概要

【結斐(ゆうひ)フェス2021】

日程:2021年8月18日(水)

場所:高山市民文化会館

対象:飛騨地区の学生、地域の方

内容:現役高校生・飛騨出身の大学生による文化祭のリベンジ企画


ご挨拶

こんにちは!

私たちは今夏に岐阜県高山市で開催予定の「結斐フェス2021」というイベントの実行委員会です。飛騨出身の大学生23人と高校生7人を中心に活動しています。

▼結斐(ゆうひ)フェス2021ホームページ
https://sumprojectak.wixsite.com/yuuhifes2021


”コロナ禍で高校生活というかけがえのない時間を奪われた後輩に何かできないか”

本企画は1人の大学生のこんな想いから始まりました。今では高校生に留まらず、コロナ禍で思うように活動できなかった大学生、社会人、地元企業など、より多くの人に勇気や希望を与えられるような企画を創り上げたいと、実行委員一同奮闘しております。

これを読んでくださっているあなたもきっと、

”もっと挑戦したい”
”もっと熱中したい”
”もっとワクワクしたい”

こんな想いを抑え込んだ1年を過ごしてきたのではないでしょうか。

是非、結斐フェス2021を創り上げる「一員」としてお力添えいただけますと幸いです。

 

ではまず、イベントの概要についてご説明します。


このプロジェクトで実現したいこと

結斐フェス2021で実現したいことは主に2つあります。

1つ目は、「高校生への機会提供」です。高校生はコロナの影響で得るはずだった様々な機会を失いました。文化祭をはじめとする行事、部活動の大会、学校での日常生活…。これらを実現できる機会を提供するのが、本企画の最も重要なミッションです。それに加えてもう一つ高校生に提供したいのは、大学生や社会人との交流機会です。私たちの地元「飛騨」はいわゆる”地方”であり、高校生が大学生や社会人と交流する機会は殆どありません。この企画を、より深く自分の人生について考える機会にしてほしいと考えています。

2つ目は、「地域活性化」です。飛騨は観光地であり、コロナの影響を大きく受けています。
「どうせ地元でイベントをするのであれば、何かしらの形で地元を盛り上げていきたい!」そんな思いをもつメンバーが多く、これも本企画の目的の一つとして置いています。

 

企画内容

本イベントでは、文化祭のように様々な企画が用意されています!

例えば…

▼企画のチラシ例
右:海外留学・旅経験者と飛騨地区のALTによる異文化体験コーナー
左:飛騨出身のクリエータ―&現役高校生による作品展


▼目玉企画のMV制作の様子


その他の企画についてもInstagramTwitterFacebook等で随時情報解禁予定です!
ぜひチェックしてみてください!
(フォロー・共有してくださるとすごく嬉しいです。笑)



プロジェクトをやろうと思った理由

プロジェクトの立ち上げは、コロナウイルスの影響で、行事が縮小、中止されてしまった高校生達のために何かしたいというシンプルな思いからでした。

このような状況下では、音楽やスポーツ、舞台と言った、所謂、エンターテイメントに分類されるものは真っ先に制限されてしまいます。しかしエンタメは私たちの生活には欠かせないだと思っています。そして文化祭や体育祭、修学旅行は、学校生活に花を添えてくれる体験・経験で、レベルは違えどエンターテイメントに触れる瞬間だと思います。それが仕方ないからと次から次になくなっていく状況が簡単に受け入れることはできませんでした。

また、私たちの地元「飛騨」には大学がありません。多くの学生が高校卒業と同時に飛騨を離れるため、高校生が大学生と交流する機会は凄く貴重です。今回のイベントを通して多くの学生同士関わることでそれぞれが良い刺激を得る機会になるはずです。私たちは、コロナウイルスによって、大切な人と一緒にいられることは当たり前ではないと知りました。仲間と活動できることに感謝を忘れずプロジェクトを進めていきます。



新型コロナウイルス感染対策について

とはいえ、まだまだ新型コロナウイルスの感染には不安が残ります。
私たちは、何とかこのイベントを実現させるため、感染対策を徹底しています。

日々の活動

実行委員が集まる時は体調チェック、検温をしてもらいます。平熱であること体調に異変がないことを確認してから活動を始めます。活動中は全員マスクを着用し、こまめに換気も行っています。

また使用する建物やスタジオ等も使用前使用後にアルコール消毒をしています。


当日について

結斐フェス2021は岐阜県の「コロナ社会を生き抜く行動指針」に則り行います。そのため高山市が該当する緊急事態宣言が出た場合は中止とします。

ただし、オンラインで開催できる企画については、イベントが中止になった場合でも実施予定です。

イベントの準備段階から当日まで、全員が十分な健康状態で参加し、一人一人が感染拡大防止に努めます。


リターン

今回のクラウドファンディングのリターンは以下のようなものを考えています。
皆さんのご支援お待ちしています!!!


これまでの活動

・2020年夏 立案
・2020年12月 学生による実行委員会発足
・2021年3月 テーマソングMV撮影(飛騨、岐阜、東京)
・2021年3月 飛騨の地元企業へ協賛金のお願い
・2021年4月 実行委員会に高校生を追加
・2021年5月 対談動画撮影

・現在 各企画の準備・運営、オンラインによる定例ミーティング(隔週)


資金の使い道

施設代/¥240,000
音響照明など委託料/ ¥200,000
冷暖房/¥200,000
チラシ/¥20,000
ポスター/¥100,000
チケット作成/ ¥20,000
パンフレット作成/ ¥200,000
各企画運営/ ¥400,000
感染症対策/ ¥100,000
クラウドファンディング手数料/¥70,000

※クラウドファンディング以外に高山市の助成金、協賛金による予算も確保しています。


今後の実施スケジュール

5月上旬  展示・ステージ発表募集
5月中旬 コンテスト開始
6月上旬 MV公開予定
7月中旬 グッズ販売&チケット販売


後援・協力

〈後援〉
・高山市
・岐阜新聞社 岐阜放送
・飛騨のさるぼぼ製造協同組合

〈協力〉
・飛騨信用組合(企画/クラウドファンディング)
・有限会社ブレス(広報・月刊BLESS)


最後に

時間の経過と共に悲しさが薄まって、非日常が日常になって、まるで何もなかったかのように振る舞えてしまう。人間の適応力はすごいものです。でもそれって実は悲しさの根本がなくなったわけではなくて、通り過ぎてしまったことを意図的に考えないようにしただけなんだと思います。

コロナ禍で奪われた一度きりの時間。悲しかった事実や失われた時間をなかったことにはできませんが、社会にとっての新たな希望に繋がるイベントを開催したいと思っています。今なお自粛生活が続く中で、当イベントがより多くの人にとっての希望となることを願って前に進んでいきます。

少しでも共感してくださったら、「結斐フェス2021」をご支援・拡散してくださると幸いです。よろしくお願い致します!

  • 2021/06/02 21:00

    テーマソング「君へ」のMVが公開されましたついに結斐フェス2021のテーマソング『君へ』が結斐フェス2021の公式YouTube、山田あさひさんのYouTubeチャンネルで公開されました。今回、飛騨出身の山田あさひさんに作詞・作曲をしていただくことができ、本当に嬉しく思っています。是非チェック...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください