高千穂町市街地の中心部にあるシェアスペース、360(さんろくまる)。雑居ビルの1F、手作りの小さな空間ですが、小さなキッチンもついて飲食店の営業許可を取得済みです。平日の夜や休日にこのお店の店長になれる権利を販売します。メニューもコンセプトも、店長次第!

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

こんにちは。株式会社ランバーミルの伊藤です。2度目のCampfireチャレンジになります(前回)。今回ご紹介するスペースは私たちが高千穂町に拠点を置いていた頃に立ち上げたもので、事務所・飲食店用の賃貸物件を少しずつ改良して作ってきたものです。「日替り店長」の仕組みがあって、誰でも登録したら、お店に立つことができます。詳細は、お店の紹介(下記URL)を覗いてみてください。

https://360.lmlab.net/about

▼このプロジェクトで実現したいこと

まずは、こういう仕組みにチャレンジしているお店がある、ということを知って遊びにきて頂きたいという思いがあります。そして、店長、またはそれをサポートしてくれる人をたくさん集めたいと考えています。

現在、平日の昼間は事務所・ワークスペース・エステサロンとしてそこそこ稼働していますので、稼働率の低い平日の夜や休日をメインに使ってみたいという方にぴったりだと思います。稼働率を上げながら、次の設備投資のための資金を少しでもプールできるような体制を目指します。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

職業柄、ハード(お店そのもの)よりもソフトウェア(そこで人やモノが回転するための仕掛け)に興味があります。この頃はすっかり浸透してきましたが、AirbnbやUberのようなシェアリングエコノミーを飲食店という形態でやってみたいと思い立ったことがそもそものきっかけです。

 実は、大阪には既にこうした「日替り店長カフェ(バー)」が点在していて、そこに集まる魅力的な人たちに憧れた部分もあります。「カフェを持ちたい!」「バーカウンタの中に立ってみたい」という夢を部分的に叶えてくれるし、お客さんと接してサービスを提供し、お金を頂くという(商売をしている人には当たり前なんですけれど)勤めているとなかなか実感のできないリアルな部分を多くの人に体感して貰えるから、ということもあります。

大阪の日替りマスター制バー Common Bar SINGLES - http://singlesfan.com/

▼これまでの活動

入居にあたって、和式だったトイレを洋式にリニューアルし、バーカウンタをつけました。その後、自分たちで外壁の塗装をしたり、机を自作してみたり。予算が出来たら、キッチンももう少し本格的にしたいなとも考えています。

店長として登録すると予約ができるウェブシステムを構築しました(上記URL)。SNSと連動してお店の開店状況をリアルタイムに確認することが出来ます。店頭のサイネージとも連動していて、急なお知らせなどもリモートから随時に掲載することが出来ます(管理者のみの機能)。

▼資金の使い道

プロジェクトが成立した場合、店舗運営の費用(家賃・水道光熱費etc)に充てながら、次に向けた構想を練りたいと思います。店長とお客様と双方がある程度揃った方がいいな、ということで今回は、All-or-nothing方式とさせて頂きました(目標額に達しない場合は全額返金されます)。

▼最後に

お店を出してみるというのは、どう考えても大変だし、儲けを出すなんて素人にはほぼ無理です(あ、言っちゃった)。でも、とにかくやってみて動いてみて見えてくるものは必ずあります。一番大きいのは、いつでも前向きに生きている人たちと次々に出会えるチャンスが得られるということ。あなたの知らない世界観に絶対出会えます。

  • 活動報告

    場を共有するために(2)

    2017/09/20

    今回は、(入口の)鍵の管理について。最近だと、スマートロックというものがあって、スマートフォンを鍵として利用することが出来ます。解錠・施錠を誰がいつ…

  • 活動報告

    場を共有するために(1)

    2017/09/18

    ”着眼大局、着手小局” このプロジェクトの目的の一つは、シェアリングエコノミーの実験です。今までとは違う信用の構築が今後どんどん加速する…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください