突然ですが、皆さんは普段どのくらいの頻度で美容院に行っているでしょうか?


コロナ禍で頻度が減った方もいるかもしれませんが、数か月に1回、多い方だと月に数回通う方もいるかもしれませんね。「理美容」というのは、衣食住とは異なり、なくても生きていけないわけではありませんが、人生をより豊かにしてくれるものだということに異議のある方はいないでしょう。


それは日本の人口の約30%(2021年)を占めるご高齢のかたにも同じことが言えます。年を重ねて、身体が言うことを聞かなくなっても、綺麗でいたい、清潔感を保ちたいと思うのはとても自然なことです。


しかし、後期高齢者の2割以上は介助を必要としており、いつでも気軽に美容院に行けるわけではありません。そこで近年、自宅や施設に美容師が訪問して美容サービスを届ける「訪問美容のニーズが高まっています


こんにちは!フリーランス美容師の細川晃浩ほそかわ あきひろ)です。名古屋を中心に訪問美容をしています。

訪問美容を始めて15年、今まで2,000人以上の方々と携わってきました。



訪問美容は実際に自宅や施設にお邪魔するため、「美容師とお客様」の枠を超え、家族のようなお付き合いをする関係性になることも多く、美容室とはまた違ったやりがいを感じています。特にお客さんの生涯や節目に携われるのはこれ以上ない魅力です。



ニーズに対してまだまだ足りない「訪問美容師」。必要な人にはまだ全然届いていない。


そんな魅力にあふれ、お客様のニーズも高い「訪問美容」ですが、実は訪問美容師の数は全然足りておらず、まだまだ必要とする方に訪問美容を届けられていない現状があります。



訪問美容師が足りていない理由①

そもそもの美容師の数が減少している(※)。




訪問美容師が足りていない理由②

美容師資格を持っている人の大半はサロン勤務者と休眠美容師(※)



免許を持っている国内の美容師は約120万人、その内サロンに勤めている美容師は約50万人です(※)。しかし残りの約70万人の多くは休眠美容師(資格は持っているものの、現在は働いていない美容師)と言われており、訪問美容師はそのうち残りわずかです。


時短なら復帰できるという休眠美容師の方も多くいますが、仕事の性質上サロンでの時短勤務は難しい現状があるようです。その点、特定のサロンに勤務しない訪問美容という形であれば、時短復帰が比較的しやすい環境となっていますが、訪問美容に取り組んでいる方は未だ少ないのが現状です。
注)一部サロン単位で訪問美容に取り組んでいる方もいます。


それはなぜなのか。その原因の一つとなっているのが「介助ができない」という課題です。



介助ができないと訪問美容は難しい!

ここでいう介助というのは、サポートを必要とするご高齢の方の身体を支えたり、アシストすることのことです。ですが、介助をするには介護系の資格が必要となります。


訪問美容は、自宅や施設で行うため、必ずしも施術のための設備が整っているわけではありません。それに加えて、訪問美容を希望しているかたの中には、施術の際に体勢の保持などが必要なかたも多く、介助ができないことへの不安は美容師が訪問美容に取り組む大きなハードルとなっています。






介助することなく、介護が必要な方の姿勢を保持し、美容施術を可能にしてくれるクッション


これまで私が訪問美容を行ってきた中で、「介助」ができないことで「手伝えなくてごめんね」「手を煩わせてごめんね」とお客さんとやり取りする場面がたくさんありました。


しかし、このクッションに出会いお客様の体勢を保持できるようになったことで、訪問での施術がぐっとやりやすくなり、お客さんのニーズにこたえることができるようになりました。



これなら、これからはじめて訪問美容に取り組むかたも施術できる!そうすれば、多くの方に訪問美容を届けることができる!と確信しています。


しかし、いざ多くの美容師に知ってもらいたいと思ったはよいものの、商品の性質上体感してみてもらわないことには伝わりにくい現状があります。




なので今回のクラファンを通して、「クッション体験会」を全国各地で実現したいと考えています。


このクッションがあれば訪問美容をはじめられるという実感を現役/休眠の美容師のかたに持ってもらい、「訪問美容を必要とする多くの方に美容サービスが行き届く社会にしたい。」と考えています。




現在は、ご高齢のお客さんが大半を占める訪問美容ですが、クッションが広まり訪問美容に取り組める美容師が増えれば、最近はコロナで美容院まで出向くのも心配という方や、妊娠中や子育て中の方で思うように外出できないという方も気軽に利用できるサービスにも今後なっていけると思います。



全国でクッションを実際に体験できる機会作り。



※新型コロナウイルスの感染拡大状況によって延期する可能性があります。


<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



【ただただ応援!5,000円/10,000円/30,000円】
5,000円、10,000円、30,000円共通でお礼メールをお送りいたします。10,000円には、お礼メール+お礼メッセージ動画、30,000円には、お礼メール+だっこしゃん体験会の活動報告をお送りいたします。いただいたご支援はサービス手数料を除いた全てを活動に充当させていただきます。「上乗せ支援」で、お気持ちの分だけ追加でご支援いただけます。


【訪問美容師オンライン交流会!10,000円】
全国の訪問美容師と繋がって、スキルやノウハウの情報交換をしませんか?9月に複数回開催予定の内、1回(90分)にご招待。


【各種オンラインセミナー!30,000円】
要介護の方向けのカットやシャンプーの方法をオンラインにて実演解説いたします。自宅や施設など、さまざまなシーンで実践してきた訪問美容師の経験とスキルをシェアさせてください。9月開催予定の回にご招待。
セミナー1回あたりの人数制限:20名
参加可能回数:1支援1回
セミナー1回の時間:90分


【訪問美容+だっこしゃん1個セット!100,000円】
あなたの訪問美容をお手伝いしに伺います(国内限定1回)。+体幹保持クッション”だっこしゃん”を1つご提供(レギュラーまたはワイドサイズのいずれか選択可)いたします。支援金額の中に交通費、滞在費、だっこしゃん代を含みます。別途、ご請求することはありません。


今回のクラウドファンディングを通して目指したいのは、だれもが自宅や施設でも美容サービスが受けられる社会です。美容師にとって訪問美容がもっと身近になり、必要としている多くの方にサービスを届けられる世の中にするために、ぜひ応援をよろしくお願いします!



※出典

公益財団法人理容師美容師試験研修センター
http://www.sb.rbc.or.jp/2006/11/post_5.html

ITmediaビジネスONLiNE(2019)「人生100年時代の到来『30年ぶり現場復帰』の美容師が活躍する急成長美容院」
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1911/29/news113.html

PRESIDENT Online(2015)「休眠美容師と高齢者の美容 2つの課題をつなぐ『訪問美容』の可能性」
https://president.jp/articles/-/16139?page=1

株式会社リクルートライフスタイル(2017)「休眠美容師調査 報告書」
https://hba.beauty.hotpepper.jp/wp/wp-content/uploads/2019/10/kyumin_summary_20170322.pdf

国立社会保障・人口問題研究所(2017)「日本の将来推計人口」
http://www.ipss.go.jp/pp-zenkoku/j/zenkoku2017/pp_zenkoku2017.asp

快⽣⾕岡ライフ
https://kaisei-tanioka.co.jp/2


  • 2021/06/14 07:00

    株式会社エイチープラスの長谷川健治です。細川君と「ホウモンさん」という訪問美容師のグループを一緒に立ち上げ、訪問美容をしてきました。現在、私は児童福祉施設を営んでおり、細川君がホウモンさんの活動してくれています。私も訪問美容で福祉現場を見てきて、訪問美容と福祉の関係性が強い事を感じ、児童福祉を...

  • 2021/06/09 07:00

    こんにちは、細川です。いつも温かいご支援とメッセージをありがとうございます。本日は、これから訪問美容師に挑戦する人が抱える不安についての投稿です。私は「ホウモンさん」というグループで、他の訪問美容師の方々と講習や相談コンサルなども行なっています。そのグループには、これから訪問美容を始めたい美容...

  • 2021/06/08 07:00

    はじめまして。T・Mと申します。細川さんは釣りが好きな爽やかなお兄さんという感じの方で、「クラウドファンディングを実施する」と聞いた時にはこんなに熱い想いがある人だったのかと驚きました。美容師の可能性を拡げるという職業の問題と、車椅子生活の負荷を少しでも軽くするという介護福祉の問題の両者に向き...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください