はじめに・「みきまる座」とは?

2020年3月、特定非営利活動法人MAMIEの劇団「みきまる座」が設立されました。聴覚障害者も手話通訳も演者として手話を使いながら演じ、舞台の合間に手話を使いながらシンガーソングライターも出演します。スクリーンに映されるイラストは漫画のように一枚ずつ、パラパラとセリフに合わせて捲られていくという今までなかった新しい試みのユニバーサルデザインの手話舞台です。

もし、生まれてきた子どもが障害をもっていたら・・・あなたはどう受け止めますか?

障がい者、家族が感じる「生きづらさ」とは・・・?

いつも親は自分を責めてしまう・・・何が『普通』なのか?

ひとりじゃない。生きろ。生きるんだ。


みきまる座のメンバー

原作・演者・絵  安藤美紀

1969年鹿児島県生まれ。NPO法人MAMIEの代表者。日本聴導犬パートナーの代表。公益社団法人日本聴導犬推進協会の理事。鹿児島補助犬普及プロジェクトの副理事長。聴覚障害と聴導犬を広める為、全国で講演活動しています。1986年第19回りぼん新人漫画賞努力賞獲得。 現在、大阪で聴導犬ユーザーとして引退犬レオンと聴導犬アーミと暮らしている。



演者(語り) 立石富士子

 1979年大阪府豊中市生まれ。学生時代に、手話に出会い手話に魅了され、豊中市登録手話通訳者となる。『豊中手話サークルあさなぎ』の会長を務め、豊中市社会福祉協議会ボランティア団体連絡会役員として、豊中市内のボランティア、手話活動に参加など活動をしている。NPO法人MAMIE 安藤美紀専属手話通訳として活動して5年になる。



演者(語り) 吉田眞美

1967年大阪府大阪市生まれ。1994年から手話の学習を始め、地元で手話サークル活動や手話講師を経験。大阪を中心に手話通訳者として活動し、またNPO法人MAMIEやNPO法人 essenceでも手話通訳として関わり続けている。



シンガーソングライター 安藤一成 

1994 年鹿児島生まれ。大阪芸術大学演奏学科ポピュラー音楽コース ヴォーカル専攻 卒業。2017年12月第一回宝塚市手話言語発表会で手話言語ベストオブ手話歌賞を受賞。全国で啓発活動をする傍ら、「補助犬って知ってる?」「BeHappy!」を披露。トヨタカローラ山口でNPO法人日本介助専門員推進協会のご協力のもと、「BeHappy」をTVCM「聴導犬・短所も長所篇」CMソングに起用。


「ユニバーサルデザイン舞台とは?」

耳が聞こえない人のコミュニケーション方法は手話だったり、口の形を見たり、文字だったり、人によってはさまざまです。これまでなかった新しいあらゆる感覚から感じ取っていくスタイルの舞台をみきまる座は考えました。

その1「イラストを写す」

その2「漫画の吹き出しのようにセリフも合わせて写す」

その3「演者はセリフを言うだけでなく手話を“語り”のように伝える」

その4「効果音は道具を使って表現する」

その5 しなやかな手話で歌を披露するシンガーソングライター

聴覚障害者の孤立の解消を目指して

この舞台は50年前にあったノンフィクションストーリー。

きこえない子どもが生まれた社会背景は今と違い厳しいものだったことを伝えたい。

きこえない子どもが話せるように親は幾たびも頑張った。その頑張りを伝えたい。

きこえない子どもだけでなくその家族も懸命に生きたということを伝えたい。

いろんな思いがあり、私は「いけす」「桃と桜」を創りました。

【主人公(聞こえない子ども)の成長に合わせた2つの物語】

「いけす」…50年前の障害者を取り巻く社会背景に翻弄される母 60分

「桃と桜」…母と娘の新たな戦い(きこえない子がどのように言葉を覚えるのか) 60分

※いずれも1話完結です。

なぜ「みきまる座」はつくられたのか?

聴覚障害者である安藤美紀は舞台を観たいと思い、手話通訳を二人連れて行ったのですが・・・舞台は登場人物が多く誰がどのセリフを言っているのか、把握できませんでした。聞こえないからせっかくの舞台も楽しむことができない。手話通訳に限界がある。。。と考えていたら私の中でひらめきました。

「そうだ、自分で聞こえなくても楽しめる舞台をつくればいいんだ!」

それが「絵・文字・手話・歌」で奏でる舞台をつくるきっかけになりました。みきまる座がこうして誕生しました。無茶ぶりかもしれませんが、いろんな道具を使えばいいんだ。背景にはイラストや文字が出るようにすればいいんだと。きこえなくてもきこえても楽しめるような舞台に。

様々な検証、いろんな失敗や気づきの中、きこえなくてもきこえてもどちらも楽しめる舞台は作れるんだ!と私たちは確信しました。

オンライン舞台とは、加工した映像ではなく、自然にそこに舞台があり、イラスト、文字、演者が立っている。そこをはっきりカメラで追いかけて撮影する。見ている人がまるでそこにいるかのように舞台を観ている感覚にさせる映像を目指しています。空間、雰囲気が伝わる映像。 聴覚障害者に舞台のすばらしさを伝えたいと思います。

このプロジェクトで実現したいこと

2020年3月 意気揚々とみきまる座開演!順調にスタートを切るが、2020年4月に緊急事態宣言が発令され、予定していた舞台は中止。解除後の8月満を持して舞台を再開!しかし、新型コロナウイルス感染拡大は収まらず再度中止せざるを得なかった。2021年まで3回目の緊急事態宣言が発令され舞台はストップした状態が続いている。

2021年5月からワクチン接種がスタートし、2021年9月末までに完了するのが目標と聞いたが、また変異型のウイルス感染拡大で緊急事態宣言がまた発令されるかもしれない。しばらくはコロナ禍が続くかもしれない。みきまる座の継続のためにもオンライン配信をしたい。全国のみなさんがどこにいても観られるようになれば。この舞台は普通の舞台と違ってユニバーサルデザイン舞台なので手話や顔の表情、文字、イラストを完璧に魅せなければオンライン配信の意味がない。そこでプロのカメラマンに撮影いただくことを企画した。暗闇の中でも演者の手話や顔の表情が見えるようにする。そうすれば、観る人にきっと伝わるだろう。

プロジェクトをやろうと思った理由

これがユニバーサルデザインオンライン配信なのだと私は証明したい。この映像と日本語字幕があれば、世界各地の人もそれぞれの字幕に変換し、観ることはできるだろう。このみきまる座の存在、そして50年前に遡る、障がい児を持つ親の気持ち。今も昔も想いは一緒だと思う。違うのは社会背景そのもの。

厳しい社会のなか、母子は求められる「普通」に近づけるように厳しい「生きづらさ」を強調させられてしまう。それがどういうものなのか、舞台を通じて感じることになれればと思います。

「ひとりじゃないから」という手話歌を聴いて、観て、触れて、あなたなりの気持ちで感じてみてください。美しい絵、文字、手話、歌がひとつになり、奏でるみきまる座。どこまで行くのか、応援してください。

資金の使い道

仕込み期間室料  28100円   

本番期間室料   38000円

音響機材     10000円

照明機材     16000円

舞台その他    10000円

管理人件費    70400円

舞台監督謝礼   30000円

打合せ謝礼    35000円

演出謝礼     30000円

制作謝礼     30000円

照明担当謝礼   30000円

照明担当プラン料 10000円

増員費      30000円

音響担当謝礼   30000円

音響サブ担当謝礼 30000円

演者謝礼     40000円

演者交通費      4000円

ロケ料(交通費・映像制作・カメラマン謝礼) 150000円

音源利用料       20000円

機材費(予備)   50000円

固定カメラ3台    105000円

カメラマン謝礼     80000円

字幕編集費           44000円

盤面FCデータ料    46280円

雑費 33220円

必要経費合計 1,000,000円

手数料(9%+税)約100,000円

目標金額 110万円


リターンについて

3000円【応援プラン】(送料込み)

感謝のお礼の手紙

マスク入れ「聴導犬アーミと引退犬レオン」1冊

聴覚障がい者への情報保障『緊急時』に嬉しい配慮って 1冊

「いけす」1冊「桃と桜」挿絵集 1冊(非売品になります)

をお送りします。

お届け予定:2021年9月


5000円【DVDプラン】(送料込み) 

感謝のお礼の手紙

マスク入れ「聴導犬アーミと引退犬レオン」1冊

聴覚障がい者への情報保障『緊急時』に嬉しい配慮って 1冊

「いけす」1冊「桃と桜」挿絵集 1冊(非売品になります) 

「いけす」「桃と桜」DVD1枚(演者全員サイン入り)

をお送りします。

※郵送でのお届けになります。DVDの著作権はみきまる座が所有するものとし、公的なイベント、サイトでの無断利用は固く禁止致します。(今後使用をしていくための権利はみきまる座のものになります。) 

お届け予定:2022年1月


10000円【名前入りDVDプラン】(送料込み) 

感謝のお礼の手紙

マスク入れ「聴導犬アーミと引退犬レオン」1冊

聴覚障がい者への情報保障『緊急時』に嬉しい配慮って 1冊

「いけす」1冊「桃と桜」挿絵集 1冊(非売品になります) 

「いけす」「桃と桜」DVD1枚(演者全員サイン入り) 

ジャケットに支援者の名前記載

をお送りします。

※郵送でのお届けになります。DVDの著作権はみきまる座が所有するものとし、公的なイベント、サイトでの無断利用は固く禁止致します。(今後使用をしていくための権利はみきまる座のものになります。)

お届け予定:2022年1月


10000円【Blu-rayプラン】(送料込み) 

感謝のお礼の手紙

マスク入れ「聴導犬アーミと引退犬レオン」1冊

聴覚障がい者への情報保障『緊急時』に嬉しい配慮って 1冊

「いけす」1冊「桃と桜」挿絵集 1冊(非売品になります) 

「いけす」「桃と桜」Blu-ray1枚 (演者全員サイン入り)

をお送りします。

※郵送でのお届けになります。Blu-ray の著作権はみきまる座が所有するものとし、公的なイベント、サイトでの無断利用は固く禁止致します。(今後使用をしていくための権利はみきまる座のものになります。)

お届け予定:2022年1月


15000円【名前入りBlu-rayプラン】(送料込み) 

感謝のお礼の手紙

マスク入れ「聴導犬アーミと引退犬レオン」1冊

聴覚障がい者への情報保障『緊急時』に嬉しい配慮って 1冊

「いけす」1冊「桃と桜」挿絵集 1冊(非売品になります) 

「いけす」「桃と桜」Blu-ray1枚 (演者全員サイン入り)

ジャケットに支援者の名前記載

をお送りします。

※郵送でのお届けになります。Blu-ray の著作権はみきまる座が所有するものとし、公的なイベント、サイトでの無断利用は固く禁止致します。(今後使用をしていくための権利はみきまる座のものになります。)

お届け予定:2022年1月


30000円【名前、写真入りBlu-rayプラン】(送料込み) 

感謝のお礼の手紙

マスク入れ「聴導犬アーミと引退犬レオン」1冊

聴覚障がい者への情報保障『緊急時』に嬉しい配慮って 1冊

「いけす」1冊「桃と桜」挿絵集 1冊(非売品になります) 

「いけす」「桃と桜」Blu-ray1枚(演者全員サイン入り)

ジャケットに支援者の名前、写真記載

をお送りします。

※郵送でのお届けになります。Blu-ray の著作権はみきまる座が所有するものとし、公的なイベント、サイトでの無断利用は固く禁止致します。(今後使用をしていくための権利はみきまる座のものになります。)

お届け予定:2022年1月

50000円【オンライン舞台招待券お二人様 】※個人向け(送料込み) 

感謝のお礼の手紙

マスク入れ「聴導犬アーミと引退犬レオン」1冊

聴覚障がい者への情報保障『緊急時』に嬉しい配慮って 1冊

「いけす」1冊「桃と桜」挿絵集 1冊(非売品になります) 

「いけす」「桃と桜」オンラインの撮影の場(大阪市の撮影場になります)で収録の様子が見られます(11月~12月の平日)※9月にお知らせいたします。

「いけす」「桃と桜」Blu-ray(全員サイン入り)

を送らせて頂きます。

ジャケットに支援者の名前、写真記載

※郵送でのお届けになります。Blu-ray の著作権はみきまる座が所有するものとし、公的なイベント、サイトでの無断利用は固く禁止致します。(今後使用をしていくための権利はみきまる座のものになります。)

お届け予定:2022年1月

50000円【出張舞台プラン】※団体向け  (送料込み) 

感謝のお礼の手紙

マスク入れ「聴導犬アーミと引退犬レオン」1冊

聴覚障がい者への情報保障『緊急時』に嬉しい配慮って 1冊

「いけす」1冊「桃と桜」挿絵集 1冊(非売品になります) 

「いけす」「桃と桜」Blu-ray(演者全員サイン入り)

を送らせて頂きます。

ジャケットに支援者の名前、写真記載

※郵送でのお届けになります。Blu-ray の著作権はみきまる座が所有するものとし、公的なイベント、サイトでの無断利用は固く禁止致します。(今後使用をしていくための権利はみきまる座のものになります。)

団体様が主催している会場にお伺いし、「いけす」or「桃と桜」の舞台を披露いたします。【有効期限:2022年2月15日まで 】

(但し、交通費、宿泊費は別途頂きます)

お届け予定:2022年1月

実施スケジュール

8~9 月 打ち合わせ 台本制作

9~10月 リハーサル「いけす」

9~10月 リハーサル「桃と桜」

11月 「いけす」「桃と桜」オンライン舞台撮影 

12月 映像制作

1月  DVD、Blu-ray完成 発送

2月 「いけす」オンライン配信

3月 「桃と桜」オンライン配信

最後に友人から応援とメッセージ


社会福祉法人プロップ・ステーション理事長 竹中ナミ(ナミねぇ)

 聞こえない人たちが、聞こえる人たちとともに舞台芸術を鑑賞し、楽しめるようにという安藤美紀さん(ミキティ)の志によって設立された「みきまる座」。自身も聴覚障害であり漫画家でもあるミキティが設立した「みきまる座」は、まさに映像と手話の総合芸術です。一人でも多くの方々が、生の舞台で、またオンラインで「みきまる座」の手話劇に出逢っていただきたいと願ってやみません。  


株式会社ミライロ 代表取締役社長 垣内俊哉 

「障害があることで、みんなと同じように楽しむことができない。」幼少期から車いすに乗って生活していた私は、このような悔しい想いを、たくさん経験してきました。みきまる座の「ユニバーサルデザインの手話舞台」が、聴覚障害のある方はもちろん、そのご家族やご友人、周りにいるすべての人たちにとって、同じものを、同じ場所で、楽しむことができる特別な場所になることを願っています。


NPO法人日本介助専門員推進協会 会長 山本佳代子

こんなにも悲しく深く壮大な母娘の愛を見たことがありませんでした。 鹿児島、ほんの半世紀まえの事実のお話。 聞こえない娘を授かった母の執念、愛溢れる子育はどのように行われたのか、 原作者、安藤美紀さん自らが描き演じる世界は輝きを放ち観るものを魅了します。 聞こえない彼女に母が宿り、彼女が語る言葉に魂を感じ、紡ぐ手話が映像をもたらします。 これが出来るのは「みきまる座」だけでしょう。唯一無二、一人でも多くの人に観て頂きた い舞台です。応援しています!



フォークデュオ「紙ふうせん」 平山泰代

人と人との間で、お互いをよく知る事は、大事な事です。よく知る事で、お互いの距離がなくなり、誤解や、身勝手な思い込みが、なくなります。お互いが「等身大」で向き合えれば、心からの素直な笑顔を、交わす事が出来るでしょう。ユニバーサルデザインの手話舞台「みきまる座」が、1人でも多くの人に観ていただけるよう、応援をいたします。



株式会社UDジャパン代表取締役 NPOユニバーサルイベント協会代表理事 内山 早苗

いつも前向きでレオンとアーミと一緒の美紀さんが、今度はユニバーサルデザインの手話劇をするという!それもオンラインで!!お聞きしたとたんに観たいと前のめりになった私。聞こえないから手話をつければいい、字幕を付けたからそれでいい、とそれだけで配慮したと思われがちな多くの対応。いつももどかしく思いながら、私自身それ以上のことがなかなかできない歯がゆさを感じていた。パラパラとセリフに合わせて捲られていくイラスト??手話通訳も演者??どんな舞台をオンラインで魅せてくれるのだろう。新たなUDの手話舞台。この舞台は、次から次と挑戦する美紀さんの生い立ちの実話だという。早く見たい!ワクワク! みなさんも一緒に観ましょうよ、応援してくださいね!!


映画プロデューサー 河井真也

ユニバーサルデザインの舞台の存在がますます重要になってくると確信しています。 「みきまる座」によって誰もが楽しめる観劇の機会を応援します!




俳優・一般社団法人Get in touch 代表 東ちづる

どんな特性があろうと、「楽しみたい!」「チャレンジしたい!」がフツウに叶う社会がいいな。そんな「まぜこぜの社会」をエンタメでめざす志は同じ。このチャレンジを通じて、皆んなでつながりながら、 全ての人が楽しめる舞台づくりを応援しましょう(^∀^)♬



国学院大学講師・手話通訳士 森本行雄

舞台には夢がある。
夢があるから伝えたくなる。
伝わると嬉しくなる。
嬉しいから、たくさんの人に観てもらいたい。
そんな気持ちにわたしもなりたいので、
応援します。


作家 岸田奈美

学生のとき、授業で手話が覚えられず、申し訳ないやら恥ずかしいやらで、手話を使う人とコミュニケーションをとるのをなんとなく避けていた、情けない時期がありました。

そんなわたしがガラッと変わったのは、明るく、難しいことや辛いことを誰にでもわかるように簡単で優しい言葉と絵で伝えてくれる安藤美紀さんとお会いしてから。

過去のわたしのような人が、素敵な舞台を通して、勇気を持てますように。


NPO法人日本ユニバーサル・サウンドデザイン協会 理事長 
中石真一路

バリアフリーデザイン舞台実現のための『みきまる座』の誕生誠におめでとうございます。 さまざまな舞台がコロナで再開する中で、聴覚障害の方々が楽しめる舞台のオンライン配信は大変意義があるものだと思います。心から応援いたしております。



 

大橋ひろえ(俳優)

どの時代でも、「家族」は永遠のテーマ。今回は、耳の聞こえない娘を必死に言葉を教える母とのふたりの戦い。 私の家族も同じで、母親の愛情が走馬灯のようによぎった。 このドキュメンタリーを舞台へ通して伝えるのは贅沢な表現空間だ。この舞台を観たあとに、自分を産んでくれた親と対話をして、そこから新しい関係が生まれることは間違いないでしょう。 心から応援しています!



聞こえる世界と聞こえない世界をつなぐユニバーサルデザインアドバイザー 松森果林

「一緒に楽しみたい」はユニバーサルデザインの根底にあるもの。聞こえないから、障害があるから、コロナだから。だからあきらめるのではなく、だから「こそ」できることをできる形で。漫画家であり、表現者であり、当事者である安藤美紀さんだからこその「みきまる座」。ひとつの方法にこだわらなければ、楽しみ方は無限にあることを教えてくれる。心から応援します!



薬師寺みちよ 医師

「ほんわか~」とした雰囲気の中に強いメッセージ性がある安藤さんの描く絵に魅せられ、NPO法人MAMIEを応援いたしております。「みきまる座」は安藤さんの思いが詰まった劇団です。コロナ禍の今こそ、障害とは、そして障害を越えた表現とは何かを多くの皆様にも感じて頂ければ幸いです。




ピンク地底人3号(劇作家/ 演出家)

みきまる座『桃と桜』はコロナ禍で観た舞台の中で最も印象に残るものだった。代表の美紀さんと彼女の母との思い出を、手話と映像で語る様に演劇の根源を観た気がしたのだ。私は舞台を儀式として捉えている。舞台とは、今ではもう会えない、あの人に、あなたに、再び出会う場所である。この度、クラウドファンディングを募り、オンラインでの上演を目指すとのこと。応援しています!!


聴覚障がい児の母(ペンネーム:美月ここね)尾庭恵子

 聞こえる人も、聞こえにくい人も、聞こえない人も、 みんな一緒に楽しめる「みきまる座」の誕生、とっても嬉しいです。 美紀ちゃんはご自身が聴覚障害。私は長男が聴覚障害。立場は違えど、 心に響くこと、大事にしたいことに共通点は多く、いつもその活躍を、 心から応援しています。どこにいても誰とでも楽しめる舞台。 多くの方に届きますように!



NPO法人日本補助犬情報センター 橋爪智子

大阪でしか見られないと思っていた、みきまる座の舞台オンライン化!ぜひ全世界に届けましょう!皆さんの想像をはるかに超える作品です!聴覚障害がある美紀さんが演劇をするなんて、誰が想像したでしょう?でも、これは美紀さんにしかできない唯一無二の演技…私は、彼女の演技を見た瞬間から、その世界に引き込まれました…。聞こえない世界…ぜひ、目で耳で、心で感じてください…



廣川麻子(NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)理事長)

大阪で見た衝撃は今でも忘れられません。安藤美紀さんが魂を込めて演じるその姿は、時代と場所、空間を超え、見る者に強烈に訴えかけるものがありました。イラストと字幕、音声、手話を駆使しての表現は舞台芸術の底力を感じました。今回は世界に向けてオンライン配信するとのこと。映像化によって、さらに進化した作品となって届くでしょう。



NPO法人Silent Voice 代表理事 尾中 友哉

私がまだ小さい頃、テレビ番組や邦画・演劇に手話や字幕はなく、聴覚障害のある両親と楽しめるコンテンツが貴重であったことを思い出します。あのときの自分に、みきまる座のチケットを渡したいなぁって思いました。同じものを観て、感想を言い合って会話に花が咲くんだろうなって。これから、そんな瞬間がたくさん生まれますように!応援しています!!




公益社団法人日本聴導犬推進協会 水越みゆき

聞こえないだけの障害と思われている聴覚障害。この舞台を見て、感じて、知ることができたとき、きっと聞こえない世界が見えてくる。聞こえる私たちには分からないこと、理解できないことでも、母と子に起こった出来事が、様々なツール(手話・音楽・イラスト・歌)で表現されることで、身近に感じることができると思う。どこででも見れる映像化。楽しみにしています。



ルオーナペットクリニック院長 ・鹿児島補助犬普及プロジェクト代表 浜崎菜央

耳が不自由な人も十二分に楽しめる舞台を作ってみたい!という美紀さんの思いからできた『みきまる座』。初めてこのプランを聞いた時は、さすが美紀さん!と思いましたし、耳の不自由な人もそうでない人もがいろんな角度から舞台の内容を得られ、各々が想像を膨らませながら見ることができるこの舞台は、美紀さんだからこそ実現し得るものだと思いました。また、舞台のストーリーとなっている、美紀さんとお母さんの二人三脚の様子は、多くの方へ様々な感情を与えてくれるものだと思います。1人でも多くの方へ、この『みきまる座』の舞台が届きますように…。

  • 2021/08/27 17:19

    あと4回となりました。日時が経つのは早いものです!あと10万集めることができなかったらこの目標金額はゼロになりますので、少しでもお力添えよろしくお願いいたします。安藤美紀

  • 2021/08/26 09:49

    残り、あと5日となりました。目標達成まで残り15万3000円です。これまで100人の方がご支援くださっています。その多くの人にご支援してくださっているのかと思うと、このプロジェクトは必要とされているのかと嬉しくなりました。私は全く耳が聞こえなく、生まれつきなのですが、聞こえる人に囲まれて育った...

  • 2021/08/25 22:55

    あと6日となりました。今日はNPO法人日本補助犬情報センター 橋爪智子 さんのことをお話したいと思います。彼女とは長い間、ともに活動を交わしてまいりました。彼女は補助犬ユーザーの立場になってどういう風にしたら解決できるか?それをずっと役目として考えて下さいました。補助犬ユーザーというものは盲導...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください