限:開催日まで】

→秋頃にオープニングイベントを開催予定です

④「喫茶森」を半日or1日自由に使える券(クラファン期間限定価格!)【有効期限:1年】

→半日or一日マスターとして自由にご利用いただける権利を贈呈します。飲食、物販、セミナー、オンラインイベント、ジャンルは問いません(詳細は別途要相談)。

⑤コーヒーorカレーイベントワークショップ参加券【有効期限:開催日まで】

→プレオープン企画として、現在2つのイベントを企画しています。支援してくれた方にはこちらのイベントにご招待いたします!

・コーヒーハンドドリップワークショップ(コーヒー豆のお土産付)→9月11日(土)開催


コーヒー豆や焙煎についてのレクチャーと
淹れ方を実践しながら学べる二時間のワークショップ
9月11日(土)10時〜/14時〜の二回開催予定
協力;ココペリ珈琲
https://www.instagram.com/kokopellicoffeeroasters/

・スパイスカレー作りワークショップ →日程は支援いただいた方々と要調整

スパイスの使い方やおすすめカレーレシピを伝授するカレーワークショップイベント
ご支援いただいた方々と日程は別途調整させていただきます(3時間程度を予定)


⑥篠崎チョイスの山中温泉のお土産(地元名産品や工芸品など)

⑦山中温泉の伝統工芸「山中漆器」のモノづくりの現場を巡る券【有効期限:1年】

⑧山中温泉宿泊割引券【有効期限:1年】

⑨一泊二日山中温泉満喫プラン(宿泊券&町案内付き)【有効期限:1年】

正直言ってクラウドファンディングに挑戦するのは、とても勇気がいりました。周囲の人たちにどれくらい理解してもらえるか、同じ町で商売を長年されている方々に受け入れられるか。

迷って悩んで何度も心が折れました。気づくとリリースするのにもとても時間がかかってしまいました。

このタイミングでオープンするなんて無理だ、と思う方もいらっしゃると思います。今でも100%うまくいく自信はありません。でもやったことないことだからこそ、チャレンジするしかない。

優しかった元オーナーさんの気持ちを継いでいきたい。
同じ町内に住んでいるからこそ、身近にある手の届くことを全力でやりたい。
どうせやるなら、場づくりに対して夢を持った人と一緒にゼロからやっていきたい。

そう思って、支援者と一緒に関わっていただける仲間を、クラウドファンディングを通じて欲張って集めてみたいと思います。

わからないことや気になることがあれば、遠慮なく気軽にご連絡ください。


まだまだ若輩者ですが、私が暮らしている山中温泉のためにもご支援いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いします!そしてオープンしたらぜひお越しください!待ってます!


時代を感じるオカモチ
いつか出前もやってみたいなぁ



■ 特定商取引法に関する記載
●販売事業者名: 篠崎健治
 ● 事業者の住所/所在地:〒922-0114 石川県加賀市山中温泉東町一丁目マ21
 ● 事業者の電話番号:Tel: 080-1263-8312
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2021/09/02 19:12

    クラウドファンディング終了しました!8月1日からスタートした「喫茶森」リニューアルプロジェクト。先日の8月31日をもちまして、無事終了いたしました。おかげさまで114人の方にご支援いただき合計1,120,500円を集めることができました。皆様のおかげで、ストレッチゴールの100万円も無事達成で...

  • 2021/08/31 14:16

    本日最終日です!最後までどうぞよろしくお願いします!8月1日からスタートした「喫茶森」のクラウドファンディングがいよいよ本日最終日となりました。これまでご支援いただいた方々、本当にありがとうございます。マスコミの方々、シェアしてくれた友人や初めましての人も、心から感謝しております。あと数時間で...

  • 2021/08/29 14:51

    ロゴが完成しました!喫茶森のロゴが完成しました!「森」の文字は昔のフォントをそのままに。喫茶森のローマ表記「KISSAMORe」は「キス・アモーレ」と読んでください。最後が「Re」となっているのは「もう一度」喫茶森を復活させたいという思いも込められております。カジュアルな「喫茶森(きっさもり)...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください