◆はじめに

はじめまして。こちらのページをご覧頂きありがとうございます。

私は「釉 漢方カウンセリング」主宰 山田桂子(やまだけいこ)と申します。

漢方を専門とする薬剤師として、約9年間大手漢方専門店に勤務後、昨年独立しました。

カウンセリング歴は2021年現在で12年目になります。これまでに、のべ15,000人以上に及ぶ漢方カウンセリングを経験してきました。

「釉 漢方カウンセリング」のコンセプトは

「心身の不調を理由に、やりたいことが出来ない、夢を諦めてしまう人をなくしたい。」

漢方カウンセリングに加えて、東洋医学の視点から日常生活で出来る漢方の知恵を発信しています。

実は私自身が、21歳から33歳までの12年間、一度も生理がありませんでした。

「続発性無月経」というものです。

婦人科からは生理の再開は難しいだろうと早期閉経の診断を受けていました。

ですが、漢方の知恵と日々移り変わる身体にコツコツと向き合うことで12年にも及ぶ無月経を克服することが出来ました。

これは私が漢方の専門家だから克服することが出来たわけではありません。

もっと言うと、漢方薬というお薬をただ単に服用したから治ったわけでもないのです。

自分の心と体に向き合うことで自分のバイオリズムを知り、受け入れ、自分の体質や傾向を知り続けてきたからこそ克服することが出来ました。その時に私がやっていたのが「記録」だったのです。

この経験は自分の身体と向き合うことによって「自分の身体は自分で治すことが出来る。」という自信と、生理手帳のヒントに繋がっていました。


◆生理手帳を作った経緯

生理手帳を作ろうと思った決定的なきっかけは、漢方カウンセリングでした。

カウンセリングでは、お客様が一番悩んでいる症状の他にも様々なことをお伺いします。

例えば、便の状態、胃腸の具合、睡眠の質など、一見主訴とは無関係に見える症状や、ストレスのかかり具合や生活習慣まで問診は多岐に渡ります。

その中でも、女性には必ずお伺いすることがあります。

それは女性特有の「生理現象」である「生理」についてです。

しかし、直近の生理についてでさえ、答えられる人は意外と少ないのです。


生理痛に悩んでいるお客様に

「生理周期は何日ですか?」「経血はどんな色ですか?」「生理痛はどんな痛みですか?」

そうお伺いしても

「・・・・。」

黙ってしまう方が多かったのです。

治したい気持ちはある。でも現状を知らない。

というよりも、何をどのように把握したらいいのかわからないのだと思いました。


実はこの手帳・・・私が欲しかったんです!(※画像は私がアレンジした手帳です)

より詳しくお客様の状態を時系列で読み解き、治療計画を立てるために私が欲しかったのです。

手帳が完成する前から、自分のスケジュール帳に体調を記録して来られるお客様が多かったのですが、体調記録専用のこの手帳が完成すると、よりスムーズにカウンセリングができたのです。

時系列に合わせて体調を読み解き、生理周期に合わせた養生法の提案や治療方針も立てることができました。何よりもお客様ご自身も、自分のバイオリズムを一目で見て、客観的に把握することができたのです。

「これが自分で出来たら・・・。」嬉しくないですか?


世の中に素晴らしい健康法はたくさんあります。

東洋医学の世界にも、薬膳やツボ、季節の暮らし方など、本当にたくさんの知恵があります。

「自分の身体を大切にしたい、少しでも健康で美しく元気にいたい。」

そう思う方は、知識を得て生かそうと頑張ります。そもそも頑張っているんです。

でも

「たくさんのいい方法があるのはわかるけど、そもそも自分に合うものがわからない、そもそもコロコロ変化する自分の体質がわからないし追いついていけない。」

さらに

「良いのはわかっているけど、出来ない!!!」

知識を得た方こそ、こんな壁にぶち当たることがあるのです。

もちろん、手帳を書けばすぐに自分のリズムがわかるというミラクルCではありません。

体質改善と同じで、毎日コツコツ継続する必要はあります。

ただ、自分で自分の体質を読み解く方法は一生ものです。

自分の身体の読み解き方がつかめてくれば、対策は選ぶだけです。


自分の生理現象を把握し

より良い過ごし方やベストなリズムを知り

自分の身体を自分で読み解く力をつけてほしい。

そして大切な夢や願いを叶えて欲しい。


自分はどういうパターンで生理現象が起きているのか、客観的に自分のバイオリズムを知ることができるツールとしてオリジナルの生理手帳を作ろうと思いました。


◆ 「生理」を重要視する理由

どうして生理の状態が大切なのか。

それは生理は女性だけに与えられた、自分にとっての心地よい生き方のリズムを教えてくれるものだからです。

女性の身体は、生理を通して様々なサインを出してきます。

ですが・・・

生理痛などの生理に伴う不調によって「生理は煩わしいもの」と一括りし、その場しのぎの対処で毎月をやり過ごし、治すこと自体を諦めている人も多いのです。

これは非常にもったいないことです。

生理は、女性の1ヶ月の過ごし方や心の持ち方を最もわかりやすく客観的に物質化して示してくれるのです。

生理周期、経血の状態、生理痛の有無、排卵時の体調、PMSの状態、メンタルの状態。

これらは全て、女性がより良い人生を過ごしていくために必要なヒントがたくさん詰まっています。


生理に伴う不調は、女性にとっては一番身近な生活習慣病のようなもの。

生理痛をはじめ、生理に関する悩みは生活習慣を見直すことで面白いほど変化があらわれるのです。

一時的に辛い気持ちや悲しい気持ちを隠したり、身体に無理をきかせることが出来ても、生理の状態は隠せません。

そうなると、「生理は邪魔なもの」ではないですよね。

自分のベストなリズムを知らせ、より良い生き方へのきっかけをくれる毎月の習慣なのです。


◆お客様の声

「1ヶ月のリズムを知るために自分に意識を向けること」を

お客様に意識していただくと、徐々に明らかな変化が見られました。

自分の症状について答えられなかったお客様が、手帳に記録して報告してくれるようになったのです。


「自分の体調の変化をただ『見る』だけでなく、『観察』するようになり、自分と深く向き合うようになりました。

どういう食事が多かったのか?その時のお通じや生理はどうだったのか?顔の吹き出物はどこが出やすいのか?小さな変化でもメモを取る習慣がついたおかげで、身体の癖がよくわかるようになりました。」


これはお客様に頂いた感想です。

自分で生理の状態を記録し、客観的に日常生活を振り返り、体調に合わせて養生をするという良いサイクルが生まれたのです。

私は多くの臨床経験から、自分の体調の変化に目を向け、自分の身体を知ろうとし続けている人が症状の改善が早いことを改めて確信しました。


お客様の使用例 ※掲載の許可はいただいております



◆自分だけの「取扱説明書」が出来る

この手帳を通じて実現したいことがあります。

それは、自分だけの「取扱説明書」を作ってもらうことです。

自分の身体を自分で読み解ける力をつけるきっかけになれば、もう言うことはありません!

身体を変えるためには、自分自身が自分を知ることが、どんなことをするよりも近道になります。

何より、どういう生活をしてどういう食事をとり、ストレスの有無でどう体調の変化が出るのかわかるようになると、自分の取扱説明書ができたようで、どんな状況でも安定した生活を送れるようになります。

それは不調が出ない、病気にならないということではありません。

ただし日頃から自分に意識を向けておくと、日常の些細なサインに気づけるようになる。

そうすると当然早く対処することができます。


いつもより肩が凝る。

いつもより胃腸が疲れてる。

いつもより肌が荒れている。


まずは症状を淡々と受け止める。(手帳に書き留める。)

そして日常を振り返り、コツコツ出来ることをする。

その積み重ねで対処法を知っていく。


この繰り返しによって、症状が出ても無闇に慌てる必要がなくなります。

「症状が出ても大丈夫。」

これは、自分で自分の整え方を知っているからこその自信です。

これは漢方でいう「未病」の本質です。

日常の小さな症状(サイン)に気づき、対処をすることは予防医学である漢方の基本です。

些細な体調の変化を知ることで大きな病気を未然に防いだり、早期発見にもつながります。


◆手帳は「病気の記録」ではない

ここで一つ注意点があります。

この手帳は、身体の不調だけを書く手帳ではありません。

体調が良いときも、ぜひ書いて欲しいのです。

この手帳は、書くことを通して、自分の身体のリズムを知り、自分の身体に向き合うための手帳です。

良い時もイマイチな時も、自分のバイオリズムを知るための大切な情報です。


例えば・・・

生理中に無理をすると疲れが抜けにくいな。

生理前はイライラよりも不安感が多いかも。

排卵日付近はだるくて眠くなるかも。


これは現時点での自分の傾向ですよね?


ただ、年月を重ねてじっくり観察すると、こんな傾向も見えてくるはずです。


生理中は早めに寝ると調子が良い!

生理前の不安は、生理が終われば忘れる程度のことが多い!

排卵日付近は、スケジュールを詰めこまないほうが生理痛が気にならないかも。


こうして、自然と自分の身体が必要としている暮らし方が掴めてきます。

こんな風に、自分だけの「取扱説明書」を作ってほしい。

繰り返しますが、自分の身体を自分で読み解ける力を、伝えて行きたいのです。


長年カウンセリングに通って下さるお客様の厚みがあるカルテを見て思います。

このカルテには、お客様が自分の身体を向き合ってきた大切な歴史が詰まっているなと。


この手帳も同じです。


自分自身が自分の心と身体のために向き合ってきた記録は、かけがけのない大切な財産となるのです。


◆手帳に書く時間は自分と向き合う時間です

アプリでの体調管理が主流の中、どうして手書きなのか?

それは自分に意識を集中するきっかけにして欲しいからです。


自分の手を使って、文字にして「書く」「記録する」という行為は、自分の体調を丸ごと受け入れるということ。


「今日の体調はどう?」

「今日はどんな気分だった?」

そう自分の身体に意識を向け、労わる時間はありますか?

たった5分でも、この時間を作ることは健康で美しく生きるための第一歩に繋がります。


身体は正直だということは誰でも一度は体験していること。


身体の中から根本的に変えていくというのは

今まで無関心だった自分と向き合直すことが必要なのです。


◆手帳の中身

実際に生理の何を記録するのかが、何が大切なのかわからないですよね。

経血の量や色、塊や生理痛の有無などを簡単に記録できるシールを作りました。

専門家の視点から見て、必ず把握してほしい情報を漏れなく記入しておくことができます。

このシールを使って生理を記録すると生理の状態をきちんと把握できます。


生理の状態だけではなく今日の気分、就寝時間、便の状態を書き込めます。空いたスペースには、頭痛や肌の状態など自分が気になっている身体の状態を自由に書き込むことができます。


記録をつけ始めたばかりの時は、何を書いたらいいのかわからないかもしれません。

そんなときは、自分に質問を投げかけてみてください。


・お通じはどう?

・今日の気分は?

・今月の生理はどうだった?

・頭痛の頻度は?どんな時に、どんな痛みがある?

・食欲はどう?


こんな風に自分で自分に質問をするたびに、無意識にスルーしていた身体からのサインがたくさんあることに気づきます。

そして徐々に、「〇〇のときは調子が悪いから気をつけよう」「私の生理前はコレ!!」というように、自分との付き合い方がわかってきます。


◆summary

生理周期を1年分書き留めて簡単に比較できるページがあります。その月の生理期間の体調変化や経血の状態をより細かく記入することができます。1年間の体調をひと目で振り返ることができます。

使用例


◆月間スケジュール

生理の状態だけではなく今日の気分、就寝時間、便の状態を書き込めます。空いたスペースには、頭痛や肌の状態など自分が気になっている身体の状態を自由に書き込むことができます。 体調のリズムにあわせて予定を立てることも手帳を使い続けるとできるようになります。


使用例


◆メモ

ドットのメモページが20P!線を引いたり図を書くにも便利なページです。

食べ物を記録したり、日々のルーティンの記録に活用したりとお客様によって様々です。

カウンセリングの記録を書いている方も多いです。

◆健康で美しく生きるヒントがつまった豊富なコンテンツ


◆手帳、生理記録シールの外見


◆資金の使い道 

頂きましたご支援は、以下に充てさせていただきます。

・2022年度版 手帳作成費用(デザイン、印刷代など)

・広告費用(雑誌、WEB、SNSなど)

・PRサイト作成(LP、特設サイト運営など)

・ご支援いただいた方への手帳の郵送代

・セミナー開催費用(開催形式は未定、場所代、告知、動画編集代など)

・CAMPFIREの手数料


◆2022年度版 手帳の構想

この手帳を発売する前に、以前の私と同じように無月経で悩んでいる方や、閉経を迎えた方から

「生理がないけど使っていいの?」という問い合わせが複数寄せられました。

もちろん、答えはイエスです。

私自身が生理がない時から体調を記録をして自分のバイオリズムを読み解いていました。

生理は生理現象の一つ。

日記のように自分の生理現象を見つめ、きちんと向き合うこと。

これは生理が有る無しに関わらず大切なことだと思うのです。

2022年版の手帳は、無月経の女性や、更年期の女性、閉経後の女性など。

女性の一生をサポートできるよう「生理」の視野を広げて制作していきたいと思います。


◆リターンの「手帳相談」について

今お悩みの症状や生活サイクルをお伺いし、今後手帳に記録すると良いポイントをお伝えします。

「何をどう書いたらいいのかわからない。」

「最低限何を書いたらいいのか。」

手帳相談を受けていただいてから手帳を使うことで、自分の悩みに合わせた記録が出来ます。

すると、より効果的な振り返りができ、自分の身体と向き合いやすくなります。

※法令に基づく医療、診療行為ではございません。効果には個人差がございます。


【手帳相談の流れ】

①現在の体調のお悩みをヒアリングさせていただきます。(ヒアリングシートをお送りいたします)

②オンラインカウンセリング(zoom/約60分)にて、補足事項のヒアリングと、漢方の視点から見た体質のフィードバックを行います。

③今後、手帳に記録いただきたいことやポイントをお伝えします。

※男性の方はプレゼントされる方でも可能です(パートナー等)


◆リターンの「お悩み別 季節にあわせた生活のアドバイス」について

人間は自然の一部です。

漢方では、本来の自然界のリズムに合わせて生活することが「自然」であり、健康的であると考えます。

今回のリターンでは、季節の過ごし方の中でも「一番のお悩みに合わせたアドバイス」を提供させていただきます。

季節は「春、夏、秋、冬」

この4つの中からお選びいただけます。(50,000円の場合、80,000円の場合は全ての季節です)

◯ 選び方のヒント

・毎年体調を崩しやすい季節

・忙しくなる季節

・好きな季節

・比較的体調が良い季節 など

お悩み別に気をつけてほしいポイントを知ることで、より快適に過ごすためのヒントが得られます。

※法令に基づく医療、診療行為ではございません。効果には個人差がございます。


【お悩み別 季節に合わせた生活のアドバイスの流れ】

①季節を1つ選択していただきます。(50,000円の場合、80,000円の場合は全ての季節です)

②アドバイスシート(A4サイズ1枚〜)をお送りいたいます。

※男性の方はプレゼントされる方でも可能です(パートナー等)


◆最後に

生理に伴う不調というのは、女性にとって一番身近な生活習慣病です。『Know yourself~生理を知ることで自分を知る 心と体を整える1ヶ月の過ごし方 2021~』は、自分の生理や体調の変化を記録し、振り返り、向き合うことで、自分との上手な付き合い方がわかる手帳です。

また、今後は生理の有無に関わらず、すべての女性に、自分で自分の身体を気にかけてあげることへの安心感を味わってほしいと願っています。

私の思いに共感していただける方のご支援を承りたく、どうか応援していただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。


◆作者について

山田 桂子(やまだ けいこ)
1985年生まれ。漢方カウンセリング「釉」主宰。薬剤師、漢方カウンセラー、望診カウンセラー。漢方専門店に9年間勤務し、女性疾患をはじめ、のべ1万5千人以上の漢方相談に応じてきた。



ブログ:https://ameblo.jp/keaopono/

Instagram:https://www.instagram.com/in.yu.kampo.yojo/

HP:https://yu-kampo-yojo.com/

(運営会社:ミスターライト合同会社 https://www.mr-right.co.jp/)


<All-in方式>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください