みなさま、はじめまして!  

発案者の 現役高校3年(17歳)の西野天翔と申します。

中学3年の時に海外に旅行をしたすぎて

学校をサボらずに海外旅行に行ける!という理由で通信制の高校に入学しました  

入学してから一年間で

🇺🇸 🇹🇭 🇦🇺 🇭🇰 🇨🇳 🇮🇹 🇬🇧🇻🇦 🇫🇷 🇻🇳 🇮🇩 🇲🇾 の12の国と地域に一人旅をしました!!

その一人旅で『英語を勉強して現地の人ともっと会話をしてみたい!』と思い

マレーシアでの語学留学を計画してたのですが新型コロナウイルスで断念。

じゃあ海外旅行に行けないなら国内を旅しよう!

そう思い日本中を旅行しまくりました!

その旅行でたくさんのホテルや旅館に宿泊し、たくさんの施設デザインを見ていく中で

この旅行経験を生かして将来的には自分で宿泊施設を作りたい!そう考えていた

ちょうどその時 Instagramで海外のコンテナ建築の投稿を目にしました。


15歳の冬に、ヨーロッパ3カ国をひとり旅をした時にイギリスのロンドンで

コンテナ建築を目にしたことはあったのですが、

コンテナ=狭くて暗い というマイナスな印象が強く

日本でも見たこともなかったので、その当時は全く興味を抱かなかったのですが

Instagramでコンテナ建築の内装などを見たときに窓が大きく

室内も明るかったのでとても広く感じ

投稿を見たその瞬間からコンテナ建築に対しての印象がプラスに変わりました!


そこで、日本でもコンテナを使用した宿泊施設を作ったら

斬新で面白い!絶対に流行る!そう思い発案したのが


日本初!学生による40ftコンテナを使用した
コンテナグランピング施設 🏕




でもなんで、コンテナでグランピング施設を作ろうと思ったのか?

それは、世界を見ていくとグランピング形態は日本で多いテント形式ばかりでなく、キャビンやコテージ

ツリーハウスやトレーラーハウスなど色々なものが活用されています。


重鉄骨で耐震強度も高いコンテナハウスは、コンテナそのものの、デザイン性の高さからもグランピングやキャンプなどにも非常に相性がいいんじゃないのかな?そう考え、今回のプロジェクトを発案しました。

しかし、、

コンテナ建築のことについて詳しく調べたところ日本の法律上、輸送用の海上コンテナ(ISO)だと建築基準法に違反してしまうので日本では海上輸送用コンテナ(ISO)を使用できないとのことで諦めかけたところ

日本の建築基準法に適合する建築用コンテナ(JIS)があることを知り詳しく調べました。


建築用コンテナ(JIS)は輸送用海上コンテナ(ISO)より3倍ほど金額が高いのですが

構造体が日本の建築基準を満たしており日本で建築確認を行い、確認済証の交付を受けることができるので、法律上問題なくコンテナを建築物として使用でき

尚且つ、コンテナ建築は数ある建築方法の中でも最も強固な構造体を使った建築物であるので

災害時なども安心して使用していただけるそう思い建築用コンテナを使用したグランピング施設の発案をしました



< 施設デザイン >

『  The rakotan  』をデザインして頂く中で特にこだわりを持ったところは

・コンテナのシンプルで無骨なイメージを最大限に活かしたデザイン

・最大定員10人という他のグランピング施設にはない広さ

・敷地内に2棟だけの特別感

・共有スペースを無くすことで出来るプライベート感

・自然に溶け込む美しい施設デザイン

・ゆったりと休めるスペース作り

・わんちゃんも快適に過ごせる設備


この7つに特にこだわりを持ちデザインして頂きました。


 説明文だけだと、施設のデザインやこだわりの設備の魅力が100%伝わらないのでここからは

イメージCG図をお見せしながら

コンテナグランピング 『 The rakotan 』の魅力をお伝えしたいと思います!!


< エントランス >

2台分の駐車スペースに、大きな玄関スペース

コンテナの無機質でシンプルな特徴を活かし、シックで高級感のある外観。


< キッチン&ダイニングスペース >

シンプルなキッチンに温かみのある木製テーブル、床から天井の高さの大きな窓

雨の日や、冷え込みの厳しい朝晩に室内でゆっくり食事したり

外で子供達が遊んでる合間にお父さんがテレワークをしたりと、使い方は無限大です!

※イメージ図では椅子は4脚ですが、実際は6脚の予定です。


< ダイニング&リビングスペース >

床から天井の高さまである開放感のある大きな窓

この大きな窓のおかげでコンテナのデメリットである狭さをうまくカバーできました。

リビングスペースは木材を多く使い、爽やかで明るい印象の家具を採用しているので

清潔感もありとても過ごしやすい作りになっています。

天井は約2.8mあるので、実際の平米数より、より広く感じていただけると思います。


< 寝室 >

寝室は頭元や天井に窓を採用することにより、2段ベットの閉塞感をなるべく軽減し

囲まれてる安心感で快適にお休みいただけると思います。


< 洗面室&シャワールーム >

洗面室には清潔感のある独立洗面台を採用し、鏡も大きく明るいので女性の方にはとても嬉しい設備だと思います。

お手洗いは洗面室と別室にすることで、シャワー使用中でも気兼ねなく使用できます。


1番のこだわりは屋外にあるアウトドアバス!!!

 

コンテナは面積が小さく室内にバスタブを設置すると室内有効スペースが減ってしまうので

半露天風呂(アウトドアバス)を採用しました。

日本人は浴槽に浸かる方がとても多く、おむつの取れてない小さなお子様がいるご家庭は

大浴場が併設されてるキャンプ場やグランピング施設でも、そもそも入浴ができなかったり

他のお客様の視線が気になってゆっくり入れないなど

今までキャンプやグランピングを諦めてた方にはとても助かる設備だと思います。

※現在のイメージCG図ではアウトドアバスの目隠し壁が一部分しか無いですが、実際には全面に目隠し壁を設置する予定です。



実際、自分には1歳半の弟がいてベビーシッターとして親の出張などに同行することがあるのですが

弟をお風呂に入れる時に3点ユニットバスのホテルだととても入りにくく

リラックスして入浴できないことが多々あり、ゆったりと浸かれる浴槽は絶対に採用したい設備でした!

   15歳離れた弟 けんと(1歳半)



 < ウッドデッキスペース >

ウッドデッキスペースは 3m × 10m(30平米)と大きくスペースをとり   

アウトドアソファーや大型BBQグリルを採用し大人数でも問題なくBBQをお楽しみ頂けます。

猛暑日や雨天時でもBBQをお楽しみいただけるようタープもご用意させていただきます。


日が落ちた後も照明がございますので安心してお楽しみいただけます。

階段には足元を照らす間接照明を採用したので「足元が暗くて転んでしまった」など防げると同時に 

とても高級感があるデッキになったと思います。


< グランピングテント&ファイヤーピット >

コンテナ棟の芝生広場の敷地内にグランピグテントとファイヤーピットを導入しました。

グランピングテントは4人が宿泊可能で 例えば、子供たちだけテントに寝て大人はゆっくりコンテナ棟で寝るなど色々な滞在方法が可能となります。

テントとコンテナ棟で合わせて10人が同じ敷地内で宿泊が可能になり

家族ぐるみでの旅行や3世代旅行、女子会や友達との旅行、2棟貸し切っての社員旅行など柔軟に対応致しますので、多様な滞在が可能になります。

芝生スペースはプライベートスペースとなっているのでわんちゃんもリード無しで走り回れます!


ファイヤーピットでは お子様などと一緒に火の危険性を学びながらマシュマロ焼きや、焼き芋なども体験頂けます。 

さらには、火は見てるだけでストレスが軽減されるので

みんながリラックスしながら集うスペースになったらなと思いこのスペースを設けることにしました。


< 平面図 >

こちらがコンテナ棟の平面図となります。1ヴィラの専有面積は約400平米

(コンテナ面積約28平米 ウッドデッキ面積約30平米)

< わんちゃんについて >

ペットはわんちゃんのみコンテナ内で宿泊可能です。

小型犬 2匹まで

中型犬 1匹まで

大型犬 は要相談となります。

宿泊料金は一匹につき1500円

わんちゃんの宿泊は一棟限定とさせて頂きます。


※宿泊できるわんちゃんは無駄吠えをしない、トイレの躾ができている

狂犬病予防注射やワクチン接種済であることが条件です。

快適なご旅行の為にもよろしくお願いいたします。


< メンバー >
工藤 圭八(21歳)

・1999年8月生まれ    ・東京都大田区出身

趣味は DIY作業 旅行 バスケ 散歩

日本人の母とミャンマー人の父を持ちましたが、

ミャンマー語は全く喋れません!

たとえ、言葉が通じなくても来て頂いたお客様全員に笑顔で「また泊まりに来たい!

そう思っていただける接客で皆様をお出迎えいたします!!


『 The rakotan 』が運営にあたって取り組んでいく環境対策への取り組み
< アメニティー  >

当施設では使い捨てプラスチックを極限までに減らす取り組みのひとつとして

アメニティー としてお客様に提供する歯ブラシ、クシなどは竹製の製品をご提供したいと考えています。


循環素材である竹を使用した

こだわりの歯ブラシ

organicの竹を使用し、防カビ剤や漂白剤を使用せず

安心 安全にご利用いただける最先端のサスティナブル製品です。


また当施設で提供するシャンプー コンディショナー バスジェル 

などは全て環境や身体に優しいオーガニック基準(USDA)の製品をご提供いたします。

使い捨てプラスチック削減の取り組みとして、バスアメニティーを

ミニボトルではなく大容量式のポンプ式ボトルでご提供いたします。


< 環境配慮建築 >

・窓ガラスを二重構造のペアガラスを採用し壁部分などに通常の

2倍の断熱材を入れることによって断熱性能が高くなり空調使用電力を削減出来ます。


・さらにコンテナ上の屋根部分に芝生などを植え屋上庭園を作っていきます。

屋上緑化によって室内温度が2〜3度低くなる調査結果も出ていますので

年間を通して比較的温暖な房総半島では

空調設備を使用しなくても快適に過ごせるかと思います。


・当施設は自然豊かな土地に建築予定ですが、森林破壊を防ぐため

山を開拓してからグランピングリゾートを建築していくのではなく

すでに伐採され開けている土地で建設を進め、さらにその土地で植栽を行っていくことで

森林破壊を行わず建設をすることができます。



<交通アクセスについて >

コンテナグランピング 『 The rakotan 』 は

千葉県房総半島の建設予定地までは東京都内から

・車で     約90分  

・電車で    約65分 

(最寄り駅から送迎で10分)

など関東圏からのアクセスも良いです


< 周辺観光地のアクセスについて >

『 The rakotan 』から

など主要観光地までもアクセスがとても良いです。



< 資金の使い道 >

・建築用40FTコンテナ(JIS)2台     400万円

・基礎設置費用 & 輸送費用       150万円

・電気水道工事費用            100万円

・内装工事費用              400万円

(家具や寝具、食器などの小物)

・外構工事費用              500万円

(整地費用や植栽、露天風呂やウッドデッキ)

・キャンプファイヤー手数料        250万円

計 1,800万円

主要部など大切なところはプロの職人さんにお願いしますが

簡単な内装や外構工事などは自分たちでDIYで作業を進めて行く予定です!!


< 実施スケジュール >

2021年7月20日 プロジェクト終了

    8月1日 合同会社The rakotan 設立

    8月中旬 コンテナ製造開始

   (基礎工事 土地の整形 外構のDIY作業開始)

    9月中旬 コンテナ搬入完了予定

         内装工事開始 

   (支援者様へのDIY体験開始)

    11月中旬 会社ホームページ開設  

   (支援者様への宿泊チケット順次配送)

    12月末  内装工事終了


2022年1月初旬  外構仕上げ工事開始

    1月中旬  The rakotan 宿泊予約開始

    2月中旬  全工事完了予定

    3月26日  The rakotan オープン


リターンについて

[ 宿泊割引券 ]

税抜き価格からの割引となります。


[ レギュラーシーズン宿泊券 ]  

・クラウドファンディング限定宿泊券は

 1棟6名様まで同一料金でのご案内となります。

(基本定員は6名 追加1名様ごとに5,000円+消費税)

 最大定員は10名様までとさせて戴きます。


・レギュラーシーズンの宿泊券は下記の日程を除いて全日宿泊可能です。

GW期間   2022年4/29(金) 〜 5/5(木)
夏期間    2022年7/22(金) 〜 8/28(日)
SW期間   2022年9/22(金) 〜 9/25(日)

年末年始   2022年12/23(金) 〜 2023年1/3(火)
春期間    2023年3/25(土) 〜 4/2(日)
(土日祝日も宿泊可能です。)


[ ハイシーズン 宿泊券 ]

・ハイシーズンの宿泊券は下記の日程を含めた全日宿泊可能です。

GW期間   2022年4/29(金) 〜 5/5(木)
夏期間    2022年7/22(金) 〜 8/28(日)
SW期間   2022年9/22(金) 〜 9/25(日)

年末年始   2022年12/23(金) 〜 2023年1/3(火)
春期間    2023年3/25(土) 〜 4/2(日)


< 施設の詳細 >

チェックイン時間   14:00

チェックアウト時間  12:00

次にお泊まりのお客様がいない場合は18:00までご滞在いただけます。

基本定員は6人  追加一名様ごとに5000円+消費税


コンテナ棟  シングル4台 +   ソファーベット2台

テント 棟  シングル4台 

(添い寝のお客様は施設利用料500円+消費税)

※添い寝のお客様は未就学児に限らさせていただきます。


クラウドファンディング限定特別価格宿泊券は予約時に

現地払いを選択いただき当日宿泊券をお持ちください。

※紛失された場合は支援いただいた際にお送り頂きました情報の以下の3点をご準備いただき前日までにご連絡お願いいたします。

・氏名

・住所

・メールアドレス



最後に

天翔から 

17歳だから出来る行動力スピード力発想力これを全部活かしこのプロジェクトを確実に成功させたいです。将来的には世界中にThe rakotanを開業していきたいと考えていますが

まずは房総半島で一番のグランピングリゾートを目標に頑張っていきます!!


圭八から

母が日本人、父がミャンマー人という家柄で育ち幼い頃から海外の話をよく聞いていました。とても魅力を感じ、自分自身もThe rakotanも世界に進出させたいという思いが強くあります。ミャンマーに初めて訪れたときに現地の人々や親族から予想だにもしないおもてなしをされてこんなにも嬉しいことなんだと感動した経験が今の事業に繋がってると思っています。「人を笑顔に!」をモットーにこの事業のスタートを第一歩として海外に進出し、世界の人やミャンマーに恩返しをしたいです!

千葉県房総半島は年間を通して比較的温暖な気候でとても過ごしやすい土地です。
関東県内からのアクセスも良く、千葉県内には観光地も多く
何度訪れても新しい発見がある そんな場所です!
コンテナを使ったグランピング施設はまだ日本国内では珍しいですが
コンテナの良さを最大限活かし必ず
満足度日本1のグランピング施設を目指して頑張っていきます!!
ご支援よろしくお願い致します!!


The rakotan

西野天翔 工藤圭八 




<All-or-Nothing方式の場合>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

  • 2021/06/18 18:00

    グランピングって何?ここ数年「グランピング」って単語を耳にする事があるけどグランピングって何? よく分からない!って方もいると思います。グランピング(glamping)とはグラマス(glamorous)+ キャンピング(camping)グラマスとは、「魅力的な」「華やかな」などの意味つまり、「...

  • 2021/06/17 22:00

    『 サステナブル 』って何?・『 サステナブル 』とはサステナブル (sustainable)は、sustain(持続する)とable(〜できる)からなる言葉です。「持続可能な」という意味があります。現在、世界の人たちが共通の目標として始めているのが「サステナブル (sustainable)」...

  • 2021/06/17 20:00

     コンセプト『 人間にも、動物にも、自然にもいいものを 』これからの社会で、あたりまえに大切なことです。そこで The rakotan ではまだまだ、あたりまえで無い環境問題への取り組みを一人でも多くの方に知っていただいて、体験していただきたいそう考え、自然由来の成分を使用した製品や、環境配慮...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください