大塚のボルダリングジムBeamをリニューアルし

誰もが気軽に、楽しくスポーツを体験できる場所を作る


はじめに・ご挨拶

はじめまして!

今回のプロジェクト主催させていただきます、

渡邊史郎といいます!

私は普段、トレーナーとして、

アスリートのケガ予防

パフォーマンスアップを仕事にしています。

10年間スポーツ指導に携わり、

トレーナーとして様々な

スポーツ選手のサポートをしてきました。





僕の現場では、無名の選手が全国優勝をしたり、

怪我を乗り越えてW杯でメダルを獲得したり、

沢山の感動的な場面を見させて頂きました。


しかし、選手の活躍どころか、

競技のルールもよく知らない人が多いことに

悔しい想いをしたことがあります。






そんな経験からか、

スポーツを通して出会った仲間たちと

マイナースポーツをどうやったら盛り上げられるかということで

各種イベントを主催してまいりました。


今年2月に行ったマイナー競技認知度爆上祭では、

31競技、250名集いました。

(※オンライン込 写真はオフライン参加者)





ご参加いただいた方からは

「名前は聞いたことがあったけど、こんなスポーツだとは知らなかった!」

「ぜひ実際にやっているところを見てみたい!」

「やってみたいけど、どこでできるの?」

とご好評の声をいただきました。




選手達からも

「自分たちの活動を

もっと多くの人に知ってもらいたい

「他競技の人との交流から

新たなアイディアが生まれた

など反響をもらいました。




日本には、世界で活躍しているにも関わらず

全く知られていない競技や選手が

思った以上に多いです。

そんなアスリート達が

知られる機会を作りたいと思い、

今回様々なご縁の元、

大塚のボルダリングジムを

マイナースポーツのメッカ 

する決断をしました。



このコロナ禍やオリンピック前に、

スポーツや自分と向き合う

時間が増えた人がたくさんいると思います。

僕もその1人です。





マイナースポーツや次世代スポーツを

知って欲しいというのはもちろんありますが、

まず「楽しい」ということを

皆さんも体験してみてほしい。

そして、この一年、悔しいという想いをした人、


新しいことに一緒に挑戦してみてほしいです。

ぜひ、よろしくお願いします!







どんな企画になるか

大塚駅の徒歩3分のところにこのコロナ禍で未使用になってしまったボルダリングジムがあります。



今回、そちらを使わせていただき、

各スポーツの体験会や教室を開催します。

現時点で

10種類ほどのスポーツが体験できる

空間になります。

テレビでチラッと見たあのスポーツが

簡単に教えてもらえたり、

身体を動かさなきゃなと思いつつ、

激しい運動が苦手な人も、


全員初心者の状態で気軽に

一緒に楽しめる空間 を作ります。

いろんなスポーツがありますので

ぜひ一度だけでもご覧いただければと思います!






本プロジェクトを一緒に盛り上げる仲間
【SASSEN】 

▼本村隆馬(もとむら りゅうま)

一般社団法人 全日本サッセン協会 会長 

IT を使ってサムライの勝負を現代に再現した次世代スポーツ 

SASSEN(サッセン)の創業 メンバー。

幼少期から実家の空手(武術)道場で武術を学ぶ。

平成28年に、道場で行われ ていた護身術の一つだった

サッセンをデジタル技術で

正確な判定ができるスポーツとして

共同創設。



『審判は、スマホ一台。』


IT 技術でサムライの真剣勝負を

再現した次世代刀スポーツ

SASSEN(サッセン)



どちらが 早く当てたのかを機械判定できる、

圧力センサー内蔵の「SASSEN 刀」を使って戦う

エンタメ系デジタルスポーツ。



また、年齢性別やハンディキャップの

有無に関わらず一生涯楽しめる

生涯スポーツとしても楽しまれている。


発祥の地、福岡県北九州市と

東京都秋葉原を中心として

全国に普及するために活動している。

まずは全国47都道府県に拠点を作り、

全世界へ展開していきたい。

将来的には、子供 達が近所の公園で

当たり前のように SASSEN をするために

集まっている光景を作ることが目標。




【モルック】

▼河野靖信(かわのやすただ)

日本人初のモルック世界チャンピオン


2019年にフランスで開催された

世界大会出場を期にモルックの競技性、

可能性に魅せられる。

日々選手として技術向上と普及活動を続け、

2020年オンライン世界大会(シングルス)で優勝。

チームでの世界大会優勝を狙えるチーム

「RATEL」の結成。


池袋を拠点としたモルック団体

「エニタイムモルックジム」を設立し、

体験会や練習会、

日本最大のシングルス大会開催などを企画運営。

フジテレビ「キラビト!」への出演や、

各種ラジオでモルックの魅力を発信。

また、日本モルック協会(JMA)

メンバーとしても普及活動を行っており、

日本での世界大会開催や

パラリンピック種目への登録を目指している。


▼みづき

みづき(女優、和太鼓奏者)として活動しております!

SAKURAN333(JMA公認)モルックチーム所属

池袋西口を拠点とするモルックチーム

サクラントリプルスリーです。

私達はほとんどが芸能活動してるメンバーで

芸人、俳優、女優、パフォーマー、ダンサー、

アスリート達で結成されてるチームです。

日本でモルックを広めるたい気持ちで、毎日活動しております。


世界で通用する技術のレベルアップ目指し、

東口のエニモルさんと一緒にモルック界を盛り上げます。

マイナースポーツモルックのイメージを打ち破りたい。

今後また大会が再開し始めたら、トップ目指します!


また今後は障がいをお待ちの方々の施設で

体験会やらせてもらったり、

我がチーム所属の車椅子アスリートメンバー達と

福祉業界でも盛り上げていきます



あした、日本代表になれる


それが「モルック」です。

モルックはとても簡単なルールで

老若男女問わず気軽に楽しめます。

フィンランドのカレリア地方の

伝統的なkyykkäというゲームを元に

1996年に開発され、

母国フィンランドでは、

サウナとビールを楽しみながら

プレイする気軽なスポーツです。

最近では芸能界でも

モルックをプレイしている方が多く、

多数のメディア露出により、

認知度及び競技人口が爆発的に増えています。






【e-sportsBIKE】

▼近藤忠(こんどうただし) 

株式会社Metra 代表取締役

「e-sportsBIKE」という

競技の普及活動を行っております。

オンラインで自転車を活用する

ソフトを使って、サイクリングや

レースイベントを開催して普及に努めております。

自宅に居ながら、友人・知人以外にも、

世界中の人と一緒に楽しむことが出来ます。

新しい「フィットネス」

「コミニケーションツール」として注目をされて

来ております。




スポーツ庁を始め、

行政からも注目・応援されてきている事業です。

健康維持の観点から、

介護施設や障害支援施設からも

問い合わせを受けております。

「自転車に乗る」という行為は、

多くの人が行える動作です。

「e-sportsBIKE」は、

天候や転倒による怪我の心配が少ないスポーツです。

普及活動を行い、年齢を問わず、

健康維持をしながら、

日本と世界が繋がれるように努めたいと思います。






【スポーツ指導超会議】 

▼東信幸(あずまのぶゆき)

株式会社HATHM代表取締役

「スポーツ指導超会議」というアスリートやスポーツ指導者

関係者が相互に情報共有する

オンラインサロン運営をしております。

私自身が、運動音痴から運動センスを身につけ、

フィギュアスケートで東京都の

特別強化選手になれた経験から、

スポーツは

「できない」を「できる」に変える

教育ができる最高のツール

だと確信しています。


「スポーツ指導超会議」では、

「全てのスポーツ指導の基盤を創る」

という理念のもと、

様々な競技者や専門家の力を持ち寄って、

スポーツ指導全体のレベルを向上させること。


そして、スポーツ業界から

外の業界に発信していくことで、

スポーツビジネスを発展させる活動を

行なっております。

大塚のボルダリングジムでは

スポーツに携わる様々な方々と一緒に、

スポーツの魅力を形にして、

子供たちの教育や、

地域活性化、健康促進など、

スポーツからでしか創り出せない様々な

価値をコンテンツにして、

地域の皆様にワクワクを

提供していきたいと思いますので、

よろしくお願い致します。





資金の使い道・実施スケジュール

2021年7月1日大塚Beamリニューアルオープンを

予定しております。

各広告の掲載は8月1日より実施

各教室は7月1日より随時実施してまいります。



最後に

未だかつてない、たくさんのマイナースポーツが

楽しめる場所としてのリニューアルオープンに向け

大塚Beamの再スタートを一緒に体験しませんか?

みなさんのご参加をぜひお待ちしております!





大塚BEAM

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目36−7 T&Tビル1F

TEL : 03-6907-0860

大塚駅より徒歩5分

https://beam-toshima.com





このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください