はじめに

いわき市で、地域包括ケアのメディア「igoku」などを手がけるデザインチーム「そこをなんとか」です。今回、私たちがデザインしてきた「igoku」の活動や、メンバーそれぞれの仕事術、活動理念などをまとめた書籍「igoku本(仮)」を出版するため、クラウドファンドにチャレンジすることになりました。よろしくお願いします。「そこをなんとか」プロデューサーの渡辺陽一が、メンバーを代表して、プロジェクトのお話をします。

※こちらのページには、取材で知り合った地元の皆さんたちの写真を多数掲載しておりますが、すべて許可を得て撮影しており、igoku編集部に著作権のある写真のみを使用しております。


<All-or-Nothing方式>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。達成できなければ本も作りません。


自己紹介

まず、自己紹介からスタートさせてください。私たち「そこをなんとか」は、いわき市職員、印刷会社の代表、ビデオグラファー、地域文化探求家、フリーライター、グラフィックデザイナーなど、いわき市内で活動する個人が集まって立ち上げられたデザインチームです。いわき市地域包括ケア推進課が発行するメディア「igoku」をはじめ、官民さまざまなプロジェクトの情報発信媒体などを制作したり、小さなイベントなどを企画したりしています。


そこをなんとか(撮影:中村幸稚) 私(渡辺)は左から二人目です


igoku(いごく)について

これまでに関わった代表的な仕事が、この「igoku」です。いわき市の高齢者福祉に関するメディアなのですが、「老いや死について語ることをタブー視しない」ことをテーマに、これまで10号の紙メディアを発行してきました。また、「いごくフェス」というフェスイベントをこれまでに4回ほどプロデュースし、それらの模様をウェブマガジンでも配信してきました。

地域包括ケアとは、慣れ親しんだ土地で最期の瞬間まで暮らせるよう、医療や福祉、地域づくりの担い手たちが連携して支援体制を作って行こうじゃないか、という福祉のあり方を指す言葉です。ここ最近、全国で耳にするようになりました。

igokuは自治体の作る地域包括ケアのメディアなので、本来ですと、まじめに地域の課題を取り上げたり、自治体の取り組みを紹介しなければならないのですが、実際には、母ちゃんたちと何十体ものカカシを作ったり、いわきの高齢者と伝統芸能をみんなで踊りまくったり、老いも若きも、いろいろな人たちに棺桶に入ってもらったりと、老いや死について考える記事を脱線しながら発信してきました。


第6号では「認知症解放宣言」と題した認知症特集を組みました

アート特集号となった第7号では、アーティストの折本立身さんをフィーチャー

いごくフェスで毎回開催されている入棺体験の模様

おしゃれな「遺影」が撮影できる「涅槃スタグラム」も人気です

地元の食も大フィーチャーするいごくフェス

いわきの伝統芸能「じゃんがら念仏踊り」をみんなで踊って先祖に思い馳せました


取材やフェス、igokuの制作を通じて、老いや死は決してネガティなものではないと気づかされました。そして、自分の暮らす地元に、こんなにも魅力的な先輩たちがいたのかと驚かされました。たとえば。

かつての炭鉱町で繰り広げられるレイブパーティ
母ちゃんたちによるコミュニティデザインプロジェクト
シルバーリハビリ体操のカリスマになってしまったお父さん
90歳を超えてヨガを教えるおばあちゃん

暮らしを目一杯楽しもうとする達人たちと出会い、いわきという土地が、まったく違った魅力を放っていることに気づかされました。(それぞれ記事のリンクがついていますので、ぜひクリックして記事も読んでみてください)

igokuでは、そのつど、地域で得られた驚きや感動、学びを伝えてきました。等身大の言葉やデザインが評価され、2019年に開催されたグッドデザイン賞で金賞に選んでいただきました。授章式では、数ある受賞者の中から5団体しか選ばれないファイナリストに残り、日本を代表するブランド企業のプレゼンターとともにigokuの思いを発表することができました。私たちのデザイン力ではなくて、地域の総合力を評価していただけたのではないかと感じています。

90歳を超えてヨガを教えるおばあちゃん。笑い声のひびく、最高の取材でしたグッドデザイン賞の最終プレゼンの模様


いごくの制作を通じて得られたこと

そんなこんなで足掛け丸5年、igokuに関わってきて感じることがあります。自分たちがやってきたことは、地域と自分を接続する、想像以上の力があるのではないか。その魅力やノウハウ、理念のようなものを改めて言語化し、誰もが手に取りやすい「本」の形にすることができたら、皆さんの暮らしを、プロジェクトを、おもしろおかしくするお手伝いができるのではないか、ということです。

ここ最近、igokuに関する講演やトークショーなどに呼んでいただくことが増えました。そこで色々な話をすると、想像以上に皆さんが面白がってくれて、ためになった、勉強になったと言ってくださるのです。たしかに、その時々で得られた驚きや感動は「記事」にはしてきましたが、記事に書ききれなかったものもたくさんあり、それが、皆さんに刺さったのかもしれません。

例えば、デザイナーの高木が手がけるデザインで言えば、一般的な企業のロゴをデザインするときと、igokuのイベントのチラシを作るときでは、気をつかう部分が異なります。いごくは、そもそも行政の案件ですから大きく逸脱することはできません。けれど、「死や老いをポジティブに思考する」というコンセプトを伝えるためには、ギリギリセーフ? アウト? を狙わなくちゃいけません

そのギリギリのラインをどう見極めていくのか。ステークホルダーとどう対話し、その痕跡をいかにデザインに落とし込んでいくのか。わたしたちが直面してきたことは「地域とデザイン」の領域だけでなく、「課題とデザイン」、「行政との協働におけるデザイン」など様々な切り口があるように感じます。


デザイナーの高木による、「いごくフェス」のバナー

いごく編集長だった猪狩は、市の職員でありながらメディアの編集長であり、そこをなんとかのディレクターでもあります。私が市職員の立場で「行政とデザイン」という観点でお話をしたら、これからの地域・行政・課題解決というものを考えるうえで、大きなヒントになるかもしれません。

ライター兼リサーチャーの江尻は、いわきの「ヤッチキ」という伝承芸能についてリサーチをしています。リサーチしていると、その土地の高齢者と出会い、対話し、酒を飲んだり畑仕事を手伝ったりして信頼を深めていく必要があります。その人個人の歴史に迫ろうという江尻のリサーチは、民俗学的でありながら福祉的側面を帯びてしまう。そんなことを書いてもらったら、これは面白い話になるはずです。


市内の文化系イベントで「ヤッチキ」に関するレクチャーを行う江尻

同じくライターの小松理虔は、『新復興論』という著作でも知られていますが、ここ最近、当事者ならぬ「共事者」という概念を発明し、素人や部外者にも、課題に関わる方法があるはずだ、役割があるはずだという興味深い論を展開しています。小松の「共事」の概念は、igokuからも大きな影響を受けているといいますから、彼の語るigoku論は思想や哲学の世界にもつながってしまう、かもしれません。

このほか、これまでに書ききれなかったこと。記事にはならなかったけれど、メンバーそれぞれが学んだこと。大事にしてきたこと。これらをしっかりと文字化し、アーカイブするには、いつもとは違った形で書き残しておく必要があるんじゃないか。それは、書籍、本という形が最も適しているのではないか。そうやって出てきたのが、いごく本のアイデアだった、というわけです。


igokuで知り合った地域の母ちゃんたちと


皆さんへのお願い

そこで皆さんにお願いがあります。本の制作費をご支援いただけないでしょうか。「そこをなんとか」では、自分たちで本を作れるくらいにはお金を稼げるはずでしたが、いまだにまとまった仕事の依頼は舞い込んでいません。大変恥ずかしい話ですが、本の制作費を自己資金で用意することができませんでした。

ですが、もし、本の代金を前もって獲得できたら、資金的にも精神的にも余裕を持って制作することができ、確実に、気合の入った本を皆さんにお渡しできます。そこでお願いです。本の代金を前金でお納めいただき、それを制作費として使わせてください。

本は「書籍」を想定して1冊2000円と考えています。せめて1000人の方にはお届けしたいので、2000円 × 1000冊で200万円が目標額です。が、手数料などもかかるため、200万円を集めても手元に160万円ほどしか残らないため、実際には160万円でつくります。

制作費の主な内訳ですが、取材費・執筆費として30万円。外部有識者への謝礼や原稿料として20万円。デザイン費に30万円。印刷費に40万円(カラーページを多くする予定)。発送費用200円 × 1000冊分で20万円。広報やチラシ制作などで10万円。残りの10万円は予備経費兼「そこをなんとか」の活動費として使わせていただく、というざっくりとした構えをとっております。

前もって、本の目次(予定)もおしらせします。

序章:igokuと共事者(総論:小松理虔パート)
2章:igoku的デザイン論(高木市之助パート)
3章:官民を超える(猪狩僚パート)
4章:暮らしと民俗(江尻浩二郎パート)
5章:寄稿(外部の方から3人程度)
終章:まとめ

そこをなんとかのメンバーには、一人として「専門家」はいませんが、とにかく現場にだけは根ざしてきたつもりです。現場によって叩き上げられた、これまでにない新しい「官民連携論」「市民参加論」「コミュニティデザイン論」「文化論」になるのではないでしょうか、と勝手に期待しております。


リターンについて

リターンは「本」でお返しします。2000円のご支援に対し、本を1冊とメッセージ入りポストカードをお送りします。しかし、実際にはギリギリの制作体制ですので、支援の上乗せも大・歓・迎です。目標は1000冊分200万円ですが、それより多く集まりますよう、よろしくお願いします。


おわりに

クラウドファンディングが達成されましたら、すぐに執筆とデザインに入ります。制作期間はおおよそ半年を見込んでおり、年度内には皆さんにお送りできる予定です。進捗については、こちらcampfireのブログ機能を使って随時ご報告いたします。できるだけ後ろに押すことのないよう、がんばります。

コロナ禍です。皆さまにもいろいろな事情があると思います。よそのクラウドファンディングも数多くありますし、各方面へ支援しているうちに、お財布事情が苦しくなっている人もいるかもしれません。よくわかります。みなさん、それぞれにご苦労もあると思いますが、そこをなんとかそこをなんとかお力添えください。よろしくお願いいたします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください