• はじめまして。
  • 高知県仁淀川町に住む、古城亜希子(フルキアキコ)と申します。


私は、2013年に神奈川県から高知県仁淀川町に移住しました。
もともと満員電車が苦手で、毎日都内まで2時間近くかけて通勤していました。


きっかけは東日本大震災。

もっと自然に寄り添った暮らしがしたいと移住を考えるようになり、
四国にも来たことのなかった私が、今は10年前の自分は想像もしなかった、憧れの古民家カフェのオーナーになりました。

詳しくは、noteにまとめているのでこちらからご覧ください!

地方移住X起業し古民家カフェオーナーになった私の振り返り



ご縁があって、移住したのは仁淀川町は仁淀ブルーと呼ばれるの美しい仁淀川の上流域。
お神楽や平家の落人伝説の残る、昔ながらの暮らしが残る町です。


サラリーマン家庭に生まれ、スーパーで買うのが当たり前の暮らしをしていた私には、

「サラリーマンが少なく、お山のめぐみで豊かに暮らす」

方々に働くという概念も書き換わりました。


70代を越えても現役で、元気に笑い暮らしを楽しんでいる姿を見て、「私もここで暮らしたい」と思うようになったのです。


2013.10月に地域おこし協力隊として移住し、地域のお母さんグループの手づくりこんにゃくを継承しました。
仁淀川町では、おこんにゃくは昔から各家庭で季節の行事ごとにお母さんたちが手づくりしてきたご馳走です。


初めて炊きたての「池川こんにゃく」を食べたとき、こんにゃく芋から作るぷりぷり食感と風味に感動しました。
市販のこんにゃくとは全くの別物です。


お母さんたちは70代を越えており、もうやめるという話が出てきたとき、


「この美味しさを次世代につなぎたい」


と知識・経験全くのゼロから修行し、手づくり手作業の「池川こんにゃく」を継承しました。
生芋こんにゃくは収穫まで約3年、2時間コトコトと炊き、スプーンで皮はぎ作業、、、と、手間暇がかかるため、今では作る人はおばあさん世代のみ。


お山には手間暇かかる手しごと、手作業のほんものが多く残っています。




地域の皆さんにこんにゃくの話を聞くと、

「お祭りやお彼岸など人が集まるときに食べるご馳走だった」

「囲炉裏で田楽にして食べた」

地域のみなさんの思い出とともにある、懐かしのおこんにゃく。


お彼岸やお盆など、帰省の際にもよくお買い上げ頂いています。


2018年には、築約80年の元鍛冶屋さんを
改修し、手づくりこんにゃくと季節の野菜料理のお店

山のめぐみ舎cafe&workshopをオープン。


テーマは”こんにゃく新発見!”


こんにゃくのフライやデザートなど新しい”食べ方の提案”や、
”こんにゃくつくり体験”を通じて『お山暮らしの豊かさ』をお伝えしています。

前回は地元の大工さんとタッグを組み、設計士、デザイナーさんを入れずに
築80年以上の元鍛冶屋さんを改修しました。


土間には薪ストーブ、美しい仁淀ブルーの川に面したテラスもあり、
夏にはすぐ下の川で川遊びも!
お食事のあとも、古民家でゆっくりとした時間をお過ごしいただいています。


オープン以降、

『暮らしを豊かにするワークショップ』をテーマに、

野草教室やヨーガ、音楽演奏会、
店主が10年続けている冷えとり健康法のお話会等々、
様々なワークショップを開催してきました。

が、、コロナの影響で、2020.3月以降のワークショップの開催はゼロ。。。
環境が大きく変わった中で、できることこれからを考え、あたためてきました。




今回、このクラウドファンディングを通じて、
古民家カフェのお風呂を地元産ひのき風呂に改修し、リトリートや宿泊可能な施設にします。


Withコロナ時代に対応し、空間を贅沢に使い、
「一棟貸し」や「リトリート」、「ワーケーション」を可能な施設にします。


この物件が見つかる前の妄想段階から思い描いていたこと。


この美しい仁淀川町の朝も夜の景色や空気も感じていただきたい!」


夜の天の川や夏のほたる、雨の後の霧立ち昇る景色。
昼だけではない美しい時間と景色があります。


最初の改修資金は、地元のこんにゃくを継承したので、
大変ありがたいことに補助金を使わせていただきました。

でも、その予算ではお風呂までは間に合わず、、


ついにこの時がきました!


前回もタッグを組んだ地元の大工さんと地元の檜を使ったヒノキ風呂を作ります。
今以上に素晴らしい場所になります。


また、古民家DIYに参加したいという方にもリターンとして、
滞在しながらDIYできるコースもご用意しました。


この仁淀川町の美しさと澄んだ空気をぜひ、皆さんに体験していただきたいです。


仁淀川町は高齢化率54%(2015年)、森林率は88%
林業研修制度など、山を守ることにも取り組んでいます。



人間より圧倒的に自然が多く、調和した自然の中に身を置くと自分に向き合うことができます。
ありのままの、本来の自分に戻る時間。

ぜひ、川のせせらぎや鳥の声やお山の空気感とともに、ゆったりと過ごす特別な時間とヒノキ風呂を体験しにいらしてください。

 

資金の使い道、スケジュール

◎費用 

 ヒノキ風呂         

 薪、灯油ボイラー      

 工事費用         

 宿泊施設備品  寝具、エアコン等   

 DIY材料         

 リトリート備品      

 簡易宿泊営業許可      

 キャンプファイヤー手数料5% 

 リターン、発送費用    

 Total  500万円


スケジュール

工事期間(DIY含む)   7月上旬

リトリートモニター    7月下旬予定

宿泊受入         8月予定



現地に来られる場合の住所はこちらになります。

山のめぐみ舎cafe&workshop google map

高知県吾川郡仁淀川町岩丸7

高知市内から車で1時間半程度、本数は限られますが高知駅から仁淀川町のバスもあります。
タイミングによりますが、高知駅や最寄りの佐川駅などお迎えも可能です。


リトリート モニターご招待 2泊3日 10万円

1組2-4名様 

◆コロナ対応として、グループでのお申し込みをお願いします。

 

アーユルヴェーダトリートメント(キリ90分)

お食事はからだのデトックスと心を満たす「手づくりこんにゃくと季節野菜のお料理」
圧倒的な自然の中で美しい水の流れる仁淀川町の心地よい時間を体験いただきます。
店のすぐ下の川で川遊びもできます☆

 

今回、トリートメント(オイルマッサージ・キリ)をお願いするのは、
”運よくなるサロン”と噂のアーユルヴェーダサロンえんがわさん。

  

ご夫婦でサロンをされています。とっても素敵な波動のおふたり。
からだもこころも癒やされること間違いなしです。

 

◎【寝室DIY参加券】    5万円

2階の和室を寝室に(畳→フローリング、珪藻土、天井)DIY
地域のDIY名人を監督に一緒にDIYをお手伝い

7月上旬〜7月中旬予定。
食事、宿泊等はつきません。地域のお宿や食事処をご案内します。
地元のキャンプ場もご案内できます☆


◎【山のめぐみ舎 1日貸切券】5万円 

◆有効期限:2023.6月

ギャラリーやライブ、ワークショップ、撮影スタジオ、
習い事(習字、絵画)教室、ワークスペース等

新しい山のめぐみ舎cafe&workshopの使い方を創造してください!
wifi完備、現在のコロナの状況を踏まえ、
4名以上の飲食を伴う内容はご遠慮ください。


◎【仁淀川町のおいしいものセット】 ◆発送時期:2021.10月以降予定

・15,000円コース(税込/送料無料)
専用インスタご招待


池川こんにゃくx2(むく、きび) 、池内製茶さんの池川茶、
幻の日本みつばちの蜜
仁淀川町の季節のお野菜(3種類程度)


・5,000円コース(税込/送料無料) 

専用インスタご招待


池川こんにゃくx2(むく、きび)、
仁淀川町の季節のお野菜(1,2種類)


◎【ひのき風呂とクラフトビール1杯 モニターチケット】 5,000円


仁淀川町に昨年秋にオープンしたムカイクラフトブルーイングクラフトビール1杯ひのき風呂モニターチケット。


薪ボイラーで沸かしたお風呂のお湯はとってもなめらか。

お風呂上がりには、仁淀川町に昨年秋にオープンしたムカイクラフトブルーイングの山からの湧き水で醸造されたクラフトビールをお召し上がり頂きます。


川に面した、テラスでの1杯は最高です!
川遊びのあとにヒノキ風呂も可能です♪

古民家の和室でのんびり、ゆっくりとお過ごしください。

◎応援コースもご用意しています☆

店主からお礼メール、専用インスタアカウントご招待、
店主からの心を込めたお礼動画、仁淀川町の四季の写真集等も。

10万円のご支援を頂いた方には山のめぐみ舎建物内に
5万円のご支援を頂いた方には山のめぐみ舎HPにお名前を掲載させて頂きます。


また、店主からお礼メール、専用インスタアカウントご招待
改修の様子や仁淀川町の日々の美しい景色、店主の思いなどをお届けします。



ここまでお読みいただきありがとうございます!

コロナで大変な思いや不自由な思いをされている方も多いと思います。

その中でも、あたらしい世界を創造するチャンスと感じています。


密から疎へ。

経済や他人優先から自然や自分優先に。


私が感じる仁淀川町の一番の魅力は、昔ながらのうつくしい暮らしが残っていること。

でも、ここ数年でもあっという間になくなっていくものも目のあたりにしています。

薪暮らしやお神楽、自然と共に暮らし、畏敬の念をもって生きること。


このお山暮らしの豊かさをつなぎ、体現し、伝えたいと強く感じています。

山のめぐみ舎カフェをきっかけに、仁淀川町を知ってもらい、来ていただきこのうつくしい町をつないでいきます。


また、今回このプロジェクトをクラウドファンディングにしたのは、山のめぐみ舎の活動を多くの方に知って頂き、ご支援だけでなく、”仲間になってもらいたい”という思いからです。


DIY体験や、リトリートモニターをリターンとして設定したのもそのためです。

こんにゃくつくりやお山暮らし、古民家や薪暮らしに興味のある方とつながりをつくる目的もあります。


お山暮らしの豊かさを体験してみませんか?

インスタライブなどで改修の状況や、仁淀川町の景色などもお届けしていきます。


ピンときた方、ぜひ一緒に古民家改修&リトリートを楽しみませんか?


一緒に古民家改修を体験し、改修後の山のめぐみ舎cafe&workshopにもぜひお越しください。

この場所がさらに素晴らし場所になることがとっても楽しみです!

皆さまにお会いできるのを楽しみにしています☆

最後までお読みいただきありがとうございました。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください